「レスターとブライトンの差は、”岡崎の有無”にあるとも言える」イングランド・プレミアリーグ第2節 レスター・シティ-ブライトン

スポンサードリンク

シーズンの初戦は残念ながらアーセナルに逆転負けを食らってしまったレスター。しかし昇格組のブライトンをホームに迎えた第2節は、シュート数15対4で2-0と内容も結果も完勝、格の差を見せつける試合になった。

ブライトンのフォーメーションはレスターと同じ4-4-1-1で、やってるサッカーも低めの位置にゾーンを組んでカウンター習いと全く同じスタイルなのだが、両チームのクォリティを分ける最も大きなポイントは「カウンターに対する自信」だと言える。

レスターの場合、自分たちがボールを持っている時よりも、守備をしている時のほうが自信に満ち溢れいていて、とにかくボールを奪ったら岡崎やヴァーディのどちらかが必ずポストを受けに来て、マフレズとオルブライトンは躊躇なくサイドを駆け上がって中盤からまたパスを受ける、そういう一連の流れが完成されていて全く迷いが無い。

開始1分に岡崎が決めたゴールも、カウンターからヴァーディがボールを落とし、マフレズがドリブルと切り返しからシュート、GKが弾いたボールを岡崎が押し込んだもので、ごっつぁんゴールではあるけども攻撃の流れが全く切れない形での得点であり、この得点だけを見ても、どこかに判断やプレイのミスが出てカウンターで攻め切れないブライトンとは大きな差があったと言える。

そしてもう1つのポイントは、岡崎のように前線からハードワークする選手がブライトンに欠けている事。岡崎やかつてのカンテのように、1人で2人分の働きをしてセルフ数的優位を作り出す選手がいないと、単に4-4-2のゾーンを組むだけではそう簡単にカウンターをさせてくれないのがプレミアリーグである。ブライトンは原口の獲得に動いたものの移籍金の問題で交渉は進んでない模様だが、彼のようなハードワーク出来る選手こそが必要だと思うんだけどねえ。

岡崎は、先制ゴールを挙げた後も、16分に岡崎のプレスでボールを奪ってチャンスを作り、40分にもヴァーディのクロスに合わせたもののシュートは枠外と見せ場を作り、最後はさすがに疲れは見えたが、いつもより長めの76分で観客からスタンディングオベーションを受けながらスリマニと交代。

岡崎が下がるとやられっぱなしになるのがレスターの弱点だが、この試合ではスリマニが1トップでヴァーディが岡崎の位置に入って、相手も相手だがいつもよりは安定した試合運びになっていた。ヴァーディの負担は重くなるけど、これからはこのパターンが多くなりそうな感じである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「浦和のFC東京に対する神通力、中島翔哉のシュートをポストに当てて8連勝」J1第23節 浦和レッズ-FC東京

2017/08/20 | Jリーグ

当日は埼玉地方が悪天候に見舞われ、雷の危険があるという事で試合開始が1時間遅れの波乱で始まった、浦和とFC東京のライバル対決。 浦和は3バックのセンターにマウリシオが入り、3トップが興梠、武藤、...

続きを見る

「ネイマールという屋台骨が抜けたバルサ、イチゴを欠いただけのレアルに完敗」スペイン・スーパーカップ第2レグ レアル・マドリー-バルセロナ

いやしかし、ネイマールの移籍で確実に影響は出るとは思っていたが、ここまでクリスティアーノ・ロナウド抜きのレアルに子供扱いされるとは、いささかショックな光景だった。 バルサはネイマールを欠いた穴埋...

続きを見る

「風間同志の革命的思想を、結果であっさり否定してしまうシャビエル」J2第28節 町田ゼルビア-名古屋グランパス

2017/08/18 | Jリーグ

風間同志による革命サッカーの旗印のもと、絶え間なくスペースへ動いてトライアングルを作り、ショートパスで繋ぐサッカーで得点と失点を量産する名古屋グランパスと、アトレティコばりの縦横にコンパクトなゾーン・...

続きを見る

「10倍のシュートを放って90分間ボコり続けた千葉、一発のラッキーパンチで悲惨なKO」J2第28節 ジェフユナイテッド千葉-湘南ベルマーレ

2017/08/17 | Jリーグ

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という野村監督が引用して有名になった松浦静山の格言があるけど、千葉にとってはまさに不思議の負けとしか言いようがないほど、試合内容自体は90分を通じて完...

続きを見る

「やっと自由な翼を得られたネイマール、割りを食って窮屈になった選手は?」フランス・リーグアン第2節 ギャンガン-パリ・サンジェルマン

昨日は飲む用事があって酔っ払った状態での試合観戦だったので雑感のみで。 ようやく移籍許可証が発行されてデビュー戦となったネイマール。その第2節ギャンガン戦で早速1ゴール1アシストを決めて3-0で...

続きを見る

「やはりラニエリはレスターで一生分の運を使い果たしてしまったのか」フランス・リーグアン第2節 ナント-マルセイユ

ネイマールが早速移籍後初ゴールを決めたPSGの試合も気になったんだけど、いつの間にかナントの監督に就任したラニエリも気になったので、昨晩はマルセイユとの試合を観戦。 ナントはもとより主力選手2人...

続きを見る

「大岩監督のボヤケた采配、鹿島は川崎のゲーゲンプレスに屈する」J1第22節 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

2017/08/14 | Jリーグ

大岩監督就任後、リーグ戦で9試合負け無しと快進撃を続けて前節には首位に立った鹿島アントラーズ。今節の川崎戦にも勝ってきっちり首位固めをしたかったところだったが、ここはホームの川崎が意地を見せた格好にな...

続きを見る

「岡崎が開幕戦ゴールを決め、岡崎が退いてからサンドバッグでバカ試合を落とす」イングランド・プレミアリーグ 第1節 アーセナル-レスター

イングランド・プレミアリーグの開幕戦、レスターはアウェイでアーセナルとの対戦。 レスターはフートが負傷でCBにはモーガンと新加入のマグワイアが入り、中盤はチェルシーの移籍が噂されているドリンクウ...

続きを見る

「監督にしかわからない何かがある」スポーツクロス 藤田俊哉インタビュー

2017/08/11 | コラム・書評

BS朝日に、"部活応援宣言!"とか言う訳のわからないテーマを掲げてやってる「スポーツクロス」という古田敦也がキャスターをしている番組があるんですが、そこにVVVフェンロでコーチとして2部優勝を成し遂げ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑