「岡崎は常に120%と思われがちだが、実はずる賢くアクセルを緩めている」イングランド・プレミアリーグ第29節 ウェストハム-レスター・シティ

スポンサードリンク

ラニエリ監督が解任されるまでは公式戦5連敗、そこからシェイクスピア監督が就任して昨シーズンの戦い方に戻してからは初戦のリバプール戦から3連勝と、分かり易すぎる「原点回帰」効果を発揮中のレスター・シティ。今節ももちろんウイニングチーム・ネバーチェンジで岡崎が先発。

チャンピオンズリーグの激闘から中3日で、今期は極めて苦手にしているアウェイ戦とあってさすがにレスターも厳しいかと思われたのだが、試合開始5分にマフレズのクロスに対してニアにヴァーディ、ファーに岡崎が飛び込んで誰も触れなかったが、その飛び込みがデコイとなったのかウェストハムGKランドルフがつられてそのままゴールイン、あっけなくレスターが先制に成功する。

その2分後にも、岡崎が頭の上でボールを運ぶアシカプレイでファールをもらうと、ヒールで再開したFKからマフレズが中へ流し、オルブライトンがダイレクトでアウトにかけた浮き球のロブを上げると、これにウェストハムの選手が誰も反応できず、フリーになったフートがヘディングで押し込んで効率よく2点目。

さらに前半18分にはウェストハムCBリードが怪我で退場してしまい、ますますレスターに風が吹くかと思われたのだが、このピンチが文字通りの怪我の功名となったのか、かえってウェストハムの選手が目覚めてしまい、それまで好守にバラバラだった動きに一体感が生まれ始め、徐々にウェストハムへ試合の流れが傾いていく。そして20分にランシニが直接FKを決めてウェストハムが1点差に戻す。

これで一気にウェストハムが勢いに乗ってしまったが、その流れを押しとどめたのはやはり岡崎、絶え間ないプレッシングでDFラインに圧力をかけつつ、中盤のプレスにも参加してウェストハムの攻撃に余裕を与えない。すると前半39分に、右のCKで岡崎がニアに飛び込むと、ストーン役のキャロルが目測を誤ってボールをすかせてしまい、混戦からヴァーディが押し込んで劣勢のレスターが再び点差を広げる。

ただしレスターの反発力も前半だけで限界だった。後半になると試合は完全にウェストハムペースになってしまい、岡崎も頑張って相手を追い回すも全体が下がってしまい、せっかくボールを跳ね返しても次々にセカンドボールを拾われ、アントニオやアユーがドリブルで中から切れ込み、深い位置からキャロルにクロスと、危険な連続攻撃を食らってしまう。

後半16分にコースへ飛んだ直接FKはレスターGKシュマイケルが弾き出すが、17分にCKからキャロルにフリーで折り返されアユーに押し込まれてとうとう1点差。そこから後半30分まで何とか耐え忍び、岡崎とヴァーディを下げてレスターは何とか逃げ切り体制に持ち込もうとする。が、本当の地獄はここからだった。

31分に左からのクロスをキャロルがフリーでヘッド、これをシュマイケルがラインギリギリで掻き出すと、33分にはドリブルからアユーが完全にフリーで抜け出すもシュートは宇宙開発で命拾い。さらに37分の右CKからキャロルが落とし、混戦からのシュートを何とか体で防ぐと、ロスタイムにはFKが壁に当たったこぼれ球をキャロルがシュート、シュマイケルは至近距離で手に当てるスーパーセーブ。6分のロスタイムも何とか防ぎきり、レスターがサンドバッグになりながらも公式戦4連勝を飾った。

岡崎については、守備では相変わらず良く走り回っていたが、攻撃ではいつもの粘りは見せず、単純にボールをはたいたり後ろに返したり、デュエルでも倒れてファールをもらいに行く事が多く、あまり攻撃では全力を出していない様子だった。おそらくCLの疲れもあったので、ここで下手に無理をすれば怪我に繋がるという予感があったのかもしれない。いつも120%で走り回っているイメージがある岡崎だが、こういう良い意味でのずる賢さがあるからこそ、世界一体力的に厳しいリーグでも第一線でやって行けるのだろうね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ダルダイ監督の厳しい叱責の裏に垣間見える、原口への隠しきれない愛情?」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 ケルン-ヘルタ・ベルリン

大迫が強烈な無回転ミドルとアシストを決め、キッカー誌とビルト紙からベストイレブンに選出された事が話題になった試合だったが、その裏で原口が3失点(?)に絡んでダルダイ監督から厳しい叱責を受けたという事の...

続きを見る

「お疲れのドルトムントを必殺の香川ターンが救う」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 ドルトムント-インゴルシュタット

現在は17位と降格圏に沈んでしまっているインゴルシュタット。しかしチームのトップスコアラーがレスカノの4点と、得点力のあるタレントが不足しているだけでチーム力はかなりのもので、既に降格しても現在の監督...

続きを見る

「コロンビア戦でPKを与えたリベンジを今野に期待する」ハリルホジッチ・ジャパンUAE戦メンバー予想その2

2017/03/19 | 日本代表

身内の合格祝いを兼ねて昨日から一泊で小旅行に出かけているので、昨晩は当然試合は見られず。 なので、今日は正式にメンバーが発表された最終予選UAE戦のスタメンを予想してみます。 フォーメーシ...

続きを見る

「そして岡崎が率いるレスターだけが、プレミアリーグ最後の希望になった」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第2レグ ASモナコ-マンチェスター・シティ

これまでバルサとバイエルンで頂点を極め続けてきたグアルディオラ監督が、マンチェスター・シティでまだ期待された活躍が出来ていない理由として、ペップサッカーの根幹である精度の高いビルドアップが出来る技術を...

続きを見る

「今なら代表のトップ下は、清武じゃなくて香川がベターかもしれない」DFBポカール 準々決勝 シュポルトフロインデ・ロッテ-ドルトムント

水曜はACLの日本勢は両方負けてしまったし(笑)、昨日はDAZNで香川が先発したDFBポカールの準々決勝を観戦。相手は現在3部のシュポルトフロインデ・ロッテ。綴りまで日本のロッテと同じなので、何か関係...

続きを見る

「ポイントはメンタルと経験、インテンシティ」ハリルホジッチジャパン、W杯最終予選UAE戦・タイ戦メンバー発表

2017/03/16 | 日本代表

本日、3月の23日と28日に行われる、ロシアW杯最終予選のUAE・タイ戦のメンバーが発表になりました。今回は何とかリアルタイムでキャッチアップ出来たぞ(笑)。 GK 西川周作(浦和) 川...

続きを見る

「名だたるプレミアのビッグクラブが嵌ったレスターの罠に、セビージャもまた落とされた」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第2レグ レスター・シティ-セビージャ

セビージャホームで行われた第1レグで2-1と敗れた後にラニエリ監督が解任され、もうチャンピオンズリーグの事など忘れ去られてプレミアリーグの残留が出来るかどうかという瀬戸際に立たされていたレスター。しか...

続きを見る

「”控えGK”曽ヶ端がもたらした、クラブ・ワールドカップを思い出させる鹿島の安定感」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-ブリスベン・ロアー

第1戦で蔚山相手に勝利を収めるも、2戦目はアウェイでムアントン・ユナイテッドに苦杯、鹿島にとってはホームで絶対に勝利が必要なACLグループステージ3戦目。相手はここまで未勝利のブリスベン・ロアー。 ...

続きを見る

「HSV”いてまえ打線”を先頭で引っ張る、キャプテン酒井高徳」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 ハンブルガーSV-ボルシアMG

バイエルン・ミュンヘンに0-8と歴史的な大敗を喫してしまったが、そこまで完膚なきまでに叩きのめされるとかえって気持ちが切り替わるのか、次のリーグ戦は上位のヘルタに1-0で勝利したHSV。 その試...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑