「地力では互角、怪我とミスと決定力に泣かされたバイエルン」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第1レグ バイエルン-レアル・マドリー

スポンサードリンク

事実上、今期のチャンピオンズリーグ決勝と見られる注目の第1戦。

バイエルンはアラバが怪我でラフィーニャが左SBで先発、ハビ・マルティネスがアンカーで両SHがリベリとロッベン、1トップがレヴァンドフスキの4-1-4-1、レアルはクリロナの1トップに、左右ウイングがイスコとルーカス・バスケス、中盤がいつものクロース、モドリッチ、カゼミーロという並びの4-3-3。

試合は、アウェイのレアルが慎重に入り、インサイドハーフのクロースがハビ・マルティネスをマークするなど、中盤をスライドしてマッチアップさせ、バイエルンのパスワークを封じにかかる。しかもバイエルンにとって悪いことに、早々にロッベンが負傷退場してしまう。

その後もバイエルンは攻撃のリズムが作れず、レアルのマンマーク守備に対して、パスの出しどころに困ってはゆるい縦パスをカットされ、クリロナとイスコを中心に危険なカウンターを浴びてしまう。

しかし前半27分、バイエルンはカウンターからマルセロが上がったスペースにキミッヒが飛び出し、ハメス・ロドリゲスのスルーパスからレヴァンドフスキにクロスと思わせて、キミッヒ自身がミドルシュートを叩き込んでホームのバイエルンが先制する。

その後はCBのボアテングまで怪我をし、早々に2人を交代させる羽目になってしまったが、それでもバイエルンの攻勢は続き、34分にはゴール前でパスを繋いで最後はリベリがフリーになったが、トラップが流れてしまってシュートできず、CKからフンメルスのボレー、ラフィーニャのクロスにミュラーが合わせるなど決定機を作り出す。

が、ここで2点目を決められなかったのがバイエルンにとっては痛恨だった。この猛攻をしのいだレアルは、前半44分にバイエルン陣内をサイドチェンジで大きくボールを動かし、カルバハルのヘッドが流れたところをマルセロがボレーでファーサイドにシュートを流し込みレアルが同点に追いついてしまう。逆にバイエルンはロスタイムにFKからレヴァンドフスキがフリーになるがやっぱり決まらない。

後半も前半同様に慎重な立ち上がりになるが、また徐々にバイエルンがリズムを作るようになったなと思った後半11分、ラフィーニャが自陣で痛恨のミスパス、最後は後半から出場したアセンシオにGKとの1対1で冷静に浮かせたシュートを決められレアルが逆転する。

そこからバイエルンはハメス・ロドリゲスとリベリの左サイドを中心に猛攻を仕掛け、リベリがドリブルやカットインから立て続けに3本のシュートを打つがやっぱり決まらない。レアルはベンゼマを入れて2トップにし、自陣で4-4のゾーンを組んで守り重視の体勢に。

バイエルンはセカンドボールを支配してサイドの高い位置で基点を作って攻め立てるが、43分にトリッソのスルーパスから抜け出したレヴァンドフスキのシュートは枠外。バイエルンは最後まで先制点の場面以外は数多くあったチャンスを物にできず、1-2で第1戦を折り返した。

ホームで痛い敗戦を喫してしまったバイエルンだが、ロッベンが早々に退場、コマンが不在でサイド攻撃がリベリだけになってしまったのがあまりに不運。レヴァンドフスキも彼の日ではなかった。それでもハメス・ロドリゲスを中心にチャンスの数では上回っていたので、怪我人の復帰次第では十分逆転のチャンスはありそうだ。レアルもクリロナは地味だったが、モドリッチの技術、視野の広さが素晴らしかった。第2戦では両ファンタジスタの共演も注目である。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

2018/04/26 | Jリーグ

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力CBのチョン・スンヒョンが出場停止の鳥栖と、前節で鹿島を4-1で破って波に乗っており、小林と大島も怪我から帰ってきた川崎という対照...

続きを見る

「この人が会長になっていれば、サッカー協会はもっとマシになっていただろうに」Jリーグラボ #62

2018/04/25 | コラム・書評

昨日は会社の新人歓迎会で帰宅したのが遅かったので、サッカーの試合は見ずじまい。なので、今年の2月に放送が行われていた原博実さんが出演していた、Jリーグラボ#62の聞き書きを載っけてみます。 現況につい...

続きを見る

「全てにおいて原口のコピーと化しつつある宇佐美、先輩を超える日は近いのでは」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第31節 デュッセルドルフ-インゴルシュタット

一時はブンデスリーガ2部で首位を快走しながら、現在は3連敗で昇格が楽観視出来なくなってきたデュッセルドルフ。このホーム戦で万一負けてしまうと、いよいよ黄信号が灯る事になるとあって、久々に選手から必死さ...

続きを見る

「ボールに触らない”アシスト”で、勝利に貢献したとも言える伊藤達哉」ドイツ・ブンデスリーガ第31節 ハンブルガーSV-フライブルク

ドイツ・ブンデスリーガもいよいよ残りが4試合。現在17位のHSVの相手は、すぐ上の順位である16位のフライブルク。これに負けると勝ち点差は3試合で8になり、ほぼ残留は絶望的になるセメントマッチ。 ...

続きを見る

「意地のぶつかり合いであるダービーマッチ、まさに意地が強かったほうに軍配が上がる」J1第9節 ガンバ大阪-セレッソ大阪

2018/04/22 | Jリーグ

かつて当時世界最強クラスだったユベントスに対し、セリエBで長らくくすぶっていてようやくセリエAに上がったトリノという巨大な格差があっても、常にトリノ・ダービーは接戦だったように、サッカーにおけるダービ...

続きを見る

「整えると言うには危ないシーンはあったが、長谷部の尽力で2年連続決勝進出!」DFBポカール準決勝 シャルケ-フランクフルト

昨日はとある用事の準備で12時ぐらいまで忙殺され、前半はその作業をしながらながら観だったんだけど、後半は何とか落ち着いてじっくり試合を見ることが出来た。 フォーメーション的には両チームともに3-...

続きを見る

コンフェデ廃止、クラブW杯を4年に1度にするFIFA改革は、日本サッカーの変革を促すチャンスになるか

2018/04/20 | Jリーグ, 日本代表

ちょっと今週は公私に渡って非常に多忙で、とてもサッカーの試合を見ている暇が無い状態です。せめてフランクフルトがシャルケに勝ったポカールに試合ぐらいは見たいのですが・・・ ならばネタとしてニュース...

続きを見る

「森岡がロシアW杯のメンバーに入るカギとなるフォーメーション」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第4節 アンデルレヒト-クラブ・ブルージュ

今週はいろいろ用事が立て込んでいて、なかなか集中して2時間をサッカー観戦に費やせる余裕が無く、昨日は先日行われたアンデルレヒトとクラブ・ブルージュの試合を、森岡が出場した後半から試合を見てみた。経過に...

続きを見る

今期のACLでJリーグ勢が低調なのは、DAZNマネーの副作用?

2018/04/18 | Jリーグ

家のケーブルテレビを解約してからは、日テレがACLを有料放送契約のエサにしているおかげで試合を見れてないのですが、今期は残念ながらグループリーグを突破したのは鹿島のみになってしまいましたね。 以...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑