「戦術のための選手から、選手のための戦術へと時代は変わりつつある?」イングランド・プレミアリーグ第31節 チェルシー-マンチェスター・シティ

スポンサードリンク

昨日は会社行事の飲み会があり、酒が入った状態でDAZNを見るのはかなり辛いものがあるので、スカパーで録画しておいたチェルシーとシティの試合を見てみた。

試合は前半から激しく動き、前半10分にニアゾーンからの折り返しからアザールがダイレクトでシュート、コースは甘かったがシティGKカバジェロがコンパニのブラインドになって届かずゴールすると、シティも26分にクルトワのパスミスからシルバがシュート、それはクルトワがセーブしたがこぼれ球をアグエロが押し込み同点。しかし34分にはペドロの切り返しにフェルナンジーニョが足を引っ掛けてしまいPK、これをアザールが決めて再びシティがリードする。

後半からチェルシーはズマに代えてマティッチを投入、ウイングで先発していたアスピリクエタをCBに戻して守備を固めると、シティはデ・ブライネやサネ、シルバのドリブルで切り崩し、後半だけでPA内から8本ものシュートを放つが、後半20分のCKからストーンズが完全フリーになったヘディングもGK正面になるなど運もなく、試合はそのまま2-1で終了した。

これでチェルシーは勝ち点を72に伸ばして2位のスパーズに7差となり、いよいよリーグ優勝がはっきりと視野に入って来た。シティはCLプレーオフ圏内の4位に留まっているが、アーセナルとマンUが勝ち点4差に迫っており、1月半ばから無敗を続けていたが、ここ4試合は公式戦で勝ち星無しと、余談を許さない状況になって来た。

しかしこの試合を眺めていて思ったのは、これだけハイレベルな試合になって来るとほとんどピッチ上に時間やスペースといったものは存在せず、従ってフォーメーションもほとんど意味をなさず、ひたすら個人の能力差、デュエルの勝ち負けで試合は決まってしまうと言うことである。

その点で見ると、チェルシーはダビド・ルイス、セスク、アザールといった、万能性が低くて一般的には使いづらい選手を、ダビド・ルイスは3バックにして攻撃能力を活かし、アザールは3トップにして守備負担を減らし、セスクはカンテを組み合わせて攻撃特性を活かすなど、戦術や人選を「個人の能力を活かすため」に使っているように見える。

逆にシティは、アグエロ、サネ、シルバ、デ・ブライネの前線4人が互いの能力を消し合い、前線が地上戦主体の面子なのにボランチがフェルナンジーニョとデルフという潰し役で、選手の持ち味があまり活かせてないように思う。もちろん、バイエルン時代とは違ってハードスケジュールでターンオーバー必須、楽な試合が無いプレミアリーグはペップの得意な実験的な戦術が使えないという面はあるのだろうが、コンテのほうが監督としての総合的な手腕は上手だなと思ってしまう試合だったね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「香川にとっては美味しかった、酒井高徳のSB的プレイスタイル」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ボルシア・ドルトムント-ハンブルガーSV

2017/04/06 | 未分類

香川が今季リーグ戦初ゴールを含む1G1Aを決めて、ブンデスリーガ公式からMOMに選出され、ファンからも契約延長を求める声が続出するなど大活躍を見せたと聞いていたので、ちょっと期待を込めて試合を見てみた...

続きを見る

「もうカンテの肩代わりが必要無くなった岡崎」イングランド・プレミアリーグ第30節 レスター・シティ-ストーク・シティ

昨晩にレスターは最下位のサンダーランドに2-0で勝利、シェイクスピア監督へ交代してから6連勝を達成、イングランド人監督として初陣からの連勝記録をまた更新したわけだが、これはその前のストーク戦のレポート...

続きを見る

「代表疲れでヨタヨタな上に、ボランチまでやらされる不憫な久保」ジュピラー・プロ・リーグ 優勝プレーオフ ゲント-クラブ・ブルージュ

ベルギーのジュピラープロリーグは、結構複雑な優勝チーム決定プロセスを持っていて、16チームによるリーグ戦で2回戦を戦った後、その時点での半分の勝ち点からスタートする、上位6チームの間でホーム&アウェイ...

続きを見る

「決勝ゴールを決める活躍をした乾が、代表に呼ばれないのには理由がある」スペイン・リーガエスパニョーラ 第29節 ビジャレアル-エイバル

突然発表された、DAZNのリーガ・エスパニョーラ放映権獲得。これでようやくWOWOWの独占放送縛りから解放されたという事で、早速エイバルとビジャレアルの試合を見てみた。 今までリーガのチームと言...

続きを見る

「シルキータッチで時間を操る香川、マスクマンに足を引っ張られる」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 シャルケ-ボルシア・ドルトムント

トゥヘル監督が試合前の会見で語っていたように、アジア予選の移動から魔がないのに珍しく香川は好調だったようで、この試合でスタメン出場。代表ウィークにチャリティマッチへ出場していた内田はベンチ外で、スタン...

続きを見る

「これからはアウトサイドキックのクロスが、サイドアタッカーには必須の技術になるかもしれない」ロシアW杯南米予選 第14節 エクアドル-コロンビア

2017/04/01 | 南米

もうそろそろ佳境に入って来た南米予選。現在W杯出場権内にいる4位のコロンビアを、プレーオフ圏の5位にいるエクアドルがホームに迎える注目の試合だったが、意外にも試合は淡々と進んで波乱無く終わってしまった...

続きを見る

「クリスティアーノ・ロナウド凱旋祭りは、前半のみで終了しました」国際親善試合 ポルトガル-スウェーデン

2017/03/31 | その他戦評

昨日はDAZNで南米予選を見ようかと思ったんだけど、いきなりクルクル祭りをカマされて見る気を失い、スカパーで録画していたポルトガル対スウェーデンの親善試合を観戦。 やっぱりストリーミングよりも録...

続きを見る

「”ほぼ富士山頂で試合”、世界最悪のアウェイに沈んだアルゼンチン」ロシアW杯南米予選 第14節 ボリビア-アルゼンチン

2017/03/30 | 南米

現在はW杯予選でブービーの順位と、南米の中では最弱のグループに甘んじているボリビア。しかしことホームでの試合についてはボリビアが異常に強く、南米を代表する強豪国であるアルゼンチンは、実に12年間も勝ち...

続きを見る

「内容と結果が一致しないのは、ある意味サッカー強国の証でもある」ロシアW杯アジア最終予選 グループB 日本-タイ

2017/03/29 | 日本代表

昨日は古い友人達との滅多にない飲み会があり、酔っ払って11時以降に帰ってから半分寝た状態で試合を見ていたので、雑感のみでご勘弁を。 しかし4-0という大勝をした試合で、ここまで内容をボロカスに言...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑