「香川のポジショニングと相手の関係」欧州CLグループA レアル・ソシエダ-マンチェスター・ユナイテッド

スポンサードリンク

リーグ戦ではほとんど香川の先発が無いのに、CLでは毎回スタメンというのはどういう事なんだろうね、と常日頃から訝しく思っていたのだけど、やはりこのソシエダ戦を見てみると、その選択にもある程度納得するところがあったりする。

まず、プレミアリーグでは縦に入るボールに対しては大抵DFが体ごとぶち当たって来るので、香川程度の体格ではまともに相手を背中から受けると簡単にブッ倒されて笛も鳴らされない。従ってプレミアでサイドを任されるような選手は、スピードで千切ってボールを受けられる選手か、ドリブラーでもある程度質量がある選手になってしまう。

4-4-2であれば、SBとボランチ、FWがダイアゴナルな動きをしつつ流動的にトライアングルを作ってパスを回さないと香川のような選手はボールを前に運べないが、マンUにはルーニーとキャリック以外にそういったプレイが出来る選手がいない。仕方なしに香川はボールをもらいに中へ入ったりボランチまで下がったりするのだが、それが香川単独の動きになっているのでポジションのバランスを崩してしまう悪循環。

しかしソシエダ戦の場合は、サイドで香川がボールを受けても相手がゾーンを作って縦にコースを切る事を優先するので、とりあえず前は向くことが出来る。香川のようなパスセンスがある選手は、前を向けるかどうかでプレイの自由度が天と地ほど変わってくる。それはトップ下になるとより顕著になり、ソシエダは香川にマンマークを付けて来なかったので、香川はゾーンの間でボールを受けてターンをし、そこから周りの選手を上手く使うという、本来のプレイを十分にさせてもらえていた。

今までの試合とは違って、香川があまり中に入り込む場面が無かったのはそういう理由が大きいのではないかと思っている。が、モイーズ監督がこれから戦術で修正できるとも思えないし、プレミアでこれから先発が必ず増えるという楽観論はあまりに早計だろう。

ただ、幸いな事に香川自身の調子は確実に上向いている。チチャリートがふかしたアシスト未遂につながったクロスは直前の絶妙なトラップがあったこそだし、狭いスペースで小さくターンをする香川独特のボールタッチが何度も見られた。次のアーセナル戦は香川が生きそうなスペースが出来る試合になりそうだし、是非とも先発、出来ればトップ下で使ってもらいたいところだけどねえ・・・連戦になるからファン・ペルシ、ヤヌザイ、ルーニー、ヤングになっちゃうんだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「オランダリーグに埋もれるハーフナー・マイク」オランダ・エールディビジ第12節 アヤックス-フィテッセ

先週末に、ハーフナー・マイクが先発したフィテッセが、現在オランダリーグ3連覇中のアヤックスをアムステルダム・アレナで破ったと聞いて、「おっ、これは何かがブレイクしたのかな」と思って期待を込めて試合を見...

続きを見る

「長友が戦術的なキーだった」イタリア・セリエA第11節 ウディネーゼ-インテル

ローマ戦で0-3と大敗して以来、失点が多くて不安定な結果が続いていたインテルだったが、アウェイでのウディネーゼ戦では一転して3-0の快勝と、カピターノの復帰と相まって久々に明るいニュースになった。 ...

続きを見る

「1年でのJ1復帰達成おめでとう!」J2第39節 ガンバ大阪-ロアッソ熊本

2013/11/04 | Jリーグ, 未分類

昨年は、遠藤と今野という代表スタメン2人を抱えながらもJ2に降格してしまったガンバ。しかし今期はスタートダッシュにこそ躓いたものの、長谷川監督が辛抱強く守備組織を構築し、夏の補強を経てその後は順調に勝...

続きを見る

「たまには攻撃的なチームが勝って欲しい」ナビスコカップ決勝 浦和レッズ-柏レイソル

2013/11/03 | Jリーグ, 未分類

けが人が出てベストメンバーが組めない柏に対して、ほぼ万全の状態で臨める浦和が有利と見られていたナビスコカップ決勝は、浦和がボールポゼッション69%と圧倒的にボールを保持するも、前半ロスタイムの失点のみ...

続きを見る

「本田ボランチは正直微妙」ロシア・プレミアリーグ第14節 CSKAモスクワ-クラスノダール

CSKAの次の試合はもう今晩にあったりするんだけど、けが人が出まくりで本田がボランチをやった試合だというので興味があって見てみた。 何故か今頃になって世間では代表本田ボランチ説が出始めていて、この試...

続きを見る

Jリーグはスポーツなのか、祭りなのか

2013/11/01 | Jリーグ, 未分類

最近まで全く日にちを知らなかったんだけど、どうやら昨日はハロウィンだったらしく、渋谷センター街などでは仮想した人が大挙して大変だったそうですね。 ハロウィンは、もともと11/1は古代ケルト族にとって...

続きを見る

「負けてなお強しのヘルタ」ドイツ・ブンデスリーガ第10節 バイエルン・ミュンヘン-ヘルタ・ベルリン

一時は得点力不足でブレーキがかかったものの、ここ3試合は再び調子を取り戻して4位という好順位につけているヘルタ・ベルリン。この試合でも絶対王者のバイエルンに対して2-3とあと一歩まで追い詰める活躍を見...

続きを見る

「岡崎復活の2得点」ドイツ・ブンデスリーガ第10節 マインツ-ブラウンシュヴァイク

リーグ戦開幕から4連勝と絶好のスタートダッシュを決めたものの、そこから公式戦7試合でわずか勝ち点1といきなり絶不調に陥っていたマインツ。 まあ、その4連勝も実際はミュラーの異常な決定力によるものが大...

続きを見る

「やはりここまで武器が少ないと厳しい」U-17ワールドカップ ベスト16 日本-スウェーデン

2013/10/29 | ユース代表, 未分類

グループリーグで3連勝を飾ったものの、ベネズエラ戦の時点から今回の日本は対策されると打開手段が少なくて厳しいチームだなと思っていただけに、大変残念だけどラッキーがこの試合に来なかったなという感じで、あ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「5レーン理論、何それ美味しいの?とムシャムシャ食べてしまうアトレティコ」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ アトレティコ・マドリー-ユベントス

クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したので、彼にとってはマド...

「2年ぶりに復活したノイアーとフンメルス、プレスを華麗にいなしアンフィールドを沈黙させる」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ リバプール-バイエルン・ミュンヘン

これも今節のチャンピオンズリーグでの注目カード。リバプールはいつものフ...

「いくら長谷部が守備を整えても、さすがにチームの疲労は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 フランクフルト-ボルシアMG

現在、何と公式戦4戦連続引き分け中と、勝ちきれない試合が続いている...

「酒井が戻ったら、マルセイユはあっという間に10位から4位へジャンプアップ」フランス・リーグアン第25節 マルセイユ-アミアン

もちろんそれだけが理由じゃないだろうが、酒井がアジアカップから戻って来...

「プレイが研究され始めた鎌田、これからが本人もチームも正念場」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ズルテ・ワレヘム-シント・トロイデン

現在3連勝中のシント・トロイデンは、前節から同じメンバーで鎌田と冨安が...

→もっと見る

PAGE TOP ↑