「やっとチームが森岡を理解し始めたアンデルレヒト、しかし終盤は思いもよらぬ展開に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第28節 アンデルレヒト-ムスクロン

スポンサードリンク

移籍直前の試合でハットトリックを決めるなど絶対的なエースだった、アルジェリア代表のスフィアン・ハンニがスパルタク・モスクワに移籍してしまい、その後釜として新加入したもののデビュー戦で結果が出せずにその後はベンチスタートになり、チームも3試合未勝利と厳しい立場になってしまった森岡。

それがようやく今節のムスクロン戦で先発に復帰すると、いきなり2ゴールを挙げたという嬉しい知らせ。いったいチームと森岡の何が変わったのかと思って、昨晩はその試合を見てみる事にした。

まずフォーメーション的には、アンデルレヒトは4-2-3-1で森岡がトップ下という形だったのだが、戦術的には常時どちらかのSBが中盤に上がって前線が流動的にポジションをチェンジする、ある意味3-4-3とも言える変則的な戦術になっていた。デビュー戦も森岡のポジションはトップ下で、ほとんどスペースが無くて後ろから縦パスも入らず戦術的に孤立していたのだが、この試合では中盤や左右に幅広く動き、細かい動き直しでボールサイドに寄って味方のボールを引き出し、初戦とは比べ物にならないぐらいにボールタッチが増えていた。

そして前半4分に、シュートは相手に当たってゴールを外れたが、CKからムスクロンGKバイリーがパンチングしたボールをダイレクトで打つと、12分にはペナルティアーク付近からテオドルチクに針の穴を通すようなスルーパスを送るなど攻撃で存在感を発揮する。すると前半25分、味方のロングボールをテオドルチクが頭で落とし、ゲルケンスが足を投げ出した折り返しをファーに詰めた森岡が押し込んでアンデルレヒトが先制点をゲットする。

さらに42分には浮き球のパスを今度は森岡が落とし、またデンドンゲルから折り返しが来るも相手にカットされる惜しい場面を作ると、前半のロスタイムにPA内でムスクロンのCBガリツィオスがボールをカバー、しかしそれを後ろから寄せた森岡がボールを奪うと、微妙な判定だったがガリツィオスが後ろから森岡を蹴ったと見なされPK。前回失敗した森岡じゃなくてテオドルチクが決めてアンデルレヒトに2点目が入る。

後半になると、2点のビハインドを負ったムスクロンが前に出て来て、ボールを奪ったらシンプルにアンデルレヒトのDFラインの裏へ選手とボールを走らせる攻撃で反撃を仕掛ける。が、アンデルレヒトは後半12分に左SBサイフのクロスにピンポイントでテオドルチクが頭で合わせ、16分にはイーブンボールをスライディングで拾ったゲルケンスの折り返しを今度は足で合わせてハットトリック。

さすがに4-0になってこれで試合は決まったかなと思ったのだが、ここからまさかの展開になってしまう。後半25分から、あっさりDFラインの裏へ抜け出されて連続で2失点を食らってしまうと、その直後にもあわや3点目というシュートを浴びてしまう。アンデルレヒトも35分に森岡がテオドルチクに正確なクロスを供給するが、頭で下に叩きつけ過ぎてGKにキャッチされると、38分には逆にムスクロンがCKから押し込みとうとう1点差。

すっかり足が止まってしまったアンデルレヒトは、その後もムスクロンにボールを支配され、いつ同点にされてもおかしくない状態だったが、後半ロスタイムにロングボールからテオドルチクがDFの裏へパス、そこに飛び出した森岡がGKと競り勝ち自身2点目となるゴールを決めて5-3、これでようやく試合が決着した。

相手のマークが緩かったのもあるが、やっとチームが森岡の特徴を理解し、森岡を活かすサッカーが出来て来たなという印象。ただリードを奪って試合をコントロールしたい森岡が、バックパスでペースを落ち着かせようとして味方が気づかずカットされたりと、まだ意思疎通の面では向上できる部分は多い。これでアンデルレヒトは優勝プレーオフ入りを決めたし、ここからが森岡にとって本当のスタートである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「大迫が活きて活かされる、頼もしい相棒が帰って来たケルン」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 ライプツィヒ-ケルン

2018年は新加入のテロッデの活躍もあって連勝スタートを切ったものの、肺炎から復帰した大迫の調子が上がらないのもあって、ここ4試合は2分2敗とまた最下位に沈んでいるケルンだったが、何と今節はチャンピオ...

続きを見る

「風間グランパスとクルピガンバ、期待通りのノーガード試合も反則技で決着が付く」J1第1節 ガンバ大阪-名古屋グランパス

2018/02/26 | Jリーグ

いつもならJリーグは毎週だいたい1試合で、後は主に欧州組の試合を見るのがパターンなんだけど、せっかくの開幕週だし、一昨日見た試合がかなりしょっぱかったので、風間名古屋とクルピガンバという絶対にノーガー...

続きを見る

「ミシャサッカーが消えた堀浦和と、安定と実績の長谷川東京によるしょっぱい開幕戦」J1第1節 FC東京-浦和レッズ

2018/02/25 | Jリーグ

ピョンチャンオリンピックとJリーグ開幕が重なってしまったために、今節の全国放送はNHK BS1でのFC東京対浦和の試合のみ。確かに、いつもなら熱いライバル同士の試合で盛り上がる事が多かったカードだが、...

続きを見る

「噛み合わない守備に苦しんだものの、後半はあわや1G1Aだった酒井」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第2レグ ブラガ-マルセイユ

マルセイユでの第1レグを3-0で圧勝、余裕を持った状態で臨んだブラガホームでの第2レグ。マルセイユはトヴァンとパイェを温存し、ジェルマンの1トップに2列目がオカンポス、サンソン、エンジエ、SBは左が酒...

続きを見る

「どちらも上から見る立場になったからこそ興味深い」野々村芳和と名波浩のJリーグ・ラボ概要書き起こし

2018/02/23 | Jリーグ

昨日は会社がらみの飲み会があって、帰宅してから試合を見ても酔っ払って内容を忘れそうだったので、録画してあった1月放送分の「Jリーグ・ラボ」を何となしに見てみたところ思いの外楽しくて、ちょっと概要を書き...

続きを見る

「中国では下手だったパウリーニョが、突然上手くなってしまうバルセロナのマジック」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ チェルシー-バルセロナ

昨シーズンはリーグで圧勝しながら、今期は不調でフロントとコンテ監督の確執が明らかなチェルシーに対し、夏の移籍市場でネイマールを失ったものの、リーグでは首位を独走している盤石のバルセロナという対照的なチ...

続きを見る

日本一有名な徳島サポーター、大杉漣さんが急死

2018/02/21 | Jリーグ

日本を代表する名脇役として知られるスターでありながら、時間の許す限りホーム・アウェイを問わずスタジアムに駆け付ける、徳島ヴォルティスの熱心な古参サポーターとして知られた大杉漣さんが、今朝急性心不全で亡...

続きを見る

「長谷部が整える”0.1秒”が、フランクフルトをチャンピオンズリーグへと押し上げるカギになる」ドイツ・ブンデスリーガ第23節 フランクフルト-ライプツィヒ

最近の公式戦9試合でわずか1敗と好調が続いているフランクフルトが、リーグ2位のライプツィヒを迎えた大一番。月曜に行われた日程に対する抗議として、ハーフタイムに大量のテニスボールとトイレットペーパーが投...

続きを見る

「”指定席”に久々復帰の酒井、盤石の守備でチームの完勝に大きく貢献」フランス・リーグアン第26節 マルセイユ-ボルドー

2018/02/20 | 未分類

現在4連勝と絶好調のボルドーをホームに迎えたマルセイユ。中華圏のテレビ向けのサービスなのか、この試合ではユニフォームの氏名表記が漢字になっていて、他の選手は発音の当て字だったのに、酒井宏樹は「樹」が簡...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑