「フレッシュマン効果で連勝の浦和、ここでオールドマンに交代して大丈夫?」J1第7節 ヴィッセル神戸-浦和レッズ

2018/04/12 | Jリーグ

スポンサードリンク

日本のサッカー界は代表監督の件でゴタゴタの真っ最中だけど、J1はそんな事に気を取られる余裕なくW杯中断まで地獄の15連戦の真っ最中。昨日はBSで神戸対浦和の放送があったのでそれを観戦。

ミッドウィークの試合という事で、どちらもメンバーのターンオーバーを実行、神戸は5人入れ替えて宮、佐々木といったルーキーを先発させ、浦和も3人を入れ替えて何と槙野がベンチ外、岩波をリーグで初起用、右WBにはレッズユース出身のルーキー端岡を起用して来た。

両チームのフォーメーションは、レッズが3-4-1-2、神戸は4-2-3-1という並び。マッチアップとしてはミスマッチの関係になるので、序盤から互いに相手のポジションの間でボールを受ける組み立てになっていたのだが、中盤では互角の状況になっている分、サイドのスペースを使うWBがフリーになる浦和が優位に展開、特に右WBで先発したルーキー端岡がボールに絡んで基点になっている。

逆に左SHに入った神戸のルーキー佐々木は、ポドルスキがいつものようにフリーなポジションを取る分、守備的負担が多くなってなかなか高い位置でボールに絡めず、神戸はポドルスキのサイドチェンジなどで打開を試みるも、なかなか2列目から前にボールを運ぶことが出来ない。

すると前半24分、縦パスを受けた神戸の三浦が中盤でボールをロスト、そこから右サイドでボールを受けた興梠からのクロスに合わせた武藤のシュートは神戸GKキム・スンギュに防がれたが、そのこぼれ球をきっちり武藤自身が押し込み浦和が先制点をゲットする。

その後もウェリントンを上手く使えず前線での基点を欠いて、なかなか攻撃を組み立てられなかった神戸だったが、後半6分にポドルスキのCKからウェリントンがドンピシャでヘディングを浦和ゴールに叩きつけて同点に追いつく。

これで勢いが出た神戸は、SBが高い位置を取ってサイドの主導権を握りつつ、ウェリントンが左右のスペースに流れてパスを呼び込み、神戸に攻撃のリズムが生まれるようになる。逆に、前半は目立っていた浦和の端岡は5バック状態になった浦和のDFラインに押し込まれて目立たなくなってしまう。

そして後半18分、右サイドでパスを受けた神戸のルーキー佐々木が素早いターンで抜け出し、最後はフェイントで青木を交わしての技ありシュートでデビュー戦初ゴールを決め、神戸が再びリードする。が、27分にCKから岩波がファーでヘディングしたボールが上手くゴール右隅に吸い込まれてまた同点。

浦和は右SHに入った若手の柴戸が攻撃時は前線の位置まで上がって攻撃の主導権を握るが、神戸も同じサイドのティーラトンが裏を狙ってカウンターで応戦するなど一進一退の攻防が続く。

後半26分には左CKからマウリシオがフリーでヘディングをするが、これはキム・スンギュがスーパーセーブで防ぎ、その後は膠着状態が続いてこのままドローで終了かと思われた後半ロスタイム、CKからマウリシオがヘディングを決めて浦和がリード、そしてそのまま2-3で試合終了。

浦和は、若手の力を熟知している大槻監督ならではの大胆起用が奏功した結果になったが、ここから研究・対策されてからが本当の実力を問われる部分になるのは堀監督で実証されているので、やはり良いタイミングで次期監督に繋げたいところ。オリヴェイラ氏と合意に達したという報道があったけど、個人的にはブラジル路線じゃなくて最新の戦術論を持ったドイツ人監督とかにして欲しいんだけどね・・・代表では無理でも、クラブでゾーン+αな戦術を構築できる時間はあるのだから。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「”リオネル”伊藤、1対1のドリブルで圧倒しチームを最下位から浮上させる」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ハンブルガーSV-シャルケ

この2日間は、例の騒動ですっかりサッカーの試合を見る気なんか失せていたんだけど、ひとまず代表から気持ちを切り離した事でようやく少し落ち着き、久々にDAZNで試合を観戦。やっぱピッチ外の事を考えずにサッ...

続きを見る

現実よりも夢を見させてナンボ、代表はあくまで「興行」だというのが選手も含めた日本の結論

2018/04/10 | 日本代表

昨日は本来なら休肝日だったのですが、ハリルホジッチ解任の報を受けてとてもシラフでは眠れそうに無かったので、心の中でハリルホジッチの慰労を兼ねて酒を飲むことにしました。 さて、田嶋会長からの「選手との...

続きを見る

ハリルホジッチ監督の解任が正式決定、懐かしい「腐ったみかん」と「自分たちのサッカー」が復活!

2018/04/09 | 日本代表

昨晩から噂に上がっていた、ハリルホジッチ監督の解任が正式発表となり、後任には技術委員長だった西野朗氏が就任する事が発表されてしまいましたね。 ハリル解任、田嶋会長「選手との信頼関係が薄れた」(ゲキサ...

続きを見る

まさかのハリルホジッチ電撃解任のニュース、その裏にある隠された理由とは・・・

2018/04/09 | 日本代表

昨晩、Twitterのタイムラインをつらつらと眺めていたら、とんてもないニュースが飛び込んで来ました。 ハリルホジッチ監督解任へ サッカー協会、9日緊急記者会見  :日本経済新聞 この一報を聞...

続きを見る

「”チームの体幹”勝負で鹿島に勝った湘南、初っ端から結果にコミットする」J1第6節 湘南ベルマーレ-鹿島アントラーズ

2018/04/08 | Jリーグ

昨日NHK-BSで行われていた唯一の試合は、あのRIZAPの連結子会社となることが発表された湘南ベルマーレと鹿島の試合。これ、NHKは明らかに狙っただろうと思って試合を見てみたら、その狙い通りに結果に...

続きを見る

「3バックのCBというビックリ起用に応えた酒井、ハリルホジッチにとっても大きな発見になったか?」

SC マルセイユは、GKのマンダンダ、レギュラーCBのラミとロランドの守備の要3人が揃って怪我したために、何とカマラ、ルイス・グスタヴォ、酒井の3バックに、ミトログルが1トップ、2列目がオカンポ...

続きを見る

「クロップが作り上げた真の”縦に速いサッカー”、グアルディオラの小細工戦術を軽々と粉砕」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第1レグ リバプール-マンチェスター・シティ

まさにグアルディオラ監督にとっては”天敵クロップ”! これでクロップがグアルディオラ率いるチームに対しての対戦成績は6勝1分5敗と五分を上回り、これはモウリーニョやベンゲルといった他の名監督より...

続きを見る

「時計のように正確なレアルのパスワーク、最後はエースがユベントスの心をへし折るスーパーゴール」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第1レグ ユベントス-レアル・マドリー

いよいよベスト8の戦いがスタートしたUEFAチャンピオンズリーグ。3連覇を狙うレアル・マドリーはセリエAで圧倒的な強さを見せているユベントスのホームへと乗り込んでの試合になったが、圧倒的な強さでユーベ...

続きを見る

「ベティスへの移籍問題とエースの復帰で、ピッチでも少し微妙な立場になった乾」リーガ・エスパニョーラ 第30節 エイバル-レアル・ソシエダ

ここ3試合は未勝利で、リーグ戦の順位も10位と失速しつつあるエイバル。前節はベティスへの移籍問題が影響して(?)ベンチスタートになっていた乾だが、ソシエダ戦は定位置である4-4-2フォーメーションの左...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑