現実よりも夢を見させてナンボ、代表はあくまで「興行」だというのが選手も含めた日本の結論

2018/04/10 | 日本代表

スポンサードリンク

昨日は本来なら休肝日だったのですが、ハリルホジッチ解任の報を受けてとてもシラフでは眠れそうに無かったので、心の中でハリルホジッチの慰労を兼ねて酒を飲むことにしました。

さて、田嶋会長からの「選手との溝があった」との解任理由を受けて、本当かどうかは不明ですが以下のような内情暴露記事が出ていますね。

【ハリル解任の真実】「意見言えば呼ばれなくなる」“強権政治”に選手の不満爆発寸前 : スポーツ報知

いや、まさに選手は「弱者のサッカー」ではなく「自分たちのサッカー」がやりたかったのだなと。まあ、明らかにそういう感じはしていましたけど、それで行った4年前の結末に凝りたからこそ協会はハリルホジッチにしたのだろうと思っていたので、その方針をあっさり覆してしまったのは少し意外でした。

ハリル、W杯直前の解任に専門家「日本サッカーの後退」

上記のように、ハリルホジッチとしてはW杯まで逆算して3月まではあくまでテストと位置づけ、選手選考の後でしっかりチームをまとめて一丸となって本番に臨むタイムラインを持っていたと思いますが、おそらくそのプランを選手に伝えてなかったのでしょう。そのため選手の中に疑心暗鬼ばかりが育ってしまった。

それじゃ真の競争にならないと思っていた可能性は高いですが、その点についてはハリルホジッチにぬかりがあったと言えるかもしれません。選手を抑え込む役目をキャプテンの長谷部に期待していたのかもしれませんが、長谷部はそういう強権タイプの器じゃなくて最終的には選手の総意を代表する人だというのは、ザックジャパンの時に証明されています。

とは言え、いくら選手から不満があろうとも、選手選考やピッチ上での戦術を選ぶ権利は監督のもの。選手の意見を聞くかどうかも監督が判断すべきことで、それに従わない選手は呼ばれないのは当然の話です。嫌なら招集を拒否すればいいし、受諾したなら監督に従う。それが世界におけるサッカーの常識なのは、特に欧州組には理解されていると思ったのですが、ひょっとするとそれが大きな勘違いだったのではないかと思い当たりました。

欧州組は、普段そういったサッカーの常識に従い、激しいライバルとの競争の中でやりたくもないプレイを日々強いられているからこそ、気心の知れた仲間が集う日本代表では、クラブでは出来ない「自己実現」がしたかったのだと。それが4年に1度のワールドカップならなおさら。そう考えれば、このハリルホジッチに対するクーデターは全て納得ができるのです。

「2018.4.9」 | 川島永嗣オフィシャルブログ

川島だけはちゃんとハリルホジッチを理解してくれていたのがせめてもの慰めですなあ・・・

体脂肪の話もありましたけど、やはり日本サッカーはプロではなくてアマチュア、試合に勝つことよりも選手の満足が優先される世界だというのは、骨の髄まで思い知らされましたね。そして現実よりも夢を見たい、失敗だろうが成功だろうが、4年に1度の祭りを楽しみ、後のことは考えたくないという願望は、一般のサポーター、スポンサー、マスコミ、協会にとってもそうなのでしょう。極めて残念な事ですが、それが日本にとっての「現実」なのだと諦観するしか無いのかもしれません。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

ハリルホジッチ監督の解任が正式決定、懐かしい「腐ったみかん」と「自分たちのサッカー」が復活!

2018/04/09 | 日本代表

昨晩から噂に上がっていた、ハリルホジッチ監督の解任が正式発表となり、後任には技術委員長だった西野朗氏が就任する事が発表されてしまいましたね。 ハリル解任、田嶋会長「選手との信頼関係が薄れた」(ゲキサ...

続きを見る

まさかのハリルホジッチ電撃解任のニュース、その裏にある隠された理由とは・・・

2018/04/09 | 日本代表

昨晩、Twitterのタイムラインをつらつらと眺めていたら、とんてもないニュースが飛び込んで来ました。 ハリルホジッチ監督解任へ サッカー協会、9日緊急記者会見  :日本経済新聞 この一報を聞...

続きを見る

「”チームの体幹”勝負で鹿島に勝った湘南、初っ端から結果にコミットする」J1第6節 湘南ベルマーレ-鹿島アントラーズ

2018/04/08 | Jリーグ

昨日NHK-BSで行われていた唯一の試合は、あのRIZAPの連結子会社となることが発表された湘南ベルマーレと鹿島の試合。これ、NHKは明らかに狙っただろうと思って試合を見てみたら、その狙い通りに結果に...

続きを見る

「3バックのCBというビックリ起用に応えた酒井、ハリルホジッチにとっても大きな発見になったか?」

SC マルセイユは、GKのマンダンダ、レギュラーCBのラミとロランドの守備の要3人が揃って怪我したために、何とカマラ、ルイス・グスタヴォ、酒井の3バックに、ミトログルが1トップ、2列目がオカンポ...

続きを見る

「クロップが作り上げた真の”縦に速いサッカー”、グアルディオラの小細工戦術を軽々と粉砕」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第1レグ リバプール-マンチェスター・シティ

まさにグアルディオラ監督にとっては”天敵クロップ”! これでクロップがグアルディオラ率いるチームに対しての対戦成績は6勝1分5敗と五分を上回り、これはモウリーニョやベンゲルといった他の名監督より...

続きを見る

「時計のように正確なレアルのパスワーク、最後はエースがユベントスの心をへし折るスーパーゴール」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第1レグ ユベントス-レアル・マドリー

いよいよベスト8の戦いがスタートしたUEFAチャンピオンズリーグ。3連覇を狙うレアル・マドリーはセリエAで圧倒的な強さを見せているユベントスのホームへと乗り込んでの試合になったが、圧倒的な強さでユーベ...

続きを見る

「ベティスへの移籍問題とエースの復帰で、ピッチでも少し微妙な立場になった乾」リーガ・エスパニョーラ 第30節 エイバル-レアル・ソシエダ

ここ3試合は未勝利で、リーグ戦の順位も10位と失速しつつあるエイバル。前節はベティスへの移籍問題が影響して(?)ベンチスタートになっていた乾だが、ソシエダ戦は定位置である4-4-2フォーメーションの左...

続きを見る

「プレーオフ初戦の日本人対決は、どちらにとっても少しほろ苦い試合に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第1節 アンデルレヒト-ゲント

ベルギー1部リーグもレギュラーシーズンが終了し、これからは上位6チームの総当たり戦10試合によって、優勝と欧州カップ戦の出場権が争われる「プレーオフ1」がスタート。初戦の3位アンデルレヒトと4位ゲント...

続きを見る

日曜日はDAZNでツール・ド・フランドルのLIVE!

2018/04/02 | 自転車

サッカーについては、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ以外はほぼDAZNに放送が集約化されている状況ですが、自転車レースについては未だにDAZNとスカパーの分裂状態が続いております。 最大の...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑