「アルゼンチンは余裕を見せている場合なのだろうか」ロシアW杯 南米予選、欧州予選の状況

2017/10/07 | ワールドカップ

スポンサードリンク

昨日のうちにNZ戦のレビューを書いてしまったし、各国予選の状況を一気にまとめるのも結構大変なので、金曜のうちに進んだ南米予選と欧州予選の一部について現況を書いてみます。

南米予選

2位のウルグアイが最下位のベネズエラに痛恨の引き分け、5位のアルゼンチンがホームでペルーにまさかのスコアレスドローで、何と最終節のみを残した段階で2位のウルグアイから7位のパラグアイまで勝ち点4、計算上はパラグアイまで予選突破の可能性が残されているという大混戦。

しかも最終節は、パラグアイがホームでベネズエラ、6位アルゼンチンがアウェイでエクアドルという下位との対戦なのに対し、3位のチリがアウェイでブラジル、4位のコロンビアと5位のペルーが直接対決という、南米の日程くん恐るべしな試合が残されています。

そのためアルゼンチンは現在6位ですが最終戦に勝利すれば5位以上が確定になるので、マスコミや国民、そしてサンパオリ監督まで楽観視しているようですが、試合が行われるエクアドルのキトは標高2800mですし、昨日日本が対戦したようにニュージーランドは決して侮って良い相手ではありません。

欧州予選

グループC、D、E、F、G、Iについて、9節目が行われました。

グループCはドイツがサクッと出場を決めて、2位は北アイルランドが確定の無風地域。

Dはセルビアが負けてアイルランドが勝ったため一気に3位まで大混戦。ただセルビアは最終節がホームのジョージア戦なので勝ち抜けは確実、焦点はウェールズとアイルランドのプレーオフをかけた直接対決ですね。

Eは首位のポーランドがアルメニアに大勝、得失点差を考えてもモンテネグロに大敗しなければ勝ち抜けは固そう。2位のデンマークはホームでのルーマニア戦を残していますが、3位のモンテネグロは勝ち点3差ですが、得失点差が接近しているので気は抜けないところです。

Fはイングランドがやはりあっさり勝ち抜け。最終節は3位のスロバキアがホームでマルタと楽なのに対し、3位とは勝ち点2差で2位のスコットランドはアウェイで4位のスロベニアが相手なので、プレーオフ争いはまだ分かりません。

Gは最後までイタリアが抵抗するかと思いきや、ホームでマケドニア相手にまさかのドロー。最終節を待たずしてスペインの勝ち抜け、イタリアのプレーオフが確定。イタリアは負傷者続出で、プレーオフにも暗雲が漂って来ました。

そして最後は超激戦のグループI。まだ勝ち抜けの望みがあったトルコは、ホームでアイスランドに0-3という衝撃の大敗、首位のクロアチアが既に予選敗退が決まっていたフィンランドに痛恨のドローを喫し、何とアイスランドが逆転で首位に立ち、勝ち点2差でクロアチアとウクライナが並び、トルコは予選敗退が決定。アイスランドは最終節がコソボ、2位と3位は直接対決と一気にアイスランドが有利な状況になりましたが、果たしてこのまますんなり決まってしまうのでしょうか?

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「本当は井手口と小林祐希を足せればいいんだけど」キリンチャレンジカップ 日本-ニュージーランド

2017/10/06 | 日本代表

まあ絵に描いたような辛勝で、ホームでオセアニア代表とこんな試合をしていたのでは、みたいなマスコミの論調が目に見えるようだが、実際のところニュージーランドは想像以上に良いチームだった。 ニュージー...

続きを見る

「ハリルホジッチにとっての真の狙いは、おそらく試合の裏側にあるはず」キリンチャレンジカップ ニュージーランド戦展望

2017/10/06 | 日本代表

残念ながらどこも放送をしてくれなかった、アジア最終予選プレーオフですが、マレーシアで行われた第1戦は相当に怪しいPKの判定でシリアが追いつき、1-1のドローで終了したみたいですね。オーストラリアが優位...

続きを見る

「酒井宏樹は完全に黒子だったが、目立たず勝利というのも大事な事」フランス・リーグアン第8節 ニース-マルセイユ

ここ2シーズンは、PSGとモナコ、リヨンと並んでフランスリーグの4強を形成しているニースと、優勝争い常連への復活を目指すマルセイユの南仏ダービー。 ニースはあのバロテッリとプレアが2トップの4-...

続きを見る

同じプレイスタイルでも、乾が冷遇されて伊藤が絶賛される理由

昨日は夜に飲み会があり、酔った状態だったので戦術面を理解する努力は放棄、ブレーメン戦でブンデスリーガ初先発となった、柏レイソルユース出身である伊藤達哉選手のプレイにだけ注目して試合を見てみました。 ...

続きを見る

「原口のひたむきさこそが、今のバイエルンに欠けている本質」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

チャンピオンズリーグPSG戦の惨敗でアンチェロッティが解任され、ウィリー・サニョルが暫定監督として就任したバイエルン。その初戦は、原口がリーグ戦初先発のヘルタとの対戦になった。 バイエルンは、ア...

続きを見る

「香川の芸術的なゴールで、ドルトムントの”不思議な勝ち”はまだまだ続く」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 アウクスブルク-ボルシア・ドルトムント

ハイライン・ハイプレスという、いわゆる「ひたすらグーしか出さない」サッカーを愚直に推し進めているドルトムントのボス監督。ここまでのリーグ戦ではその作戦が上手く行って首位に立っているが、そろそろ各チーム...

続きを見る

「負けはしたが調子は上向き、改めてケルンでの重要性を証明した大迫」UEFAヨーロッパリーグ グループH ケルン-レッドスター・ベオグラード

今期は公式戦で7戦未勝利と絶賛絶不調中のケルン。晴れのヨーロッパリーグ初ホーム戦だが、現実的にはターンオーバーせざるを得ず、主力の大迫とビッテンコートがベンチスタートで、2トップにはコルドバとギラシが...

続きを見る

「十八番の”クリスマスツリー”と共に心中したのは本望か」UEFAチャンピオンズリーグ グループB パリ・サンジェルマン-バイエルン・ミュンヘン

ネイマール、カバーニ、ムバッペという世界最強クラスの3トップを擁するPSGに対して、アウェイのバイエルンがどういう戦いを見せるのか注目された試合だったが、リベリとロッベンをスタメンから外したアンチェロ...

続きを見る

「代表初選出の車屋、ACLでの悔しさを晴らす活躍に期待」ニュージーランド・ハイチ戦代表メンバー発表!

2017/09/28 | 日本代表

すっかり忘れてしましたけど、10/6にニュージーランド、10/10にハイチの代表と対戦するキリンチャレンジカップの代表メンバーが発表になりましたね。 GK 川島永嗣(メス) 東口順...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑