「ACL王者鹿島をあと一歩まで追い詰めるも、経験という分厚い壁を崩せなかった甲府」天皇杯 準々決勝 ヴァンフォーレ甲府-鹿島アントラーズ

2018/11/22 | 天皇杯

スポンサードリンク

ACL決勝のため日程が遅れていた、甲府と鹿島が対戦する天皇杯準々決勝。鹿島はACL後、久々の公式戦で、甲府は最終節を戦い今期は昇格プレーオフに届かず9位でフィニッシュしたところ。

鹿島は金森と土居の2トップに、ボランチには小笠原と永木が入った4-4-2、甲府はジエゴの1トップに、小塚と曽根田が2シャドーで並んだ3-4-2-1のフォーメーション。

試合は格上の鹿島がボールを支配し、甲府が5バックで守備を固めてカウンターを狙う形で展開される。が、甲府もただ守っているだけではなく、鹿島陣内にボールが入るとラインを積極的に押し上げ、ボールを奪ったら正確にパスを繋いでコレクティブなカウンターを仕掛け、時にはゴール前まで左右のCBも攻撃参加して分厚く攻めて来る。

鹿島も中央をコンパクトに固める甲府に対して、サイドチェンジで揺さぶりWBの裏のスペースを使おうとするが、サイドを使えてもなかなか良い形で中に合わせられず、決定機を作るまでには至らない。むしろ前半の30分ごろからは、甲府がしっかりパスを繋いで鹿島陣内へ攻め込む場面を作るようになる。

結局前半は甲府と同じシュート3本に終わった鹿島は、後半からはサイドチェンジよりも前線への縦パスを多用するようになり、徐々に鹿島の攻撃陣がバイタルで前を向く機会が増え始める。しかし甲府の守備はライン裏へ抜ける選手に対しても忠実なマークでフリーにさせず、鹿島は後半25分にセルジーニョを投入。

ようやくスコアが動いたのは後半31分、小笠原が自陣からボールを受けてマークを外すドリブルでファーストプレスを交わすと、遠藤、また小笠原、永木と繋ぎ、最後はPAやや左から土居がゴール右上に見事なミドルシュートを決める。甲府が怪我で1人少ないスキを突いた、鹿島らしい得点だった。

その後は4-4-2にフォーメーションを変更した甲府が反撃を見せ、36分には高野のオーバーラップからのシュートはわずかに外れるなど、惜しい形を何度か作ったが最後まで鹿島ゴールを揺らずことが出来ず、試合はそのまま1-0で終了。これで12/5に行われる準決勝は、浦和対鹿島というカードになった。

甲府は攻守において高く組織化された好チームで、今シーズンは序盤の出遅れが響いて9位に終わってしまったが、やはり上野展裕監督の手腕を感じるチームに仕上がっており、CFさえまともなら来期は間違いなく昇格争いに加わるはずだ。つーか、上野監督は山口の試合を見た時から高く評価しているんだけど、甲府に就任するまでJ1とかからオファーが無かったのが不思議だよね。

とは言え、鹿島には余裕があった。選手のターンオーバーをしながら要所を固め、少ないチャンスをものにして逃げ切る。まさに強豪のカップ戦黄金パターン。昌子が完全に復調し、レアンドロも戻って来た。リーグ戦でACL圏獲得のチャンスは十分あるが、プレーオフ回避のために天皇杯優勝は欲しいところだろう。両チームの意地がかかった浦和との試合が楽しみだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「低調な予定調和の中で、とうとう見つけ出した長谷部の後継者?」キリン・チャレンジカップ 日本-キルギス

2018/11/21 | 日本代表

ベネズエラ戦の後を受けたキリンチャレンジカップのキルギス戦。先発メンバーは予想通りの総とっかえ。GKが権田、DFが山中、槙野、三浦、室屋、ボランチは守田と三竿、2列目が原口、北川、伊東純也、1トップが...

続きを見る

「最大公約数にしかならない日本人監督のレッテルを森保監督は剥がせるか?」キリンチャレンジカップ キルギス戦展望

2018/11/20 | 日本代表

今日はキリンチャレンジカップのキルギス戦ですが、日本列島はカルロス・ゴーン逮捕のニュースで持ちきりですな。ゴーンが会長を務める日産は、言うまでもなく横浜Fマリノスの実質的な親会社なので、サッカー界にも...

続きを見る

「岡ちゃんのロマン病で”必昇”が挫折、来期は真骨頂であるリアリズムが発現されるのか?」JFL 2ndステージ第15節 FC今治-ホンダロック

2018/11/19 | その他戦評

昨日は、JFLからJ3への昇格がかかった試合というのもあって、スカパーでFC今治対ホンダロックの試合を中継していたので、夜にその試合を見てみた。 とは言え、今治は6連勝で一時はJ3の昇格圏内であ...

続きを見る

「近年では最もJ1残留の行方が厳しい優勝チームかもしれない」J2第42節 松本山雅FC-徳島ヴォルティス

2018/11/18 | Jリーグ

上位4チームに自動昇格県内である2位の可能性があり、しかも3位の町田はJ1ライセンスを持たないため、町田が2位以内に入るとJ1から降格するチームが1つ減るという事で、近年では最も注目されたJ2の最終節...

続きを見る

「初めて壁に当たった森保ジャパン、大迫頼みの現状から抜け出す方法はあるのか」キリン・チャレンジカップ 日本-ベネズエラ

2018/11/17 | 日本代表

ここまで森保監督就任後3連勝と絶好調過ぎる日本代表。今回は、ロシアW杯の南米予選では最下位だったベネズエラとの対戦。 日本の先発は、GKがシュミット・ダニエル、DFが佐々木、吉田、冨安、酒井宏樹...

続きを見る

「守備に専念する酒井高徳は世界レベル? 果たして日本代表復帰は現実となるのか」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第13節 エルツゲビルゲ・アウエ-ハンブルガーSV

第9節の後でティッツ監督が解任され、ヴォルフ監督が就任してからは3連勝と好調を維持しているHSVは、アウェーでエルツゲビルゲ・アウエとの対戦。HSVはラソッガの1トップに、アンカーにはマンガラ、酒井高...

続きを見る

「ヨーロッパリーグと同様に、もはやノルウェーは日本人にとってのお客様?」国際親善試合 日本女子代表-ノルウェー女子代表

2018/11/15 | なでしこ

昨日は、11/11に鳥取バードスタジアムで行われた、なでしこジャパンとノルウェー女子代表との親善試合の録画を見てみた。 序盤は活発に動き回る日本のペースだったが、徐々にノルウェーが4-4-2のマ...

続きを見る

「バイエルンに移籍して7年、宇佐美はようやくポジショニングの概念を理解し始めたのかも」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 デュッセルドルフ-ヘルタ・ベルリン

前節のボルシアMG戦に続いて先発起用され、今期初得点を挙げた宇佐美のプレイを見るため、昨日はデュッセルドルフ対ヘルタ・ベルリンの試合を観戦。 現在はリーグ17位と、シュツットガルトと並んで自動降...

続きを見る

「バイエルンを抜いて4位浮上、やっぱりニコ・コバチ監督は長谷部を連れて行くべきだったような?」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 フランクフルト-シャルケ

ここ5試合は、リーグ戦・欧州戦どちらも無敗と好調同士の対戦。フランクフルトは、破壊力を見せつけているヨヴィッチ、ハラー、レヴィッチの3トップに、長谷部がリベロでどっしり構える3-4-1-2のフォーメー...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑