「何度でも”自分たちのサッカー”を蘇らせてしまう、日本サッカーの根深い病巣」キリンチャレンジカップ 日本-ハイチ

2017/10/11 | 日本代表

スポンサードリンク

FIFAランキングが48位と日本よりも8つ下のハイチに対し、序盤に2点を先制しながらも逆転され、試合の終盤になって辛くも追いついてドローという”失態”を演じてしまった日本。

案の定、試合後のネット界隈ではハリルホジッチへの非難はもちろんの事、選手に対しても片っ端から叩いてやり玉に挙げられるなど、まあ世間の脊髄反射ぶりは相変わらずという感じである(苦笑)。

確かにハイチ戦で起用されたサブ組はふがいない点が多かった。東口はGKとしてリーチの短さを露呈、槙野は対人にいっぱいいっぱいでDFラインを統率できず、車屋は最後に少し仕事をしたけど終始腰が引けたプレイで、遠藤は高さでは勝てても足元のデュエルと守備範囲、展開力に大きな課題、杉本は点こそ取ったが前線で全く基点になれず、酒井高徳は安定感に欠け、浅野は空回りしてすぐに消えるなど、そこそこ及第点だったのは小林と倉田ぐらいで、後は皆アピール失敗としか言えない出来だった。

ただ試合を良く見返してみると、日本がここまで苦戦したのは決して選手の能力が低かっただけの話では無く、戦術とメンタルに最も大きな原因があった事が良く分かる。

序盤の日本は、コンパクトでバランスの取れたゾーンを作りながら、ボールを奪うと選手が積極的に前へと動き、ハイチの守備が日本の動きを捕まえきれず、ボールに引っ張られて次々にスペースを作ってしまい、そこをさらに日本が突くという好循環が生まれていた。

しかし20分頃から、何故か突然日本からコンパクトさが失われてしまう。杉本、乾、浅野が中央の高い位置に留まったままになり、小林と倉田の両インサイドハーフがそれに引っ張られるように前目のポジションを取ってしまい、残されたのは4人のDFラインとその前にぽつんと1人で立っている遠藤のみ。

案の定、遠藤の両脇に出来た広大なスペースを使われ、遠藤もディレイしないといけないところでフラフラと飛び出してはあっさり交わされるなどアンカーの仕事が出来ず、28分にそういう形から小林が戻りきれず中央をラ・フランスに割られてあっさり失点。

その後は得点で調子が出てきたハイチに対してペースを握られる展開が続き、後半から右サイドに原口、左SBに車屋を入れるも戦術的なバランスは修正できず、悪い流れのままセットプレイに対して集中力を切らせて2失点目。

日本は井手口、大迫、香川のレギュラークラスを投入するも、さらに前がかりになった日本に対してハイチは6バックのような形で壁を作り、日本は中央で細かくチマチマとパスを繋ぐザックジャパン時代の”自分たちのサッカー”が復活、カウンターを浴びて何とか戻るが単に戻っただけで相手に寄せきれず、ゴラッソなミドルを浴びてハイチが3点目。

これでようやく尻に火がついた日本は、そこからにわかにまた前へと積極的に飛び出す攻撃が見られるようになり、原口の突破を中心に井手口らが惜しいチャンスがあったが決めきれず、これは負けたかと思ったロスタイム、ようやく車屋が出したクロスのこぼれ球を酒井高徳がシュート、ちょうどゴール前で倒れていた香川が寝たまま足を出してコースを変え、日本が土壇場で追いついて試合終了。

ハリルホジッチの縦に速いサッカーは引いた相手を崩れない、みたいな論調がまかり通っているが、本当はその逆で、引いた相手だからこそ速く大きく人とボールを動かさないといけないのに、中央に前にと人が集まってしまって短いパスを回すだけになってしまうのが問題なのである。

試合後の選手談話では、どうやら縦に速いサッカーだけじゃなくて試合をコントロールしたかったみたいだが、ボールを大きく動かせないと選手間の距離が短くなって相手にカウンターを与えるスペースを生み出すだけになってしまう。

単なる身体能力などの問題よりも、戦術的な狙いを90分間維持する事が出来ず、一度メンタルと規律が緩んでしまうと、視野が狭く、展開が小さくて遅い「自分たちのサッカー」に陥ってしまう日本選手の根深い病巣。それを改めて認識させられたキリンチャレンジカップの2試合だった。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「エジプト歓喜の裏にガーナの歯ぎしり、ウェールズは60年ぶりの悲願ならず」ロシアW杯予選、各地区の状況

2017/10/10 | ワールドカップ

先週から今週にかけて各大陸で予選が行われ、いよいよ出場国の大勢が判明しつつあります。 アフリカ予選 5グループの4カ国のうち1位通過しか出場できない、相変わらず過酷なレギュレーションのアフリカ...

続きを見る

「果たして植田の出場はあるのか?というのが見どころらしい見どころ」キリンチャレンジカップ ハイチ戦展望

2017/10/10 | 日本代表

今日はキリンチャレンジカップのハイチ戦が行われるわけですが・・・正直、欧州・南米・アフリカ予選がたけなわの状況で、消去法を重ねて選んだ相手なので、どちらにとっても戦略的な位置づけが曖昧な試合である事は...

続きを見る

「中村ハットで日本が大勝発進、久保は良くも悪くもメッシ状態」U-17ワールドカップ グループE 日本-ホンジュラス

2017/10/09 | ユース代表

10月6日からインドで始まったU-17のワールドカップ。グループEに入った日本の初戦は北中米カリブ海代表のホンジュラス。 日本にとってはグループステージを突破する上で絶対に勝利が必要な試合だった...

続きを見る

「セレッソがロスタイム4分に劇的なゴールで勝ち越し、悲願の優勝へ駒を進める」ルヴァンカップ準決勝 第2レグ ガンバ大阪-セレッソ大阪

2017/10/08 | Jリーグ

ここ最近は連敗が続き、リーグ戦では失速中の両チームによるルヴァンカップ大阪ダービーの準決勝第2戦。ガンバは代表戦で5人の選手が抜け、セレッソも代表や怪我人で台所が苦しい中、互いに若手選手を起用しての対...

続きを見る

「アルゼンチンは余裕を見せている場合なのだろうか」ロシアW杯 南米予選、欧州予選の状況

2017/10/07 | ワールドカップ

昨日のうちにNZ戦のレビューを書いてしまったし、各国予選の状況を一気にまとめるのも結構大変なので、金曜のうちに進んだ南米予選と欧州予選の一部について現況を書いてみます。 南米予選 2位のウルグアイ...

続きを見る

「本当は井手口と小林祐希を足せればいいんだけど」キリンチャレンジカップ 日本-ニュージーランド

2017/10/06 | 日本代表

まあ絵に描いたような辛勝で、ホームでオセアニア代表とこんな試合をしていたのでは、みたいなマスコミの論調が目に見えるようだが、実際のところニュージーランドは想像以上に良いチームだった。 ニュージー...

続きを見る

「ハリルホジッチにとっての真の狙いは、おそらく試合の裏側にあるはず」キリンチャレンジカップ ニュージーランド戦展望

2017/10/06 | 日本代表

残念ながらどこも放送をしてくれなかった、アジア最終予選プレーオフですが、マレーシアで行われた第1戦は相当に怪しいPKの判定でシリアが追いつき、1-1のドローで終了したみたいですね。オーストラリアが優位...

続きを見る

「酒井宏樹は完全に黒子だったが、目立たず勝利というのも大事な事」フランス・リーグアン第8節 ニース-マルセイユ

ここ2シーズンは、PSGとモナコ、リヨンと並んでフランスリーグの4強を形成しているニースと、優勝争い常連への復活を目指すマルセイユの南仏ダービー。 ニースはあのバロテッリとプレアが2トップの4-...

続きを見る

同じプレイスタイルでも、乾が冷遇されて伊藤が絶賛される理由

昨日は夜に飲み会があり、酔った状態だったので戦術面を理解する努力は放棄、ブレーメン戦でブンデスリーガ初先発となった、柏レイソルユース出身である伊藤達哉選手のプレイにだけ注目して試合を見てみました。 ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑