「苦悩する堂安が参考にすべき、右サイド本田のお手本プレイ」イタリア・セリエA第37節 ミラン-ボローニャ

スポンサードリンク

今月末で解約予定だったケーブルテレビが、実はフジテレビOneも契約チャンネルに入っていた事に今さら気づき(笑)、昨日はリアルタイムでU-20ウルグアイ戦を観戦。

いつもなら後でもう1度試合を戦術面を中心に見直すんだけど、負け試合なのでパス。余った時間でジロ・デ・イタリアでも見ようかと思ったが、見ていて楽しそうな展開でも無かったので、本田が事実上ミランホームでの最後の試合でFKを決めたボローニャ戦を、フルで2試合はしんどいので後半から見てみた。

確かに、ミランのヨーロッパリーグ出場権獲得を決定づける事になった、後半28分の直接FKは見事だったんだけど、交代で入った右SHのポジションでパス成功率8割以上、チャンスクリエイトも2回と、流れのプレイも非常に効果的で、ミランの攻撃を活性化させる役割を果たしていた。

よく考えてみると、左利きで右SH、そしてスピードはそんなに無いという意味では、この試合の本田は、ちょうどU-20代表での堂安と役割がほぼ同じである。その意味では、U-20W杯でいまいち機能しきれない堂安がヒントにすべきポイントが本田のプレイにはたくさんあるなと思った。

まずポジショニング。堂安は最初から中に入ってバイタルでボールを受けたがり、相手のマークを引き連れて中央を交通渋滞にしがちだけど、本田はまずサイドに開いた状態でボールを受け、相手の守備を横に広げてから中に繋げてまたサイドで受けてスピードアップしている。

時折ドリブルもするが、前にコースがしっかり確保出来た時に限られ、変な無理をする事がない。利き足は完全に左ではあるが、体勢的に必要があれば右足でもクロスを出す。常に判断速くシンプルにプレイしていて、パスも強く正確、変にボールをこねて攻撃を遅らせる事がない。

本田がこれだけ長い時間出場したのは実に5ヶ月ぶりだが、ブランクを感じさせないほどチームにフィットしていて、まだミランのレギュラーでやれるんじゃないかと思ってしまうほどだった。もうミランの退団は決まっているようだが、まだ欧州の第一線でプレイ出来るクォリティは維持していると思う。個人的な希望としては、スペインリーグでインサイドハーフとしてプレイして欲しいね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「代償を払いながらも着実に成長の跡を見せた日本、しかし期待の堂安は乗り遅れる」U-20ワールドカップ グループD 日本-ウルグアイ

2017/05/24 | ユース代表

南米王者のウルグアイに対して、戦前の予想以上に日本は良く戦ったし、久保のシュートから堂安のヘディングという決定機を作り、終盤にはウルグアイを自陣に張り付かせるぐらいに押し込んだ。しかし結果は0-2の敗...

続きを見る

「おしどり夫婦のケルンと、仮面夫婦のマインツという大きな差」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ケルン-マインツ

33節終了時点では7位に位置し、ヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて絶対に勝ち点3が必要なケルンは、ホームでの最終節で既に残留を決定的にしているマインツと対戦。 ケルンのフォーメーションは、モデス...

続きを見る

「乾がカンプノウで2ゴールの伝説、しかしそれ以上に株を上げた選手がいた」スペイン・リーガエスパニョーラ第38節 バルセロナ-エイバル

各国の最終節が行われた先週末は、いろいろ見るべき試合が多くて迷ったんだけど、やはり岡崎も大絶賛するこの試合は外せないなと思ってまず観戦。 乾たかしがカンプノウで2発。このニュースを知って興奮しな...

続きを見る

「なんちゃってゾーン・ディフェンスにインテンシティの低さ」U-20ワールドカップ グループD 日本-南アフリカ

2017/05/22 | ユース代表

昨日は珍しくリアルタイムで試合を見る時間が取れたので、昨日のうちにまず試合の印象をアップして、その後の夜にじっくり日本の戦術面を見直してみた。 日本のフォーメーションは4-4-2の3ラインゾーン...

続きを見る

U-20W杯、初戦の南アフリカ戦は久保君のアシストで日本が逆転勝ち!

2017/05/21 | ユース代表

と、スポーツニュース的な煽り見出しで書いてみたけど(笑)、また後で試合をじっくり見直すとして、リアルタイムで見た印象をまずアップ。 正直言って、グループリーグでは最も力が劣る相手に対して、ほとんど1...

続きを見る

「トゥヘル時代を象徴するバカ試合で、チャンピオンズリーグのストレートイン確定」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ボルシア・ドルトムント-ブレーメン

最終節のホーム戦で、8位のブレーメンに勝てばチャンピオンズリーグのストレートインが確定するという、ドルトムントにとってはイージーなミッションのはずだったが、相手に3点を奪われて逆転され、2つのPKで何...

続きを見る

「今期24ゴール目を上げた久保に、また新たな壁が立ちはだかる」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ優勝プレーオフ ゲント-ズルテ・ワレヘム

ここ3試合勝ち星に恵まれず、残念ながら優勝の目は無くなってしまったゲントは、残り2試合となったズルテ・ワレヘムとの試合ではそれまでの得点力不足を覆す5-2の大勝を飾り、最低限の目標だったヨーロッパリー...

続きを見る

「カンテ抜きでチームを立て直した戦術的なポイント」イングランド・プレミアリーグ第37節 マンチェスター・シティ-レスター・シティ

ちょうど今朝に34節順延分の試合があって、レスターはスパーズに1-6と大敗してしまったわけだが、ひとまずその試合の事は忘れて(笑)、その前に行われたマンチェスター・シティとの試合について。 前半...

続きを見る

「札幌の完成度が高い大陸サッカーに、居場所が無くなりつつある小野の悲哀」J1第11節 コンサドーレ札幌-ガンバ大阪

2017/05/18 | Jリーグ

今期序盤戦のJ1で、トピックを1つ挙げるとすれば「昇格組の大健闘」という事になるだろう。 J2の4位からプレーオフで上がって来たセレッソは首位争いに加わっているし、清水も札幌も降格圏の上をしっか...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑