2016-2017シーズン海外組通信簿(ドイツ編その1)

スポンサードリンク

さていよいよ最大派閥のドイツ組。数が多いので2回に分けます。

ドイツ・ブンデスリーガ

長谷部誠 6.5

10月からニコ・コバチ監督が採用した5バック戦術において、それまでのボランチからリベロへとコンバートされると、それまで眠っていた才能が開花し、文字通りフランクフルトの攻守の要としてあのベッケンバウアーにも例えられる活躍を見せ、一時はリーグ3位とチャンピオンズリーグ圏内に入るチームの原動力になった。

が、好事魔多しとはよく言ったもので、後半のバイエルン戦で右膝をゴールポストに激突させ半月板損傷の大怪我、シーズン後半戦を欠場すると同時にチームの成績も急降下、結局リーグは11位に終わってドイツカップも準優勝と、天国から地獄の1年になってしまった。まずは完全な状態になるまでしっかり治してもらいたい。

内田篤人 -

腱と筋肉の石灰化という、ほとんどの人がもう復帰は不可能だと諦めたであろう困難な状況から奇跡的な復帰を果たしたものの、シャルケでは既に内田のポジションにはライバルがどっかりと居座り、ヨーロッパリーグの1試合に出場したのみでその後は試合出場は無く、ヴァインツィール監督から戦力として認められるまでには至らなかった。

契約は2018年まで残ってはいるが、移籍金が取れる今のうちにクラブから放出対象とされる可能性が無いとは言えず、今夏の動向が注目されるところである。

香川真司 6

今期はスタメンとしてスタートしたと思いきや、9月の代表戦で負った怪我で欠場を強いられ、復帰したと思ったらまた怪我が悪化、結局3月ぐらいまではベンチ暮らしでほとんど戦力外に近い扱いになってしまったが、そこから突然好調さを取り戻し、チャンピオンズリーグやドイツカップで攻撃の中心として活躍、ようやくチーム内外に香川が完全復活した事を知らしめた。

怪我だけでなく、インサイドハーフにウイング、トップ下と、フィットしたと思ったらポジションチェンジを強いられ、バイエルン戦などのビッグマッチではスタメンから外されるなど、トゥヘル監督から本当の信頼を得られない2年間だったが、ブラジルW杯から見放されていた運が今度こそ巡ってくるのだろうか。

大迫勇也 7

昨シーズンは中盤やサイドで起用され、器用なのでどこでもそれなりにプレイはするが、助っ人としての価値を証明する得点はなかなか記録できず、不当な低評価を受けた1年だったが、今期は開幕からモデストとの2トップで固定され、ボールキープとチャンスメイクで非凡な能力を発揮、2人のコンビネーションでモデストを得点王が狙える位置まで引き上げた。

ただ後半戦はチームに負傷者が続出、前線までボールが来ないため大迫がまたサイドやボランチでリンクマンとして起用されるようになり、3月の最終予選UAE戦でも怪我をしてようやく最終盤になって調子が復活、ヨーロッパリーグの獲得に貢献はしたものの、自身の得点は二桁に届かず、やや不完全燃焼の1年になってしまった。モデストの移籍が確実視されているだけに、来期はチームの大黒柱になれるかどうか。

原口元気 6.5

攻守でハードワークできる運動量と、ドリブルのスピードと馬力で前線と守備陣を繋ぐチームの動脈として欠かせない存在になり、ヘルタのヨーロッパリーグ出場に大きく貢献、ダルダイ監督からも全面的な信頼を受ける立場になっていた。

とは言え、繋ぎ役として奮闘すればするほどチャンスでゴール前に顔を出せず、得点に直結する役目は同じ左ウイングを主戦場とするカルーに奪われ、原口は不得意な右サイドでカルーの分も守備のカバーと、裏方仕事ばかりの立場に葛藤があったようで、クラブからの契約延長に応じず終盤は干されてしまいシーズン終了。本人の夢はプレミアリーグらしいが、良いオファーが無くて来期もヘルタのままでは、メンタルが腐ってしまいそうで心配である。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「キャプテン本田の送別試合は、ミランでの3年半を象徴する幕切れに終わる」イタリア・セリエA第38節 カリアリ-ミラン

本田と長友がスタメンで出なくなってからはすっかりセリエAも見なくなっていたけど、最終節のカリアリ戦でミラン退団を決めている本田がキャプテンで出場したというので、久々に観戦してみる事にした。 既に...

続きを見る

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

昨日はACLで浦和が逆転勝ち、さらに乱闘といろんな意味で盛り上がった1日だったようですが、こちらは諸処の都合でケーブルテレビを今月いっぱいで解約したため、ACLの放送が見られず仕方なくジロ・デ・イタリ...

続きを見る

「久保君が後退しているんじゃない、皆が前進しているのだ」U-20ワールドカップ ベスト16 日本-ベネズエラ

2017/05/31 | ユース代表

グループリーグを3位で突破した日本がベスト16で対戦した相手は、グループBを10得点無失点の3連勝という圧倒的な強さで1位通過したベネズエラ。 しかし日本は、前半28分に堂安のFKがクロスバーに...

続きを見る

「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇格プレーオフが残っている過酷なスペイン2部。 現在4位と3~6位までのプレーオフ圏に入っているが、7位のウエスカとは勝ち点4...

続きを見る

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だったので簡単に。 結果的には本命のドルトムントが順当に優勝した試合ではあったのだが、実際はドルトムントの試合運びが非常に危なっか...

続きを見る

「大人のイタリアに頭を押さえつけられ、談合に同意させられた日本」U-20ワールドカップ グループD 日本-イタリア

2017/05/28 | ユース代表

いきなり試合開始3分に、左SBで先発した杉岡がラインを乱して先制点を決められ、7分にはFKに誰も集中しておらず裏へ抜け出され、そのままシュートを流し込まれて2点目を与えた時には、さすがにU-20代表も...

続きを見る

「”決勝マイスター”モウリーニョの完璧過ぎるゲームプラン」UEFAヨーロッパリーグ決勝 アヤックス-マンチェスター・ユナイテッド

ボールポゼッションが69%対31%、シュート数が17対7と聞けば、10人中9人は左側のチームが勝ったと思うだろう。しかし結果は右のマンチェスター・ユナイテッドが2-0で左のアヤックスに完勝してしまった...

続きを見る

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外組通信簿をスタートします。まずはオランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編。 オランダ・エールディビジ 小林祐希 6 ...

続きを見る

「調子に乗ったハリルホジッチの大鉈炸裂、ところでベロエってどこ?」親善試合シリア戦、W杯最終予選イラク戦 日本代表メンバー発表!

2017/05/25 | 日本代表

U-20の試合にかまけてすっかり忘れていましたが、今日は最終予選イラク戦のメンバーが発表になってました。 GK 川島永嗣(FCメス) 東口順昭(G大阪) 中村航輔(柏) DF 酒井...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑