「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

スポンサードリンク

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。

試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェンスから攻撃陣の多彩なドリブルで滝川第二が攻め込む時間帯が続いたのだが、前橋育英が前半24分にロングボールをFW人見に当てて、その落としを長澤がPA内で拾い、滝川第二の選手が後ろから倒してしまってPKで先制点が前橋育英に入ってしまう。

これに味を占めた前橋育英が、長身の人見に次々とボールを放り込み、滝川第二のDFがことごとく競り負けて裏を取られて決定的なピンチを作られた事で、戦況が大きく変わってしまった。

滝川第二は、裏を取られるのを恐れてラインが下がってセカンドボールが拾えず、せっかくボールを奪っても前線までが遠く、仕方なく苦し紛れのロングボールを打つが、滝川第二は前線の高さも無いので基点になれずセカンドボールを以下ループ。

そしてたまに高い位置で前を向いてボールを持っても、相手のプレッシャーの前にいつもよりもプレイスピードを上げようとするのだが、どうしても体勢的に無理なドリブル、無理なスルーパスになってしまって精度が落ち、結局シュートまで持ち込めない。

後半になると完全に前橋育英のペースになり、ロングボールだけではなくバイタルエリアの密集地でも滝川第二の選手がことごとくデュエルで負け、ゴリゴリと突破されてシュートを打たれたり、DFが中央に集まってがら空きになったサイドから決定的なクロスを打たれたりと、GKの奮闘が無ければとっくに大差がついてもおかしくないぐらいに一方的な展開になってしまった。

前橋育英は後半14分にシュートが跳ね返ったボールを正当に押し込んだゴールがオフサイドと誤審されるなど運も無かったが、後半36分にPA内でのデュエルから人見が抜け出したのを滝川第二のキャプテン今井が体を投げ出し再びPK。今井は2枚めのイエローで退場し、これで完全に勝負は決まってしまった。

悪い意味で、滝川第二は日本のユースチームがアジアの国と対戦した時に見せる弱みを見事に体現してしまっており、スペースを与えてくれる相手には攻撃力で圧倒的出来るが、フィジカルとスタミナ、スピード、デュエルに勝る相手だと、途端に技術が発揮できなくなって組織も崩壊、最後はゴリ押しの前に力尽きてしまう。

東海大仰星もそうだが、今年はフィジカルとスタミナを全面に出した攻撃的な守備をするチームが勝ち上がっているが、それをさらに上回るテクニックとパススピードを持ったチームが出てきて、互いに切磋琢磨して向上し合うような大会になって欲しいものである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「戦術と個人は相反する要素では無いが、個人が戦術を凌駕出来ないのは寂しい」日本クラブユース選手権 U-15決勝 サガン鳥栖U-15-セレッソ大阪U-15

準決勝ではFサガン鳥栖がFC東京を、セレッソが横浜Fマリノスを破って進...

記事を読む

「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画...

記事を読む

「トップチームの低迷を尻目に、風間サッカーで日本一を勝ち取ったグランパスU-18」日本クラブユース選手権 決勝 サガン鳥栖U-18-名古屋グランパスU-18

最高気温35度という猛暑の中で行われた、夏のクラブユース日本一を決める...

記事を読む

「試合内容はレアル以上、日本ユースの戦術レベルがここまで来たとは・・・」キリンレモンカップ 決勝 FC東京U-16-レアル・マドリーU-16

昨日は、珍しくCSのテレビ朝日が無料放送をしていた、中井卓大君の凱旋試...

記事を読む

「現代の王道サッカーがっぷり四つ対決は、青森山田の寄り切り勝ち」高校サッカー選手権 決勝 青森山田-流通経済大柏

埼玉スタジアムでの高校サッカー史上最多、54000人の観客を集めて行わ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑