「スターをかき集めるマルセイユの中で、スタメンに選ばれ続ける酒井宏樹の秘訣」フランス・リーグアン第1節 マルセイユ-ディジョン

スポンサードリンク

しかし酒井宏樹というのは不思議な選手である。全盛期の長友のような圧倒的なスタミナ、スピードとアジリティには及ばないし、内田のようなビルドアップ能力、判断の良さがあるわけでも無いのに、何故かどんなチームでもいつの間にかスタメンにしっかりと収まっている。

フランス1部のマルセイユへ移籍が決まった時には、あんなプライドの高いサポーターが集まっている古豪で、酒井のサッカー頭レベルじゃきっと厳しいだろうと思ったら、すっかり不動のメンバーとなり、しかも今期は数年来悩まされていた財政難から復活し、マンダンダ、ラミ、ジェルマン、そしてルイス・グスタボという各国代表クラスの選手を獲得したにも関わらず、やはり開幕のディジョン戦でちゃっかりスタメンで出場した。

で、肝心のプレイはと言うと良くも悪くもいつもの酒井。前半2分に、いきなりデュエルで抜かれてピンチを迎えてしまうと、11分にはトヴァンへのスルーパス失敗、16分に相手のカウンターにカバーで追いつくも抜かれてシュートを打たれ、22分にはパスを前に出せず危険なバックパスで逃げてしまい、28分にはまたもバックパスを相手に狙われて間一髪、43分は前線への浮き球パスが長過ぎと、ちょっと残念感が溢れる前半であった。

ただ擁護する点があるとすれば、ディジョンの左サイド、キャプテンのSHスリティと長友みたいなSBのハダディがガンガン攻め上がり、そこに右SHのクォン・チャンフンが度々左サイドに流れて攻撃参加して来るので、酒井個人だけでどうなる問題でもなかった。

さらにマルセイユのチームにも問題があり、先発は1トップにジェルマン、アンカーにルイス・グスタボ、CBがラミとロランド、GKがマンダンダと移籍組がセンターラインを占めた事でコンビネーションが整わずビルドアップは安定しないし、左ウイングのパイェが中に入り過ぎて右ウイングのトヴァンがサイドへ押し出され、酒井とトヴァンの縦ラインを相手に切られて得意な形を封印されてしまった。

そんな状況で前半のマルセイユはシュート数がディジョンの8本に対して4本と、ボールを支配しながらもチャンスをほとんど作れなかったのだが、後半からキャプテンでエースのパイェに代えて、カメルーン代表のクリントン・エンジエを投入したガルシア監督の思い切った采配が戦況を一変させた。

エンジエはパイェとは逆に左のワイドに張ってパスを受け、そこからドリブルを繰り出すプレイが特徴で、これによってトヴァンが中へポジションをシフトし、酒井が上がるスペースが出来た事で前半には無かったコンビネーションが復活、一気にマルセイユが攻勢をかけ始める。

すると6分に、中盤から「らしくない」華麗なルーレットでルイス・グスタボが抜け出すと、右サイドに流れたジェルマンにパス、ジェルマンが中へコントロースされたクロスを送ると、右から飛び込んだエンジエが頭で合わせてマルセイユが先制する。その3分後には、カウンターからトヴァンが長いドリブルでPA内まで持ち込むと、そのままニアにシュートを決めてあっという間に2点目をゲット。

酒井も後半は3分にタイミング良くサイドを破るがクロスが大き過ぎ、11分にはサイドからPAまで切れ込むもトラップの方向をミスってクロスを上げるタイミングを失うなど、相変わらず詰めは甘いが見違えるような働きでマルセイユの攻撃に貢献、前半にあれだけ苦しめられたハダディを完全に守勢へと追いやってしまった。

判断やクロスの精度に難があっても、やはりサイズがあってクロスやロングボールを跳ね返し、サイズの割にスピードとアジリティもそれなりにあり、終盤でもスタミナが落ちず実直にサイドを駆け上がるサイドバックというのは、世界レベルで見てもなかなか貴重な存在なのだろう。酒井ほどのサイズは無いけれど、室屋も特性としては似た部分があり、彼も日本よりは海外向きなのではと思っていたりする。

さて試合だが、後半27分にエンジエが今度は左サイドを単独で抜け出し、中へ切れ込んでからシュートを打つと、これが相手に当たってループシュートのような形になって3点目。これでほぼ勝敗は決まってしまい、マルセイユはホームでの開幕戦を3-0で快勝、昨シーズンとは違って幸先の良いスタートを切る事になった。

マンダンダ、ルイス・グスタボ、ラミは無難にプレイし、ジェルマンは裏への飛び出しやクロスに光る部分を見せるなど、新戦力がきっちり計算出来た一方、ガルシア監督としてはエースのパイェを止む無く下げた後での快勝というのは少し頭が痛いところ。エンジエを他のポジションで使うというのも難しく、パイェはプライドが高い選手だけに、今後の火種になってしまわなければ良いのだが・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「果たして、杉本健勇はスペインリーグで通用するのだろうか?」J1第20節 セレッソ大阪-コンサドーレ札幌

2017/08/07 | Jリーグ

前節の大阪ダービーで痛恨の敗戦を喫し、優勝争いを続ける上で立て直しが必須のセレッソと、結果的にペトロビッチ監督に引導を渡す勝利を浦和戦で飾ったコンサドーレ札幌の試合。 札幌のフォーメーションは3...

続きを見る

「浦和が堀監督になって、変わった2点、変わらない2点」J1第20節 浦和レッズ-大宮アルディージャ

2017/08/06 | Jリーグ

ペトロビッチ監督が解任され、堀監督へと交代した初陣となった、埼玉スタジアムで大宮とのダービーマッチ。 浦和のスタメンは左WBにこれまでほとんど起用が無かった菊地が入った以外は、フォーメーションも...

続きを見る

サッカー的にもビジネス的にも意図が不明な、FC東京のドイツ遠征

2017/08/05 | Jリーグ

夏バテ自体はマシになったのですが、3日ほど前から足の付根の筋肉を痛めてしまい、一昨日は足の痛みと休肝日のおかげであまり眠れず、その翌日には3時間の健康診断というハードスケジュールで、昨日はいろいろ体力...

続きを見る

「ビッグクラブらしい厚みを築くリバプール、一方のアトレティコはどこまでもアトレティコだった」アウディ・カップ 決勝 リバプール-アトレティコ・マドリー

バイエルン・ミュンヘンの本拠地、アリアンツ・アレーナで行われたプレシーズンマッチ、アウディ・カップの決勝戦。 決勝とは言え、中1日の試合でどちらもサブ主体のメンバーで、リバプールはバイエルンを3...

続きを見る

「ネイマールにとってはバルサでの最後の試合となるのか、アメリカン”ハードロック”クラシコ」インターナショナルチャンピオン

マイアミ・ドルフィンズがホームスタジアムとして使用している「ハードロック・スタジアム」で行われた、インターナショナルチャンピオンズカップでのレアル・マドリーとバルセロナの試合。 スタジアムの屋根...

続きを見る

ネイマールの巨額移籍が示す、ブラジル人選手と世界経済の行方

昨日は飲み会があり、最近の夏バテによる体調不良を押して何とか参加したものの、帰宅後あえなくテレビも見ずに撃沈。なので、今サッカー界でもっともホットな話題である、ネイマールのパリ・サンジェルマンへの移籍...

続きを見る

「初先発のポドルスキは、本当にワールドクラスのストライカーだったのか」J1第19節 ヴィッセル神戸-大宮アルディージャ

2017/08/01 | Jリーグ

はい、ワールドクラスでした(即答・笑)。 いやその移籍後Jリーグ初ゴールの場面、特に反動も期待できそうにない緩いこぼれ球を、ほとんどノーステップで振り向きざま、ヒザから下だけのコンパクトな振りで...

続きを見る

「時代の先駆者が、Jリーグに来てしまった故の悲劇」浦和ペトロビッチ監督の解任

2017/07/31 | Jリーグ

土曜日の試合で下位のコンサドーレ札幌に対し、まさかのハーフタイム3人替えで結局9人で戦う羽目になってあっさり連敗、J1のここ8試合でわずか勝ち点6、順位こそ8位に留まっているものの首位から勝ち点12差...

続きを見る

「組織面では上回っていたセレッソ、しかし戦術はベースであって逃げ道ではない」J1第19節 ガンバ大阪-セレッソ大阪

2017/07/30 | Jリーグ

昇格組のセレッソが首位、昨年年間4位のガンバが6位という意外な形で迎えた、吹田スタジアムでの大阪ダービー。現在の勢いからしてセレッソが優位と見られていたが、結果はガンバが3-1で逆転勝利と意地を見せつ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑