「高校サッカーの”5分間”は、ここまで結果を大きく左右する」全国高校選手権 2回戦 鹿島学園-東海大仰星

スポンサードリンク

元旦の天皇杯が終われば、高校選手権の季節がやって来る。と言う訳で、2回戦の鹿島学園対東海大仰星の試合を見てみた。

鹿島学園のフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、ビルドアップ時にはアンカーがCBの間に入り、SBが高く上がる最近のトレンドな戦術を踏襲している。それに対し東海大仰星は、4-2-3-1の形だがビルドアップはほぼ考えず、とにかく前線へ素早くボールを送り込む力技サッカー。

前半はどちらも激しくプレッシャーを掛け合う落ち着かないサッカーで、ロングスローという武器を持っている東海大仰星が放り込んでは混戦からシュートを狙うが、相手に当たるなどで得点までには至らず。

前半も30分を過ぎると、東海大仰星のプレススピードが弱まり、選手個人の技術で勝る鹿島学園が中盤でボールを触って組み立てられるようになるが、相手を完全に崩し切るところまでは行かず前半終了。

この様子だと、さらに運動量が落ちるであろう鹿島学園が有利かなと思われたのだが、後半に入ると東海大仰星のプレッシングがまた復活、鹿島学園は試合をコントロールするどころか、ズルズルとDFラインが下がってしまって防戦一方になってしまう。

東海大仰星はセカンドボールを次々に拾っては、ワイドに流れた選手へと繋いで鹿島学園のDFラインを横に広げ、中へ飛び込む選手にクロスを上げる形でチャンスを量産するも、FW松山が無人のゴールに入れるだけのシュートを大きく外すなど決定機に決められない。

これでPK戦までもつれ込むかと思われた後半40分に、左サイドからのロングボールを新保が繋ぎ、流れたボールを鹿島学園がクリアしたボールを、猛然とオーバーラップして来た松山がカット、そのままゴール前まで突き進んで相手を引きつけたところで、後ろから走り込んでいた見野にパス、これを難なく決めて東海大仰星が劇的なゴールを決め、3回戦へと進んだ。

高校サッカーは、準々決勝までは40分ハーフの延長戦無しなのだが、そのため以前からフィジカルサッカーを展開するチームが勝ち上がる傾向が強いなと感じてはいたのだが、この試合はまさにその典型例であると言える。

良いサッカー≠強いサッカーなのは当然の話ではあるが、過密日程で時間短縮を図った結果が、本来45分間で発揮できるはずのチームクォリティが歪められてしまうのは正直納得し難いものがある。Jユースカップや高円宮杯よりもはるかに世間の認知度が高い大会だけに、何かしらの改善策を検討すべきではないかと思うのだが・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「戦術と個人は相反する要素では無いが、個人が戦術を凌駕出来ないのは寂しい」日本クラブユース選手権 U-15決勝 サガン鳥栖U-15-セレッソ大阪U-15

準決勝ではFサガン鳥栖がFC東京を、セレッソが横浜Fマリノスを破って進...

記事を読む

「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画...

記事を読む

「トップチームの低迷を尻目に、風間サッカーで日本一を勝ち取ったグランパスU-18」日本クラブユース選手権 決勝 サガン鳥栖U-18-名古屋グランパスU-18

最高気温35度という猛暑の中で行われた、夏のクラブユース日本一を決める...

記事を読む

「試合内容はレアル以上、日本ユースの戦術レベルがここまで来たとは・・・」キリンレモンカップ 決勝 FC東京U-16-レアル・マドリーU-16

昨日は、珍しくCSのテレビ朝日が無料放送をしていた、中井卓大君の凱旋試...

記事を読む

「現代の王道サッカーがっぷり四つ対決は、青森山田の寄り切り勝ち」高校サッカー選手権 決勝 青森山田-流通経済大柏

埼玉スタジアムでの高校サッカー史上最多、54000人の観客を集めて行わ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑