「選手は監督を選べないだけに、相性の良い関係は大事にしたい」ドイツ・ブンデスリーガ第31節 シュツットガルト-シャルケ04

「選手は監督を選べないだけに、相性の良い関係は大事にしたい」ドイツ・ブンデスリーガ第31節 シュツットガルト-シャルケ04

スポンサードリンク

世界のサッカー界はモイーズ解任で大騒ぎだけど、昨日見た酒井高徳の試合についても地味に更新。

一時は連敗が続いて残留争いにどっぷりハマり込んでいたシュツットガルトは、強豪のシャルケもホームで3-1と退けて3試合負けなし、プレイオフになる16位のHSVとは勝ち点4の差になり、安心はできないが一息つける大きな勝利となった。

内容的にはちょうどモイーズ解任の決定打となったエヴァートン対マンUの試合のようで、シャルケがボールを保持してシュツットガルト陣内で試合を進めるものの、シュツットガルトは常時ボランチを2人バイタルに置いておく強固な守備組織で得点を許さず、セットプレイから先制点を奪って追加点を重ねるという、強豪相手にはこう勝つんだというお手本のような試合。

ステフェンス監督はこの試合の1トップにイビシェヴィッチではなくカカウを使ったが、ポストプレイ中心ではなくはっきりカウンターを狙うというメッセージが伝わる采配で、カカウ自身も得点を決めて起用に答えてみせた。もともとトラオレなどカウンター向きの人材が揃っているチームだけに、守備組織さえ構築できれば中位は狙える力はあるからね。

酒井も相手ボール時には4-4-2の3ラインを揃えてスペースを埋め、高い位置に釣り出されて交わされる悪癖は2度ほど見られたが、総じて1対1でも大きな穴を開けずに前半はしっかりタスクをこなし、後半は隙を見て攻め上がる回数を増やし、59分にはスローインからカカウがスルーしたボールにオーバーラップで追いつき、ライン際をドリブル突破してハルニクへのアシストを決めるなど、長友ばりの活躍を見せてくれた。

いやしかし、酒井高徳もラッバディアやシュナイダー監督のままだったらずっとゾーンディフェンスを覚えられないままW杯に突入していた可能性が高いわけだし、本当にどんな監督の下で鍛えられるかって大事だよな~、と改めて痛感する一日なのであった・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑