「冨安がつき遠藤がこねし天下餅すわりしままに食うは鎌田」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第10節 シント・トロイデン-ムスクロン

スポンサードリンク

ここまでリーグ戦6位とプレーオフ1入りが現実的な目標になりつつあるシント・トロイデンと、最下位ながら監督交代後は調子が上向きつつあるムスクロンとの対戦。

シント・トロイデンは2シャドーの位置でレギュラーだったセバージョスがアンデルレヒト戦の一発レッドで2試合出場停止、代わりに鎌田が先発でトップ下に入り、冨安が3バックの右になった3-1-4-1-1の形で、遠藤はベンチスタート。対するムスクロンは4-1-4-1のフォーメーション。

試合はアウェイのムスクロンが序盤から積極的に前からプレスを仕掛け、アンカー気味にプレイするアサモアの脇に出来るスペースにどんどん選手が攻め上がり、何度もシュートチャンスを作り出す。鎌田も何とかボールを引き出して基点になろうとするが、キープもリターンも怪しくてポストプレイが安定しない。

前半25分には相手のクロスがDFに当たってゴール前でピエロが完全にフリーになるも、シュートはシント・トロイデンGKステッペがコースを消して何とか防ぐ。逆に、シント・トロイデンはその直後に左サイドからのパスに抜け出したボリが後ろから倒されPK。これをボタカが決めて押されていたシント・トロイデンが先制する。

ムスクロンは31分にみ右サイドからの速いクロスにピエロが飛び込み、冨安が後ろを取られて一瞬体を抱えたように見えたが、ヘディングしたボールは外へ流れてシント・トロイデンは命拾い。

シント・トロイデンは前半35分に、セットプレイから浮いたボールをフリーになっていた鎌田がボレーで叩きつけるもGKがキャッチ。さらに40分、鎌田がスラロームのようなドリブルで切れ込んだところをボヤが倒し、これが2枚目のイエローとなってムスクロンが10人になってしまう。

が、ムスクロンは前半43分にCKから足で合わせたシュートはステッペに防がれたものの、こぼれ球を押し込んで同点に追いつく。シント・トロイデンも鎌田のスルーパスから折り返してのフリーなシュートは相手GKに防がれ、同点のまま前半を折り返す。

後半もシント・トロイデンはアサモアが引き出された後のスペースを使われて決定機を作られたり、ピエロに力づくで反転されPA内でシュートを打たれるなど、相変わらず数的優位とは思えない不安定な展開。そして後半20分に遠藤をアンカーに投入、冨安が右CB、鎌田がシャドーになった4-3-2-1のフォーメーションへと変更する。

これで中盤を広くカバーする選手がアサモアと遠藤の2人になってシント・トロイデンの守備がようやく安定、ここから一気にホームチームへと流れが変わり始め、それまでは消えがちだった鎌田も味方との距離が近くなり、柔らかいトラップからのドリブルでボールに絡むようになる。

すると後半39分、シント・トロイデンはCKからファーの遠藤が折り返し、テイシェイラのヘッドはGKに防がれたが、こぼれ球をボリが押し込み勝ち越しゴール。さらに後半45分、ゴール前でクロスに飛び込もうと競り合った鎌田が倒され、VARによってPKが与えられる。これを鎌田自身が決めて3-1、そして試合終了。

結果的に勝ったとは言え、試合を通じてみればムスクロンのほうが内容は優勢で、遠藤が入ってフォーメーションが変わってから明らかにシント・トロイデンの状況が好転したように、実は3-1-4-2よりも4-3-3のほうがいいんじゃないか。遠藤もアンカーよりはインサイドハーフのほうがやりやすそうだ。

冨安は後半はビルドアップの貢献で盛り返したが、前半はフィジカルモンスターのピエロに対して完全にやられたシーンもあり、ちとほろ苦い出来だったが良い経験になっただろう。

そして鎌田はやっぱり美味しいところだけを持っていくなと(笑)。相変わらず前線の選手としては線が細くて頼りないけど、以前に比べると多少は攻守の切り替えに対する意識は向上したように思う。まだ本格的になるのは時間がかかるだろうけど、今はとにかく試合に出続けて経験を積むしか無いね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「プレイスタイルの変更で、相手の対策を無効化させた中島の応用力」ポルトガル・プリメイラリーガ第7節 ポルティモネンセ-スポルディングCP

第5節にリーグ戦初勝利を飾ったものの、未だ最下位に沈んでいるポルティモネンセと、4位と好位置につけているスポルディングとの対戦。ヨーロッパリーグから中2日のスポルディングは3人の先発選手を変えるターン...

続きを見る

「武藤がプレミアリーグ初ゴール、そして交代してからの逆転負けは偶然ではない」イングランド・プレミアリーグ第8節 マンチェスター・ユナイテッド-ニューカッスル

マンUは1トップにルカク、ウイングにマルシャルとラッシュフォードを配した4-3-3、ニューカッスルは武藤が1トップで2列目にケネディ、ペレス、リッチーを並べた4-2-3-1のフォーメーション。 ...

続きを見る

「名将ツネ様率いるガンバがシーズンダブルを達成、ユン・ジョンファン監督は解任へ?」J1第29節 セレッソ大阪-ガンバ大阪

2018/10/07 | Jリーグ

今期は怪我人が多くてなかなかベストメンバーが組めず、ここ7試合でわずか1勝と調子に乗り切れないセレッソと、今野が復帰後は4連勝、一気に降格圏から脱出したガンバとの大阪ダービー。 セレッソは杉本が...

続きを見る

「代表引退がもったいない、長谷部円熟の3变化で強豪ラツィオを整頓」UEFAヨーロッパリーグ グループH フランクフルト-ラツィオ

リーグとは対照的に、ヨーロッパリーグでは開幕節であのマルセイユをアウェイで破り最高のスタートを切ったフランクフルトは、第2節は同じく初戦でアポロンを破ったラツィオとのホーム試合。 両チームともに...

続きを見る

「これからの日本を背負って立つ4人が、ロシアW杯組と融合してどんな世界を見せるのか」キリンチャレンジカップ パナマ・ウルグアイ戦 代表メンバー発表!

2018/10/05 | 日本代表

最近は私生活がいろいろ忙しく、TwitterのTLさえまともに見られない状態で、キリンチャレンジカップのパナマ、ウルグアイ戦メンバーが発表になっていた事を、今朝のニュースフィードでようやく知った有様で...

続きを見る

「長友は決定機を決められず失点にも絡んだが、それ以前にGK以外があまりにも存在感が薄い」UEFAチャンピオンズリーグ グループD FCポルト-ガラタサライ

第1節は勝利で良いスタートを切ったガラタサライだが、チャンピオンズリーグでのアウェイ成績は0勝2分9敗と未だ未勝利という鬼門。その相手はポルトガルリーグの覇者であるFCポルト。 ポルトもガラタサ...

続きを見る

「W杯で大活躍したポグバとルカク、フェライニがいて、こんな試合になってしまうのは誰の責任?」UEFAチャンピオンズリーグ グループH マンチェスター・ユナイテッド-バレンシア

リーグカップでダービー・カウンティに敗れ、リーグ戦ではモイーズ監督時代と同じ悪い成績、ポグバとの確執が表に出た上に、古参のバレンシア選手からもモウリーニョの解任に賛成という報道が出るなど、凄まじい大逆...

続きを見る

「序盤は破壊力を見せまくったHSVが、4試合無得点の大失速になった理由」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第8節 ザンクト・パウリ-ハンブルガーSV

今シーズンは現在リーグ7位と好調なスタートを切ったザンクト・パウリと、序盤は好調だったものの、この3試合は全て無得点と極端な得点力不足に陥っているHSVとの対戦。ザンクト・パウリもHSVもともに4-2...

続きを見る

「2人のCBを攻守で自在に操る”長谷部システム”で、日本人不在のハノーファーに快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 フランクフルト-ハノーファー

ともに開幕ダッシュに失敗、16位と最下位に沈んでいる同士の対戦。特にハノーファーはここ3試合で8失点と守備が崩壊しているが、原口はベンチ外、浅野はベンチスタートと残念な状況。 両チームのフォーメ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑