「多くのチャンスには絡んでも、得点やアシストという結果に繋がらない柴崎の課題」スペイン・リーガ・エスパニョーラ2部 第37節 テネリフェ-ルーゴ

スポンサードリンク

ここ4試合勝ち星が無く、順位を3位から6位に落としてプレーオフ圏が怪しくなって来たテネリフェ。3試合ぶりのホーム戦とあって絶対に落とせないルーゴ戦は、前節から続いて柴崎が先発メンバーに名を連ねた。

テネリフェのフォーメーションは4-2-3-1で、柴崎は前節の後半からポジションチェンジをしてボールに良く絡めていた左SHでスタート。前2試合のアウェイとは全く違って、最初からテネリフェはパスがよく周り、柴崎も高い位置でプレイできている。

前半の4分には早速PA内でクロスを送ると、9分には柴崎のFKからヘディングシュートも枠の外と序盤からチャンスを演出するが、まだ味方との意識や呼吸が微妙にずれている様子で、柴崎も自分のプレイイメージにこだわり過ぎているのか、パスが相手に引っかかるシーンも多い。

25分を過ぎると相手の守備が柴崎を警戒し始め、SBが常時マークをしながらボランチが柴崎へのパスコースを遮断するポジションを取り始めると、柴崎もなかなかボールを触れなくなりテネリフェの攻撃リズムが停滞する。が、32分に柴崎が中へ入ってマークを引き連れたスペースにSBカミーユがオーバーラップ、サイドチェンジからクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだサンスの頭にピタリと合ってテネリフェが先制点をゲットする。

さらに35分には相手CKからのクリアを柴崎がワンタッチで上手くカウンターに繋げ、DFライン裏へ抜け出すが最後のシュートタイミングが合わずに追加点は得られなかったが、前半はテネリフェのペースで試合を折り返す。

ところが後半の2分に、相手のサイドチェンジから頭での折り返しをホルヘがオウンゴールしてしまい、ルーゴが思わぬ形で同点に。その後もホルヘはミスを引きずってかプレイが不安定なままで、テネリフェも中盤のデュエルでフィジカル負けをする事が多く、後半12分にはホルヘのミスパスからCKを与えると、ニアで決定的なボレーを打たれてしまうがGKダニ・エルナンデスのナイスセーブで命拾い。

後半20分ぐらいになるとようやくルーゴの勢いが落ち始め、また柴崎も存在感を発揮するようになり、23分には高い位置でボールを奪って柴崎のスルーパスは相手GKの飛び出しでギリギリクリアされ、30分には右からの速いクロスを柴崎がPAに走って受けるもトラップが流れてシュートを打てず、その直後にも柴崎がDFライン裏へ浮き球パスを送ってロサノが受け切れずと、柴崎が多くのチャンスに絡むが得点には繋がらない。

ようやく後半35分、またカミーユの攻撃参加からPA内でクロスを受けたアーロンがシュートを打つと、こぼれ球がちょうどロサノの前に転がるラッキーでテネリフェが追加点を決め、ルーゴの激しい当たりにテネリフェは最後まで苦しめられたが、何とかそのまま逃げ切って2-0で終了、5位のウエスカがジローナに敗れたため、テネリフェは4位のカディスと同勝ち点の5位へと浮上した。

柴崎は前節の後半に引き続いて、パスワークの中心としてフル出場、チームの勝利には確かに貢献したが、得点やアシストという目に見える結果は出せなかった。味方とのコンビネーション不足もあるが、柴崎自身も、パススピードや判断、走りの質というスペインリーグの高いインテンシティに追いつけていない面があるように思う。残り5試合とプレーオフで、どれだけ変貌してくれるのか楽しみである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「18歳のワンダーボーイに、34歳と39歳のおじさんが立ちはだかる」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ モナコ-ユベントス

レアルがアトレティコを3-0で一蹴した翌日に行われた、チャンピオンズリーグ準決勝のもう1試合、モナコ対ユベントスは、こちらも敵地でユベントスが2-0と快勝して早くも決勝カード確定の雰囲気が漂う結果にな...

続きを見る

「鹿島の完璧な守備戦略に、まんまと封じ込められた浦和レッズ」J1第10節 浦和レッズ-鹿島アントラーズ

2017/05/05 | Jリーグ

昨シーズンのチャンピオンシップ決勝の再戦、今期も首位と3位の対決と言うことで、5万9千人の大観衆で盛り上がった浦和と鹿島の”レッドダービー”。 試合の終盤に舌禍事件が起こってしまったのは残念だが...

続きを見る

「イスコを”ガンバの遠藤”として使い、アトレティコのプレスを無力化したジダン監督」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第1レグ レアル・マドリー-アトレティコ・マドリー 

もはやチャンピオンズリーグの恒例行事とかしている、レアルとアトレティコのマドリー・ダービー。 今期は準決勝で相まみえる事になったわけだが、レアルホームの第1レグはクリスティアーノ・ロナウドのハッ...

続きを見る

「大抜擢の久保君が、内山監督を名将に押し上げる?」U-20ワールドカップ メンバー発表

2017/05/03 | ユース代表

昨日は仕事が休みだったので、京都へ書類を取りに行くついでにサイクリングをして久々にドカッとお疲れ、夜は早々に寝落ちして見ていた試合の記憶なし。 なので、いつの間にか発表になっていたU-20ワール...

続きを見る

「突然”柴崎のチーム”に変貌したテネリフェ、監督に心中の覚悟はあるのか?」スペイン・リーガ・エスパニョーラ2部 第36節 ムルシア-テネリフェ

DAZNでリーガ・エスパニョーラ2部の試合放送が始まってから、初めて柴崎が先発したという事で、昨日はムルシア戦を観戦。 今回テネリフェの試合を初めて90分じっくり見たわけだが、さすがにテネリフェ...

続きを見る

「中村憲剛不在のハンデを背負った川崎、とあるハンデから解放されたセレッソ」J1第9節 セレッソ大阪-川崎フロンターレ

2017/05/01 | Jリーグ

昨日は珍しくNHK-BSでセレッソの試合をやっていたので録画観戦。 まあぶっちゃけ、昨年のJ1年間順位が2位のチームと、J2の4位からプレーオフで勝ち上がって来たチームの対戦とは思えないほど、セ...

続きを見る

「トゥヘル監督が香川を使わない理由が、これではっきりした」ドイツ・ブンデスリーガ第31節 ボルシア・ドルトムント-ケルン

ミッドウィークのポカール準決勝で宿敵バイエルンを破り、意気軒昂でホームの試合を迎えたはずのドルトムントだったが、ケルンのなりふり構わぬ守り倒し作戦に対し、23本物シュートを浴びせながら最後まで得点を奪...

続きを見る

「進化した浦和の攻撃に、5バックマンマークは最悪の選択だった」アジア・チャンピオンズリーグ

生放送の時は他の予約とかぶっていて見られなかった、浦和とウェスタン・シドニー・ワンダラーズの試合を、昨日は再放送で録画観戦。 既に日にちが経っているので得点経過については省略するが、結果的に言え...

続きを見る

「せっかくのドッピエッタの絶好機を失敗するとは、久保もやっぱり人間だった」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ 優勝プレーオフ第5節 ズルテ・ワレヘム-ゲント

前節は優勝プレーオフで最下位のオーステンデを相手に、久保のゴールでかろうじて引き分けるという失態をホームで演じてしまったゲントだったが、今節はアウェイでズルテ・ワレヘムに対して久保の先制点を含む2-0...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑