「攻撃が機能しないチームをPKで救い、試合を整えてみせた大黒柱」ドイツ・ブンデスリーガ 第19節 フランクフルト-ダルムシュタット

スポンサードリンク

ここまで長谷部を中心としたリーグ2位の失点率で3位と好調を維持しているフランクフルト。しかし得点についてはリーグ9位に留まり、アウェイでガッチリ守りを固めてくる最下位ダルムシュタットとのヘッセン・ダービーは、予想通りに難しい試合になった。

フランクフルトのニコ・コバチ監督は、原則的に相手のフォーメーションに合わせるやり方を取ることが多く、この試合も4-2-3-1のダルムシュタットに対し、長谷部とオマルをダブルボランチにした4-4-2の形にして来たが、守備面ではともかくとして攻撃はあまり機能させる事が出来なかった。

ダルムシュタットは守備時には4-4-2の形になり、FWはフランクフルトのDFにはあまりプレスをかけずボランチをマークして来たので、フランクフルトは仕方なくサイドを経由した形にビルドアップが偏り、ダルムシュタットは守備時にはSHが下がって5バックの形にしてサイドのスペースを潰して来たため、サイドアタックも出来ず外と中で横パスをし合う遅攻を強いられてしまった。

さらに今までのフランクフルトだと、マイヤーを完全な攻撃の軸にして、周りは彼に点を取らせるためのお膳立てをするという方針で統一されていたのだが、2トップの一角にフルゴタが入った事でマイヤーとスペースを食い合う場面が目立ち、左SHに入ったレビッチはドリブルで持ち過ぎる事が多く、前線でのコンビネーションが無くて前半はほとんど有効な攻撃が出来なかった。

逆に、GKフラデツキーのキックミスを拾われてフリーでシュートを打たれたり、34分にはCKのこぼれ球を押し込まれそうになったが、相手がどれも枠を外してくれてフランクフルトは何とか無失点でしのぐと、後半も序盤はゾーンの間でボールを受ける攻撃が機能したかと思ったら、バイタルエリアでのマークを早めて守備を修正したダルムシュタットに対して早々にペースダウン、さらに守備的選手を投入したダルムシュタットの守りはさらに堅くなり、試合の行方は再び混沌とし始める。

しかし悲しいかな低迷するチームに良くあるパターンで、ダルムシュタットは良い守備が90分間続かない。後半20分ぐらいからプレスの勢いが落ちて中盤が間延びし、フランクフルトはカウンターからのミドルでCKを得ると、PA内でダルムシュタットのミロシェビッチがバジェホを抱きかかえて倒してしまってPK。ここでキッカーになったのは何と長谷部で、プレッシャーがかかる場面をきっちりGKの逆を突いたキックで決めてフランクフルトがようやく先制する。

当然、リードを奪われたダルムシュタットは前に出てこざるを得なくなるわけで、後半38分にフランクフルトは一発のロングボールにマイヤーが抜け出し、上手く相手を交わしてのキープからグラウンダーのクロスを流し込むと、中に飛び込んだレビッチが足に当てて2点目のゴール。これで試合は完全に決まってしまった。

長谷部は中盤を堅める相手に対してなかなか有効な縦パスを出せず、単純なミスもいくつかあって個人の出来としてはやや微妙ではあったが、やはりチームからキッカーに指名されてダービーマッチの重要なPKをきっちり決めた事は、さすがの「整え力」と言うしかない。代表でも本田や清武がいない場合は、長谷部がキッカーをやっても良いんじゃないだろうか。そんな場面が中東のアウェイであればだけど(苦笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「3度のGKとの1対1を決められなかったが、チームは”浅野シフト”で快勝」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第19節 シュツットガルト-フォルトゥナ・デュッセルドルフ

年末は連敗で足踏み、順位を自動昇格枠から外れる3位まで落としていたシュツットガルト。ウィンターブレイク明けのザンクトパウリ戦は辛勝の再スタートとなったが、19節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦では2...

続きを見る

「ガンバの思い切ったモデルチェンジは、吉と出るか凶と出るか」アジア・チャンピオンズリーグ プレーオフ ガンバ大阪-ジョホール・ダルル・タジム

ガンバ大阪のホーム、吹田スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフ。相手はマレーシアリーグを3連覇したジョホール・ダルル・タジム。日本の古参サッカーファンには馴染み深い、ジョホールバ...

続きを見る

「これが久保をクラブ史上最高額の移籍金で獲得した理由」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第25節 ズルテ・ワレヘム-ヘント

ようやくDAZNで英語の現地中継ながら、ベルギーリーグのヘントとズルテ・ワレヘムの試合をやっていたので、久保がどんなプレイをしているのか見てみた。 スイスやオーストラリアリーグもそうだが、ベルギーリ...

続きを見る

「原口は、決して得点だけでチームに貢献しているわけではない」ドイツ・ブンデスリーガ第19節 ヘルタ・ベルリン-インゴルシュタット

最近5試合で4敗、リーグの順位も3位から6位まで下落してしまったヘルタ・ベルリン。チームの調子とともにコンディションを崩していた原口もここ3試合はベンチスタートだったが、今節のインゴルシュタット戦では...

続きを見る

「アクセル>ガス欠、アクセル>ガス欠、最後は酒井が絡む自爆」フランス・リーグアン第23節 メス-マルセイユ

120分間の死闘でリヨンを下したマルセイユは、中2日でメスとの対戦。酒井は先発だったが、マルセイユはゴミス、ヴァンクールといった主力をターンオーバー、パイェはまだ控え、エヴラは怪我という苦しいスタメン...

続きを見る

「やっぱりMSNは卑怯以外の何物でもないよね」コパ・デル・レイ準決勝 第1レグ アトレティコ・マドリー-バルセロナ

もう1方のカードがセルタ・デ・ビーゴとアラベスの対戦だけに、事実上の決勝戦と見られるコパ・デル・レイの準決勝、アトレティコ・マドリー対バルセロナ。 アトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロ...

続きを見る

気がつけば、ブックメーカーマネーの波に飲まれつつあるJリーグ

2017/02/03 | Jリーグ, 未分類

昨日は夜に飲み会があり、特別見ないといけない試合も無かったので、今回は最近注目したニュースをピックアップしてみます。 Jリーグ放映権を“黒船”に奪われた「スカパー!」の悲劇 ダ・ゾーンが超強気な理由...

続きを見る

「スターの補強でヨーロッパリーグへラストスパート?」フランス・リーグアン第22節 モンペリエ-マルセイユ

前節と前々節は、上位のモナコとリヨンと対戦してコテンパンにやられてしまったマルセイユ。しかし冬の補強でユベントスからベテランのパトリス・エヴラ、ウェストハムから渦中のパイエというワールドクラスを補強し...

続きを見る

「ウォルフ監督が浅野にインサイドハーフ養成ギブスを着装?」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第18節 ザンクトパウリ-シュツットガルト

ザンクトパウリとシュツットガルトちという、合計で日本人選手3人が所属する対戦カードだが、宮市も細貝も怪我のためベンチ外で先発は浅野のみとやや寂しい事になってしまった、長いウインターブレイク明けの試合。...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑