「ドイツ代表に1点差まで迫った、”浦和システム”のオーストラリア」FIFAコンフェデレーションズカップ2017 オーストラリア-ドイツ

2017/06/21 | ワールドカップ

スポンサードリンク

6/17から始まった、各大陸王者がロシアで対戦するプレW杯的な位置づけのコンフェデレーションズカップ。8月の最終予選で決戦を戦う相手であるオーストラリアが、ドイツと対戦して2-3と惜敗まで持ち込んだと聞いて、その試合をチェックしてみた。

オーストラリアのフォーメーションは、ホームのサウジ戦でも採用した3-4-3で、コンフェデでもこの形という事は日本戦でも同じ布陣で来る可能性は高いはず。だが、前半のオーストラリアはお世辞にも良い守備をしていたとは思えなかった。

ドイツが中盤でボールを持った時には、もちろんオーストラリアのWBが下がって5バック状態になるのだが、相手のギャップを作る動きへの対応が遅く、前半5分のドイツ先制点のように、サイドへのシンプルなダイレクトパスにWBが遅れてマークが間に合わず、クロスに対してはボールウォッチャーになって中へのマークが緩くなるし、ドイツ3点目のように2列目からの飛び出しにもついて行けてない。

ただ、後半になるとドイツに疲れが見え始め、オーストラリアはWBを高い位置に上げて5トップのような形でサイドを押し上げるようになると、セカンドボールをサイドへすぐ展開して、ニアゾーンを使って攻め込む迫力のある攻撃を見せていた。でも全盛期のケイヒルのような決定力のあるFWはおらず、オーストラリアの2点はドイツGKのミス絡みと誤審だったので、恐ろしさはそれほど無い。まあ、日本の場合はそのミスが怖いんだけどね・・・

ぶっちゃけ、オーストラリアは浦和レッズと同じく、WBがどれだけ高い位置を取れるかが試合の流れを決定付ける、ジキルとハイドのようなサッカーなので、日本は終始中盤の主導権を握って、イラク戦のように引いてしまって対応が後手に回らないようにしたいところ。つまりは、最終予選の日本のテーマでもある、コンディショニングが重要になって来る事は間違いない。

イラク戦では、ハリルホジッチが海外レギュラー組の蓄積疲労を見抜けず、久保や原口に頼り過ぎて自滅気味になってしまった日本だが、今度こそはしっかり動ける選手を優先して使い、サウジ戦のターンオーバーも睨んで万全な準備で臨んでもらいたいところだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「果たして、テネリフェと一緒に昇格するのが柴崎にとって幸せなのかどうか」リーガ・エスパニョーラ 昇格プレーオフ準決勝第2レグ テネリフェ-カディス

昨日の深夜に行われ、テネリフェが柴崎の先制点を延長まで守りきり、アグリゲートスコアで1-1のタイスコアに終わったが、プレーオフの規定でリーグ上位のチームであるテネリフェが勝ち抜けを決めたという事で、楽...

続きを見る

「西川の”ノイアー症候群”は確かに深刻だが、それを強いる監督が問題」J1第15節 浦和レッズ-ジュビロ磐田

2017/06/19 | Jリーグ

2週間の代表ウィーク明けのJ1、DAZNでも「サンデーJプライム」と称して通常よりも7台多い16台のカメラを駆使して放送された、注目の浦和対磐田の試合。 両チームともにフォーメーションは3-4-...

続きを見る

「どんどん効果的なポジションから遠ざけられてしまった柴崎」スペイン・リーガエスパニョーラ 昇格プレーオフ準決勝 第1レグ カディス-テネリフェ

スペインリーグ1部昇格をかけたプレーオフの準決勝第1戦。4位のテネリフェは5位カディスとのアウェイ戦だったが、結果は残念ながら0-1の敗戦、第2戦のホームで逆転を目指す事になった。 昨日の深夜に...

続きを見る

「フィクションでも書けない、3分間で直接FK2連発、ロスタイムに同点というジェットコースター」ロシアW杯欧州予選 グループF スコットランド-イングランド

2017/06/16 | ワールドカップ

ロシアW杯欧州予選のグループFは、イングランドが順調に首位を快走する一方、スコットランドは4位で厳しい状況ではあるものの、「バトル・オブ・ブリテン」と称される強烈なライバル意識を持ったチーム同士の対戦...

続きを見る

「グリーズマンやポグバがパッとしなかったのは、久保や原口の不発と根っこは同じ」ロシアW杯欧州予選 グループA スウェーデン-フランス

2017/06/15 | ワールドカップ

昨日はさすがにイラク戦の低調な内容と結果にガックリ来てしまった1日だったけど、欧州予選で選手の質・量ともに世界トップクラスのフランスが、アウェーでのスウェーデン戦に負けた試合を見ると、このフランスより...

続きを見る

「野戦病院状態の中でこの結果は最低限だが、日本の準備に間違いは無かったのか?」ロシアW杯アジア最終予選 日本-イラク

2017/06/14 | 日本代表

戦前は、今野と山口、本田の中盤で4-3-3にするのではないかと思っていたが、蓋を開けてみれば井手口と遠藤をダブルボランチに置いた4-2-3-1。これはハリルホジッチがお得意のギャンブルに出たのかと思っ...

続きを見る

「UAE戦の悪夢再現が怖い、井手口のアンカー起用だが・・・」ロシアW杯最終予選 イラク戦展望

2017/06/13 | 日本代表

コンフェデの関係で、先に行われたオーストラリア対サウジアラビアでホームのオーストラリアが勝ってしまったので、日本を含む3チームが勝ち点16で並ぶ三つ巴になってしまったグループB。 オーストラリア...

続きを見る

「柴崎のボランチとしての守備は、現状では1部レベルから遠いかな・・・」リーガ・エスパニョーラ2部 第42節 レアル・サラゴサ-テネリフェ

長い長~いリーガ・エスパニョーラ2部もやっとこさ最終節。 既にプレーオフ進出を決めているテネリフェと、14位で残留が決まっているサラゴサとの対戦とあって、両チームともメンバーを大きく変えたテスト...

続きを見る

「風間監督対ロティーナ監督の知将対決は、ボヤキ節と褒め殺しの結末に」J2第18節 東京ヴェルディ-名古屋グランパス

2017/06/11 | Jリーグ

2009年にJ2へ降格してからは、テクニックはあるけどもなかなか結果に結びつかず、すっかりJ2暮らしが定着してしまった東京ヴェルディ。 しかし今年から20年間もスペインリーグで実績を残してきた名...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑