「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

スポンサードリンク

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。

まあご存知のように、マンチェスター・シティがホームのエヴァートンに0-4という記録的な大敗を喫してしまったわけだが、やはりグアルディオラ監督の目指すサッカーを実現するには、選手のテクニックとリーグの相性という2つの条件が揃ってないと厳しいという事を改めて実感させられた試合だったかなと。

エヴァートンのシュート数が試合を通じて6本だったのに、そのうちの4本が得点になってしまったシティGKブラボの自動ドアぶりは擁護しようが無いが、それ以前にあまりにも守備陣のパスミスが多すぎた。ただでさえポゼッション重視で攻撃陣が前がかりになっている状態であれだけミスをして、アンカーにいるのがカンテのような小回りが効くタイプならともかく、鈍重なヤヤ・トゥーレでは厳しすぎる。

プレミアリーグの場合は、ゲームのテンポが非常に早いため守備に切り替わっても攻撃の選手が前に残っている事が多く、自陣でパスミスをしてしまうと一気に致命傷を受けてしまう。その点については吉田麻也も散々苦い思いをしているはずだ。そしてポゼッションサッカーをやろうとしても、相手の早いペースに引きずられてボールを落ち着かせられず、無理な判断でパスをして余計にミスが増えてしまうという悪循環。

そして現在のトレンドとして、バルサ・ポゼッションサッカーの代名詞でもあった、DFのライン間、つまりバイタルエリアでボールを受ける「エントレリアネス」 の動きに対して、DFラインからバイタルエリアにアタックに行っても守備の穴を開けにくい5バック戦術がプレミアリーグでも浸透し始めているのも大きい。

かつてはオランダ式パスサッカーを構築していたクーマンでさえ5バックを採用するポゼッションサッカー受難の時代に、プレミアリーグで今の選手のクォリティのままペップサッカーを続けていく事はもう限界ではないかという気がする。ブンデスならウインターブレイクの間にチームを整え直す事も可能だろうが、プレミアリーグとCLの過密日程ではこのままズルズル行くのは明白である。

アンカーのゲームメイク能力を最重要視するペップサッカーではあり得ない、サバレタやヤヤ・トゥーレをボランチ起用せざるを得ない現状で、果たしてクラブは冬のマーケットでどうカバーするのか。ラキティッチやファン・ダイクといった噂が出ているがはてさて・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3試合で勝ちが無いリバプールをホームに迎えての上位直接対決。 リバプールのフォーメーションは4-3-3で、前線は1トップのフィルミ...

続きを見る

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分かっている試合をわざわざ見る事はしないんだけど、昨日はこれ以外に選択肢が無かったので、レスターがチェルシーに0-3で完敗した試合を選...

続きを見る

日本サッカーは、口に苦い良薬を飲めるほど大人になったのか

2017/01/15 | 日本代表, 未分類

昨日はさすがに見るべき試合が完全に枯渇してしまって、年末年始に放送されていた代表関連の特番をまとめて見ておりました。 日本サッカー新時代~2018年への旅~|テレビ朝日 NHKドキュメンタリー -...

続きを見る

「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発したリバプールに先勝したリーグカップは何とダイジェストのみの放送・・・使えねえ。なので、1/2に行われていたウェストハムとマンUの録...

続きを見る

「途中での失速は残念だが、ボーンマスはハリルホジッチジャパンのお手本だ」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ボーンマス-アーセナル

昨日はさすがに特に見るべき試合が無くなって、10日前に行われたプレミアリーグの前節、ボーンマス対アーセナルの試合を結果を知らずに見始めたのだが、こんなに面白い展開になっていたとは予想外だった。 昨シ...

続きを見る

「こういうチームだからこそ、酒井宏樹は自分で得点を決める意欲が必要だ」フランス・カップ ベスト64 トゥールーズ-オリンピック・マルセイユ

高校サッカーが終わって、プレミアリーグが2週間空くこの1月中旬が、日本のサッカーファンにとっては一番ヒマな時期なのではないか。という事を毎年書いているような気がする。 しかし今はDAZNという救世主...

続きを見る

「戦術も戦力もがっぷり四つの見ごたえある試合を決めた、痛恨のラインミス」イングランド・プレミアリーグ第20節 トットナム・ホットスパー-チェルシー

アーセナルが持つプレミアリーグの14連勝という記録にあと1つまで迫っている首位チェルシーと、4連勝で勝ち点7差の3位につけているスパーズという絶好調同士が対決する注目の試合。 チェルシーもスパーズも...

続きを見る

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった...

続きを見る

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。 それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるの...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「総力戦を勝ち抜くためには、やはり清武のセットプレイが必要では」ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦展望

昨日は恒例のイベントで朝から晩まで出かけており、夜は当然疲労困憊で試合...

「バルサでは黒子、セレソンでは”メッシ”になってしまうネイマール」ロシアW杯南米予選 ウルグアイ-ブラジル

現在、ロシアW杯南米予選1位のブラジルが、2位のウルグアイホームで戦う...

「戦術的には、香川のところから危うく破綻しかけていた」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦回顧

さすがに試合を見終わった午前2時半から戦評は書けないし、朝も睡眠不足で...

「ここでグループを抜け出す国が出て来るのか」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

目覚めは良いけど、単純に睡眠時間が足りなくてクソ眠い週末になってしまい...

「長谷部不在の危険を全員でカバーした貴重な勝利」アジア最終予選 グループB UAE-日本

リアルタイムで見ていると気持ちが入りすぎて、戦術的な面を全く語れないの...

→もっと見る

PAGE TOP ↑