「相手が手抜きでも、長友アシストでインテルが勝ったのは何より」インターナショナルチャンピオンズ杯 バイエルン-インテル

スポンサードリンク

アメリカ、中国、シンガポールで、多くのビッグクラブを集めて行われている世界的サッカー興行イベントであるインターナショナルチャンピオンズカップ。

これまでの試合を見ていると、完全にテストと割り切って試合をこなしているチームと、本気度が高いチームの2つに分かれている様子。前者の場合は、監督が続投してある程度戦力・戦術的には固まっていて、スタメンの選手はあくまで調整、あとは新戦力&若手のテストというパターン。後者は監督が交代、または移籍選手がたくさん入って、選手のアピールと競争の場になっている状態。

レアルやバイエルン、PSGは完全に前者で、インテルやシティ、バルサは後者という感じ。このバイエルン対インテルもまさにその両者の取組みに対する姿勢の違いがはっきり結果に出た試合だったと言える。

バイエルンは前節から2列目の並びをリベリ、ハメス・ロドリゲス、コマン、ボランチがトリッソとユース上がりのドルシュ、CBがフンメルスとゲッツェ弟の4-2-3-1、インテルはエデルの1トップに、ペリシッチ、ジョアン・マリオ、カンドレーヴァの2列目、ボランチがバレロとコンドグビア、DFは長友、ミランダ、シュクリニアル、ダンブロージオの同じ4-2-3-1。

試合はバイエルンがボールを支配し、バイエルンの中では珍しくコンディションが良いリベリにボールを集め、ハメス・ロドリゲスとのコンビで崩し、背が低い長友のサイドを狙ってクロス、折り返しをシュートという狙いでインテルを攻め立てる。

が、インテルはハンダノビッチの好セーブで序盤のピンチを凌ぐと、ボールを奪うと一気に前線が走り出し、同サイドで縦に素早くパスを通して、相手の守備が揃わないうちにクロスを出す、スパレッティ監督らしい速攻を繰り出し、前半8分にカンドレーヴァからのクロスを、エデルが消える動きでゲッツェ弟の前に入り込み、ヘディングを決めてインテルが先制する。

その後も試合のペースは変わらず、バイエルンが攻めてインテルが凌ぐ時間帯が続くと、29分に左サイドでボールを持った長友からペリシッチにスルーパス、またもエデルがクロスにピンポイントで飛び込み2点目をゲット。さらにバイエルンにとっては不幸な事に、その3分後に頼みのリベリが負傷退場するアクシデント。

後半からバイエルンはミュラー、レナト・サンチェス、フリーデルを投入してネジを巻き直し、序盤にコマンとレヴァンドフスキがチャンスを得るものの得点ならず。その後は両チームともにどんどんと選手を交代して試合から緊張感が失われ、このまま2-0で試合終了。

長友は89分までフル出場、2度ほどマークに付いた相手に入れ替わられるシーンは作ってしまったが、オーバーラップしても無視される事は多かったが(笑)、得点に繋がるスルーパスなどSHペリシッチとのコンビはまずまずだったし、長友の粘り強い守備にコマンが嫌がって、途中からドリブルをやめて早めにクロスを上げるようにしていたぐらい、それなりの存在感を見せていた。

が、SBだとやはり高さ不足を狙われる事が多く、得意のオーバーラップもスパレッティサッカーの速さにはライミング的に間に合わない事が多く、3-4-3のWBならともかく、4-2-3-1のSBとしては少し微妙かもしれない。スパレッティ監督からはある程度信頼されているっぽいが、果たして移籍問題はどうなるか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「この3-1-4-2フォーメーションが、悩めるペップにとって一挙両得の解決策になるのだろうか」インターナショナルチャンピオンズ杯 マンチェスター・シティ-レアル・マドリー

NFLロサンゼルス・ラムズの本拠地、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで行われたマンチェスター・シティとレアル・マドリーのインターナショナルチャンピオンズカップ。ビッグチーム同士の対戦とあって、スタ...

続きを見る

「チェルシーの大黒柱は、実はカンテじゃなくてその後ろの選手なのかもしれない」インターナショナルチャンピオンズ杯 チェルシー-バイエルン

スカパーのJSPORTSで、珍しくサッカーのインターナショナルチャンピオンズ杯をやっているので、昨日行われたチェルシー対バイエルンの試合を見てみた。 昨年はプレミアリーグで首位を独走して優勝を飾...

続きを見る

「セレッソが負けて、鹿島が勝てたセビージャ戦3つのポイント」Jリーグ・ワールドチャレンジ2017 鹿島アントラーズ-セビージャ

今年もツール・ド・フランスが終わり、サッカーサイトとしての夏休みもこれで終了。ぼちぼち通常運転に戻るリハビリとして見たのは、先日行われた鹿島とセビージャの試合。 ご存知のように、試合は鹿島が2-...

続きを見る

「今年は石橋を叩いたフルーム、来期は包囲網を解いて5勝クラブの仲間入りを果たすか」ツール・ド・フランス2017 第19~21ステージ

2017/07/25 | 自転車

週末の暑さと日曜日のイベントでヘロヘロになり、月曜は差し歯が取れた上に朝から仕事が満載で、昨日は更新をお休みさせていただきました。で、昨晩は改めてツール・ド・フランスの残りステージを駆け足で見たのでま...

続きを見る

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

2017/07/23 | Jリーグ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きのめされたチームと、ドルトムント相手に善戦したチームという事で、拮抗した試合になるかと思われた試合だったが、蓋を開けてみれば予想以上...

続きを見る

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとかの地点だったので、ライブで見るのを諦めて、たまたまBSスカパーでやってた国際ユースサッカーU-17のクロアチア戦を見る事にした。 ...

続きを見る

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

2017/07/21 | 未分類

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級イゾアール峠が待つ第18ステージ。 アルプスステージではおなじみの街、ブリアンソンをスタートすると、いきなり序盤から新城選手...

続きを見る

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて炎天下の真っ只中を残った仕事の片付けに出かけ、帰ってからも薬を取りに行ったりで、とてもブログの更新どころではありませんでした。 ...

続きを見る

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

2017/07/20 | 自転車

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フランス。 第16ステージは、前半こそ山があるものの後半は平坦で、コースプロフィール的には逃げ選手向きのステージではあったのです...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑