「危うく宇佐美と心中しかけた西野ジャパン、勝ち抜けという結果以外に得た収穫は?」ロシア・ワールドカップ グループH 日本-ポーランド

スポンサードリンク

昨日の忖度サッカーに対しては、スタメンの出来が酷いとか世界に恥を晒したとか西野監督の豪胆采配だとか、世間ではやたらと毀誉褒貶が激しい事になってるけど、前にも書いたように西野さんは監督を引き受けた時点で、どんな結果になっても自分が責任を取ればいいと腹をくくっていたはずなので、そういう人は強いよね。

それはこれまでの2戦で不当にバッシングを受けていた川島もそうで、彼らは今回のW杯でやらかしたとしても失うものはそれほど大きくないわけで、これが若い監督、選手ならもしここで失敗したら自分の未来が閉ざされてしまうと迷いが出たかもしれない。背水の陣ということわざがあるけど、それが如実に表れた日本のグループリーグだったと思う。

とは言え、ポーランド戦の内容について不問とする訳にはいかない。セネガル戦のドローで西野監督の手腕がやたらと持ち上げられていたけど、ガーナ戦とスイス戦、それに対するパラグアイ戦の内容的な落差から、このチームは監督から明確な戦術を与えられているわけではなく、選手が主導して戦術を作り上げているのだなと思っていた。

案の定、ポーランド戦で6人のメンバーを変更、ポジショナルプレーの原則をクラブで実行している乾、原口、香川、長谷部が欠けた事でほぼ戦術レスな試合になってしまった。今朝起きてから少しNHKの公式サイトで戦術カメラのビデオを見ていたんだけど、特にチームにとって大きな問題を引き起こしていたのは宇佐美のプレーだった。

宇佐美はDFラインがボールを持っている時は左サイドのタッチライン沿いに立っているんだけど、日本が中盤でボールを持つと岡崎がいる中へフラフラと入り込んでしまう。それで空いたスペースに長友が上がり、バランスを取るために山口が左下に寄らざるを得ない。柴崎はポーランドのマークを受けているのでDFラインまで下がる、当然ながらバイタルはがら空き。途中から柴崎が必死で長谷部役をやっていたけど、ポジションのバランスは無茶苦茶だった。

そしてポーランドにボールを奪われると、宇佐美、酒井高徳、山口の3人はすぐにボールホルダーへと食いついてしまい、しかも安易に飛び込んであっさりと抜かれてしまう。周りの選手がスライドしてカバーするも、オリジナルポジションを空ける事になるのでゾーンが崩壊、ことごとくセカンドボールをポーランドに拾われるという悪循環を起こしていた。武藤はセルフィッシュなプレイに終始、酒井高徳はクラブでのバタバタプレイそのまんま。カウンターから完全にやられた場面もあったので、0-1で終えられたのはラッキーなぐらいに弱いチームだった。

まあこれで、今大会の後も西野監督が続投という意見が沈静化したのは良かったんじゃないかな。でもベスト8になってしまうとまた再燃するだろうけど(苦笑)。

でも個人的には、ハリルホジッチが解任されて西野監督が就任した事で、W杯は3戦ともこんな試合で終わるかもと思っていたので、コロンビア戦開始わずか3分で相手が退場してくれたのを筆頭に、ベスト16に残れたのは本当にラッキーだった。そう考えると、恥がどうとかいうのは本当に贅沢な話だ(笑)。

今回の試合も、こんな内容でベスト16に上がれてしまった事で、ベルギー戦では見返したいと選手は思っているだろうし、日韓大会や南アフリカ大会のように決勝トーナメントに行った事に満足して終わりにはならないはず。ドイツを見れば分かる通り、こういう一発勝負ではフィジカル的な疲労よりもメンタルのコンディションがモノを言うもので、ポーランド戦に結果以外の収穫があったとすればそこなんじゃないかという気がするね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

リアル忖度ジャパン、決勝トーナメント進出!

いや試合内容は全く何もいいところは無く、試合自体はまたもセットプレイから失点して0-1で負けてしまったけど、裏の試合でコロンビアが1-0でセネガルに勝ち、日本はセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、当該...

続きを見る

「アルゼンチンが韓国と対戦していたら、ドイツのような結果になっていたかも」ロシア・ワールドカップ グループD ナイジェリア-アルゼンチン

2018/06/28 | ワールドカップ

クロアチア戦でまさかの大敗を喫し、チームが空中分解寸前に陥ったアルゼンチンだったが、その後の試合でナイジェリアがアイスランドに勝利した事で自力でのグループリーグ突破の可能性が復活、噂によるとサンパオリ...

続きを見る

「岡崎と武藤のショットガンフォーメーションが炸裂?」ドイツW杯 ポーランド戦展望

さて今度こそポーランド戦について軽く展望・・・と言いたいところですが、正直言って全く読めません。 試合が難しいのは確かです。今大会でも、サウジ、ペルー、コスタリカ、韓国と第2戦までに(ほぼ)グル...

続きを見る

「”自分たちのサッカー”だけではドイツだって自滅する」ロシア・ワールドカップ グループF 韓国-ドイツ

2018/06/28 | ワールドカップ

いや、確かに韓国がドイツに2-0で勝てばグループリーグ突破の可能性はあったんだけど、まさか本当にその通りのスコアになるとはいったい誰が想像しただろうか。結果的に、メキシコがスウェーデンに負けたために韓...

続きを見る

裸の王様・ケイスケホンダ、8年目にして初めて気づく「自分たちのサッカー」の真意

2018/06/27 | 日本代表

さて明日はグループリーグ最終戦、運命のポーランド戦ですね。で、その展望の前に触れて置かなければならないのがこのニュース。 本田圭佑が明かす、ついにW杯で結果を残した「自分たちのサッカー」 | G...

続きを見る

「強豪ひしめくグループで大健闘、日本を尻目に着々と礎を築くイラン」ロシア・ワールドカップ グループB イラン-ポルトガル

2018/06/27 | ワールドカップ

昨日は11時から開始したグループCの最終戦を見始めたのだけど、オーストラリアはペルーに対して早々に失点してしまい、フランスは明らかにデンマークと談合をしていたので見るのを辞め、同じアジアであるイランと...

続きを見る

「ポーランドの意図不明な3バック、日本戦に備えての布石なのだろうか?」ロシア・ワールドカップ グループH ポーランド-コロンビア

2018/06/26 | ワールドカップ

コロンビアはハメス・ロドリゲスが先発に復帰して左SHに入り、1トップがファルカオ、トップ下がキンテロ、右SHがクアドラードの4-2-3-1。対するポーランドは1トップがレヴァンドフスキ、シャドーにジエ...

続きを見る

「この謙虚に相手をリスペクトする姿勢があれば、ザックジャパンでも結果は出せたはず」ロシア・ワールドカップ グループH 日本-セネガル

セネガル戦の前に、日本としてはターンオーバーしてポーランド戦に余力を残しておくべきだと書いたが、蓋を開けてみれば先発はコロンビア戦と同じメンバーとフォーメーション。戦略よりもウイニングチームネバーチェ...

続きを見る

「植田と槙野、そして武藤のスピードが日本を救う鍵」ロシアW杯セネガル戦の希望

もうセネガル戦のキックオフまで3時間と少しになったわけですが、2時まで起きてると月曜がしんどいなとか、相変わらず自分の中で気持ちの盛り上がりとか緊張感はありません(笑)。 コロンビアに勝った事で...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑