「ドルトムントとセビージャ、そして浦和とセレッソにはどちらも差があった」国際親善試合 セレッソ大阪-セビージャ

スポンサードリンク

14000人という観客数で空席が目立つ長居スタジアム、元セビージャの清武は故障で欠場と、ちと寂しい状況で行われたセビージャとの親善試合。しかし試合内容はヌルい雰囲気を吹き飛ばすような、セビージャのハイクォリティなサッカーに目を奪われた。

セビージャのフォーメーションは4-1-2-3だが、攻撃時はアンカーのエンゾンジが下がって3バックのようになり、SBが高い位置に上がった3-2-4-1で4-4-2のセレッソに対して完全にサイドで数的優位を保ち、セレッソのSBが対応してサイドに出て来ると、それで空いたスペースにボランチが入って面白いようにセレッソの守備を崩し続けた。

もちろん個人能力も段違いで、セビージャの選手は正確なボールタッチと早いパススピード、1対1での個人技で素早く簡単に攻め切ってしまう。セレッソのゾーン・ディフェンスはディアゴナーレ、つまりスペースのカバーが完全に後手を踏んでセビージャの攻撃スピードに間に合っていなかった。先制点はキム・ジンヒョンのファンブルから生まれてしまったが、それ以前に彼が4点ぐらいはファインセーブで防いでいたので責められない。

守備面でもセビージャのゲーゲンプレスは完成度が高く、ボールを奪われてもファーストディフェンスが極めて早い。このファーストディフェンスを突破すれば、セレッソにとっては美味しいカウンタースペースが生まれるはずなのだが、セレッソの選手は1人でマークを剥がす能力を持っていないので、ここを打開すればというタイミングでバックパスへ逃げてしまう事が多く、ボールが後ろに戻った間にすぐさまセビージャは守備陣形を整えてしまう。

前半は、柿谷のクロスから水沼のヘッドぐらいがチャンスらしいチャンスで、ボールポゼッションが28%とほぼ何もさせてもらえなかったセレッソだったが、後半から山村をボランチに下げ、柿谷と杉本を2トップにした5-3-2にフォーメーションを変更、サイドのスペースを消した事でようやく守備が少し安定、後半10分に誤審気味の判定でPKを与えて2点目を決められてしまったが、何とか試合を膠着状態に持ち込む事ができた。

後半も終わりごろになると、セビージャもさすがに疲れが見え始め、セレッソもようやく相手のスピードに慣れてワンタッチでボールを繋げるようになり、徐々にカウンターから攻撃の形を作り始める。そして後半35分に、GKからのキックをリカルド・サントスが競り勝ち、そこからパスを受けてライン裏へ抜け出すと、シュートはポストに当たったが跳ね返りを福満が押し込みセレッソが1点を返す。が、ロスタイムにカウンターから山下とキム・ジンヒョンが見合ったところを押し込まれセビージャに追加点、そして試合終了。

ドルトムントと対戦した浦和に比べても、一方的にやられた感が強い試合だったが、それはドルトムントに比べてセビージャのほうがチームの完成度が高いという面と、5トップに対する4バックでの対処に慣れていなかったところ、そしてACLなどの国際経験が乏しく、世界レベルに対応するまでに時間がかかったという点で浦和とは差があったように思う。そういう意味では、山口蛍と柿谷にはもうちょっと頑張ってほしかったのだが・・・

上西小百合議員が、ドルトムントとの試合で「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな。」とツイートして大炎上したニュースがあったが、その発言に対してはアホらしくて触れる気にもならないが、もっとJリーグはこういう試合をして常に世界との差を視野に入れ続けるべきなのは確かである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「チーム力に恵まれない、ファビオ・アルの二日天下」ツール・ド・フランス2017 第14、15ステージ

2017/07/17 | 自転車

自転車ロードレースに馴染みのない人には、この競技がある意味サッカー以上にチーム力が物を言う事がなかなか理解されにくいのだけど、まさにその重みがはっきり現れた2日間になってしまいました。 第14ス...

続きを見る

「世界と戦うという事は、常に新しい気づきを生むチャンスでもある」Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和レッズ-ボルシア・ドルトムント

最近は空席が目立つ埼玉スタジアムが満席という事で、さぞかしスタジアムは赤一色になっていると思ったのだが、こんなに赤色以外のスタンドを見たのは初めてというぐらい、黄色のドルトムントユニフォームが目立って...

続きを見る

「ジロ・デ・イタリア組とランダによるファビオ・アル包囲網」ツール・ド・フランス2017 第13ステージ

2017/07/15 | 自転車

王者フルームから、ファビオ・アルがマイヨジョーヌを奪い取った第12ステージの翌日は、ツール・ド・フランスにしては極めて珍しい101kmという短距離のステージ。しかしその中にはピレネー山脈の1級山岳が3...

続きを見る

本田圭佑の移籍先は、まさかのメキシコ・パチューカ! そして香川もドルトムントと契約延長!

ミランを対談した本田圭佑選手の移籍先については、トルコのガラタサライからオファーがあったとか、スペインリーグからコンタクトがあったとか、彼自身がアメリカでのビジネスに興味があるのでMLSじゃないかとか...

続きを見る

「ゴール前16%の激坂が、鉄壁だったチームスカイの高い壁を叩き壊す」ツール・ド・フランス2017 第10~12ステージ

2017/07/14 | 自転車

今年のツール・ド・フランスを一言で表すと、「平穏」という言葉が一番しっくり来る状態ではないかと思います。ただし昨日までは。 ここ最近は嫌がらせのように組み込まれた石畳や、強風で集団が分断されるブ...

続きを見る

「もはや筑波大のほうが格上、これは決してジャイアントキリングではない」天皇杯3回戦 筑波大-アビスパ福岡

2017/07/13 | 天皇杯

昨日は飲み会があって、酒が入った状態でのダラダラ観戦だったのでレポートは簡単に。 アビスパ福岡はウェリントンや駒野、山瀬らは不在ながら、冨安や亀川、城後といった主力が入った一応は1.5軍だったの...

続きを見る

「チアゴ・アルカンタラ、ミュラーとの競争に今度こそ勝てるか?」レアル・マドリーのハメス・ロドリゲスがバイエルンに移籍

最近は家の事情で、クーラーのある部屋で寝ることが出来なくなったため、自分用に窓用のエアコンを購入して昨晩は取り付け作業をしていました。蒸し暑い中、汗だくになってしまいましたが何とか昨日の熱帯夜に間に合...

続きを見る

「浦和にとって反転攻勢ののろしなのか、はたまた単なる延命なのか」J1第18節 浦和レッズ-アルビレックス新潟

2017/07/11 | Jリーグ

昨日はツール・ド・フランスの休養日。で、Jリーグからどの試合を見ようかと考えたんだけど、やっぱりミシャ監督が会見で進退をかけてしまった新潟戦だよね、てなわけで試合を見始めたんだけど、心配になったのは浦...

続きを見る

「コースアウトで宙を舞い、激しく叩きつけられたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2017 第9ステージ

2017/07/10 | 自転車

日曜の第9ステージは、超級山岳を3つも超える重要な「クイーンステージ」。山頂ゴールではありませんが、弱っている選手は確実に優勝争いから脱落するコースだと言えます。 それに加えて、このステージで選...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑