「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

スポンサードリンク

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。

試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェンスから攻撃陣の多彩なドリブルで滝川第二が攻め込む時間帯が続いたのだが、前橋育英が前半24分にロングボールをFW人見に当てて、その落としを長澤がPA内で拾い、滝川第二の選手が後ろから倒してしまってPKで先制点が前橋育英に入ってしまう。

これに味を占めた前橋育英が、長身の人見に次々とボールを放り込み、滝川第二のDFがことごとく競り負けて裏を取られて決定的なピンチを作られた事で、戦況が大きく変わってしまった。

滝川第二は、裏を取られるのを恐れてラインが下がってセカンドボールが拾えず、せっかくボールを奪っても前線までが遠く、仕方なく苦し紛れのロングボールを打つが、滝川第二は前線の高さも無いので基点になれずセカンドボールを以下ループ。

そしてたまに高い位置で前を向いてボールを持っても、相手のプレッシャーの前にいつもよりもプレイスピードを上げようとするのだが、どうしても体勢的に無理なドリブル、無理なスルーパスになってしまって精度が落ち、結局シュートまで持ち込めない。

後半になると完全に前橋育英のペースになり、ロングボールだけではなくバイタルエリアの密集地でも滝川第二の選手がことごとくデュエルで負け、ゴリゴリと突破されてシュートを打たれたり、DFが中央に集まってがら空きになったサイドから決定的なクロスを打たれたりと、GKの奮闘が無ければとっくに大差がついてもおかしくないぐらいに一方的な展開になってしまった。

前橋育英は後半14分にシュートが跳ね返ったボールを正当に押し込んだゴールがオフサイドと誤審されるなど運も無かったが、後半36分にPA内でのデュエルから人見が抜け出したのを滝川第二のキャプテン今井が体を投げ出し再びPK。今井は2枚めのイエローで退場し、これで完全に勝負は決まってしまった。

悪い意味で、滝川第二は日本のユースチームがアジアの国と対戦した時に見せる弱みを見事に体現してしまっており、スペースを与えてくれる相手には攻撃力で圧倒的出来るが、フィジカルとスタミナ、スピード、デュエルに勝る相手だと、途端に技術が発揮できなくなって組織も崩壊、最後はゴリ押しの前に力尽きてしまう。

東海大仰星もそうだが、今年はフィジカルとスタミナを全面に出した攻撃的な守備をするチームが勝ち上がっているが、それをさらに上回るテクニックとパススピードを持ったチームが出てきて、互いに切磋琢磨して向上し合うような大会になって欲しいものである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元...

続きを見る

「サイドを使えず、同じ土俵に引きずり込まれた富山第一」全国高校選手権 2回戦 東海大仰星-富山第一

2回戦から3回戦は中ゼロ日という相変わらず異様なスケジュールで行われている高校選手権。違うチームの対戦が見たかったんだけど、大阪の読売テレビでの放送という事で、2試合連続で東海大仰星の試合を見ることに...

続きを見る

「高校サッカーの”5分間”は、ここまで結果を大きく左右する」全国高校選手権 2回戦 鹿島学園-東海大仰星

元旦の天皇杯が終われば、高校選手権の季節がやって来る。と言う訳で、2回戦の鹿島学園対東海大仰星の試合を見てみた。 鹿島学園のフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、ビルドアップ時にはアンカ...

続きを見る

「通算19冠の鹿島、年間シルバー3冠の川崎との埋めがたい差」天皇杯 決勝 鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ

2017/01/01 | 天皇杯, 未分類

通算で18冠のタイトルを獲得し、今年のクラブW杯で準優勝という結果を出した鹿島と、今期はJリーグ年間2位をマークするも、未だタイトルを獲得できていない川崎フロンターレとの対戦になった、2017年元日の...

続きを見る

年末恒例、2016年サッカー十大ニュース!

毎年恒例でやっているのに、今年はいろいろ公私に忙しくてすっかり忘れてましたが、何とか大晦日に滑り込み更新です~ 10位 今治FC、全国地域サッカーチャンピオンズリーグを勝ち抜きJFL昇格 現実路線...

続きを見る

「まるで試合に負けたかのように、鹿島の選手に笑顔が見られなかったその訳は・・・」天皇杯 準決勝 鹿島アントラーズ

2016/12/30 | 天皇杯, 未分類

両チームのシュート数が14対6、ボール支配率が6割対4割と、データの数値上は横浜Fマリノスが圧倒した天皇杯の準決勝だったが、試合を見た人にとっては鹿島アントラーズの強さばかりが印象に残ったのではないだ...

続きを見る

「見た目は攻撃の清水と守備の札幌、しかし戦術的には攻撃の札幌、守備の清水」高円宮杯U-15 決勝 清水エスパルスジュニアユース-コンサドーレ札幌U-15

今日は朝からゴミ出しの後に家具作り、そして大掃除とフル稼働で既にヘトヘト状態でまたも簡単に。 既にプレミアカップ、日本クラブユース選手権の2冠を達成している横綱、清水エスパルスジュニアユースに、ここ...

続きを見る

「どんなチームでも成功のためには”均質化”のプロセスが必要なのだ」イングランド・プレミアリーグ第18節 マンチェスター・ユナイテッド-サンダーランド

昨日はうちの仕事場も仕事納めで、納会で酒が入った状態での録画観戦だったので、これも雑感のみという事で。 かつて香川がいた頃にマンUの指揮を取っていて不遇をかこったモイーズが、退任後初めてオールド・ト...

続きを見る

「試合展開はもちろん、戦術的な攻防にも見応えがあった好ゲーム」天皇杯 準々決勝 大宮アルディージャ-湘南ベルマーレ

2016/12/27 | 天皇杯, 未分類

事前情報としては大宮が湘南に勝った事ぐらいしか知らなくて、普通にJ1年間5位の大宮が、J2に降格した湘南と力の差を見せたのかと思いながら試合を見てみたのだが、一時は湘南が逆転するシーソーゲームになって...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「戦術的には、香川のところから危うく破綻しかけていた」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦回顧

さすがに試合を見終わった午前2時半から戦評は書けないし、朝も睡眠不足で...

「ここでグループを抜け出す国が出て来るのか」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

目覚めは良いけど、単純に睡眠時間が足りなくてクソ眠い週末になってしまい...

「長谷部不在の危険を全員でカバーした貴重な勝利」アジア最終予選 グループB UAE-日本

リアルタイムで見ていると気持ちが入りすぎて、戦術的な面を全く語れないの...

「互いに攻撃は縦のスピードがキーポイント」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦展望

今晩の夜24時半という、勤め人には厳しい夜更かしを強要されてしまう時間...

「ガンバの代表コンビが良くも悪くも大活躍だが、参考になるかと問われると・・・」J1第4節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今日の深夜0時半から、いよいよ最終予選のUAE戦が行われるわけだが、長...

→もっと見る

PAGE TOP ↑