「序盤におけるサイドでの主導権争いが最大のポイント」アジア最終予選 オーストラリア戦展望

2017/08/31 | 日本代表

スポンサードリンク

さていよいよ、アジア最終予選の大一番であるオーストラリア戦が今晩に迫って来ました。

昨日、ベンチ入りする23人のメンバーが発表されていますが、武藤、小林、三浦、植田が外れました。フィジカルとスピードのある武藤が選ばれないのは少々意外ですが、コンディションの問題なんでしょうか。三浦、植田のCB2人は、サウジがUAEに負けてオーストラリア戦は引き分けも負けも一緒になったので、攻撃的なスカッドにしたという事でしょう。

コンフェデでの試合で自信を付けたオーストラリアは、日本戦でも同じ3-6-1のフォーメーションで臨んで来るはず。攻撃のパターンはシンプルで、激しくプレスをかけてボールを奪い、両WBが高い位置で基点になって、ニアゾーンをウイングがえぐり、マイナスのクロスを中で合わせる形です。

これは4-4-2ゾーン・ディフェンス崩しの定石で、ゴールに近いニアゾーンからマイナスのクロスを出されるとバイタルから飛び出す選手のマークは困難ですし、4バックに対して逆サイドのWBが上がっているとフリーになりやすく、クロスを左右に振られるとカバーが間に合わず非常に危険です。特にWBのレッキーはヘルタで2得点と絶好調、決してフリーにしてはいけない選手です。かと言って、WBの上がりを恐れてSHが下がってしまうと、イラク戦のように6-3-1みたいな形になって前線が孤立、カウンターもまともに繰り出せなくなります。

一昨日までなら日本は4-2-3-1のフォーメーションになると予想していましたが、勝つしか意味が無くなった事で少し読めなくなりましたね。ポゼッション志向の4-3-3にして長谷部の1ボランチ、井手口、柴崎のインサイドハーフというニュースもあながち的外れとは言えません。

どちらのせよ、守備ではまずニアゾーンをボランチかSHのどちらがスライドしてカバーするのか、そのスライドによって空く中央をどうやってカバーするのか、ファーサイドで待ち受けるWBのマークは誰がするのか、明確な守備組織の方針が求められます。そして、そういった押し込まれ状態にならないためにも、中盤での争いで優位に立ち、サイドで主導権を握り続ける事が肝心です。

おそらくオーストラリアは最初から守る事はしないでしょう。立ち上がりはパワー全開で飛ばし、慌てた日本から先制点を奪うと5バックに転換して試合を殺しに来るはずです。日本はプレッシャーで受け身になって、オーストラリアの策略にハマってはいけません。高いWBの裏には大きなスペースがあり、オーストラリアの3バックはスピードに欠けるので、ボールを奪って左右に素早く展開、相手が戻る前に崩し切るカウンター攻撃を中心に攻めたいところです。

スタメンのポイントになるのはやはり前線の選手。自分ならウイングはスピードに長けた、原口、浅野を使い、スタミナ重視ならどちらかを岡崎。久保や乾はスペースが出来る後半に使う駒としてキープ。1トップは大迫、コンディションによっては本田。トップ下は柴崎もしくは香川。得点力と経験では香川ですが、柴崎はセットプレイで貢献できるのが大きいので、個人的には柴崎かなと。単純なクロスは跳ね返されるだけなので、SBとSHのスムーズな連携で、日本のほうがニアゾーンを上手く使って行きたいです。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「色気を出し始めると、敵味方どちらも危険な吉田麻也」イングランド・プレミアリーグ第3節 ハダースフィールド-サウサンプトン

開幕から2連勝とロケットスタートを決めたハダースフィールドには、明日対戦するオーストラリア代表のムーイがいると言う事で、昨日は吉田がいるサウサンプトンとの試合を見てみた。 サウサンプトンも一応は...

続きを見る

「柴崎が向かっている方向性は、香川じゃなくて岡崎だったという衝撃」スペイン・リーガエスパニョーラ第2節 ヘタフェ-セビージャ

開幕戦はアスレティック・ビルバオに対してアウェイで勝ち点1をゲットしたヘタフェは、第2節のホーム初戦でセビージャと対戦。柴崎はこの試合も4-2-3-1のトップ下で先発。 1週間前のチャンピオンズ...

続きを見る

「ハリルホジッチが思い描く理想がこれなのかもしれない」イングランド・プレミアリーグ第3節 マンチェスター・ユナイテッド-レスター・シティ

現在開幕から連勝と絶好のスタートを切ったマンUと、岡崎が今回も先発で出場したレスターという注目の試合。 しかし試合は序盤からマンUがレスターを圧倒、ルカクのポストプレイ、ウイングのマルシャル、ム...

続きを見る

「あの”天才パサー”を思い出させる、森岡の王様プレイぶり」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第4節 ワースラント・ベヴェレン-ロケレン

ポーランドからベルギー1部リーグのワースラント・ベヴェレンに、クラブ史上最高額の移籍金で迎えられ、シーズンが始まったら4試合で2得点4アシストとベルギーで旋風を巻き起こしている森岡亮太。第4節のロケレ...

続きを見る

「結果は出なかったが、鮮やかなチャンスメイクで調子の良さをアピールした乾」スペイン・リーガエスパニョーラ第1節 マラガ-エイバル

アジア最終予選の日本代表メンバーに選ばれた乾が所属するエイバル。開幕戦は、昨シーズン10位のエイバルからすぐ下の成績だったマラガとの対戦。 エイバルのフォーメーションは、今シーズンから加入したシ...

続きを見る

「FW大量9人招集の中に、杉本健勇の名前。そして柴崎と小林祐希が欧州から加わる」アジア最終予選 オーストラリア戦・サウジアラビア戦メンバー発表!

2017/08/24 | 日本代表

イラク戦の時にはまだ先だなと思っていたオーストラリア戦とサウジ戦まで、いつの間にかもう残り1週間となり、本日その2戦に出場する代表メンバーが発表になりました。 GK 川島永嗣(FCメス) 東...

続きを見る

「ゆるふわプレイで期待に応えられなかった鎌田、逆に長谷部は安定感」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フライブルク-フランクフルト

フランクフルトへ移籍して開幕のフライブルク戦からいきなりスタメン起用された鎌田。ポジションは3-1-4-2の2トップの一角で、長谷部は3バックのアンカーとして出場。 フライブルクのフォーメーショ...

続きを見る

「ポイントは、経験とコンディション、そしてローテーション」アジア最終予選 オーストラリア・サウジ戦メンバー考察

2017/08/23 | 日本代表

さて、いよいよ大詰めになったアジア最終予選、最後の2試合であるオーストラリア戦とサウジアラビア戦のメンバー発表が明日に迫って来ました。が、正直なところ今回のメンバー選考は非常に難しいです。 何し...

続きを見る

「柴崎とヘタフェ、運と不運、自信と不安が同居した勝ち点1スタート」リーガ・エスパニョーラ第1節 アスレティック・ビルバオ-ヘタフェ

ヨーロッパリーグの常連であり、ホームで異常な強さを見せるバスクのクラブ、アスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスでのアウェイ戦が、リーガ・エスパニョーラ1部での初戦になったヘタフェ。 柴崎は...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑