「原口は、決して得点だけでチームに貢献しているわけではない」ドイツ・ブンデスリーガ第19節 ヘルタ・ベルリン-インゴルシュタット

スポンサードリンク

最近5試合で4敗、リーグの順位も3位から6位まで下落してしまったヘルタ・ベルリン。チームの調子とともにコンディションを崩していた原口もここ3試合はベンチスタートだったが、今節のインゴルシュタット戦では右SHとして先発復帰した。

そしていきなり、ここまで無得点2アシストだった原口が結果を出す。試合開始わずか1分に、相手のクリアミスを拾ったカルーが左サイドをドリブル、折り返したボールが右に居た原口にまで届き、インサイドで丁寧にコースを狙ったシュートが決まってヘルタが先制点をゲットする。

しかしヘルタはこの得点で攻撃のペースを緩めてしまって、その後はあまり丁寧なビルドアップをせずに早めに前線へとボールを放り込むリスクオフな攻撃に終始、原口とカルーもポジションを中に絞ってロングボールの跳ね返りを拾うスタンスでいたが、12月から得点がないイビシェヴィッチのプレイが精彩を欠いて基点になれず、前半はシュートがヘルタ3本、インゴルシュタット4本というしょっぱい内容のまま折り返す。

後半になってもヘルタのペースは一向に上がらず、20分までにシュートを1本も打てない展開。インゴルシュタットはサイドの押し上げが活発化し、ヘルタのDFラインはズルズルと下がってしまう。原口も攻撃に出たと思っていたらボールを取り返すために自陣の深い位置まで戻る上下運動を余儀なくされる。そしてPA内でマティプやレスカノに決定的なシュートを打たれるが、GKヤーステインがしっかりセーブして何とかピンチを凌ぐ。

インゴルシュタットは、後半21分にキッテルを投入してそれまでの5-2-3のフォーメーションから4-4-2へと4バックに変更する。が、これがインゴルシュタットにとっては裏目に出る。それまで5バックのDFが前に出てカバーしていたバイタルエリアにスペースが出来るようになり、原口とエスヴァインが後半35分からともに2本ずつシュートを放ったが追加点は決まらず、試合はそのままヘルタが1-0で辛勝した。

原口は前半の1分に決勝点という結果は出したが、残りの89分はひたすら「水を運ぶ人」だった。対面の選手がボールを持つとひたすら追いかけてタックルを仕掛け、ボールを持てばパスコースが無くても強引なドリブルで時間と陣地を地道に稼ぐ。終盤には疲れでシュートがヘロヘロになったのは苦笑いだったが、疲れていてもチャンスにはゴール前まで走って絡む姿勢は、やはり原口ならではと言えるだろう。

ここ最近は先発から外れていたが、この試合の原口を見ていれば得点だけで価値を測ってはいけない選手だというのは誰の目にも見て分かったのではないだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「アクセル>ガス欠、アクセル>ガス欠、最後は酒井が絡む自爆」フランス・リーグアン第23節 メス-マルセイユ

120分間の死闘でリヨンを下したマルセイユは、中2日でメスとの対戦。酒井は先発だったが、マルセイユはゴミス、ヴァンクールといった主力をターンオーバー、パイェはまだ控え、エヴラは怪我という苦しいスタメン...

続きを見る

「やっぱりMSNは卑怯以外の何物でもないよね」コパ・デル・レイ準決勝 第1レグ アトレティコ・マドリー-バルセロナ

もう1方のカードがセルタ・デ・ビーゴとアラベスの対戦だけに、事実上の決勝戦と見られるコパ・デル・レイの準決勝、アトレティコ・マドリー対バルセロナ。 アトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロ...

続きを見る

気がつけば、ブックメーカーマネーの波に飲まれつつあるJリーグ

2017/02/03 | Jリーグ

昨日は夜に飲み会があり、特別見ないといけない試合も無かったので、今回は最近注目したニュースをピックアップしてみます。 Jリーグ放映権を“黒船”に奪われた「スカパー!」の悲劇 ダ・ゾーンが超強気な理由...

続きを見る

「スターの補強でヨーロッパリーグへラストスパート?」フランス・リーグアン第22節 モンペリエ-マルセイユ

前節と前々節は、上位のモナコとリヨンと対戦してコテンパンにやられてしまったマルセイユ。しかし冬の補強でユベントスからベテランのパトリス・エヴラ、ウェストハムから渦中のパイエというワールドクラスを補強し...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまった...

「こうして日本はトップ下だらけになってしまうのであった」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-シャルケ

守護神ホルンや主将のレーマン、そして攻撃の核であるビッテンコートを怪我...

「スルーパスやダイレクトパスという言葉を知っているのは久保だけ」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第27節 スタンダール・リエージュ-ゲント

昨日はバイエルン対ヘルタの試合を見る予定だったんだけど、DAZNを開い...

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

→もっと見る

PAGE TOP ↑