「時代の先駆者が、Jリーグに来てしまった故の悲劇」浦和ペトロビッチ監督の解任

2017/07/31 | Jリーグ

スポンサードリンク

土曜日の試合で下位のコンサドーレ札幌に対し、まさかのハーフタイム3人替えで結局9人で戦う羽目になってあっさり連敗、J1のここ8試合でわずか勝ち点6、順位こそ8位に留まっているものの首位から勝ち点12差となった事で、とうとう浦和のペトロビッチ監督が解任されてしまいました。

毎年、好成績を挙げながらも結局ルヴァンカップしかタイトルを取ることが出来ず、浦和のようなビッグクラブで良く我慢出来るなと思っていたのですが、さすがにいつまで経ってもベンゲルを切れないアーセナルほどの辛抱強さは無かったようですね(笑)。

良いチームは作るんだけど勝負弱い、槙野、森脇、柏木、西川らがミシャチルドレンと呼ばれるように、足元に長けた一部の選手を重用し過ぎる、守備戦術の練習をほとんどやらない事から、ネタ扱いされがちな監督ではありますが、個人的にはある意味天才的な監督だと思っています。

ミシャの代名詞である3-4-3戦術についても、長らく奇抜で特異な戦術に思えたのですが、今や3バックは4バックに代わって世界の主流になりつつあり、特に4-4-2のゾーン・ディフェンスに対して、3バック(4バック+アンカー)でのビルドアップと5トップでの攻撃はもはや戦術の定石となりつつあります。この戦術を、10年以上前から採用していたのですから、まさに時代の先駆者と言えるでしょう。

ただミシャ監督にとって不幸だったのは、その舞台がJリーグだった事。日本じゃ戦術にこだわる監督はあまり評価されませんし、5トップが本来の威力を発揮するほどコンパクトなゾーン・ディフェンスを取るチームは少なく、5トップ状態からの守備に必須のゲーゲンプレッシングは、選手の守備能力の低さと日本の夏場の暑さで徹底しきれず、最後までカウンターに弱いというレッテルを剥がすことは出来ませんでした。

2006年にサンフレッチェ広島に来るのではなく、ブンデスリーガあたりのチームを率いていれば、今頃は名将としてビッグクラブの監督になっていたかもしれません。今からでは体調面の問題もあって難しいかもしれませんが、是非とも欧州の1部リーグで指揮をとるペトロビッチ監督の姿を見てみたいものです。どうもお疲れ様でした!

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「組織面では上回っていたセレッソ、しかし戦術はベースであって逃げ道ではない」J1第19節 ガンバ大阪-セレッソ大阪

2017/07/30 | Jリーグ

昇格組のセレッソが首位、昨年年間4位のガンバが6位という意外な形で迎えた、吹田スタジアムでの大阪ダービー。現在の勢いからしてセレッソが優位と見られていたが、結果はガンバが3-1で逆転勝利と意地を見せつ...

続きを見る

「相手が手抜きでも、長友アシストでインテルが勝ったのは何より」インターナショナルチャンピオンズ杯 バイエルン-インテル

アメリカ、中国、シンガポールで、多くのビッグクラブを集めて行われている世界的サッカー興行イベントであるインターナショナルチャンピオンズカップ。 これまでの試合を見ていると、完全にテストと割り切っ...

続きを見る

「この3-1-4-2フォーメーションが、悩めるペップにとって一挙両得の解決策になるのだろうか」インターナショナルチャンピオンズ杯 マンチェスター・シティ-レアル・マドリー

NFLロサンゼルス・ラムズの本拠地、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで行われたマンチェスター・シティとレアル・マドリーのインターナショナルチャンピオンズカップ。ビッグチーム同士の対戦とあって、スタ...

続きを見る

「チェルシーの大黒柱は、実はカンテじゃなくてその後ろの選手なのかもしれない」インターナショナルチャンピオンズ杯 チェルシー-バイエルン

スカパーのJSPORTSで、珍しくサッカーのインターナショナルチャンピオンズ杯をやっているので、昨日行われたチェルシー対バイエルンの試合を見てみた。 昨年はプレミアリーグで首位を独走して優勝を飾...

続きを見る

「セレッソが負けて、鹿島が勝てたセビージャ戦3つのポイント」Jリーグ・ワールドチャレンジ2017 鹿島アントラーズ-セビージャ

今年もツール・ド・フランスが終わり、サッカーサイトとしての夏休みもこれで終了。ぼちぼち通常運転に戻るリハビリとして見たのは、先日行われた鹿島とセビージャの試合。 ご存知のように、試合は鹿島が2-...

続きを見る

「今年は石橋を叩いたフルーム、来期は包囲網を解いて5勝クラブの仲間入りを果たすか」ツール・ド・フランス2017 第19~21ステージ

2017/07/25 | 自転車

週末の暑さと日曜日のイベントでヘロヘロになり、月曜は差し歯が取れた上に朝から仕事が満載で、昨日は更新をお休みさせていただきました。で、昨晩は改めてツール・ド・フランスの残りステージを駆け足で見たのでま...

続きを見る

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

2017/07/23 | Jリーグ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きのめされたチームと、ドルトムント相手に善戦したチームという事で、拮抗した試合になるかと思われた試合だったが、蓋を開けてみれば予想以上...

続きを見る

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとかの地点だったので、ライブで見るのを諦めて、たまたまBSスカパーでやってた国際ユースサッカーU-17のクロアチア戦を見る事にした。 ...

続きを見る

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

2017/07/21 | 未分類

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級イゾアール峠が待つ第18ステージ。 アルプスステージではおなじみの街、ブリアンソンをスタートすると、いきなり序盤から新城選手...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑