「アギーレジャパン・ブラジル戦の絶望再来?」11月欧州遠征 ブラジル・ベルギー戦代表メンバー発表

2017/10/31 | 日本代表

スポンサードリンク

相変わらず全然予測してませんでしたが、今日が11月の代表欧州遠征メンバーの発表だったんですね。

GK
川島永嗣(メス)
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和レッズ)

DF
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
長友佑都(インテル)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
吉田麻也(サウサンプトン)
三浦弦太(ガンバ大阪)
昌子源(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)

MF
山口蛍(C大阪)
井手口陽介(G大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
長谷部誠(フランクフルト)
倉田秋(G大阪)
長澤和輝(浦和レッズ)
森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン)

FW
久保裕也(ヘント)
浅野拓磨(シュトゥットガルト)
乾貴士(エイバル)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
興梠慎三(浦和レッズ)
大迫勇也(ケルン)
杉本健勇(C大阪)

で、ブラジルとベルギーという世界の強豪相手に戦うメンバーですが、何と香川、岡崎、本田といった経験のある選手を思い切って外して来ましたね。他にキリンチャレンジカップからは、中村航輔、植田、小林祐希、武藤といったメンバーが外れました。

そして新たに加わったのが、長澤と興梠のレッズ勢、ベルギーで好調な森岡、そして三浦が再招集。しかし浦和はACL決勝を控えているのに5人の選手をゴッソリ持って行かれてちょっと気の毒です(笑)。長澤はケルン時代に十分活躍していたので、Jに戻ってからは遅すぎる復活ですな。

ハリルホジッチはブラジル、ベルギー戦を完全にガチで勝ちに行くのかと思ったら、意外にも中堅以下の選手に対する経験積みを優先させて来ましたね。それで思い出すのは、あの田口・森岡・柴崎。田中順也を中盤で起用して案の定壊滅したアギーレジャパンでのブラジル戦ですが、そこまでメンバーを思い切って無くて、長谷部と吉田、長友を入れたのでアギーレほど開き直っているわけでな無さそうですが・・・

それにしても、長谷部は怪我が完治せずクラブでも出場が見送られているのに、今回の遠征で呼んで大丈夫なんでしょうか。長谷部がいないと中盤の守備がガタガタになる現実を考えると不可欠なのはわかりますが、それで怪我が悪化したら元も子もないですからね。高萩や小林だとバランスは取れてもボールは奪いきれないし、あとは皆ボールに食いつくボランチばかり。長谷部引退のあとを考えると本当にゾッとしますなあ・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「なぜ、エイバルは乾という牙を内に隠してしまうのだろうか」スペイン・リーガエスパニョーラ第10節 エイバル-レバンテ

ここまでリーグ戦の9試合で、わずか3ゴールという深刻な得点力不足に陥り降格圏ギリギリの17位に喘いでいるエイバル。ホームで迎えた12位のレバンテ戦は、乾が左のインサイドハーフに入った3-1-4-2の攻...

続きを見る

「鹿島の貫禄に負けたが、札幌のサッカーは明確で楽しい」J1第31節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

2017/10/30 | Jリーグ

土曜日に行われた海外組の試合はどれもイマイチな様子で、J1上位対決となった柏対川崎の試合を見始めたんだけど、見事にピッチが水浸しでボールが止まりまくるサッカーで、戦術的に見るべきものが無さそうだったの...

続きを見る

「長崎の躍進はジャパネットたかた効果だけでは無い」J2第39節 ロアッソ熊本-Vファーレン長崎

2017/10/29 | Jリーグ

今年の春には、前社長の放漫経営による大幅赤字が発覚、クラブの危機が叫ばれていたのに、そこにジャパネットたかたの創業者である高田明氏が社長に就任、ほとんどの株式を取得した上に出資という完璧な態勢に生まれ...

続きを見る

「こうして日本人のポジションはどんどん後ろへと下がって行く」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ 第12節 ヘント-オイペン

ここまで2勝4分5敗、11試合で12得点と久保を含めて攻撃陣が不調のヘントは、このオイペン戦では4-1-4-1のフォーメーションに変更、久保を右インサイドハーフのポジションで起用した。 今までの...

続きを見る

「長友のように、サイドバックが”遠くを見るプレイ”をする重要性」イタリア・セリエA 第10節 インテル-サンプドリア

一昨日にナポリ戦を見たところなんだけど、想像以上にインテルが良いチームになっていたので、2日続けてインテルの試合を見てみる事にした。 上位とは勝ち点が離れているとは言え、サンプドリアはミランより...

続きを見る

「これこそが、”嫌われ者”長友が監督に重用される理由」イタリア・セリエA 

既に第10節のサンプドリア戦は終わっているのだが、開幕から破竹の8連勝で首位を邁進しているナポリに、7勝1分で2位に食らいついているインテルがアウェイで挑んだ9節の大一番を昨日は観戦。 4-3-...

続きを見る

「宇佐美の1stエフォートは改善されつつあるが、問題はそこから先の話だ」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第11節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-ダルムシュタット

昨日はサウサンプトンの試合を見ようかと思ったのだけど、何とDAZNではやってなくて、肝心な時に使えねーと思いながら、宇佐美が得点に絡んだらしいフォルトゥナ・デュッセルドルフの試合を見てみた。 相...

続きを見る

「ネイマール、ムバッペというワールドクラスのクラッキを撃退した酒井宏樹」フランス・リーグアン第10節 マルセイユ-パリ・サンジェルマン

PSGのサポーターがマルセイユのベロドローム・スタジアムに入場禁止という異様な状況で開催された、今季初のフランスダービー「ル・クラスィク」。 PSGはもちろんカバーニ、ネイマール、ムバッペの3ト...

続きを見る

「レナト・サンチェスと岡崎の差に見る、プレミアリーグへの適応力」イングランド・プレミアリーグ第9節 スウォンジー・シティ-レスター・シティ

前節のホームWBA戦で引き分け、シェイクスピア監督の解任に踏み切ったレスター・シティ。暫定監督として指揮を取る事になったアップルトンがどういう選手起用をするか注目されたのだが、WBA戦ではベンチスター...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑