「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

スポンサードリンク

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元旦に行われていたリバプールとマンチェスター・シティの試合を見てみた。

まず試合を見てみて驚いたのが、バルサではポゼッションサッカーの見本というべきチームを作り上げ、バイエルンでは戦術狂いかというぐらいに対戦相手と試合展開によってコロコロとフォーメーションを変えていたグアルディオラが、シティでは何の変哲も無い4-2-3-1で、特にポゼッションをするわけではない戦術的には凡庸なチームを送り出している事である。

確かにGKはそれまでのジョー・ハートを放出してまで足元が上手いブラボをスタメンに据えたし、CBも対人に怪しさはあっても技術があるストーンズを使うなど、ポゼッションに対するこだわりを捨てたわけではないようだが、やはりボランチがヤヤ・トゥーレ、フェルナンジーニョではゲームメイクは出来ないし、コラロフ、サバレタという両SBは、ジョルディ・アルバやダニ・アウベス、アラバ、ラームといったバルサとバイエルンのメンバーとは技術で比べ物にならない。

実際、この試合で前半の8分に喫した失点も、コラロフのミスパスからカウンターを受け、最後もララーナのクロスに対してコラロフがワイナルドゥムに競り負けて決められたものだし、シティがようやく攻撃を組み立てられるようになったのは、トップ下のシルバやアグエロがサイドに流れてボールを受けるようになってからで、いかにシティでは後ろから前線へ縦パスが出て来ていないかが証明されている。

ただそれは選手だけの問題というより、プレミアリーグの特徴にも理由があるように思われる。プレミアリーグの試合はとにかく縦方向の切り替えが非常に早く、選手にポゼッションをするための時間をほとんど与えてくれない。審判もボディコンタクトに甘く、テクニックでボールをキープする選手はあっという間に潰されてしまう。ギュンドアンの怪我により、一時期はあれだけ対立していたヤヤ・トゥーレを起用せざるを得ないほど、グアルディオラはボランチにフィジカルを重視せざるを得なくなっているのだろう。

それに比べると、2シーズン目でかつ欧州カップ戦が無いとは言え、リバプールとクロップの親和度は非常に高い。クロップが得意とするゲーゲンプレッシング戦術はプレミアリーグの試合展開に適していたし、フィルミーノやコウチーニョ、マネ、ララーナの覚醒など選手の才能を引き出す能力はドルトムント時代と変わらず極めて優秀である。

グアルディオラは、この試合の後に監督業を早期引退する意向を示したと言われているが、既にシティでのモチベーションを失いつつあるのではないかと心配になってしまうような、火を吹くようなリバプールの勢いと比べると、何とも覇気の薄さが寂しい試合であった。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

ある意味”才能の墓場”だったガンバユースから、シティに移籍をする選手が出る驚き

もう最近は日本の若手選手の欧州移籍について、いちいち取り上げるのも面倒...

記事を読む

「プレミアリーグ新記録の7秒69で決めたリードを、90分間守った最後の最後で吉田は止めきれず」イングランド・プレミアリーグ第31節 ワトフォード-サウサンプトン

かなりプレミアリーグ残留の芽が出てきたサウサンプトンは、今シーズンは7...

記事を読む

「吉田もようやく本来の調子を取り戻し、このまま残留へ一直線か」 イングランド・プレミアリーグ第32節 ブライトン-サウサンプトン

現在16位とは言え、降格圏までわずか勝ち点2差しかないサウサンプトンは...

記事を読む

「吉田の場合、”肉を切らせて骨を断つ”はたまたまに思えてしまう」イングランド・プレミアリーグ第30節 サウサンプトン-トットナム・ホットスパー

今期のサウサンプトンは、チャンピオンズリーグではドルトムントを破り、現...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑