「日本代表候補選手の中で、ハリルホジッチの更迭を喜んで良いのは武藤だけ」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 マインツ-ライプツィヒ

スポンサードリンク

現在は降格圏内から逃れているものの、これからの対戦相手を考えれば全く楽観できないマインツは、ホームで強豪のライプツィヒとの対戦。マインツのフォーメーションは先発復帰した武藤が1トップの4-1-4-1で、ライプツィヒは中盤ダイアモンドの4-4-2。

ライプツィヒは攻撃時にはアンカーのデンメが降りて3バックの形になり、武藤のプレスを避けてビルドアップするのだが、マインツは中盤から先はガッチリマンマークのデュエルを仕掛けて攻撃の形を簡単には作らせない。

前半10分、自陣左サイドでのボールロストからルックマンがGKと1対1、最後はポールセンがシュートミス、その直後にもヴェルナーがまた1対1になってGKを交わしたが必死で味方がカバーして失点は逃れたが、マインツは安易なミスからアンカーの両脇にあるスペースを使われ、ピンチを連発してしまう。

しかしそこを何とか耐えると、前半28分にマインツは左サイドでボールを繋ぎ、武藤がPA内でパスを受けてヒールで抜け出そうとしたところでウパメカノに倒されPK。これをデブラシスがGKグラーチに当てながらも押し込んでマインツが先制する。

その後はライプツィヒが攻勢を強めるも、マインツは武藤とデブラシスの飛び出しを中心としたカウンターで対抗、37分には武藤がウパメカノのボールを奪って右サイドを突進、そこからのクロスもギリギリ味方に合わず追加点ならず。

そこから中盤にスペースが空いてオープンな展開になるが、ライプツィヒはナビ・ケイタがゴール前でフリーになるもシュートは枠に飛ばせずマインツが1点リードのままで前半が終了する。

後半も一進一退の攻防が続き、マインツは14分に武藤のポストからグバミンのシュート、その直後にも右からのクロスに武藤が飛び込むシーンを作るが、やはり徐々にライプツィヒがポゼッションを上げてジリジリとマインツのゴール前に攻め込んでチャンスを作る。

しかし後半30分過ぎからライプツィヒのほうが先に足が止まり、マインツは簡単にカウンターから相手ゴール前までボールを運べるようになり、後半40分にマインツが中盤でボールを奪うと、クロスの折返しを武藤が触って優しいボールを流し、シュート練習のような形からマキシムがきっちり決めてマインツが大きな追加点をゲット。

後半42分には武藤のラストパスからオニシウォがシュートもGKに当ててしまう。が、後半44分に20歳のバクがゴール前に抜け出しダメ押しの3点目を決め、試合はそのままマインツが3-0で勝利し、ブンデスリーガ残留をほぼ確実なものにした。

個人的に、ハリルホジッチが代表監督だった時に唯一疑問に思っていたのが武藤の冷遇で、1トップとしての能力を考えたら、確かにポストプレイの技術や高さこそ大迫には劣るものの、運動量、スピード、守備力では武藤のほうが上回っており、代表での序列では2番目に入ってもおかしくないだけの実力は見せていたように思う。

おそらくあまりにもクレバーであるがゆえに、監督の指示よりも試合の展開を読んで自分の考えを優先したプレイをしがちなのが、規律を重視する監督には我慢できないところなのかもしれない。逆に、まともな戦術論を持ってない(と言われる)西野監督にはピタリとハマる人材なのではないかと思うのだが。さて今度は正式メンバーに選出されるのだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「HSV奇跡の残留に向けて、伊藤達哉がキレキレの実質2アシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ヴォルフスブルク-ハンブルガーSV

ドイツ・ブンデスリーガも残り3節。完全に後がないHSVは、プレーオフ圏の16位にいるヴォルフスブルクとの直接対決。 HSVのフォーメーションはウッドの1トップに伊藤、ハント、ホルトビー、コスティ...

続きを見る

「昇格を決めた試合で、とうとう宇佐美が原口よりも優先される」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第32節 ドレスデン-デュッセルドルフ

昨日はたまたまDAZNを見てみたら、ちょうどデュッセルドルフの試合がリアルタイムで行われていたところだったので、時系列で記録しながら試合を見てみた。 残り3試合で3位に勝ち点7差で、この試合で勝...

続きを見る

「15<2という不等式が成立してしまう日本という国の不幸」ハリルホジッチ前監督会見

2018/04/28 | 日本代表

今日は、日本代表監督を解任されたハリルホジッチ前監督の会見が、日本記者クラブで行われました。 ありがたいことに、各種メディアが全文を書き起こしてくれているので、まずはそちらを御覧ください。 「...

続きを見る

「地力では互角、怪我とミスと決定力に泣かされたバイエルン」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第1レグ バイエルン-レアル・マドリー

事実上、今期のチャンピオンズリーグ決勝と見られる注目の第1戦。 バイエルンはアラバが怪我でラフィーニャが左SBで先発、ハビ・マルティネスがアンカーで両SHがリベリとロッベン、1トップがレヴァンド...

続きを見る

「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

2018/04/26 | Jリーグ

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力CBのチョン・スンヒョンが出場停止の鳥栖と、前節で鹿島を4-1で破って波に乗っており、小林と大島も怪我から帰ってきた川崎という対照...

続きを見る

「この人が会長になっていれば、サッカー協会はもっとマシになっていただろうに」Jリーグラボ #62

2018/04/25 | コラム・書評

昨日は会社の新人歓迎会で帰宅したのが遅かったので、サッカーの試合は見ずじまい。なので、今年の2月に放送が行われていた原博実さんが出演していた、Jリーグラボ#62の聞き書きを載っけてみます。 現況につい...

続きを見る

「全てにおいて原口のコピーと化しつつある宇佐美、先輩を超える日は近いのでは」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第31節 デュッセルドルフ-インゴルシュタット

一時はブンデスリーガ2部で首位を快走しながら、現在は3連敗で昇格が楽観視出来なくなってきたデュッセルドルフ。このホーム戦で万一負けてしまうと、いよいよ黄信号が灯る事になるとあって、久々に選手から必死さ...

続きを見る

「ボールに触らない”アシスト”で、勝利に貢献したとも言える伊藤達哉」ドイツ・ブンデスリーガ第31節 ハンブルガーSV-フライブルク

ドイツ・ブンデスリーガもいよいよ残りが4試合。現在17位のHSVの相手は、すぐ上の順位である16位のフライブルク。これに負けると勝ち点差は3試合で8になり、ほぼ残留は絶望的になるセメントマッチ。 ...

続きを見る

「意地のぶつかり合いであるダービーマッチ、まさに意地が強かったほうに軍配が上がる」J1第9節 ガンバ大阪-セレッソ大阪

2018/04/22 | Jリーグ

かつて当時世界最強クラスだったユベントスに対し、セリエBで長らくくすぶっていてようやくセリエAに上がったトリノという巨大な格差があっても、常にトリノ・ダービーは接戦だったように、サッカーにおけるダービ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑