「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

スポンサードリンク

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃないから東福岡にも良い試合が出来るんじゃないかとは思ったのだが、まさか勝ってしまうとは驚いたね。

試合はもちろん、序盤からというか最初から最後まで東福岡がポゼッションし続ける展開になり、4-4-2のフォーメーションを組む東海大仰星は、東福岡のサイド攻撃に対してSHがDFラインまで下がったほとんど6-2-2のような形でベタ引き、ボールを奪っても前線めがけて適当に蹴り出すだけというアンチ・フットボール的なサッカーで耐え忍ぶ。

それでも、前半14分にガンバ入りが内定している高江のクロスバーを叩いたミドルシュートが入っていれば、間違いなく東福岡が勝っていたはずだ。しかしそのチャンスを逃してからは、ひたすらクロスを上げては中央で跳ね返される単調な攻撃に終始。後半になって攻め疲れたところで、東海大仰星に最初の決定機を作られ、そして26分にCKからの混戦で東海大仰星の吉田が押し込み先制点。

東福岡はまだ時間は十分あったが、先制された焦りからかその後はロングボールとロングスローをゴール前へ放り込むばかりで、さらに中央を固める東海大仰星の守備をやりやすくさせてしまった。そしてそのまま0-1で試合終了。ディフェンディング・チャンピオンの東福岡はベスト8で姿を消す事となった。

4-4-2のゾーンを組む相手にサイドから攻めるのは常套手段ではあるのだが、東福岡の問題はサイドにボールを運ぶまでのスピードにあった。

今の戦術トレンドとしては、4-3-3なら攻撃時にアンカーの選手がCBまで下がり、SBが中盤まで上がった3-2-4-1の形にし、SHとSBが横並びになって相手のサイドの選手を中へ引きつけ、その裏に出来たスペースを交互に使うというパターンが多く見られる。

しかし東福岡の場合は、アンカーが下がらずSBとSHが縦並びになっているため、CBからSBへとビルドアップのパスが来ても、SBは相手のSHにマークされ、SHへの縦パスも相手のSBに狙われているので、ほぼサイドから速く攻める形が出来ず、結局遅攻を繰り返して相手の守備陣形が整った状態でクロスを上げざるを得なかった。これでは、1トップに相当な電柱でもいなければ得点は難しい。

確かに、純粋な実力差を考えれば大きなアップセットではあったが、戦術面を見れば東福岡が負ける要因は十分あった、そんな準々決勝であった。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「戦術と個人は相反する要素では無いが、個人が戦術を凌駕出来ないのは寂しい」日本クラブユース選手権 U-15決勝 サガン鳥栖U-15-セレッソ大阪U-15

準決勝ではFサガン鳥栖がFC東京を、セレッソが横浜Fマリノスを破って進...

記事を読む

「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画...

記事を読む

「トップチームの低迷を尻目に、風間サッカーで日本一を勝ち取ったグランパスU-18」日本クラブユース選手権 決勝 サガン鳥栖U-18-名古屋グランパスU-18

最高気温35度という猛暑の中で行われた、夏のクラブユース日本一を決める...

記事を読む

「試合内容はレアル以上、日本ユースの戦術レベルがここまで来たとは・・・」キリンレモンカップ 決勝 FC東京U-16-レアル・マドリーU-16

昨日は、珍しくCSのテレビ朝日が無料放送をしていた、中井卓大君の凱旋試...

記事を読む

「現代の王道サッカーがっぷり四つ対決は、青森山田の寄り切り勝ち」高校サッカー選手権 決勝 青森山田-流通経済大柏

埼玉スタジアムでの高校サッカー史上最多、54000人の観客を集めて行わ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑