「整えど整えど猶わが暮らし楽にならざりぢっと手を見る by 長谷部誠」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 ヘルタ・ベルリン-フランクフルト

スポンサードリンク

奥寺康彦氏が持つ日本人ブンデスリーガ1部の出場記録234試合に並ぶ、長谷部にとってのメモリアルゲームになったヘルタ戦だが、フランクフルトには怪我人と出場停止が続出、レギュラーのCB2人、ボランチが1人いないという非常事態で迎える羽目になった。

そんな苦しい台所事情の中でフランクフルトが選んだ策は、何と3バックの左右CBにオツィプカ、チャンドラーというSBが本職の選手を起用、長谷部がアンカーという3-1-4-2という形であった。ヘルタのフォーメーションは4-2-3-1なので、普段は1トップであれば4バックにして数的優位のマッチアップにするニコ・コバチ監督にしては珍しい起用法である。

試合が始まると、その狙いがはっきり見えた。3バックと長谷部の4人でヘルタの前線4人を完全にマンマークで抑え、マイヤーではなく守備が出来るセフェロヴィッチとレビッチで前からプレスをかけ、ラインを高めに設定して自ゴールから遠ざけ、急造CBの高さや連携不足をスピードで補うというプランである。この罠にヘルタは見事に嵌まり込み、前線で基点が作れず何と前半35分までシュートを1本も打つことが出来なかった。

逆にフランクフルトは、29分にレビッチがスルーパスを受けてGKと1対1になるビッグチャンスをレビッチが作り、その直後にもCKから長谷部がコースにヘディングするなど、ヘルタGKヤーステインの好守もあって得点にはならなかったが4本のシュートを放ち、前半は完全にフランクフルトのペースだったと言える。

ヘルタもただ手をこまねいていただけではなく、前半の終わり頃から原口らSHが下がってボールを受け、そのスペースにSBがオーバーラップする形で、フランクフルトのマンマークを剥がす攻撃を見せ始めると、後半からは攻撃時にアンカーが下がって3バックのようになり、SBが上がってSHと高さで並ぶ、3-2-4-1のような形を取ってフランクフルトのWBを5バックの位置にまで下げさせ、ポゼッションを優位にする策を取って来た。

そして後半7分、左サイドのカルーがダリダと入れ替わって中に入り込むと、マークに付いていたチャンドラーが一瞬マークを外してしまい、そこにオフサイド気味ではあったがシュタルクからのスルーパスが渡り、カルーの突進はDFに阻まれたものの、こぼれ球をイビシェヴィッチが押し込んでヘルタが先制点をゲットする。

こうなると前半とは全く逆の形で、ヘルタがフランクフルトの攻撃陣にしっかりマークを付けるマッチアップになり、原口もバレラからブルムへと交代してサイドを強化するフランクフルトの攻撃に合わせて守備に回る機会が多くなる。が、後半33分にセットプレイの後で、セフェロヴィッチがボールが無いところで肘打ちをしてしまって一発退場。

10人になっても攻めざるを得ないフランクフルトに対して、ヘルタは38分にセットプレイの流れからプラッテンハルトがミドルシュート。これはGKがセーブしてクリアしたものの、それを拾った原口からミッテルシュタットへ左に展開、クロスにフリーで飛び込んだダリダが決めてヘルタが2点目、これでフランクフルトは万事休す。第20節から公式戦3連敗になってしまった。

長谷部は3バック前のアンカーという難しい位置で、ダリダをマークしつつ左右のスペースへ入り込むカルーや原口にもカバーして自由にさせないなど、前半はとにかく守備を整えまくっていたが、後半は味方のミスやラフプレイ、判定に泣かされて立て直しきれず。せっかくの記念すべき試合なのに悔しい結果になってしまった。また出場停止の選手も増えてしまったので、メンバーが揃うまではひたすら耐えるしか無いね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「”レスターらしさ”の中心には、常に岡崎慎司が存在している」イングランド・プレミアリーグ第26節 レスター・シティ-リバプール

間違いなく世界のサッカーの歴史を飾る快挙を成し遂げた功労者でありながら、あまりにもあっさりと首を切られてしまったラニエリ監督。 現地マスコミによれば、「ティンカーマン」ラニエリの度重なる戦術変更に対...

続きを見る

「ラッキーパンチが入っただけで、実質的にはドローと気を引き締めないと」アジア・チャンピオンズリーグ グループF 浦和レッズ-FCソウル

昨年のACLベスト16で対戦し、PK戦で負けてしまったFCソウルとのリベンジマッチは、何と浦和が前半のうちに5点を入れてしまうまさかの展開で5-2の大勝という結果になってしまった。 ただしそのうちの...

続きを見る

「あと少しで、モウリーニョの手のひらから水がこぼれそうだったのに」イングランド・リーグカップ 決勝 マンチェスター・ユナイテッド-サウサンプトン

吉田が先発としてマンUとの決勝の舞台に立った、イングランド・リーグカップ。しかし残念ながらサウサンプトンは2点差を追いつく健闘を見せながらも最後に力尽きて敗れ、1976年以来40年ぶりとなるタイトル獲...

続きを見る

「”戦術ドルトムント”で結果は出ているだけに、浅野には悩みどころ」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第22節 シュツットガルト-カイザースラウテルン

先週の土曜日からJリーグが開幕し、早くも昨年の12月に予想した通りにあちこちで阿鼻叫喚な事態になっているDAZN。 結局スカパーでの放映は無しになったのか。来期は、DAZNのサーバー不調でサポータ...

続きを見る

「小林監督ニュースタイルの清水、ホームでの初陣を飾れず」J1第1節 清水エスパルス-ヴィッセル神戸

2017/02/26 | Jリーグ, 未分類

昨晩は適当な時間にDAZNで見たい試合が無かったので、昼間に録画しておいた、NHKBSでやっていた清水対神戸の試合を夜に観戦した。 ちょうど鹿島とFC東京の試合と同じような4-4-2同士の対戦。欧州...

続きを見る

「新戦力が活躍したFC東京が、お疲れの王者鹿島を破る波乱の開幕」J1第1節 鹿島アントラーズ-FC東京

2017/02/25 | Jリーグ, 未分類

既にゼロックス・スーパーカップ、アジア・チャンピオンズリーグと2試合の公式戦をこなしている昨年のJ1王者鹿島と、大型補強を敢行して早速大久保、永井、林、そしてオランダから復帰の太田を先発起用してきたF...

続きを見る

「ちょっと躓きかけた、レアル・マドリーへのリベンジ第一歩」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-蔚山現代

試合の生放送は録画を忘れてしまったんだけど、幸いにしてCSチャンネルは再放送をしてくれたので、昨日は遅ればせながら鹿島対蔚山の試合を見てみた。 鹿島のフォーメーションは4-4-2で、蔚山も全く同じ4...

続きを見る

「今野と井手口のインサイドハーフ勝負は、先輩が貫禄を見せつけた」アジア・チャンピオンズリーグ グループH アデレード・ユナイテッド-ガンバ大阪

ここまでグループリーグの初戦で浦和と鹿島が連勝し、ここ近年には無かった好調なスタートを切った日本勢。3番手に登場したガンバは、ガンバが優勝した2008年のACLで決勝と戦った、アデレード・ユナイテッド...

続きを見る

「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまったので、仕方なくヘルタとバイエルンの試合を録画観戦。最近はDAZNでの観戦に偏ってしまっていて、ついついテレビの録画を忘れてしまうん...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑