「プレイが研究され始めた鎌田、これからが本人もチームも正念場」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ズルテ・ワレヘム-シント・トロイデン

スポンサードリンク

現在3連勝中のシント・トロイデンは、前節から同じメンバーで鎌田と冨安がスタメンに入ったが、フォーメーションは4バックから3バックに変更して、3-1-4-2の形でスタート。対するズルテ・ワレヘムは4-3-3の並び。

試合はアウェイのシント・トロイデンが受ける形で展開、しかし相手にボールを持たせる余裕ではなく、かなりPA付近で攻撃を仕掛けられて何度か危ないシーンを作られてしまう。

前半20分を過ぎるとシント・トロイデンがやや盛り返し、冨安もオーバーラップする機会が出始める。前半26分に右サイドから一発のロングパスにボリが抜け出しGKと1対1になるもシュートはバーの上。40分にはカウンターから鎌田がスルーパスを受けるも、DFと競り負けてシュートまで行けず。

後半は両チームともにやや間延びした展開になり、シント・トロイデンがバイタルでボールを持つ機会が何度かあったものの、ラストプレイの息が合わずに決定機を作れず。逆に後半19分に冨安のサイドにダイアゴナルな動きで入られ、クロスをハルバウィにフリーでシュートされるもGKステッペが何とか弾く。

守備の要であるテイシェイラが筋肉系の怪我で交代。その影響もあったのか、後半29分に中盤でのセカンドボールを拾われると、右サイドからのクロスにファーで詰めていたペーテルスがダイレクトで押し込みズルテ・ワレヘムが先制する。そのサイドには冨安もいたのだが、完全に数的優位を作られていた。

しかしシント・トロイデンも反撃、後半35分にアコラツェのスルーパスからアサモアのシュートはGKに防がれたが、直後にガルシアがパスカット、スルーパスに抜け出したボリがGKを交わして冷静に決めて同点に追いつく。

その後は互いにチャンスはあったが、冨安が至近距離からのヒールシュートに反応してクリアするなど得点には至らず、結局試合は1-1のドローで試合終了。シント・トロイデンにとっては下位相手に痛い足踏みだが、7位のゲントが負けたためプレーオフ1圏内に勝ち点5の余裕が出来た。が、次節は同じくシント・トロイデンと勝ち点5差のシャルルロワが相手。ホームだけに絶対に勝利が必要な大一番だ。

冨安は同サイドのWBボタカの守備意識が低いために、何度か数的不利の状況に陥ったが、素早いカバーリングで守備を決壊させなかった。アジアカップで完全に一枚むけた感がある。逆に鎌田は研究されたのか、ボールを持ってからの股抜きや切り返しといった、鎌田らしいトリッキーなプレイをことごとく読まれていて、今シーズン最悪の出来。彼自身もチームも、ここが正念場だろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「パス成功率94.5%を記録した長谷部、それでも試合は整えきれず」UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ シャフタール・ドネツク-フランクフルト

今週から、チャンピオンズリーグに続いてヨーロッパリーグも決勝トーナメントがスタート。グループリーグを首位で勝ち抜いたフランクフルトは、チャンピオンズリーグから回ってきたウクライナのシャフタール・ドネツ...

続きを見る

「唯一無二とは、結果であって目的ではないのだが」アスリートの魂・堂安律

昨日は飲み会があったので帰りが遅く、ヨーロッパリーグを見るのは諦めて録画してあった、「アスリートの魂 サッカー日本代表 堂安律」を見ていました。 例によって、内容を抜粋しての箇条書きで。 ...

続きを見る

「森保ジャパンとスールシャール・マンUとの類似性、PSGはもちろんあのチーム」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ マンチェスター・ユナイテッド-パリ・サンジェルマン

今週から始まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。その中でも注目カードであるマンU対PSGの試合を見てみた。 ホームのマンUはラッシュフォードの1トップに、ウイングがマルシャルとリンガード、...

続きを見る

「加入初戦で先発の乾はイキイキとプレイしたが、天気晴朗なれども波高し」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 アラベス-レバンテ

ベティスで出番を失っていた乾は、冬にアラベスへレンタル移籍。そして早速、加入後の初戦でスタメンに名を連ねた。アラベスのフォーメーションは4-3-3で、乾は右ウイングで先発。対するレバンテは3-1-4-...

続きを見る

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノーファーの原口は4-4-2の左SHとして先発、ニュルンベルクは同じ4-4-2のフォーメーションで、久保はすっかり出番を失ってベンチ...

続きを見る

「自慢の攻撃陣が行方不明でボコボコのフランクフルト、長谷部が必死に整え勝ち点1」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ライプツィヒ-フランクフルト

現在リーグ4位のライプツィヒと、勝ち点差は5と開いているが5位に付けているフランクフルトとの直接対決。フランクフルトはアウェイだが、チャンピオンズリーグを狙うためには負けると相当厳しくなるシックスポイ...

続きを見る

「木下康介、ヒールキックが相手と自分に当たるラッキーな決勝ゴールデビュー!」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-ワースランド・べフェレン

アジアカップから戻った冨安は当然のようにスタメンに復帰したが、シント・トロイデンはこれまでの3-1-4-2をやめて、冨安とテイシェイラが2CBで入り、アサモアがアンカー、インサイドハーフに鎌田とデサー...

続きを見る

「バロテッリはどこに行ってもやっぱりバロテッリ」フランス・リーグアン第24節 ディジョン-マルセイユ

マルセイユは酒井がアジアカップから復帰しての2戦目。1トップにバロテッリ、2列目がオカンポス、トヴァン、サール、ボランチにはいつの間にかストロートマンが加わっていてちょっとビックリ。酒井は右SBでこの...

続きを見る

「シント・トロイデンの経営を牛耳る黒幕は誰?」スカパー・FTLにシント・トロイデンの会長が出演

昨日は、スカパーのフットボールタイムライン#17に、日本人選手6人を獲得してベルギーリーグ1部で健闘している、シント・トロイデンの会長を勤めている村中悠介氏が登場していたらしいので、再放送を見てみる事...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑