「既に見た目がオッサンな堂安、ポジションもオッサン化が進行中?」トレーニングマッチ フローニンゲン-ブレーメン

スポンサードリンク

昨日はDAZNでやっていた、堂安律が所属するフローニンゲンと大迫が加入したブレーメンとのトレーニングマッチ。ただし大迫は同じ日に入団会見をしたのでまだこの試合には出場していない。

フローニンゲンはダニー・バイス新監督。ブレーメンは昨年の11月に就任したコーフェルト監督、どちらも30代半ばの若い監督同士の対戦。今シーズンから7番を背負う堂安は4-4-2の右SHで先発していたが、変な七三分けの髪型だったのと体格がさらにゴツくなったせいでオッサンにしか見えない(笑)。

試合は、格上のブレーメンがボールを支配するも、フローニンゲンは自陣に3ラインのゾーンを作ってスペースを与えない。堂安も守備に回る時間が多く、ようやくファーストタッチは前半の7分で、前半13分にはイーブンボールを相手陣内で拾って、カットインからファーへ巻くシュートを撃つも、ブレーメンのGKにセーブされる。そして19分には、左サイドで堂安がモロッコのマヒとのコンビからヒールでアシスト性のパス。

前半35分ごろから、フローニンゲンは3-4-1-2にフォーメーションを変更、トップ下に入った堂安には良くボールが入るようになるが、パスを受けてのターンからドリブルするもパスコースが無く左サイドに展開せざるを得なかった場面のように、味方のサポートが薄く決定機を作るまでには至らない。41分にも、右サイドでボールを受けてダブルタッチで抜こうとするがファールを受けて倒される。
後半2分、ドリブルでグイグイ入ってCKをゲット。後半はセットプレイを堂安が担当するようになる。しかし13分に、サージェントがクロスにピンポイントで合わせるもフローニンゲンのGKがファインセーブで防いだ決定機をきっかけに、ブレーメンはボールへの寄せが早くなり、セカンドボールを支配して攻勢に出る。さらに20分にクルーゼ、ハルニクといったベストメンバーが入るブレーメン。

フローニンゲンは5-4-1にフォーメーションを変更して守備的な体制にシフト、堂安はダブルボランチだがコンビを組んだライスよりも攻撃的なポジション。そして後半28分、堂安がからんだワンツーからクロス、最後はモレイラのヘディングまで持って行ったがゴールには繋がらず。

終盤はブレーメンが完全にボールを支配、フローニンゲンは自陣に壁を作ってカウンターを狙うものの、途中でミスが出てシュートまで持って行けない。後半ロスタイム、ブレーメンが自陣タッチライン際からクリアしたボールを拾った堂安がスルーパスを出すも、味方と合わずラインを割ってしまい、その直後に試合終了のホイッスル。試合は結局スコアレスドローで終了した。

堂安はフルタイム出場だったが、昨シーズンは4-2-3-1の右アタッカーだったのに、この試合では4-4-2の右SH、途中でトップ下にはなったが後半はボランチと、守備的な役割にシフトしてしまっている。監督も本人もシュートをもっと撃つべきと思っていたはずなのだが・・・シーズン前なので新加入の攻撃選手を試したい思惑はあるのだろうが、今シーズンは監督がどういうポジションで堂安を使っていこうとしているのか、ちょっと気になるところではある。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「初陣から、いきなりツネ様の戦術マジックが炸裂した?」J1第18節 ガンバ大阪-鹿島アントラーズ

2018/07/31 | Jリーグ

今年もツール・ド・フランスの夏休みが終わり、今日からまたサッカーメインのブログとして再スタート。まずは足慣らしとして、監督選びと選手補強のダブルで失敗した強化部の大失態を全て押し付けられた形になった、...

続きを見る

「イギリス国旗がはためく中、勝者ゲラント・トーマスはウェールズ国旗に身を包んだ」ツール・ド・フランス2018 第21ステージ

2018/07/30 | 自転車

今年は序盤がワールドカップと重なったせいか、あまり長さを感じずに最終日まで来てしまった感があるツール・ド・フランス。 いつものように、シャンゼリゼ周回コースに入るまでは全編パレードラン状態で、例...

続きを見る

「”遅れない男”ゲラント・トーマス優勝を決め、フルームは意地の表彰台」ツール・ド・フランス2018 第20ステージ

2018/07/29 | 自転車

パリ・シャンゼリゼでゴールする今日の最終ステージは、総合争いは行わないという不文律があるため、この第20ステージの個人タイムトライアルが事実上の最終決戦。 距離は31kmと短いながらバスク地方特...

続きを見る

「元スキージャンパーはピレネーの下りでもジャンプする」ツール・ド・フランス2018 第19ステージ

2018/07/28 | 自転車

第20ステージが個人タイムトライアルであるため、チームとして戦える最後の決戦となった第19ステージは、ピレネー山脈伝統の峠がすし詰めで、1級山岳のアスパン、超級山岳のトゥールマレー、2級のボルデレ峠を...

続きを見る

”時間”の概念を超越した存在、それが我らの技術委員会!

2018/07/27 | 日本代表

ぶっちゃけ個人的に興味が無かったので、昨日の森保日本代表監督就任の記者会見は見てなかったのですが、どうやらその中でロシアW杯を受けての総括らしきものが発表されていたようですね。 【JFAの発表】...

続きを見る

「ベンゲルやクリンスマンよりは見合ったレベル」日本代表の新監督は、森保一氏に決定!

2018/07/26 | 日本代表

先ほど、NHKの速報で日本代表の新監督に森保一氏の就任が決定したとの報道がありました。 【速報 JUST IN 】サッカー日本代表の新監督 森保氏に決定 #nhk_news https://t....

続きを見る

「とうとうクリス・フルームがエースの座から滑り落ちる」ツール・ド・フランス2018 第17ステージ

2018/07/26 | 自転車

たったの65kmという短いコースの中に、1級山岳が2つ、そして最後は超級山岳サン=ラリー=スラン峠の頂上ゴールが待ち受ける異例のコース設定となった第17ステージ。 しかもスタートはMotoGPの...

続きを見る

「ショッキングな崖下転落はあったが、嵐の前の静けさとなった3日間」ツール・ド・フランス2018 第15・16ステージ

2018/07/25 | 自転車

月曜の休息日を挟んだ、第15・16ステージは中央山塊とピレネー山脈という違いはあるものの、どちらも1級山岳を登ってからの下りゴールステージ。 第15ステージは、予想通り逃げが序盤から活発に動き、...

続きを見る

「なぜ、時代遅れになりつつあった4-2-3-1が復活したのか」ロシア・ワールドカップでの戦術傾向について

もう既に過去の話題になっている感があるロシア・ワールドカップだが、戦術的に気づいた事についてちょっと書いてみたい。 ざっとこれまでのネット上での論調を眺めてみたが、今大会の戦術的な総括として多く...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑