「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

2017/01/19 | その他戦評

スポンサードリンク

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試合のネタ枯れ状態。そんな中、BSフジで珍しく全日本大学女子サッカー選手権の決勝をやっていたのでそれを観戦。

前半にペースを掴んだのは日体大。フォーメーションは4-4-2で、2トップがSBの裏へ飛び出してパスを受けると、SHがインナーラップでパスコースを作り、さらにその外側をSBがオーバーラップするといった、スピードに乗った分厚い攻撃で早稲田を攻め立てる。が、パワー不足な日本人女性の悲しさ、最後のシュートに威力が無くてゴールを割ることが出来ない。

早稲田も、日体大の前線の飛び出しに対して徐々に守備が対応し始め、4-2-3-1で選手が忠実にトライアングルを作る、日体大とは対照的な細かいパスワークでサイドを崩し、流れを取り戻して試合は膠着状態に。と思った前半38分、ロングボールから日体大の平田が落としたボールを布施がダイレクトボレー、これが強烈なシュート回転になってゴールのサイドネットに突き刺さる、男子でも滅多に見られないゴラッソになって先制点が入る。

しかし早稲田は後半5分にPAの右側でFKを得ると、ファーに走り込んだ三浦が頭で合わせて同点ゴール、試合は振り出しに。その後は互いにプレスの勢いが落ち、テクニックとパスワークで勝る早稲田に試合のペースが傾くが、日体大も交代選手を加えてカウンターを仕掛ける場面もあり、一進一退のまま延長戦になるかと思われた後半ロスタイムに、早稲田の中村がゴール前のこぼれ球を拾って豪快なミドルシュートを決め、早稲田が劇的な逆転勝利で優勝を飾った。

試合の3得点のうち2点がゴラッソなミドルという珍しい結果になったわけだが、女子の場合はドリブルで持ち込んでシュートするよりも、マイナス方向に向かって来るボールをボレーするほうが、自分の筋力だけで蹴るよりも威力が出て得点に繋がりやすいという面もあるんじゃなかろうか。そんな事をつらつらと思い浮かべる昨晩であった。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 まあご存知のように、マンチェスター・シティがホームのエヴァートンに0-4という記録的な大敗を喫してしまったわけだが、やはりグアル...

続きを見る

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3試合で勝ちが無いリバプールをホームに迎えての上位直接対決。 リバプールのフォーメーションは4-3-3で、前線は1トップのフィルミ...

続きを見る

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分かっている試合をわざわざ見る事はしないんだけど、昨日はこれ以外に選択肢が無かったので、レスターがチェルシーに0-3で完敗した試合を選...

続きを見る

日本サッカーは、口に苦い良薬を飲めるほど大人になったのか

2017/01/15 | 日本代表

昨日はさすがに見るべき試合が完全に枯渇してしまって、年末年始に放送されていた代表関連の特番をまとめて見ておりました。 日本サッカー新時代~2018年への旅~|テレビ朝日 NHKドキュメンタリー -...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑