「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

スポンサードリンク

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発したリバプールに先勝したリーグカップは何とダイジェストのみの放送・・・使えねえ。なので、1/2に行われていたウェストハムとマンUの録画を見てみる事にした。

試合は序盤からまずまず拮抗した流れになっていたんだけど、前半15分にウェストハムのフェグリが足の裏を見せたタックルで一発退場を食らってしまう。しかし一度倒れてから足を出したもので決して悪質ではなく、ホームのウェストハムにとってはあまりに厳しすぎる判定。このおかげで試合はいきなり様相が変わってしまった。

もちろんマンUがボールをひたすら支配する流れになるのだが、退場まではやや前線とDFラインが間延びしていたウェストハムが、1人退場した事でかえってコンパクトに守るようになり、マンUはイブラヒモビッチやリンガードがそれほど守備をしないのでゲーゲンプレスが出来ず、ウェストハムは攻撃に移っても比較的繋げることが出来ていた。

それでもマンUは前半の35分に、サイドチェンジからバレンシアのクロス、折り返しをバレンシアが押しこむもポスト、弾かれたボールもリンガードがまたポストという超決定機を作るが決めきれず、まだウェストハムに運はあるなと思ったのだが、後半15分にスルーパスから完全に抜け出したアントニオのシュートは前に出たデ・ヘアに阻まれ、せっかくの神様からのプレゼントをものに出来ず。

そうなるとやはり報いは来てしまうもので、その3分後に左サイドをラシュフォードが鋭い切り返しでマークを置き去りにすると、折り返しを飛び込んだマタがきっちり合わせてマンUに先制点が転がり込む。ウェストハムはキャロルを投入するも試合の流れは変えられず、後半33分にイブラヒモビッチに強烈な2点目を食らってジエンド。

ただ、そのイブラヒモビッチのゴールもオフサイドが見逃されたもので、意外と試合は締まったものにはなったけど、ウェストハムにとってはとにかく審判に泣かされた試合になってしまった。マンUについてはこの試合はデ・ヘアさまさま。でも交代選手がラシュフォードやマタとかいるんだから、守備さえ安定すれば強いよね。今晩は注目のリバプール戦だけど、果たして公式戦15戦負け無しの記録は続くのだろうか?

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「途中での失速は残念だが、ボーンマスはハリルホジッチジャパンのお手本だ」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ボーンマス-アーセナル

昨日はさすがに特に見るべき試合が無くなって、10日前に行われたプレミアリーグの前節、ボーンマス対アーセナルの試合を結果を知らずに見始めたのだが、こんなに面白い展開になっていたとは予想外だった。 昨シ...

続きを見る

「こういうチームだからこそ、酒井宏樹は自分で得点を決める意欲が必要だ」フランス・カップ ベスト64 トゥールーズ-オリンピック・マルセイユ

高校サッカーが終わって、プレミアリーグが2週間空くこの1月中旬が、日本のサッカーファンにとっては一番ヒマな時期なのではないか。という事を毎年書いているような気がする。 しかし今はDAZNという救世主...

続きを見る

「戦術も戦力もがっぷり四つの見ごたえある試合を決めた、痛恨のラインミス」イングランド・プレミアリーグ第20節 トットナム・ホットスパー-チェルシー

アーセナルが持つプレミアリーグの14連勝という記録にあと1つまで迫っている首位チェルシーと、4連勝で勝ち点7差の3位につけているスパーズという絶好調同士が対決する注目の試合。 チェルシーもスパーズも...

続きを見る

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑