「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

スポンサードリンク

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で務めるアンカーを置くフォーメーションが増えた事により、このポジションにどれだけ良い選手を揃えるかが、欧州のトップリーグで優勝を狙うチームにとっての必須条件になりつつある。

2015-2016シーズンを2位で終えたナポリは、大エースのイグアインを事もあろうに宿敵ユベントスに引き抜かれ、今期はさすがに激しく弱体化するかと思われたのだが、何と昨年の11月からこの試合まで18戦無敗でチャンピオンズリーグ圏内の3位をガッチリキープしている。

それはもちろん、第一にサッリ監督の卓越した戦術構築能力にあるのは間違いない。この試合でナポリは前半の8分にインシーニエが意表をついたミドルシュートで先制点を決めたのだが、ボールを奪うと前線の選手がダイアゴナルに飛び出し、中盤の選手はおそらく状況を見てからではなくオートマティズムで「そこに走っているはずの」味方に向かってパスを出しているのだろう。それほど、レアルの守備陣にとって判断が間に合わない電光石火の得点だった。

そしてそのナポリの超速攻撃を支えているのが、若干19歳のアンカー、ディアワラ。プレイスタイルはカンテとヴァイグルを足して2で割ったような感じで、この試合で実に両チームトップの12.8kmを記録したように、カンテほど広範囲なボール狩りは出来ないが、常に動き回って攻守に絡み、ヴァイグルのようにシンプルで判断速く縦パスを出して来る。彼もまた、オフシーズンにビッグクラブから確実に狙われる逸材だろう。

ただ惜しむらくは、ナポリの守備陣にインテンシティが足りなかった事。守備時には4-5-1の形でコンパクトには守っていたのだが、セットプレイを恐れてなのか激しいアタックはせずに、結局ドリブルやパスワークでレアルにゴリゴリと自陣の深い位置で基点を作られ、守備陣が引きつけられたところで中央に出来たスペースを使われる悪循環。同点で折り返した後の後半4分に決めたレアルの2点目も、クリロナを追い込みながら止められず、折り返しをクロースに流し込まれたものだった。

レアルはまずモドリッチが素晴らしかった。ナポリのコンパクトな守備をものともせず、少しでもスペースが見えたらすかさず入り込み、インサイドとアウトサイドのキックを自由に使い分け、スピードを落とさずボールを繋ぎ続けた。後半はややペースが落ちたが、今度は前半に消えがちだったクロースがモドリッチの仕事を着実に引き継ぎ、さらに大きな展開でナポリのプレッシャーを無効化した。

またレアルのアンカーであるカゼミーロも良い仕事をした。ディアワラほどのタレントは無いものの、危険を察知してスペースを埋めるポジショニングはさすがで、1度抜かれても最後まで粘って足を出す泥臭さは、今のレアルにとって不可欠な要素になっている。しかもこの試合では、後半の9分にナポリがクリアした浮いたボールをダイレクトで叩く、ゴラッソなドライブシュートを決めてみせるなど大活躍。先輩アンカーとしての貫禄を見せつけた。

ただしレアルは3-1で勝利したとは言え、まだ魔境サン・パオロでのアウェイ戦を残しての2点差は安心できない。特にエースのクリロナはナポリ戦でも2回の超決定機を外すなどかなりの不調。バルサとは違って中盤が好調なので問題は顕在化してないが、気の緩みだけは絶対に起こさないようにしたいところだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「この守備で7年連続ベスト16というのは、アーセナルは別の意味で驚異的」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ バイエルン-アーセナル

今週行われたチャンピオンズリーグベスト16のもう1つのビッグマッチ、バイエルン対アーセナルの試合は、ご存知のようにバイエルンが5-1で圧勝し、7期連続でベスト16で敗退という不名誉な記録を更新しそうな...

続きを見る

「世界に誇るバルサの中盤を、PSGの中盤が完璧に破壊したという衝撃」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ パリ・サンジェルマン-バルセロナ

いや~、いくら公式戦11試合負け無しで好調だったとは言え、リーグアンではモナコについで2位だし、CLのグループリーグもアーセナルに次いで2位抜けだったPSGが、まさかバルセロナを4-0で粉砕するとは誰...

続きを見る

「大型台風ライプツィヒを、”正面衝突”で打ち破ったHSV」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ライプツィヒ-ハンブルガーSV

2部からの昇格組ながら、一時は首位に立つなど今期のブンデスリーガで猛威を奮っているライプツィヒ。リーグの前半戦でコテンパンにやられた各チームがどういう研究をして後半戦に臨むのかが注目されたが、HSVが...

続きを見る

「浅野にとって”個の力”という意味を噛み締めさせられた試合」ドイツ・ブンデスリーガ2部 シュツットガルト-ザントハウゼン

ホームスタジアムの収容人数が1万人という小さなクラブながら、今期の2部リーグで6位とプレーオフを狙える順位につけているザントハウゼン。前節で首位に立ったシュツットガルトはホームでの試合で快勝と行きたい...

続きを見る

「日本選手にとって、スペインリーグが鬼門で無くなる日」コパ・デル・アトランティコ 日本U-18-スペインU-18

2017/02/13 | ユース代表, 未分類

昨日はネットを見ていたら、スペインで行われているU-18の国際大会、コパ・デル・アトランティコの決勝で日本がスペインと対戦して勝利し、優勝を飾ったというニュースが飛び込んで来て、たまたまYoutube...

続きを見る

「酒井宏樹と吉田は先発で安定しているが弱点も似ている」フランス・リーグアン第25節 マルセイユ-ギャンガン

前節はターンオーバーを図ったものの下位のメスに敗戦を喫してしまい、ヨーロッパリーグ圏外の8位にまで落ちてしまったマルセイユ。今節は8位のギャンガン相手のホーム戦だったが、新戦力の活躍で2-0と勝利、後...

続きを見る

「攻撃が機能しないチームをPKで救い、試合を整えてみせた大黒柱」ドイツ・ブンデスリーガ 第19節 フランクフルト-ダルムシュタット

ここまで長谷部を中心としたリーグ2位の失点率で3位と好調を維持しているフランクフルト。しかし得点についてはリーグ9位に留まり、アウェイでガッチリ守りを固めてくる最下位ダルムシュタットとのヘッセン・ダー...

続きを見る

「3度のGKとの1対1を決められなかったが、チームは”浅野シフト”で快勝」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第19節 シュツットガルト-フォルトゥナ・デュッセルドルフ

年末は連敗で足踏み、順位を自動昇格枠から外れる3位まで落としていたシュツットガルト。ウィンターブレイク明けのザンクトパウリ戦は辛勝の再スタートとなったが、19節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦では2...

続きを見る

「ガンバの思い切ったモデルチェンジは、吉と出るか凶と出るか」アジア・チャンピオンズリーグ プレーオフ ガンバ大阪-ジョホール・ダルル・タジム

ガンバ大阪のホーム、吹田スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフ。相手はマレーシアリーグを3連覇したジョホール・ダルル・タジム。日本の古参サッカーファンには馴染み深い、ジョホールバ...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「総力戦を勝ち抜くためには、やはり清武のセットプレイが必要では」ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦展望

昨日は恒例のイベントで朝から晩まで出かけており、夜は当然疲労困憊で試合...

「バルサでは黒子、セレソンでは”メッシ”になってしまうネイマール」ロシアW杯南米予選 ウルグアイ-ブラジル

現在、ロシアW杯南米予選1位のブラジルが、2位のウルグアイホームで戦う...

「戦術的には、香川のところから危うく破綻しかけていた」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦回顧

さすがに試合を見終わった午前2時半から戦評は書けないし、朝も睡眠不足で...

「ここでグループを抜け出す国が出て来るのか」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

目覚めは良いけど、単純に睡眠時間が足りなくてクソ眠い週末になってしまい...

「長谷部不在の危険を全員でカバーした貴重な勝利」アジア最終予選 グループB UAE-日本

リアルタイムで見ていると気持ちが入りすぎて、戦術的な面を全く語れないの...

→もっと見る

PAGE TOP ↑