「王者ドイツを狂わせた苦しい誤算、フランスに舞い降りた幸運の誤算」EURO2016 準決勝 ドイツ-フランス

スポンサードリンク

今度こそ「事実上の決勝戦」となったドイツ対フランスは、ドイツが終始試合を優勢に進めながらもチャンスで得点できず、逆にフランスはドイツのミスに上手くつけ込んで2点を奪い、開催国としてのノルマだった決勝戦への進出を決めた。

フランスはカンテとラミが出場停止から復帰したが、メンバーとフォーメーションはアイスランド戦と同様にCBにウムティティを起用して、カンテとラミはサブに置いた4-2-3-1。勝ったチームはいじらないという法則通りに、大量点を重ねたアイスランド戦の勢いをそのまま持ち込もうとしたのだろう。そしてドイツは、イタリア戦とはまた大きくフォーメーションを変えて4-1-4-1という形にして来たが、自分たちのサッカーに戻ったと言うよりはフランスが4-2-3-1で来るとレーヴ監督が読みきっての方策であった。

事実、試合の序盤こそはフランスが攻勢を見せたが、その後は完全なドイツのペース。ドイツはフランスのダブルボランチ、マテュイディとポグバに対してインサイドハーフのクロースとエムレ・ジャンを当て、アンカーのシュバインシュタイガーと両CBでジルーとグリーズマンを見て、フランスが得意とするセンターラインを中心としたカウンターをきっちり封じ込む。

そして攻撃では、形的には1トップがミュラーで2列目にドラクスラー、クロース、エムレ・ジャン、エジルという前線の並びだったが、クロースはビルドアップ時に最終ラインまで下がり、他の4人はフランスの4-4ゾーンの間に全員が入り込む状態になる。するとフランスもゾーンを中に絞って対応せざるを得ないため、ゾーンの外側に大きなスペースが出来る。そこにヘクターとキミッヒの両SBを高く張らせ、DFラインにいるボアテングとクロースから4人の前線に縦パス、2人のSBにサイドチェンジをガンガン通し、前半の30分にはフランスを自陣にベタ引きにさせて鳥かご状態にまで押し込めてしまった。

もはや得点は時間の問題だったが、ここでドイツに誤算が生じてしまう。ここまでドイツのサイド攻撃を得点に繋げていたマリオ・ゴメスが怪我でおらず、ブラジルW杯で大活躍したミュラーが絶不調。いつもならゴール前でスルスルとフリーになって得点を決めるはずが、今大会はチャンスにことごとく決められず大ブレーキ。ドイツは前半に放ったシュートは11本、そのうち枠内が5本という圧倒ぶりだったが、ここで1点でも決めていれば結果は変わっていたはずだ。ところが現実は、前半45分にCKで手を伸ばして競り合ったシュバインシュタイガーにボールが当たってPKの判定。グリーズマンがノイアーの逆を取ってフランスに先制点を与えてしまう。

ドイツとしても、前半のようなサッカーを続ければ全く慌てる必要は無かったのだが、後半はフランスがラインを上げてSBにも攻撃参加を促し、イタリア戦で120分を戦ったドイツにも疲れが見えて前線のボールを引き出す動きが鈍くなる。さらに後半16分にボアテングが怪我でムスタフィが入ると、それまでボアテングとクロースのどちらかがプレスを受けてもビルドアップ出来ていたのが、クロース1人になったため常時プレスを受けるようになり、それまで威力を発揮していたサイドチェンジの回数が明らかに減ってしまう。

その後はドイツはゲッツェを投入するが、見るからに太め残りな様子で存在感が無く反撃のいとぐちになれず、逆にドイツの守備にスペースが出来て余裕が生まれたフランスは、後半27分にドイツのパスミスを拾ったポグバが左サイドでフェイントを仕掛け、フリーで上げたクロスにノイアーが反応して手に当てるものの、こぼれ球をグリーズマンが冷静にノイアーの股を抜くシュートを決めて決定的な2点目。ロスタイムにはドイツがキミッヒ、ゲッツェと立て続けに決定的なヘディングを浴びせるが、フランスGKロリスのファインセーブで得点ならず。試合はそのまま2-0でフランスが勝利した。

戦術的にはドイツが完璧に準備して、実際にそれはほとんど成功していたのだが、唯一選手の怪我と調子という誤算が致命傷になってしまったのに対し、フランスは大会序盤の4-3-3が機能せず、カンテを外した4-2-3-1になってから快進撃が始まり、ジルー、グリーズマン、パイェ、シソコと前線の選手に好調が順繰りに訪れるという、ドイツとは逆の嬉しい誤算が生まれた。トーナメントという一発勝負では、こういう流れが試合を決めるという典型例だったと言えよう。

さてこれでユーロの決勝はフランス対ポルトガルというカードになった。戦力的には明らかにフランス有利だが、日程的にポルトガルが中3日、フランスが中2日という差は、アジアカップの日本を見るまでもなく影響は大きい。何で開催国のフランスがグループ1位通過で不利な日程になっているのか謎ではあるが・・・準々決勝が日曜だったので、もしフランスが疲労で優勝を逃すとすれば責任はテレビメディア側にあるのかもしれない。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2016/07/09 | EURO, 未分類

関連記事

新着記事

「内容は期待したほどじゃなかったが、柴崎にとっては何より結果が重要」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 ヘタフェ-セビージャ

リーガ・エスパニョーラもいよいよ終盤戦。今節は4位のセビージャと5位の...

記事を読む

「得点は決めたが良くも悪くもザックジャパンの長友だった」トルコ・スーパーリーグ第29節 ガラタサライ-カイセリスポル

左膝を負傷して欠場していた長友が、復帰戦でいきなりゴールを決めたという...

記事を読む

「3点目のゴールに絡むも、すっかり伊東は守備の人?」ベルギー・プレーオフ1第5節 スタンダール・リエージュ-ゲンク

ベルギーリーグのプレーオフ1もこれで前半の折返し、現在首位を快走してい...

記事を読む

「体はヘロヘロでもセフェロビッチに完勝、長谷部はチェルシーも整えに行く」UEFAヨーロッパリーグ 準々決勝 第2レグ フランクフルト-ベンフィカ

ベンフィカホームでの第1戦を2-4で折り返し、フランクフルトに...

記事を読む

「ブンデス2部首位決戦は、酒井に代わって入ったニューヒーローがHSVに勝ち点1をもたらす」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第29節 ケルン-ハンブルガーSV

テロッデ、コルドバ、そして中国から復帰したモデストとドイツ2部では反則...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑