「蔚山GKキム・ヨンデが、鹿島にまさかのトリプル逆アシスト」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 蔚山現代-鹿島アントラーズ

スポンサードリンク

現在グループ2位と順調ではあるが、この試合に負けると勝ち点1差の3位に転落してしまう難しいアウェイでの蔚山戦だったが、結果は4-0と意外にも鹿島が大勝、裏の試合でムアントンがブリスベンに勝利したため、最終節を待たずして決勝トーナメント進出を決めた。

鹿島のフォーメーションはいつも通りの4-4-2で、蔚山は4-3-3という形。で、試合はもちろん負けるとグループリーグ敗退が決まってしまう蔚山が最初から激しいプレスを仕掛け、鹿島も何とかロングボールを金崎とペドロ・ジュニオールの2トップに当てるのだが、多勢に無勢でなかなかボールをキープできず、蔚山に連続攻撃を浴びてしまう。

蔚山の攻撃は、ボールを奪うと素早くサイドへ展開、ウイングのオルシッチとキム・インソンが飛び出すか、彼らが高い位置で基点を作ってSBやインサイドハーフの選手がインナーラップでニアゾーンへ飛び出すという狙いで、鹿島はボランチの永木とレオ・シルバが何とかインナーラップに食いつくのだが、相手の速さが勝ってピンチを作られる。

こんなハイペースは90分間続かないだろうから、何とか鹿島の前半は耐えるしか無いなと思っていたのだが、意外にも20分頃から蔚山のプレススピードが落ち始め、鹿島が中盤でボールを持てるようになる。35分過ぎには、永木のミドルシュートやセットプレイからの昌子、山本のヘディングと鹿島が何度かチャンスを作る。

そして後半7分、相手のミスから鹿島がボールをDFの裏へ出すと、土居のシュートは蔚山GKキム・ヨンデがかろうじて弾くものの、詰めていた金崎が難なく押し込み鹿島が先制。さらに2分後にはイ・キジェの苦し紛れの横パスを拾ったペドロ・ジュニオールがそのまま持ち込んでシュート、コースは甘かったが何故かキム・ヨンデは反応できず2点目が決まる。

そこからは蔚山も捨て身の攻撃を仕掛けて来るが、鹿島GKクォン・スンテを中心にしっかり対処すると、後半22分にバックパスをキム・ヨンデがクリアミス、詰めた金崎がイージーボールを押し込み、鹿島が全て相手のミスから3点をゲット。キム・ヨンデはW杯で出場経験のある元韓国代表GKなのだが、この試合は何故か素人のようなミスを連発して3失点に絡み、1人で試合を壊してしまった。

鹿島は鈴木、レアンドロを逐次投入しつつ、相手のパワープレイ気味の攻撃を凌ぐと、45分に左サイドで繋いだパスから最後はレオ・シルバがクロスバーに当たって入る強烈なミドルシュートでダメ押しの4点目。ロスタイムに蔚山に絶好の位置でFKを与えてしまったがシュートはわずかに枠の外。このまま鹿島が4-0で敵地での勝利を飾った。

ACLで韓国のチームには何度も煮え湯を飲まされた事を考えると、何が起こったかというぐらいの自滅ではあったが、復活した「元」ナショナルダービーで磐田に痛い負けを喫した鹿島としては、自信を取り戻す大きなきっかけになったのはないだろうか。最終戦のムアントン戦できっちり勝って、首位で決勝トーナメントへ進出してもらいたいね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「Jリーグの負けパターンを救った、チョン・ソンリョンともう1人」アジア・チャンピオンズリーグ 水原三星-川崎フロンターレ

昨日は酒を飲んで帰ってからの録画観戦だったので簡単に。 正直、川崎の内容はACLで日本勢が負けるいつものパターンそのまんまだった。 グループ突破のためには絶対勝つしか無かった川崎は、4-2...

続きを見る

「個人能力ショーと化したエル・クラシコを最後に飾った、千両役者の見事な復活劇」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 レアル・マドリー-バルセロナ

ともにミッドウィークでチャンピオンズリーグを戦った直後のエル・クラシコ。レアルは120分の延長戦をこなして中4日、バルサはユーベに負けて中3日でネイマールが出場停止と、メンタル面とレアルホームという地...

続きを見る

「バイエルン相手の大健闘で、武藤にとってガンとなる存在が浮かび上がってしまった」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 バイエルン-マインツ

プレーオフ圏のアウグスブルクと勝ち点で並び、残留争い真っ只中のマインツ。第30節はアウェイでのバイエルン戦という絶対的なハードモードを迎えたわけだが、何と武藤のPKゲットなどでバイエルンから2点を奪い...

続きを見る

「厳しい環境を与えられても、最低限の結果を出してしまう職人・久保」ジュピラー・プロリーグ優勝プレーオフ第4節 ゲント-オーステンデ

昨日は夜10時半からブンデスリーガの生放送がいくつかあったけど、ちょっとそれまでに酒が入っていて2時間も試合を見られる自信が無かったので、先にベルギーリーグの試合を見ることにした。 ここまで優勝...

続きを見る

「メッシの至近距離シュートをも曲げる、ブッフォンの反重力」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ バルセロナ-ユベントス

ベスト16ではPSGに対する4点差のビハインドを、ホームのカンプ・ノウで6-1の歴史的な大勝でひっくり返したバルセロナ。同じように3点差を付けられた準々決勝で、ユベントス相手に前回の再現を狙った試合だ...

続きを見る

「”絵に描いた餅”戦術と”調子だけで決める”人選が表したトゥヘルの限界」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ モナコ-ボルシア・ドルトムント

ドルトムントホームでの第1レグを2-3で落とし、敵地で2点差以上の勝利が必要だったドルトムントだったが、第2レグでは前半20分までにいきなり2失点を喫してしまい、モナコを追い詰めるところまで行かずに敗...

続きを見る

「ミラクル・レスターの長い物語、一瞬の隙にてあえなく終焉」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ レスター・シティ-アトレティコ・マドリー

アトレティコホームでの第1レグを1-0で落とし、レスターが逆転を狙ってホームで迎えたチャンピオンズリーグ・準々決勝の第2レグ。レスターはヴァーディと岡崎を前線に並べたベストメンバーの4-4-2で、アト...

続きを見る

「久保に感じる、”謙虚なストライカー”というサムライ的な精神性」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ優勝プレーオフ第3節 シャルルロワ-ゲント

久保がベルギーリーグで6点目となる決勝ゴールを決めて大きな話題になった試合だが、90分を通して見ると久保は全体的にボールタッチが少なく、ゴールの後でも決定的なシュートシーンでふかしているし、決定機の数...

続きを見る

「まるで手負いの虎のように、”飢えたプレイ”を見せ続けた武藤」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 マインツ-ヘルタ・ベルリン

一時は7位まで上り詰めたのに、現在5連敗の15位とすっかり残留争いの渦中に取り込まれたマインツと、これも以前はCL争いをしていたのに今ではEL圏内も怪しくなりつつあるヘルタとの試合は、やはり両チームの...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑