「このスーパーボレーが、久保のJリーグラストゴールになってしまわないように」J1第11節 FC東京-ジュビロ磐田

2019/05/17 | Jリーグ

スポンサードリンク

東京は4-4-2で2トップがディエゴ・オリヴェイラと永井、久保は右SHで先発。対する磐田はフォーメーション表記では3-5-2だが、実際は中山が1トップ、2列目に山田とアダイウトンが並ぶ3-4-2-1の形になっている。

現在首位と好調なFC東京だが、長谷川監督率いるチームを見ていると、かつてガンバで三冠を達成した当時と構成が似ている事が分かる。まず戦術の基本は4-4-2でコンパクトな3ラインディフェンスを作り、ボールを奪ったら素早く2トップにボールを入れる。

戦術としてはさほど複雑ではないので選手は習熟しやすく、ガンバの場合だと宇佐美とパトリック、東京は永井とディエゴ・オリヴェイラと、個人能力に優れた2トップのコンビネーションで崩して来る。もちろんそれだけでは単調になってしまうところを、遠藤や久保といったファンタジスタが変化を加える。

この試合も前半はボールポゼッションで完全なイーブンながらも、プレイエリア自体は東京が磐田陣内へ攻める回数が圧倒的に多く、シンプルかつ効果的な攻撃がデータにも現れている。

しかし磐田も守備時には5-4-1のコンパクトなブロックを組み、序盤こそ久保のスルーパスからチャンスを作られたが、その後は素早くスペースを消してサイドで基点を作らせず、ドリブルやキープで1対1を剥がしに来る久保に対しても複数でマークを仕掛け、試合を膠着状態に持ち込んでしまう。

後半37分、太田の左CKから森重の決定的なヘディングは磐田GKカミンスキーが防いだものの、続くCKから磐田がクリアしたボールを、スルスルとPA左に入って来た久保が上手く左足をかぶせてボレー、これはさしもカミンスキーも触れずリーグ戦初ゴール。来場していたチョコレートプラネットのTTポーズでパフォーマンスをする余裕。

さらに40分にはカウンターからディエゴ・オリヴェイラのパスを久保が折り返し、羅相浩が合わせるもカミンスキーがファインセーブ。ロスタイムには羅相浩の強烈なミドルも完璧に弾き、失点は最小限に抑えたがゴールは決められず1-0で試合終了。これでFC東京は開幕から11試合無敗の快進撃。

久保については、初得点となるゴールは素晴らしかったが、やはり磐田に警戒されて途中は存在を消されていた。夏には欧州へ旅立ってしまう可能性が高いだけに、この試合がJリーグで最後のゴールになってしまわないよう、さらなる活躍を期待したい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ルヴァンカップ、ライバル韓中との交流リーグに」は決して悪くない思いつき

2019/05/16 | Jリーグ

昨日は飲み会に行った後、あっさり撃沈のお約束。なので、サッカー関係のニュースを漁っていたら、大住御大によるコラムがちょっと気になりました。 ルヴァンカップ、ライバル韓中との交流リーグに:日本経済...

続きを見る

「鎌田のアシストも、”相棒”不在で勝ちきれず苦境に陥るシント・トロイデン」ベルギーリーグ・プレーオフ2 第8節 シント・トロイデン-オイペン

プレーオフ2は首位でスタートしたのに、ここ3試合は勝ちが無く2位に落ちてしまったシント・トロイデンは、第8節で豊川擁するオイペンとの対戦。 シント・トロイデンの先発からは関根と遠藤が外れ、鎌田が...

続きを見る

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルトに残り2試合で勝ち点6差とほぼ降格が決まっているハノーファーは、13位のフライブルクと対戦。ハノーファーはホーム最終戦だが、スタン...

続きを見る

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグの可能性を残している9位のブレーメンは、アウェイで勝ち点差4が付いている8位のホッフェンハイムとの対戦。 ブレーメンのフォー...

続きを見る

「お疲れ横浜Fマリノス、”セレッソと大阪の罠”に自らハマって自滅する」J1第11節 セレッソ大阪-横浜Fマリノス

2019/05/12 | Jリーグ

現在11位と低迷しているセレッソは、CBに18歳の瀬古を抜擢、2トップに都倉とブルーノ・メンデスを配した4-4-2のフォーメーション、対する横浜Fマリノスはいつものように4-1-4-1の形でスタートす...

続きを見る

「長谷部を中心に一丸となったフランクフルト、最後はケパのクソ度胸に阻まれる」UEFAヨーロッパリーグ 準決勝 第2レグ チェルシー-フランクフルト

フランクフルトでの試合を1-1で終えた後の、チェルシーホームのスタンフォード・ブリッジで行われた第2戦。 フランクフルトはレビッチが出場停止から戻り、ヨビッチとの2トップで、長谷部が第1戦と同様...

続きを見る

「中村敬斗と滝のU-20代表FW対決は、ファインゴールで決着は付いたけど・・・」ルヴァンカップ グループD ガンバ大阪-清水エスパルス

2019/05/10 | Jリーグ

グループステージも佳境に入っているルヴァンカップ。リーグ戦では残留争いに苦しんでいるガンバは、ルヴァンカップではグループ首位と好調、今節の清水戦で勝利すればグループステージ突破が決まる。 U-2...

続きを見る

「ほぼゼロに近かった逆転の可能性、魔境アンフィールドとクロップが奇跡を起こしてしまった」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ リバプール-バルセロナ

リバプールはサラーが脳震盪、フィルミーノが怪我で欠場、代わりにオリジとシャチリが入った4-3-3、対するバルサはスアレスとメッシを並べた4-4-2のフォーメーションでスタート。 バルサにしてみた...

続きを見る

「まさか正GKビュルキのやらかしが、ドルトムントの優勝を阻んでしまったのか」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ブレーメン-ドルトムント

前節はシャルケとのレヴィア・ダービーで、ホームなのにまさかの2-4で大敗、失意のどん底に落とされたドルトムントを、ブレーメンはホームに迎えての対戦。 ブレーメンはラシツァと大迫の2トップに、トッ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑