「ウォルフ監督が浅野にインサイドハーフ養成ギブスを着装?」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第18節 ザンクトパウリ-シュツットガルト

スポンサードリンク

ザンクトパウリとシュツットガルトちという、合計で日本人選手3人が所属する対戦カードだが、宮市も細貝も怪我のためベンチ外で先発は浅野のみとやや寂しい事になってしまった、長いウインターブレイク明けの試合。

以前に宮市が出場した試合を見た限りでは、全く組織らしいものが感じられなかったザンクトパウリだが、12月に入ってからは3試合負け無しという結果が表すように、この試合は割りとしっかりした4-4-2のコンパクトなディフェンスを敷いてきて、U-21トルコ代表のジェンク・シャヒンの切れ味鋭いドリブルを中心に、シュツットガルトと互角の戦いを見せた。

シュツットガルトは前半戦の4-2-3-1を辞めて、新加入のアメリカ代表グリーンを左SHに、浅野を左インサイドハーフにした4-1-4-1の布陣で臨んだのだが、正直これがあまり機能しなかった。浅野は中盤で使うには守備が下手で、軽率に追っかけて交わされては相手を手で掴んで防ごうとするし、得意の飛び出しもタイミングやスペースがつかめず前半はわずかボールタッチは11回と攻撃選手の中では最低の数字だった。1度、うまくラインを抜け出してGKと1対1になったシーンはあったが、シュートのタイミングが遅れてGKに当てる始末。

後半からは、フォーメーションは4-1-4-1のままだがグリーンに代えてマネを投入、ポジションを変えて左SHになった事でようやく浅野も息を吹き返し、サイドを破って何度かクロスを上げるも得点には繋がらず、マネのドリブルからスルーパスを受けたシーンでは、トラップし損ねてボールを置いて来てしまい、何とかシュートは打ったがミートせず枠を外れるなどいつも通り決定力、ゴール前での落ち着きに欠けた。

ただし試合は、後半の40分にロングボールをギンチェクが頭でそらし、そのボールをテロッデがスルーパス、抜け出したマネがダイレクトでゴラッソを決めてシュツットガルトが勝ち越し点を挙げ、試合はそのまま1-0で終了。シュツットガルトが3試合ぶりの勝利で順位を2位に浮上させた。

ずっとサイドで起用していた浅野を突然インサイドハーフで起用し、一度はサイドに戻したものの、後半30分にギンチェクが入ってからはまたトップ下のようなポジションになっていたので、やはり監督に明確な意図があるのだろう。浅野のスピードを活かして中盤から飛び出させたり、プレイスタイルを広げるという狙いなのかもしれないが、守備の拙さを見るとトップ下ならともかくインサイドハーフは厳しそうな気がするのだが・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「チームのために動いた香川の判断を、ベンチという形で拒絶したトゥヘル監督」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

ウインターブレイク明けの試合でブレーメンには勝利したものの、ここ5試合で白星はその1つのみと相変わらずパッとしないドルトムント。今節アウェイで行われたマインツ戦でも、試合序盤に先制しながらも終盤に追い...

続きを見る

「実質3ゴール1アシスト、大迫を自由にさせ過ぎたダルムシュタット」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 ダルムシュタット-ケルン

昨日は1日中とあるイベントに出かけていて、夜はヘロヘロ状態で試合内容はあんまり頭に入ってないので簡単な感想で。 ご存知のように、アウェイのケルンが6-1でダルムシュタットを圧倒、大迫は前半36分に左...

続きを見る

「長谷部がアシストを決め、守備も整えまくってシャルケを撃破」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 シャルケ04-フランクフルト

今日は朝から恒例のイベントに出かけるのでレポートは簡単に。 どちらも守備時は5バックになる、ドイツでは最近流行している戦術を取るチームの対戦、しかしシャルケがアンカーを置く3-1-4-2、フランクフ...

続きを見る

「若手主体の未熟なチームを一変させたレオ・シルバ」2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ スパンブリーFC-鹿島アントラーズ

2017/01/28 | Jリーグ

昨日はインターリーグカップの第2戦が行われていたんだけど、鹿島はバンコクに負けちゃったし、同じチームを2回見てもしょうがないので、鹿島が初戦で戦ったスパンブリーFCとの試合を見てみた。 鹿島の先発は...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまった...

「こうして日本はトップ下だらけになってしまうのであった」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-シャルケ

守護神ホルンや主将のレーマン、そして攻撃の核であるビッテンコートを怪我...

「スルーパスやダイレクトパスという言葉を知っているのは久保だけ」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第27節 スタンダール・リエージュ-ゲント

昨日はバイエルン対ヘルタの試合を見る予定だったんだけど、DAZNを開い...

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

→もっと見る

PAGE TOP ↑