「いきなりレアルと対決した柴崎、ポジションを変えながらのフル出場は信頼感の証なのか?」スペイン・リーガエスパニョーラ第1節 レアル・マドリー-ヘタフェ

スポンサードリンク

中島翔哉と同様、移籍の噂がありながらも開幕をヘタフェで迎えた柴崎。開幕戦はレアル・マドリーとのアウェイ戦で、柴崎は4-1-4-1の左インサイドハーフとして先発に名を連ねた。

絶対的なエースだったクリスティアーノ・ロナウドを失い、新たに前スペイン代表監督のロペテギが采配を振るうレアル・マドリーは、3トップがアセンシオ、ベンゼマ、ベイル、中盤がイスコ、クロース、セバージョスを並べた4-3-3。

昨シーズンにジダンが率いていたレアルは、あまり守備をせず前残りになるクリロナをフォローするためにマルセロがWBのように上がり、その後ろをクロースがSBのようにカバー、中盤に空いた大きなスペースをカバーするためにカゼミーロの守備力を必須としていたのだが、ロペテギのレアルはクロースをアンカーに据える代わりに、各選手が比較的ポジションと守備のタスクを守らせてバランスを取っている様子。

柴崎はインサイドハーフながら守備時にはクロースへプレスをかける役割で、何とかレアルのビルドアップを阻害しようとしていたのだが、やはりボールを回され始めると後手に回る事が多くなり、29分に右サイドからのクロスをベイルがヘディング、そのこぼれ球をカルバハルが頭でコースに流し込んでレアルが先制点をゲットする。

その後は柴崎がインサイドハーフからトップ下になった4-4-1-1に変更、よりクロースをマークする役割を与えられるようになるが、逆に攻撃の時に柴崎までボールが来る回数が減ってしまう。その後はレアルに2度ゴールネットを揺らされるがオフサイドとファールで難を逃れて前半を終了する。

後半が始まっても試合のペースは変わらず、早速後半5分にスローインを受けたヘタフェのCBジェネがアセンシオのプレスを受けてボールを奪われ、最後はベイルがきっちり押し込みレアルが2点目。2-0は危険なスコアと言われるが、サンティアゴ・ベルナベウではさすがにノーチャンス。これで事実上、試合は決まってしまった。

その後、レアルはモドリッチを投入して余裕のポゼッション、柴崎は右SHへ移動してフル出場したが、一度良い縦パスを出したのと右サイドからFKを蹴った場面、ロスタイムに相手に当たったシュートを打ったぐらいでほどんと見せ場無く試合終了。

リーグ戦では、昨シーズンはバルサの後塵を拝したレアルだが、ロペテギ監督になって世代交代を進めつつ各選手がより攻守でタスクを遂行するサッカーを作り上げ、ベイルの稼働率が心配ではあるが万全の準備が出来ているように思う。

ヘタフェはレアルが相手とは言え、前半にインサイドハーフをやっていた時間を除けば、攻撃ではほとんど何もさせてもらえなかった。ただ柴崎の絶対的なボールタッチ数は少なかったとは言え、前を向けばパスは通らなかったにせよ的確な判断は見せていたので、バルサやアトレティコ以外が相手ならボランチで使って欲しいのだが・・・いろいろポジションを変えながらもフル出場したのは信頼度がアップした証だとは思うが、それだけに明確な結果が欲しいところだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「いくら足元が上手くても、このままの意識では絶対にイニエスタには近づけない」アジア大会 サッカー男子 グループD 日本-ベトナム

2018/08/21 | 五輪代表

この試合は深夜のNHK-BSのみで録画放送だったので、結果と内容についてはマスコミでかなりキツイ事が書かれていたが、やはり自分で試合を見てみないと分からないところは多いので、あえて観戦してみる事にした...

続きを見る

「今現在、”世界に最も近い”チームがJ1頂上決戦を制す」J1第23節 サンフレッチェ広島-川崎フロンターレ

2018/08/20 | Jリーグ

現在勝ち点9差で首位を独走しているサンフレッチェ広島と、2位川崎フロンターレとの直接対決。川崎は前節と同じメンバーの4-2-3-1で、広島は4-4-2で2トップの一角に渡が入るなど、メンバー3人を入れ...

続きを見る

ベティスの乾、ニューカッスルの武藤は途中出場、まずまずのプレイも勝利にはつながらず

スペイン・リーガエスパニョーラ第1節 ベティス-レバンテ 昨日はDAZNでリーガ・エスパニョーラの開幕戦、ベティス対レバンテの試合をフルで見ようかと思ったのだけど、例のクルクル地獄でとても90分の視...

続きを見る

「これでは中島の移籍金が下がり、クラブにとっては逆効果になるかも」ポルトガル・リーグ第1節 ポルティモネンセ-ボア・ビスタ

2018/08/18 | 未分類

ポルトなどへの移籍が噂されている中島翔哉だが、決定的な動きが無いまま先週からポルトガルリーグの新シーズンがスタート。ポルティモネンセはオリベイラ監督が昨シーズンで退任、今期はアントニオ・フォーリャ新監...

続きを見る

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

2018/08/17 | 五輪代表

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から7人のメンバー入れ替え、GKが小島、3バックが岡崎、板倉、大南、中盤が遠藤、松本、神谷、長沼、1トップが前田、2シャドーが岩崎と旗...

続きを見る

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

2018/08/16 | Jリーグ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.twitter.com/1IJ1dbQbFU— daiyusaku (@daiyusaku) 2018年8月15日 ...

続きを見る

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

2018/08/15 | 五輪代表

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の1次リーグはネパール、パキスタン、ベトナムが相手で、行徳浩二監督率いる初戦のネパールはU-23の選手にOAを加えたメンバーで臨んで...

続きを見る

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスター・シティのビッグカードがあったのでそれを観戦。 どちらもフォーメーション的には4-2-3-1で、シティの右SHにはレスター...

続きを見る

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたのでそれを観戦。しかし今期はブンデスリーガなどスカパーが放映権獲得で巻き返していて、画質が良くて止まらないビデオ録画で見られるのはあり...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑