「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

2018/07/14 | 自転車

スポンサードリンク

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス第4~6ステージについて。

今年のツール序盤のテーマを1つ挙げるとすれば「落車」。従来のリムブレーキではなく、ディスクブレーキの使用が解禁された影響なのかは分かりませんが、ただでさえ高速な展開になる事が多いツールにあっては例年以上に落車が多い印象。

第4ステージでも、残り5kmの地点で大きな落車が発生し、その時点で逃げ集団が残っていたので集団がバラけながらもハイペースで追っかけ、最後は何とか追いついてコロンビア人スプリンターのガビリアが第1ステージに続いての勝利。スプリンターについては、これまで時代を席巻していたカヴェンディッシュやキッテルらは精彩を欠き、確実に世代交代の波が押し寄せています。

続く第5ステージは、中級山岳ステージとして位置づけられているように、大きな峠は無いものの細かいアップダウンが続くピュアスプリンター泣かせのステージで、フルームが「フレッシュ・ワロンヌ」みたいだと称していたように、まるでアルデンヌクラシックレースのようです。

レースは、ベテランのフランス人選手シルヴァン・シャヴァネルらの逃げ集団を追いかけるメイン集団がペースを上げる中、前日に勝利したガビリアはステージ後半に連続する3級山岳の峠で後退、こうなるとやはりペーター・サガンは強い。各選手によるスプリントが開始される中、余裕を持ったロングスパートで他を寄せ付けない勝利、6度目のマイヨヴェールに向けて着々とポイントを重ねています。

そして、最後に「ミュール・ド・ブルターニュ」、つまりブルターニュの壁と呼ばれる激坂3級山岳を登りきってのゴールが待ち受ける第6ステージ。コースはミュール・ド・ブルターニュを2度通る事になっているのですが、残り16km地点の1度目はあまり大きな動きが無く逃げを吸収しただけで通過。しかしこのミュール・ド・ブルターニュってずっとまっすぐなんですね。

2度目のミュール・ド・ブルターニュ、つまりゴールスプリントでは登りに入る直前で、デュムランがまたもメカトラブルで遅れる不運。同じく優勝争いの候補であるバルデもパンク。そして先頭では残り1kmからリッチー・ポートがアタックすると、ダニエル・マーティンがまくってセカンドアタック、最後までペースが落ちず他の選手を振り切っての勝利。

後続ではポート、アダム・イェーツ、バルベルデらが同タイムでゴールする中、クリス・フルームは8秒、ウランは11秒と若干の差が付きました。メカトラで遅れたバルデは何とか30秒差で留めましたが、デュムランはペナルティも含めると1分10秒差の遅れとなり、せっかくこれまで稼いだリードを失って総合でライバルたちに逆転されてしまいました。

第7、第8と平坦なリエゾンステージを消化すると、日曜の第9ステージはいよいよ「プチ・パリ=ルーベ」。全部で15セクター、合計距離にして21kmもの石畳が待ち受ける、平坦だけど今年のツール前半戦最大の山場。ワールドカップ決勝の前に、是非ご覧あれ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

2018/07/13 | 自転車

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フランスもさすがにフルタイムじゃないですが、しっかり見ております。 さてワールドカップの影響でいつもより1週間遅れでスタートし...

続きを見る

「他チームよりも90分多く戦ったクロアチア、獲得したのは疲労をはるかに上回るメリットだった」ロシア・ワールドカップ 準決勝 クロアチア-イングランド

2018/07/12 | ワールドカップ

準決勝のもう1試合は、決勝トーナメントに入ってから2試合の延長戦をこなして来たクロアチアと、準々決勝は90分で勝ち上がり、日程的にも間隔が1日多くて有利と目されていたイングランドとの対戦。 怪我...

続きを見る

「ベルギーが繰り出す変化球を、ことごとく弾いてカンテが拾うフランスの鉄壁」ロシア・ワールドカップ 準決勝 フランス-ベルギー

2018/07/11 | ワールドカップ

長かったロシア・ワールドカップもとうとう準決勝。第1試合は、厳しいグループを勝ち抜けてきたフランスと、日本に逆転勝利を挙げてから波に乗るベルギーとの対戦。フランスは出場停止だったマテュイディが復帰して...

続きを見る

「大会を席巻したロシアの”ド”根性、クロアチアのテクニックとモドリッチに敗れる」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 ロシア-クロアチア

2018/07/10 | ワールドカップ

ベスト16ではともにPK戦までもつれ込み、それぞれスペインとデンマークを下して勝ち上がった、ロシアとクロアチアとの準々決勝。フォーメーションはどちらも4-2-3-1で、メンバーもベスト16から1人だけ...

続きを見る

「ベスト4に残ったチーム、残れなかったチームの運命を分けた最大のポイント」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 スウェーデン-イングランド

2018/07/09 | ワールドカップ

ベスト16では堅い守りでスイスをきっちり退けたスウェーデンと、コロンビアとPK戦までもつれ込みながら辛勝したイングランドとの準々決勝。スウェーデンは2人にメンバーを入れ替えたがフォーメーションは4-4...

続きを見る

「ブラジルは、ベルギーに火を付けた日本を恨んでいるかも」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 ブラジル-ベルギー

2018/07/08 | ワールドカップ

ロシアW杯準々決勝の2試合目は、メキシコにきっちり勝ってベスト8へ進んだブラジルと、ご存知のように日本に逆転勝ちしたベルギーという優勝候補同士の対戦。 ブラジルはカゼミーロが出場停止、代わりは予...

続きを見る

「カバーニの代わりがいないウルグアイと、デンベレ、トヴァン、エンゾンジが余っているフランスとの残酷な差」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 ウルグアイ-フランス

2018/07/07 | 未分類

ロシアW杯は2日間の休息日の後、今日から準々決勝が開始。まず最初の対戦は、ベスト16でポルトガルをカバーニの2ゴールで打ち破ったウルグアイと、アルゼンチンとの打ち合いを制したフランスとの対戦。 ...

続きを見る

「PK戦の呪いは払拭したものの、準々決勝に向けて大きな弱点を露呈したイングランド」ロシア・ワールドカップ ベスト16 コロンビア-イングランド

2018/07/06 | ワールドカップ

コロンビアはハメス・ロドリゲスが怪我のためベンチ外で、ファルカオとクアドラードの2トップにトップ下がキンテロの4-3-1-2、イングランドはケインとスターリングの2トップになった3-1-4-2。 ...

続きを見る

「あの男を呼んでいたら優勝も狙えた? 氷河のように守備が堅いスウェーデン」ロシア・ワールドカップ ベスト16 スウェーデン-スイス

2018/07/05 | ワールドカップ

まさかのグループリーグ敗退を喫したドイツがいたグループFを1位で突破したスウェーデンと、初戦のブラジル戦に引き分け、上手く波に乗ってグループリーグを1勝2分けの無敗で2位通過したスイスとのベスト16は...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑