「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

2017/12/04 | Jリーグ

スポンサードリンク

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グランパスとアビスパ福岡との対戦になった、今年のJ1昇格プレーオフ。

フォーメーションは名古屋、福岡ともに3-4-2-1で全く同じマッチアップ。プレーオフのレギュレーションによって、試合がドローで終わった場合はリーグ上位の名古屋が昇格することになっているため、試合はまず福岡が高い位置からプレスをかける展開になった。

名古屋と言えば、風間監督が掲げるパスサッカーが信条なのだが、福岡は名古屋の3CBに前線の3枚がプレスをかけ、中盤やサイドもマンマークで選手が張り付いているので、当然ビルドアップも組み立てもままならず、福岡はボールを奪ったらサイドへ展開、1トップのウェリントンへクロスという形で名古屋を責め立てる。

前半11分に名古屋は田口がファーストシュートという苦しい状況の中、18分には亀川のロングスローからのこぼれ球を山瀬がシュート、ボールはクロスバーに当たって中川が押し込むもGKがキャッチという、福岡にとってはこの試合最大の決定機がやって来る。

苦しい時間を何とかやり過ごした名古屋は、前半25分頃からようやく中盤で前を向けるようになり、シャビエルのキープから青木がオーバーラップ、PA内に切り込んでシュートという風間サッカーらしいチャンスを作り出すと、その後はプレスの勢いがガタッと落ちた福岡に対して名古屋がボールを支配、田口のミドルや青木のカットインからのシュートなど決定機はあったが決められず前半終了。

後半も、序盤は福岡の両サイド、亀川と駒野が高い位置を取って積極的に絡んで攻撃するのだが、10分もすると早くもペースダウン、後半12分には駒野のクロスからウェリントンのヘディングがファーに決まったかと思いきや、微妙な判定だったがオフサイドと判定されノーゴール、名古屋は何とか命拾い。

その後はやはり名古屋がボールを支配する展開に。福岡はカウンター狙いに切り替えざるを得ないのだが、周りがなかなか上がって行けないので、結局は前線が孤立してボールを奪われ、シュートまで持ち込むことが出来ない。そして名古屋の攻撃に対して守備の戻りも遅くなり、かろうじて体で止めては名古屋にセットプレイを与える回数が増えて行き、後半39分には途中で投入した玉田がPA内でスルーパスに抜け出し、反転からシュートという決定機を作るも決めきれない。

そして残り10分になって福岡がパワープレイを仕掛けてウェリントン目掛けてロングボールを放り込むようになると、一気に名古屋の守備がバタバタし始め、何とかゴール前で人数をかけ、こぼれ球をしぶとく拾ってクリアという泥臭い守備を展開、福岡は石津のシュートに城後がヘディングするも、DFが最後までしっかり競ってジャストミートさせず、ロスタイムの5分が終了、結局スコアは最後まで動かず、名古屋が1シーズンでのJ1復帰を決めた。

福岡はリーグ戦では54得点と名古屋より30点も少なく、そのうちのほぼ半分がセットプレイからの得点というデータが示すように、チームの得点力不足が最後まで響いた格好になった。ベルギー代表に対する日本と同じで、運動量が落ちてハイプレスが効かない状態から点を取る手段が無いと、結局はジリ貧な展開になってしまう。監督の手腕どうこうよりもやはり補強が来期のポイントだろう。

名古屋は戦力を考えると、何故プレーオフに出てるのか不思議で仕方ないのだが(笑)、最後は風間サッカーらしくない泥臭く体を投げ出す守備で何とか守り切った。来期も風間体制の継続が決まっているようだが、またすぐに落ちてしまわないよう、現実的に守備組織をしっかり作った上でパスサッカーの理想を追って欲しいところだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

2017/12/03 | Jリーグ

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最大勝ち点の74を上回って優勝するだろうとさえ言われた鹿島アントラーズが、ラスト2試合でまさかの未勝利、J1のタイトルのみならず今シ...

続きを見る

「A組の結果は、オイルマネー同士のディールによるもの?」ロシアW杯組み合わせ抽選会・各グループの結果

2017/12/02 | ワールドカップ

昨晩は速報で日本のグループについてのみコメントしましたが、他グループの結果についてもちょっと書いてみます。   グループA ロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイ いや...

続きを見る

ロシアW杯、日本はグループHでポーランド、セネガル、コロンビアと対戦!

2017/12/02 | ワールドカップ

また明日に追記しますが、ひとまず速報。 先程、ロシアW杯の組み合わせ抽選会が行われ、日本はグループHでポーランド、セネガル、コロンビアとの対戦が決定しました。 グループ分けの結果 ポ...

続きを見る

「これこそが、岡崎が入ったレスターがジャイアント・キリング出来る理由」イングランド・プレミアリーグ第14節 レスター・シティ-トットナム・ホットスパー

クロード・ピュエル監督が就任して以降、4-3-3のフォーメーションで岡崎をインサイドハーフで交代出場させるなど、何とか独自性を出そうともがいていたようだが、前節の下位ウェストハム戦がパッとしないドロー...

続きを見る

「やっぱり今年の流行語大賞は”忖度”で決まり?」J1第33節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

2017/11/30 | Jリーグ

土曜日は浦和がACL決勝に出場していたため、水曜日に延期された川崎との第33節。 ご存知のように、この試合で川崎が引き分け以下だと自動的に鹿島の優勝が決まり、しかも浦和は勝っても負けても順位は変...

続きを見る

「浦和の居ぬ間に目指せ下克上」E-1選手権 日本代表メンバー発表!

2017/11/29 | 日本代表

昨日から鼻風邪を引いてしまい、寝込むほどしんどくは無いのですが、鼻が詰まって口呼吸のまま寝ているせいで喉がガラガラになり、夜中に何度も目が覚めては水を飲んでいたので睡眠不足で辛いです。 そんな状...

続きを見る

「1トップのポジションで結果を出した浅野は、代表でも同じポジションで起用すべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ハノーファー96-シュツットガルト

開幕からスタメンで起用されながらも3トップのサイドで結果を出せず、前節のドルトムント戦では先発から外れ、いよいよ序列が下がってしまったかと思われた浅野だったが、ハノーファー戦では何と不動のCFだったテ...

続きを見る

「代表のボランチ争いに名乗りを上げそうな酒井高徳」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ハンブルガーSV-ホッフェンハイム

捲土重来を期したはずの今期も、やはり開幕ダッシュに失敗して残留争いの順位に甘んじているHSVだが、前節のシャルケには負けたもののシュツットガルトには3-1で勝利、そして今節の上位ホッフェンハイムも3-...

続きを見る

「ACLを切らせて胴上げを断つ事を選んだ柏」J1第33節 鹿島アントラーズ-柏レイソル

2017/11/27 | Jリーグ

2017年のJ1も残すところあと2試合。首位の鹿島アントラーズは今節で柏に勝利すると優勝が決まるとあって、ホームのカシマスタジアムは4万人のサポーターで満員の状態。 鹿島はもちろんいつもの4-4...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑