「ガルシア監督に対する酒井のリベンジパフォーマンス」UEFAヨーロッパリーグ グループI マルセイユ-コンヤスポル

スポンサードリンク

昨晩はいつものように各国のリーグ戦が行われていたけど、これは絶対に見たいという試合が無かったので、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ、マルセイユ対コンヤスポルの録画を見てみた。

マルセイユのホーム、ベロドロームのスタンドはかなり空きがあったがスタメンはほぼベストメンバーの4-3-3。対するアウェイのコンヤスポルは4-5-1のフォーメーション。

コンヤスポルの守備は、4バックは横並びのラインを形成するが、中盤の5人はほぼマンマークで、そのハイペースな追い回しにマルセイユの中盤はなかなか自由にさせてもらえず、シュートは4本打ったがいずれも単発なミドルのみと攻めあぐね、逆に一発のロングボールで裏を取られてしまったりとイライラが募る展開。

前半30分頃からようやく相手のプレスが落ちてマルセイユがボールを持てるようになるが、パイェやトヴァンのラストパスがいまいちタイミングが合わず、決定的なシュートの場面は作れないまま前半を終了する。

しかし後半開始早々に、酒井がタイミングの良いオーバーラップから右サイドを深くえぐる突破を見せ、その流れで得たパイェのCKをファーに流れたラミが頭できっちり合わせてマルセイユが大きな先制点をゲットする。

これで勢いに乗ったマルセイユは、前に出てきたコンヤスポルに対し、カウンターから流れる攻撃で何度も決定機を作るのだが、ジェルマンのフリーなシュートがクロスバーに当たるなど、この日のマルセイユはとことんゴールが決まらない、19分には攻撃参加した酒井がワンツーから抜け出し、コンヤスポルGKキリンティリと1対1になるシュートを放つが、ボールはGKの足に当たってこれも決まらない。

結局マルセイユは後半だけでシュート12本、PA内から8本のシュートを放ったが奪った得点は1つのみ。グループリーグ初戦で勝ち点3という結果はゲットしたが、内容的にはいまいち煮え切らない試合になってしまった。

その中でも酒井はキレの有る動きを見せてMOM級の働き。前節は前半のうちに不可解な交代をさせられてしまったガルシア監督も、今回はフル出場で使わざるを得ないぐらいに攻守において納得の出来だった。あとはクロスの質さえ良ければワールドクラスなんだけどね~(笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「レガネスが仕掛けた、スペインらしからぬ塩サッカーを打ち破った乾のクロス」リーガ・エスパニョーラ第4節 エイバル-レガネス

まだリーガで1得点しか挙げられず3試合で勝ち点1のエイバルと対戦したのは、昨シーズンはギリギリ残留ながら今期は既に2勝と好調なレガネス。 そのレガネスが取ったフォーメーションは、未だ4バックが主...

続きを見る

「大迫と原口、どちらも少しほろ苦い欧州戦デビュー」UEFAヨーロッパリーグ アーセナル-ケルン/ヘルタ・ベルリン-アスレティック・ビルバオ

昨晩に行われたヨーロッパリーグでは3人の日本人選手が出場し、酒井宏樹が先発したマルセイユは勝利を飾ったんだけど、せっかくなので2人とも途中衆生とは言え、欧州戦デビューと飾ったケルンの大迫と、ヘルタの原...

続きを見る

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命となる可能性が高い両チームの対戦は、ホームのスパーズがまず3-1で快勝、ドルトムントにとっては得失点差も含めて厳しい立ち上がりになっ...

続きを見る

「窮余の策である”偽9番”が、ネイマールロスに悩むバルサの最適解となるのだろうか」UEFAチャンピオンズリーグ グループD バルセロナ-ユベントス

ネイマールがPSGに電撃移籍した後、スペイン・スーパーカップではレアル・マドリーに惨敗、今期はどん底のシーズンになるかと思われたバルセロナだが、蓋を開けてみれば開幕から3連勝を飾ったのに対し、レアルは...

続きを見る

「宇佐美と内田が共演した幸せな15分間」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第5節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-ウニオン・ベルリン

昨日は飲み会があって酔っ払って帰ったので、宇佐美と内田が途中出場したデュッセルドルフとウニオン・ベルリンの試合を、彼らが出場した時間から見てみた。 内田は後半30分に右SHの位置で投入された直後...

続きを見る

「相手の股を抜いて2ゴール、まさに”股抜き王子”としてベルギーに旋風を巻き起こす森岡」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ 第6節  ワースラント・ベヴェレン-KASオイペン

今節は最終予選の試合明けという事で、コンディションが整っていない代表海外組は軒並みサブなどの扱いになっていたので、消去法で森岡が2ゴール1アシストと相変わらず絶好調なべヴェレンとオイペンの試合を観戦。...

続きを見る

「チームが低調な中で孤軍奮闘、何より結果が出たのが大事」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 マインツ-レバークーゼン

ワールドカップ予選ウィークが明けて、欧州各国リーグが再開。結局最終予選では出番が無かった武藤は、マインツに戻って早速レバークーゼン戦で先発した。 ここまで開幕2連敗のマインツと、1分1敗で勝ちが...

続きを見る

「東アジアカップを目指す日本代表東西対決は、一方的に結果に終わってしまった」J1第25節 FC東京-セレッソ大阪

2017/09/10 | Jリーグ

セレッソには杉本と山口、東京には高萩とアジア最終予選のメンバーに選ばれた選手がいて、彼らがJリーグに戻ってどういう変化を見せ、国内組主体になるであろう東アジアカップに名乗りを上げるのかという点に注目し...

続きを見る

「マルセロを思わせるような鳥栖のサイドバックが」日本クラブユース選手権 サガン鳥栖U-15-柏レイソルU-15

昨日は8/24に行われていた、U-15世代の日本クラブユース選手権の決勝を録画観戦。 柏レイソルは4-2-3-1で、サガン鳥栖は4-4-2のフォーメーションというゾーン・ディフェンス同士のマッチ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑