これからは、日本人選手が”オワコン・ドイツ”よりもスペインへ移籍する時代になるのかも?

スポンサードリンク

昨日はちょっと外で食事をした後、9時半ぐらいに自転車で帰宅したわけですが、あまりの寒さにすっかり消耗してしまい、凍えきった体で風呂に入って酒を入れたとたんにガッツリ寝落ちしてしまいました。

なので、ちょっとサッカー関係のニュースからピックアップしてみますと、乾のビジャレアル移籍について、本人はエイバルとの延長を望んでいるのにクラブ側が放出を示唆するという、ちょっと不思議な状況になっていますね。

通常の場合、活躍している選手がクラブと契約延長をする=年俸のアップを意味するわけですから、エイバル側がそれは難しいと音を上げているのかもしれません。エイバルのスタジアムは、JリーグではJ2規格にさえ足りない6267人が収容人数ですし、いくらクラブが順位を上げても使える予算に限界があります。

たとえ乾本人が残りたくても、代理人はより高い契約を結んだほうが手数料で儲けられますし、もしビジャレアルが倍ぐらいの年俸を提示して来たら断るのは難しくなるかもしれません。エイバルと契約を延長した上で、ビジャレアルに移籍金を払ってもらうという手段もありますが、それもエイバルからの評価があっての話ですからね。

しかしそれにしても、かつては日本人選手が必ず憧れるのに、日本人が一番通用しないリーグと言われていたスペインで、柴崎や乾のように同国内でステップアップが可能な選手が出て来ているのは非常に感慨深いです。

その最も大きな原因と考えられていたのが、他国では日本人の長所と見られているテクニックや俊敏さがスペインでは全く利点にならないのと、未だに4バックの組織だったゾーン・ディフェンスが主流であるため、語学と戦術理解度が足りない日本人をわざわざ監督が使おうとは思わないという点でした。

確かに、柴崎も乾も最初はポジショニングが酷いものでしたが、今ではすっかり戦術面ではチームの優等生になっています。元来監督の指示に素直な日本人選手は、きちんと戦術を教えればモノになるという認識がスペインリーグのクラブや監督の間に広がりつつあるのかもしれません。

逆に、これまでは日本人のすばしっこさが重宝されて移籍市場の中心となっていたドイツは、センターラインに大柄な選手を置くことが鉄則となっているため、日本人選手はだいたいサイドに追いやられてセンターフォワードやアンカー、センターバックでは起用されず、代表でもそれらのポジションの選手が居ない事態になっています。

そして戦術面でも、ドイツは1部リーグの下位や2部だと選手を配置して後はおまかせみたいな監督が多く、宇佐美や浅野のような戦術理解度が足りない選手は、放置された挙句に出番を失うパターンが増えて来ています。乾や酒井宏樹は、ドイツを出てからポジショニングを理解するようになったぐらいですからね。大迫と武藤はずっと戦術的には放ったらかしですし、清武もドイツでもうちょっとマシな指導者に当たっていれば、セビージャで苦労する事は無かったかもしれません。

トゥヘルやナーゲルスマン、テデスコのようにドイツの若手指導者は戦術オタクぶりを発揮していますが、これからドイツへの移籍を検討する場合、しっかりクラブや監督の手腕を見定める必要があるのではないでしょうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ハリルホジッチ・ジャパンと同じジレンマに挑む、アンデルレヒトの森岡」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 アンデルレヒト-KVメヘレン

冬の移籍で、ワースラント・べフェレンからリーグ3位の強豪アンデルレヒトへとステップアップ移籍を果たした森岡。早速、先週に行われたベルギーリーグの試合で先発出場したので、早速試合を見てみた。 事前...

続きを見る

「新戦力の差が産んだエイバルの圧勝劇、乾はちょいとお疲れモード?」スペイン・リーガエスパニョーラ第24節 エイバル-セビージャ

先週、セビージャは柴崎のいるヘタフェと対戦し、結果こそ試合終了間際の得点でラッキーなドローに終わったものの、明らかにセビージャのほうが強いと思った試合だったのだが、それだけにまさか次節のエイバルが5点...

続きを見る

「いきなりデビュー戦で2ゴールのバチュアイは、ドルトムントの救世主になれるのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-ボルシア・ドルトムント

昨日からの連日観戦になってしまうけど、オーバメヤンとの交換になった形でドルトムントに加入したバチュアイが早速先発で出場し、ケルン相手に2ゴールを決めて勝利したというニュースを聞いて、これは試合を見ない...

続きを見る

「ドルトムント”攻め攻め病”の主原因となってしまっていた香川」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ボルシア・ドルトムント-フライブルク

昨日の深夜に、ドルトムントはケルン戦で勝利を収めたのだが、さすがにそこまで起きているなんて無理だったので、昨晩はその前のフライブルク戦の録画を見ていた。 ここ9試合でわずか1敗と絶好調なフライブ...

続きを見る

長友のガラタサライ移籍は、日本サッカーにとっても世界の戦術的にも1つの時代が終わった証明である

昨日、ヨーロッパの冬の移籍市場が締まり、インテルで出番を失っていた長友がトルコのガラタサライに移籍する事が発表されました。一応、形式ではレンタルという事になっていますが、年齢から考えて事実上の一方通行...

続きを見る

「話題では森岡の陰に隠れ(?)、試合でも影が薄かった久保」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ 第24節 クラブ・ブルージュ-ヘント

昨日、ワースラント・ベヴェレンの森岡が現在ベルギーリーグ3位のアンデルレヒトに移籍したのと対照的に、ちょっと最近は話題が少なくなっている久保。しかし今節、現在リーグで圧倒的な首位に立っているクラブ・ブ...

続きを見る

「原口と宇佐美の出場時間は、この監督では広がる一方になってしまう」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第20節 カイザースラウテルン-デュッセルドルフ

ブンデスリーガのドイツ人監督は、トゥヘルやナーゲルスマン、テデスコのような最先端の戦術を駆使するタイプと、フェーやラッバディアのように選手を並べるだけで後は勝手にやってね、という両極端なパターンが多い...

続きを見る

「カウンターの起点として機能し始めたと思ったら、ベンチに下げられてしまった柴崎」スペイン・リーガエスパニョーラ第21節 セビージャ-ヘタフェ

上位4チームとは離されているとは言え、ヨーロッパリーグ圏内に付けている強豪セビージャのホームに乗り込んだヘタフェ。柴崎はこの試合でも4-4-1-1のトップ下で先発、1トップは累積警告で出場停止のモリー...

続きを見る

「無失点で長谷部完全復活、これでロシアW杯は万全か?」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ボルシアMG-フランクフルト

長谷部が怪我で欠場してからは、あまりフランクフルトの動向は追っていなかったんだけど、その後も12月のバイエルンとの試合に負けてからは5戦負け無しで7位に浮上、今節はホームでチャンピオンズリーグ争いのラ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「温存の酒井は出場即アシストの余裕、チームも快勝で絶好調」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第1レグ オリンピック・マルセイユ-ブラガ

こちらも決勝トーナメントが始まったヨーロッパリーグ。酒井が所属するマル...

「確かな切り札を持つレアルと、札があっても使い方が分からないPSG」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-パリ・サンジェルマン

今期のチャンピオンズリーグで、優勝候補と見られるレアル・マドリーとパリ...

「イタリア凋落の象徴になってしまうのか、外弁慶で蘇るのかユベントス」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ ユベントス-トッテナム・ホットスパー

昨日は飲み会からの帰宅後に酔っ払った状態で観戦したため、レポートは簡単...

「バチュアイゴールも残る攻撃面の課題、香川の”走らされ問題”はいつ解決するのか」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 ボルシア・ドルトムント-ハンブルガーSV

ひとまず前節は新加入のバチュアイがゴールを決めて引き分け地獄から脱出、...

「バルサ相手に前回のようなヒーローにはなり損ねた柴崎」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 バルセロナ-ヘタフェ

現在リーガでは勝ち点9の差を付けて圧倒的な首位に立っているバルセロナ相...

→もっと見る

PAGE TOP ↑