「空回りの悪い流れを、残留を決める自らのゴールで全てひっくり返してしまった武藤」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 マインツ-フランクフルト

スポンサードリンク

昨日は飲む用事があって酒が入った状態での観戦だったので簡単に。

32節終了時点で現在プレーオフ圏にいるHSVと同勝ち点の15位と、ブンデスリーガ1部残留に向けて絶対に負けられない、フランクフルトとのホーム最終戦を迎えたマインツだったが、試合の流れは完全に負け試合のそれであった。

武藤がベンチスタートの前半は、マインツが終始押し込んで9本ものシュートを放つのだが、22分のコルドバが放った決定的なシュートもフランクフルトGKフラデツキーが足1本で止めるなど運が無く、逆に中盤でのクリアミスを拾われてハーフカウンターを食らい、フルゴタに角度の無いところから決められて先制点を与えてしまうと、後半開始早々にもサイドチェンジからのクロスであっさり2人に飛び込まれてしまい、一度はGKが弾いたがそのままセフェロビッチに押し込まれて2点目を献上。

後半から武藤が投入されて4-4-2の2トップにフォーメーションを変更したが、相変わらずコルドバと武藤のコンビは機能せず、武藤が1人走り回ってボールを呼び込もうとするのだが、回りと意識が共有できず空回り、マインツもシュートは打つがどれもPAの外からばかりと試合のリズムはどんどんと悪い方向へ。

しかし後半15分に、オフサイドに見えたがコルドバがセンターライン付近から飛び出し、思いっきりニアを撃ち抜くゴールを決めた事で雰囲気が一変、その2分後には右からのFKをベルがヘディング、シュートに勢いは無かったがGKが触れないポストギリギリのコースに飛ぶラッキーなゴールであっという間にマインツが追いついてしまう。

その後は押せ押せのマインツに対してフランクフルトも何とか攻撃を凌いでいたのだが、後半31分にセカンドボールを拾ったボージャンがアーリークロスを上げると、中にコルドバと一緒に飛び込んだ武藤の頭に当たり、ボールはそのままゴール左上に飛び込みマインツがとうとう逆転。サポーターは大喜びで、武藤もクリロナばりにユニフォームを脱いで雄叫びを上げた。

ロスタイムには、PA左でパスを受けた武藤の突進をヘクターがコースを塞いで倒し、主審の判定はPK。キッカーは武藤じゃなくでデブラシスだったが、これをきっちり決めて4-2のスコアで試合終了。マインツは16位のHSVと勝ち点2差、14位のアウグスブルク、15位のヴォルフスブルクと同勝ち点の13位ながら、最終節がHSVはヴォルフスブルクとの直接対決になり、マインツは最終節で10点差以上で負けない限りは逆転されず、事実上の残留を決定させた。

武藤は殊勲の決勝ゴールと追加点PKゲットと活躍はしたが、見ていてストレスが溜まる空回り具合は相変わらずで、結果が無ければ前節に続いて悪い採点になっていた可能性が高かったように思うが、残留を決めるゴールで全ての悪い流れを自ら引き戻したのはあっぱれと言うしかない。シュミット監督は残留を果たしても解任濃厚だとされるが、来期はコルドバやボージャンと良いコンビネーションが生まれるようになってもらいたいものだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「閉塞感が漂うチームの中で、一服の清涼剤になった久保君の二発ギャグ」U-20国際親善試合 日本-ホンジュラス

2017/05/16 | ユース代表

昨日は6時半からこの試合のストリーム配信があると聞いて、録画では見られないかなと思ったのだが、後で画質は悪いがYoutubeで見られることが分かり帰宅後観戦。 U-20のアジア予選で、ボランチの...

続きを見る

「柴崎は初アシストも、ライバルのアーロンからはパスが出て来ず一苦労」スペイン・リーガ・エスパニョーラ2部 第38節 ウエスカ-テネリフェ

全22チームの総当り42試合と、かつてのJ2のようにタフなスペインリーグ2部も残り5試合。と言っても、3~6位のチームはさらにプレーオフが待ってるのだから大変である。5位のテネリフェは、そのプレーオフ...

続きを見る

「去就問題の真っ最中、トゥヘル監督の問題点が凝縮されたような試合」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 アウグスブルク-ボルシア・ドルトムント

ドイツ・ブンデスリーガも残り2試合。チャンピオンズリーグのストレートインを狙うドルトムントとしては、残留争い中のアウグスブルクには絶対に勝っておきたい試合だったが、結果は香川のアシストをオーバメヤンが...

続きを見る

「アトレティコの心を折るイスコのゴールで、決勝は最強の矛と盾との対戦に」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ アトレティコ・マドリー-レアル・マドリー

2017/05/13 | 未分類

3-0と思わぬ大差になってしまった第1レグの結果を受けて、ホームのアトレティコがどういう反撃の策を見せるのかが注目された第2レグ。 アトレティコはグリーズマンの相棒にトーレスを選んだ4-4-2、...

続きを見る

「内容がまだ伴ってないのに、まさかの逆転首位突破」アジア・チャンピオンズリーグ グループG 川崎フロンターレ-イースタン

最初の4試合は全て引き分けでグループリーグ突破は厳しいと見られていたが、前節の水原三星アウェイで辛勝し、自力で決勝トーナメント進出のチャンスを手に入れた川崎フロンターレ。最終節はここまで未勝利のイース...

続きを見る

「東南アジアの罠にはまり込んでしまったが、”神の手”ゴールで何とか首位通過」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-ムアントン・ユナイテッド

ここまで無敗で首位を快走するムアントンと、勝ち点2差で追いかける鹿島とのグループ首位の座をかけた最終戦は、ホームの鹿島が苦しみながらも審判の誤審に助けられ2-1で勝利、何とかグループを首位で通過する事...

続きを見る

「中国&オイルマネーの一本釣り」2026年W杯、アジア出場枠が8.5に拡大決定!

2017/05/10 | ワールドカップ

以前からニュースに上がっていた、2026年W杯からの出場国の大幅拡大の件ですが、FIFA理事会で承認され、日本が所属するAFCには8枠+プレーオフ1枠の8.5枠が割り当てられる事になりました。 ...

続きを見る

「ヨーロッパリーグ出場権獲得に向け、大きな勝利を飾ったマルセイユ」フランス・リーグアン第36節 マルセイユ-ニース

昨日は酒を飲んで帰宅後、半分寝ながらの試合観戦だったので簡単に。 ここまでリーグ戦8試合負け無しながらも、上位も負けてないためにずっと6位のまま順位上では停滞していたマルセイユ。現在リーグ3位に...

続きを見る

「リバプールを4試合でゼロ点に抑え込んだ、吉田を中心としたサウサンプトンの鉄壁」イングランド・プレミアリーグ第36節 リバプール-サウサンプトン

今期は同じカードで3回対戦し、リーグ戦は0-0のドロー、リーグカップでは共に1-0でサウサンプトンが勝利と、サウサンプトンはリバプールに対してまだ1点も与えていないのだが、その結果をまたもやトレースす...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑