「序盤は破壊力を見せまくったHSVが、4試合無得点の大失速になった理由」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第8節 ザンクト・パウリ-ハンブルガーSV

スポンサードリンク

今シーズンは現在リーグ7位と好調なスタートを切ったザンクト・パウリと、序盤は好調だったものの、この3試合は全て無得点と極端な得点力不足に陥っているHSVとの対戦。ザンクト・パウリもHSVもともに4-2-3-1のフォーメーションで。酒井高徳は右SBで先発、伊藤達也と宮市はベンチスタート。

HSVはビルドアップ時にGKがCBのセンターになってSBが高く上がるウルトラモダンな2バック戦術を駆使しているのだが、ザンクト・パウリは守備時にSHがDFラインまで下がる5バックになってサイドのスペースを埋めるため、前半の決定機は本当に少なかった。

後半5分、酒井が強引にキープしてファールをもらいFK。後半8分に伊藤が右SHの位置に投入される。ドリブルに切れはあるんだけど、ザンクト・パウリがしっかりサイドのスペースを埋めているのでブレーキがかかってしまう。

その後もファン・ヒチャン、アルプ、そして伊藤と強引な攻めで突破しようとするが、人海戦術で粘り強く守るザンクト・パウリの守備網を破ることができない。酒井高徳もほとんどインサイドハーフの位置に上がったまま。

後半40分には伊藤がセットしてドゥグラス・サントスにCKを譲ったところで、ドゥグラス・サントスがすぐ蹴って歩いていた伊藤に当たる珍プレーを披露するなど、その後も攻撃はギクシャクしたまま。

逆にザンクト・パウリは後半ロスタイムにシャヒン別人がGKが前に出ていたのを見てセンターサークルからロングシュートもギリギリ手で弾いてHSVは失点を免れる。そしてそのままスコアレスドローで試合終了。

伊藤はドリブルのキレはあったんだけど、縦を切られてカットインからシュートかクロスしか出来ず、クロスもFWがガッチリPAの幅でセットした4バックに囲まれ得点には繋がらなかった。酒井はまあ攻撃で運動量以外に何か特色が出せる選手ではないよね。そして今期復活して得点も挙げた宮市は残念ながら出番なし。

HSVの2バックシステムはここに来て完全に対策されてしまった印象。とにかくサイドのスペースをきっちり埋めればクロスしか無いし、前線に高さがあるわけじゃないのでマークさえ外さなければ怖さが無い。果たしてこの苦境を戦術的にどうやって打開するのか、注目したいところだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「2人のCBを攻守で自在に操る”長谷部システム”で、日本人不在のハノーファーに快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 フランクフルト-ハノーファー

ともに開幕ダッシュに失敗、16位と最下位に沈んでいる同士の対戦。特にハノーファーはここ3試合で8失点と守備が崩壊しているが、原口はベンチ外、浅野はベンチスタートと残念な状況。 両チームのフォーメ...

続きを見る

「序盤に大迫が3つのチャンスを作るなど、勝てそうだった試合に大きな落とし穴」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 シュツットガルト-ブレーメン

リーグ戦5試合を経過して現在3位とスタートダッシュを決めたブレーメンと、17位と完全に出遅れてしまったシュツットガルトとの対戦。ブレーメンはシャヒンがアンカーに入り、大迫とクルーゼが2トップになった3...

続きを見る

「いよいよセービングに凄みが増し、代表正GKの座が目前に迫る東口」J1第28節 ガンバ大阪-サンフレッチェ広島

2018/09/30 | Jリーグ

ガンバと広島はどちらも4-4-2。 序盤はやや広島ペース。ガンバの4バックがPAの幅からあまり広がらないのを見越し、パトリックが左サイドに流れて柏とのコンビネーションで基点を作り、中で合わせる形...

続きを見る

「乾はインサイドハーフで先発、チームは勝利したがほろ苦い現実に直面」スペイン・リーガエスパニョーラ第6節 ジローナ-ベティス

3試合負け無し、前節はバルセロナホームで引き分けとここに来て絶好調なジローナと、得点力不足に苦しみ5試合で3引き分けと勝ちきれない試合が続くベティスとの対戦。 フォーメーションはジローナもベティ...

続きを見る

「久保の孤軍奮闘も味方には伝わらず、香川の出番が来る前に白旗を上げたニュルンベルク」ドイツ・ブンデスリーガ第5節 ボルシア・ドルトムント-ニュルンベルク

ミッドウィークに行われた第5節は、香川と久保の日本人対決。アウェイのニュルンベルクは5-3-1-1の守備的なフォーメーションで、久保はトップ下の位置で先発。ドルトムントはロイスがトップ下に入った4-2...

続きを見る

「胃腸炎で3kg痩せた大迫、フル出場でチームの潤滑油としての存在感は増すばかり」ドイツ・ブンデスリーガ第5節 ブレーメン-ヘルタ

まだリーグが始まって4試合を経過したところだが、ともにまだ無敗でスタートダッシュを決めている両チームの対戦。ブレーメンはクルーゼとハルニクの2トップに、前節は胃腸炎で欠場した大迫がトップ下で復帰した中...

続きを見る

「53億円の男、2G1Aで全得点に絡みチームにリーグ戦初勝利をもたらす」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ギマランエス

ここまでリーグ戦4試合でたったの勝ち点1で最下位に沈んでいるポルティモネンセ。しかし中島へのチームからの信頼は変わらず、この試合も4-1-4-1の左SHとして先発。対するギマランエスは同じく4-1-4...

続きを見る

「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3のフォーメーションで久保は右ウイングだが前線の3人は流動的なポジションを取る形。対するハノーファーはダブルボランチの4-4-2で、と...

続きを見る

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

2018/09/22 | Jリーグ

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをファン・ウィジョが合わせたシュートはクロスバーに当たって跳ね上がり、記録上はオウンゴールになったがそのままゴールに飛び込み、アジア大...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑