Blog版 蹴閑ガゼッタ - Part 2

「ワールドカップ落選メンバー同士のマッチアップは、思わぬ一方的な勝敗に」J1第19節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

2018/08/03 | Jリーグ

スポンサードリンク

ワールドカップ期間の中断後は、公式戦4試合で3勝1分の無敗と、いよいよオリヴェイラ監督の本領発揮となりつつある浦和と、リーグ3位と今期も好調なスタートを切っている川崎の対戦。レッズのフォーメーションは中断前と変わらぬ3バックで、2トップがファブリシオと興梠の3-1-4-2、川崎は1トップに小林、2列目には長谷川、中村憲剛、家長が並んだ4-2-3-1。

試合はまず川崎がボールを支配する流れで始まったが、先制点を奪ったのはホームの浦和。前半7分に岩波のフィードに反応した武藤が右サイドへスルッと抜け出し、谷口の対応が後手になったところでフリーで折り返すと、興梠がチップキック気味に浮かせた技アリのシュートを決める。

浦和は、岩波と槙野があまりサイドに出ない川崎の両SHを監視しつつ、攻撃のキーマンである中村憲剛に対してはアンカーの青木が常時マークする形で川崎の攻撃を上手く抑えていたが、前半30分に中村憲剛のダイレクトパスを受けた小林がカットインからシュートを放った決定機から、試合の流れは川崎へと大きく傾く。

前半36分には、オフサイド気味だったが小林が3バックの裏へ抜け出しシュートも、すばやく間を詰めた西川に阻まれる。その後も川崎がレッズを押し込み、前半ロスタイムには中村憲剛のCKを小林がフリーでヘッドもクロスバーに当たってゴールならず。

後半に入っても、PAの幅で狭く鋭くパスを繋ぐ川崎に対して、ボールの奪いどころが定まらずにDFラインがズルズル下がり、カウンターになりそうな場面でも縦にパスを入れた後のミスが多く、浦和にとってリズムが悪い状況が続く。そして後半20分に橋岡が致命的なバックパスミスを拾われ、小林にシュートを打たれるが西川が足1本でセーブ。

しかし川崎も、せっかくSBが高い位置に張っていても、頑なに中から攻めて浦和の3バックに跳ね返される流れは変わらず。ようやく後半33分に川崎は斎藤を投入、左サイドに張ってようやくサイド攻撃への意欲を見せ始めるものの、すぐにまた攻撃が中央に偏ってしまい、斎藤の良さを活かせない。

その後は、後半39分に奈良からのアーリークロスに小林が抜け出しヘディングも枠外、40分には浦和がカウンターで森脇がドリブル、そのままシュートも川崎GKチョン・ソンリョンがセーブと互いに決定機を決められず。しかし後半ロスタイム2分、浦和はカウンターから李忠成が抜け出し、鈴木のスライディングがファールとなってPK、これをファブリシオが決めて2-0、そして試合終了。

正直、試合の内容的にはアウェイの川崎が上回っていたが、同じワールドカップ落選メンバーである小林悠の決定機をことごとく防いだ西川を中心として、浦和の守備陣が粘り強く守って勝利をものにした試合だったかなと。そういうところも、かつて鹿島を率いていたオリヴェイラ監督らしいチームになって来たということか。川崎はもうちょっとサイドを広く使った攻撃が必要に思う。斎藤の使い方が今後のポイントになって来そうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「W杯に出場経験がある監督同士の対戦、しかし最も目立ったのは現役W杯選手」J1第19節 ジュビロ磐田-ガンバ大阪

2018/08/02 | Jリーグ

昨日はJ1のミッドウィーク開催があり、前節もガンバの試合を見たのだが、今節はジュビロの名波監督という、ともに選手としてワールドカップに出場した経験がある監督同士の対戦が気になったので、この試合をDAZ...

続きを見る

「既に見た目がオッサンな堂安、ポジションもオッサン化が進行中?」トレーニングマッチ フローニンゲン-ブレーメン

昨日はDAZNでやっていた、堂安律が所属するフローニンゲンと大迫が加入したブレーメンとのトレーニングマッチ。ただし大迫は同じ日に入団会見をしたのでまだこの試合には出場していない。 フローニンゲン...

続きを見る

「初陣から、いきなりツネ様の戦術マジックが炸裂した?」J1第18節 ガンバ大阪-鹿島アントラーズ

2018/07/31 | Jリーグ

今年もツール・ド・フランスの夏休みが終わり、今日からまたサッカーメインのブログとして再スタート。まずは足慣らしとして、監督選びと選手補強のダブルで失敗した強化部の大失態を全て押し付けられた形になった、...

続きを見る

「イギリス国旗がはためく中、勝者ゲラント・トーマスはウェールズ国旗に身を包んだ」ツール・ド・フランス2018 第21ステージ

2018/07/30 | 自転車

今年は序盤がワールドカップと重なったせいか、あまり長さを感じずに最終日まで来てしまった感があるツール・ド・フランス。 いつものように、シャンゼリゼ周回コースに入るまでは全編パレードラン状態で、例...

続きを見る

「”遅れない男”ゲラント・トーマス優勝を決め、フルームは意地の表彰台」ツール・ド・フランス2018 第20ステージ

2018/07/29 | 自転車

パリ・シャンゼリゼでゴールする今日の最終ステージは、総合争いは行わないという不文律があるため、この第20ステージの個人タイムトライアルが事実上の最終決戦。 距離は31kmと短いながらバスク地方特...

続きを見る

「元スキージャンパーはピレネーの下りでもジャンプする」ツール・ド・フランス2018 第19ステージ

2018/07/28 | 自転車

第20ステージが個人タイムトライアルであるため、チームとして戦える最後の決戦となった第19ステージは、ピレネー山脈伝統の峠がすし詰めで、1級山岳のアスパン、超級山岳のトゥールマレー、2級のボルデレ峠を...

続きを見る

”時間”の概念を超越した存在、それが我らの技術委員会!

2018/07/27 | 日本代表

ぶっちゃけ個人的に興味が無かったので、昨日の森保日本代表監督就任の記者会見は見てなかったのですが、どうやらその中でロシアW杯を受けての総括らしきものが発表されていたようですね。 【JFAの発表】...

続きを見る

「ベンゲルやクリンスマンよりは見合ったレベル」日本代表の新監督は、森保一氏に決定!

2018/07/26 | 日本代表

先ほど、NHKの速報で日本代表の新監督に森保一氏の就任が決定したとの報道がありました。 【速報 JUST IN 】サッカー日本代表の新監督 森保氏に決定 #nhk_news https://t....

続きを見る

「とうとうクリス・フルームがエースの座から滑り落ちる」ツール・ド・フランス2018 第17ステージ

2018/07/26 | 自転車

たったの65kmという短いコースの中に、1級山岳が2つ、そして最後は超級山岳サン=ラリー=スラン峠の頂上ゴールが待ち受ける異例のコース設定となった第17ステージ。 しかもスタートはMotoGPの...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑