「あと少しで、モウリーニョの手のひらから水がこぼれそうだったのに」イングランド・リーグカップ 決勝 マンチェスター・ユナイテッド-サウサンプトン

スポンサードリンク

吉田が先発としてマンUとの決勝の舞台に立った、イングランド・リーグカップ。しかし残念ながらサウサンプトンは2点差を追いつく健闘を見せながらも最後に力尽きて敗れ、1976年以来40年ぶりとなるタイトル獲得とはならなかった。

とは言え、改めて試合全体を眺めてみると、サウサンプトンはカップ戦の巧者であるモウリーニョ監督のゲームプランに上手くしてやられた感は強い。

マンUのフォーメーションは4-2-3-1だが、イブラヒモビッチは相変わらず自由にポジションを取って楔を受け、2列目のマルシャル、リンガード、マタはラインを作って待ち構えるだけ、エレーラとポグバのボランチも流動的に動いていたので、あまりサウサンプトンの選手に対するマークが厳しくなく、吉田とスティーブンスのCBは落ち着いてボールが持てたし、少しビルドアップでボールを動かせばボランチも前を向くことが出来た。

逆に休養十分なサウサンプトンの出足は鋭く、前半11にレッドモンドのサイドアタックから逆サイドのセドリックがクロスを入れると、ガッビアディーニが上手く抜け出してヒールでゴールを揺らすがオフサイドの判定。しかしリプレイで見るとファーにいたバートランドはオフサイドだが、ガッビアディーニは完全にセーフだった。逆に前半19分、イブラヒモビッチが直接FKを蹴ると、コースは甘かったがサウサンプトンGKフォースターの反応が遅れて届かず、マンUが先制点をゲットする。この10分間が、何ともサウサンプトンにとっては不運でもったいなかった。

その後はマンUがさらに引いてしまい、サウサンプトンがボールを支配する展開が続くが、ウォード・プラウズが惜しいミドルを放ったり、バイタルでフリーな状態で抜け出したタディッチのシュートはGKデ・ヘアの正面に飛ぶなど決定的なチャンスはあったが活かせない。そして案の定、38分に右サイドからこれもバイタルでフリーなリンガードにボールが渡り、吉田の股を抜くシュートを決めて決定力の差を見せつける。この場面でもフォースターは前に出過ぎて反応が届かず、彼の不安定なプレイもサウサンプトンにとっては痛かった。

このままサウサンプトンはただの善戦マンで終わってしまうのかと思われたが、前半のロスタイムにカッビアディーニが右からのクロスに合わせて今度こそ得点を決めると、後半開始早々にもCKからのこぼれ球を、ガッビアディーニがDFを背負いながら反転シュート、GKデ・ヘアが一歩も動けない技アリのゴールを決めてサウサンプトンがとうとう同点に追いついてしまう。

そこからはサポーターの大声援を後押しにサウサンプトンが攻勢を仕掛けるが、後半からアクセルを強めたマンUは前半と比較にならない厳しいプレスをかけ始めてサウサンプトンに自由なプレイを許さず、ともにチャンスを作る一進一退の展開となる。が、結果的にここからの交代選手の差が試合の明暗を分けてしまった。

サウサンプトンはタディッチに代えてブファルを入れたが、途中出場とは思えない動きの悪さと判断の遅さでミスを連発、後半38分には幻のハットトリックを決めたガッビアディーニを下げるという苦しい選択を強いられたのに対し、マンUはアンカーにキャリックを入れて中盤を安定させ、元気いっぱいなラッシュフォードのドリブル攻撃でサウサンプトンを疲弊させる。

そして後半42分、サウサンプトンはセットプレイで前に出たところからカウンターを受け、守備陣がポジションを修正しきれないうちに連続してクロスを浴びせられ、吉田の相棒であるスティーブンスが前に出てしまったスペースをイブラヒモビッチに使われ、クロスを頭でズドン。もうサウサンプトンにはそこから反撃できる力は残されていなかった。

吉田については、前半は比較的無難なプレイが多かったが、後半は積極的なボールカットからドリブルで持ち上がったり、イブラヒモビッチとのデュエルにも打ち勝ち、ピンチも鋭いカバーリングでカバーするなど獅子奮迅の活躍。欲を言えば、もっと局面でラインをしっかり上げていれば失点の確率は下げられたと思うが、リーグカップベスト11にも恥じない働きだった。ガッビアディーニが入って攻撃陣はテコ入れ出来たので、ファン・ダイクの復帰まで守備は吉田が頑張って欲しいね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「”戦術ドルトムント”で結果は出ているだけに、浅野には悩みどころ」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第22節 シュツットガルト-カイザースラウテルン

先週の土曜日からJリーグが開幕し、早くも昨年の12月に予想した通りにあちこちで阿鼻叫喚な事態になっているDAZN。 結局スカパーでの放映は無しになったのか。来期は、DAZNのサーバー不調でサポータ...

続きを見る

「小林監督ニュースタイルの清水、ホームでの初陣を飾れず」J1第1節 清水エスパルス-ヴィッセル神戸

2017/02/26 | Jリーグ, 未分類

昨晩は適当な時間にDAZNで見たい試合が無かったので、昼間に録画しておいた、NHKBSでやっていた清水対神戸の試合を夜に観戦した。 ちょうど鹿島とFC東京の試合と同じような4-4-2同士の対戦。欧州...

続きを見る

「新戦力が活躍したFC東京が、お疲れの王者鹿島を破る波乱の開幕」J1第1節 鹿島アントラーズ-FC東京

2017/02/25 | Jリーグ, 未分類

既にゼロックス・スーパーカップ、アジア・チャンピオンズリーグと2試合の公式戦をこなしている昨年のJ1王者鹿島と、大型補強を敢行して早速大久保、永井、林、そしてオランダから復帰の太田を先発起用してきたF...

続きを見る

「ちょっと躓きかけた、レアル・マドリーへのリベンジ第一歩」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-蔚山現代

試合の生放送は録画を忘れてしまったんだけど、幸いにしてCSチャンネルは再放送をしてくれたので、昨日は遅ればせながら鹿島対蔚山の試合を見てみた。 鹿島のフォーメーションは4-4-2で、蔚山も全く同じ4...

続きを見る

「今野と井手口のインサイドハーフ勝負は、先輩が貫禄を見せつけた」アジア・チャンピオンズリーグ グループH アデレード・ユナイテッド-ガンバ大阪

ここまでグループリーグの初戦で浦和と鹿島が連勝し、ここ近年には無かった好調なスタートを切った日本勢。3番手に登場したガンバは、ガンバが優勝した2008年のACLで決勝と戦った、アデレード・ユナイテッド...

続きを見る

「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまったので、仕方なくヘルタとバイエルンの試合を録画観戦。最近はDAZNでの観戦に偏ってしまっていて、ついついテレビの録画を忘れてしまうん...

続きを見る

「こうして日本はトップ下だらけになってしまうのであった」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-シャルケ

守護神ホルンや主将のレーマン、そして攻撃の核であるビッテンコートを怪我で欠き、大迫がボランチをやらないといけないほど厳しいやりくりを強いられているケルンと、バイエルンに引き分けてから3連勝、ミッドウィ...

続きを見る

「スルーパスやダイレクトパスという言葉を知っているのは久保だけ」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第27節 スタンダール・リエージュ-ゲント

昨日はバイエルン対ヘルタの試合を見る予定だったんだけど、DAZNを開いて突然気が変わり、どうせなら生で見られる試合にしようと思って、ベルギーリーグのスタンダール・リエージュ対ゲントの試合を見てみた。 ...

続きを見る

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、仕方なく金曜に行われていたハイデンハイム対シュツットガルトの試合を観戦。DAZNの放送にもスーパーカップは入って無くて、契約外だっ...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「総力戦を勝ち抜くためには、やはり清武のセットプレイが必要では」ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦展望

昨日は恒例のイベントで朝から晩まで出かけており、夜は当然疲労困憊で試合...

「バルサでは黒子、セレソンでは”メッシ”になってしまうネイマール」ロシアW杯南米予選 ウルグアイ-ブラジル

現在、ロシアW杯南米予選1位のブラジルが、2位のウルグアイホームで戦う...

「戦術的には、香川のところから危うく破綻しかけていた」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦回顧

さすがに試合を見終わった午前2時半から戦評は書けないし、朝も睡眠不足で...

「ここでグループを抜け出す国が出て来るのか」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

目覚めは良いけど、単純に睡眠時間が足りなくてクソ眠い週末になってしまい...

「長谷部不在の危険を全員でカバーした貴重な勝利」アジア最終予選 グループB UAE-日本

リアルタイムで見ていると気持ちが入りすぎて、戦術的な面を全く語れないの...

→もっと見る

PAGE TOP ↑