「凡百な日本人選手とは優先順位が正反対な、柴崎の試合への入り方」リーガ・エスパニョーラ第36節 ヘタフェ-ラス・パルマス

スポンサードリンク

第35節終了時点でヨーロッパリーグ圏内の7位につけているヘタフェは、既に降格が決まっているラス・パルマスとアウェイで対戦。ラス・パルマスのホームスタジアムは1000人もいないんじゃないかというぐらいのガラガラぶり。

怪我人が連発しているヘタフェは4-4-2のフォーメーションで、ディフェンスラインのアルバとレドンドはリーグ戦初先発、柴崎とボランチでコンビを組むポルティージョはリーグ戦2試合目というフレッシュなメンバー。対するラス・パルマスは4-2-3-1のフォーメーション。

序盤からヘタフェは自陣でコンパクトなゾーンを作り、ラスパルマスの縦パスに対してコンパクトに守って厳しく行く守備。対するラス・パルマスは堅い中央を避けてサイドチェンジを使い、サイドの高い位置で基点を作ってヘタフェ陣内に攻め込んで行く。

ヘタフェの攻撃は、中盤での組み立てという概念が無く、DFラインからサイドを走らせるか前線への長いボールが中心で、柴崎はほとんどゲームメイクさせてもらえない。その代わり守備で走り回っているのだが、やはり基本的にはトップ下的な守備で、ボールホルダーにプレッシャーはかけるが奪い切るところまでは行かず、中盤の1対1で競ってもフィジカルで弾かれてしまう。

ラス・パルマスは序盤にセットプレーからガルベスが二度も フリーでヘディングを放つが、どちらも運良く失点には繋がらず、前半の終わり頃にもセットプレイの流れからPA内で強烈なボレーを打たれるがこれも枠外で命拾い。結局、柴崎のボールタッチ数は12回強という少なさで、逆にラス・パルマスのボールポゼッションは実に70%という一方的なスタッツで折り返す。

後半もいきなりDFラインがあっさり裏を取られてシュートを打たれる危なっかしいヘタフェ。そしてCKからまたまたまたガルベスがフリーでボレーも、3度目もゴールポストをかすめてゴールが遠いラス・パルマス。

ただ前半に比べると、後半はアンカー的な役割をポルティージョに任せ、柴崎は前後左右に幅広く動き回るようになった事でヘタフェの攻撃が一変、後半20分に柴崎がカウンターから左サイドを単独で抜け出すも、相手にギリギリ追いつかれてファールを取られてしまう。さらに23分には柴崎のスルーパスからアマトがシュートもラス・パルマスGKチチソラの寄せに弾かれる。

さらにヘタフェは31分にカウンターから完全に抜け出したアマトのクロスをホルヘ・モリーナがフリーで合わせたが外に外れ、GKグアイタからのフィードにアンヘルが抜け出すもシュートはクロスバーと、立て続けに決定機を作り出す。ラス・パルマスも36分にスルーパスから抜け出し、2分後にはセットプレイからのこぼれ球をPA内至近距離からシュートを放つもヘタフェGKグアイタが鋭い反応でセーブ、こちらも決められない。

そしてスコアレスドローの雰囲気が漂い始めた後半43分、GKチチソラからDF、そしてボランチとい繋いだラス・パルマスの緩慢なパスを狙って柴崎がタックルでボールを奪うと、モリーナからのパスをアンヘルが決めてヘタフェがとうとう先制点をゲットする。柴崎もフリーだったけど、まあ仕方ないか(笑)。

ラス・パルマスはその後も何本かシュートを放つが最後まで得点は挙げられず、結局シュート数で23対10、ポゼッションで68対32とスタッツでは圧倒的に劣勢だったヘタフェがワンチャンスをものにして勝利、ヨーロッパリーグ圏内の7位をガッチリとキープした。

柴崎は前半こそ上手く試合に入れず、ボールタッチ数が極端に少なく触ってもミスになったりしていたが、徐々に体を張った守備で試合のペースに慣れて来ると、後半は一気にチームの攻撃のリズムを作り出す存在になった。普通の日本人選手なら、これだけパスが来ないと焦ってボールに触りたい一心であちこち動き回ってしまうところだが、柴崎はまず戦術や守備をこなしながら自分をフィットさせて行くところが、並の頭脳ではない事を証明している。あと2試合、しっかりアピールしてW杯メンバー行きを狙ってもらいたい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「プレイ機会は少なかったが、1G1Aを含めて3点に絡んだ乾の効率性」リーガ・エスパニョーラ第36節 ジローナ-エイバル

リーグの6位に追いつくのは難しい状況だが、今期は7位までヨーロッパリーグの出場権が与えられる事になったため、まだ数字上は十分可能性がある8位のジローナと12位のエイバルとの対戦。 ホームのジロー...

続きを見る

「以前の3バックとの折衷案で、自ら墓穴を掘ってしまったオリヴェイラ監督」J1第13節 浦和レッズ-鹿島アントラーズ

2018/05/06 | Jリーグ

新しくオリベイラ監督が就任した浦和と、かつて同監督のもとでJ1の3連覇を達成した鹿島との対戦という事で、埼玉スタジアムのチケットは早々にソールドアウト、試合前から非常に盛り上がりを見せた試合。 ...

続きを見る

「誤診CKから決勝点をゲットしたマルセイユが薄氷の決勝進出」UEFAヨーロッパリーグ 準決勝 第2レグ ザルツブルク-マルセイユ

マルセイユでの第1戦を2-0で折り返した後の、ザルツブルクホームでの第2戦。 ザルツブルクは中盤ダイアモンドの4-4-2で南野はベンチスタート、マルセイユは1トップがジェルマン、2列目がオカンポ...

続きを見る

「バカ試合2連発、決勝はサラーとマルセロの攻撃アフロ対決に」

リバプールでの第1戦を5-2で折り返しての、ローマのホーム、スタジオ・オリンピコでの第2戦。普通なら逆転不可能に見える点差ではあるが、やはりこのカードならではの試合展開になってしまった。 ローマ...

続きを見る

「勝負強いはずのバイエルンを自滅させたレアル、果たして”勝負弱い”クロップのリバプールにはどうか?」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第2レグ レアル・マドリー-バイエルン

ホームでの第1戦を、バイエルンが自らのミスと決定力不足で1-2と落として迎えた、サンチャゴ・ベルナベウでの第2戦。 レアルはクリロナとベンゼマの2トップに、2列目がクロース、コヴァチッチ、モドリ...

続きを見る

「日本代表候補選手の中で、ハリルホジッチの更迭を喜んで良いのは武藤だけ」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 マインツ-ライプツィヒ

現在は降格圏内から逃れているものの、これからの対戦相手を考えれば全く楽観できないマインツは、ホームで強豪のライプツィヒとの対戦。マインツのフォーメーションは先発復帰した武藤が1トップの4-1-4-1で...

続きを見る

「HSV奇跡の残留に向けて、伊藤達哉がキレキレの実質2アシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ヴォルフスブルク-ハンブルガーSV

ドイツ・ブンデスリーガも残り3節。完全に後がないHSVは、プレーオフ圏の16位にいるヴォルフスブルクとの直接対決。 HSVのフォーメーションはウッドの1トップに伊藤、ハント、ホルトビー、コスティ...

続きを見る

「昇格を決めた試合で、とうとう宇佐美が原口よりも優先される」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第32節 ドレスデン-デュッセルドルフ

昨日はたまたまDAZNを見てみたら、ちょうどデュッセルドルフの試合がリアルタイムで行われていたところだったので、時系列で記録しながら試合を見てみた。 残り3試合で3位に勝ち点7差で、この試合で勝...

続きを見る

「15<2という不等式が成立してしまう日本という国の不幸」ハリルホジッチ前監督会見

2018/04/28 | 日本代表

今日は、日本代表監督を解任されたハリルホジッチ前監督の会見が、日本記者クラブで行われました。 ありがたいことに、各種メディアが全文を書き起こしてくれているので、まずはそちらを御覧ください。 「...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑