「同じようで微妙に似ていないサッカー」J1第10節 柏レイソル-横浜Fマリノス

2013/05/10 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

リーグ戦では出遅れているもののACLでは首位でグループリーグを突破した柏と、現在リーグ2位と好調な横浜Fマリノスという強豪同士の対戦は、予想通りの好ゲームで拮抗した展開になったが、決定力のわずかな差とゲームプランのかみ合わせで柏が上回った試合となった。
横浜は以前の中村をトップ下にした4-2-3-1ではなく、藤田とマルキーニョスの2トップに中村を右SHに置いた4-4-2に変えてきた。これはおそらく、横浜のサッカーを各チームが研究して来て全ての攻撃の基点である中村がマークされ、プレッシャーがきつくなって球出しに支障が出て速攻が決まらなくなった対策だろうが、これが前半は機能しなかった。
柏の守備は、とにかく2トップに対しては厳しくCBがマークに付き、ボランチやSBと挟んでバイタルを自由にさせない狙いがはっきりしており、中村はプレッシャーが緩いサイドにはいたものの、前線が狭い場所で汲々として動けず、中村がパスを出せるコースがほとんど作れていなかった。
逆に横浜の守備はコンパクトではあるけどもゾーン主体で人に付くという感じではなく、柏のポストプレイからボランチに落としてサイド、という素早い展開を止めることが出来ず、8分にあっさりとサイドを突破したジョルジュ・ワグネルからのクロスをクレオに頭で決められてしまう。
そこはさすがに横浜もすかさず修正して来て、2トップがスペースを作って中村が中に入り、後ろからのボールをワンタッチで前に流す攻撃をし始めると、それまで2トップへの楔封じに集中していた柏DFがラインの裏を取られるようになり、21分にはマルキーニョスとのパス交換で抜けだした小林がドリブル、折り返しを兵藤が倒れこみながらのシュートを決めて同点に。
前半終了間際にGK菅野が脳震盪で退くアクシデントがあった柏だが、交代で入った稲田がゴールマウスをしっかり守り、ハイペースの試合展開を凌いでいく。すると、15分にDFからクレオに入った楔をダイレクトにはたいたボールを工藤が拾い、PA外側からミドルシュートを決めて柏が再びリードする。その後は横浜のロングボール攻撃にも耐え、終了間際のシュートもポストに当たるラッキーもあり、柏が何とか逃げ切った。
欧州の主要リーグに比べると、Jリーグはいかにもプレスを行う覚悟の薄さというか、スペースを埋めたりパスコースを切ったりという受動的な姿勢を「プレス」と思ってるんじゃないか、という試合が多いのだが、この試合はそういう印象を感じさせないレベルのせめぎ合いが見られて非常に楽しかった。それと単なるレベルの話だけではなく、スターがいないJリーグにお客さんを来させるには、もっとこういった試合が増えないとダメだと思っているだけに、心強いものがあったね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「モイーズ就任で香川は起用されるのか」イングランド・プレミアリーグ リヴァプール-エヴァートン

昨日の夕方に、突然Twitter上のタイムラインがある1つの知らせで埋め尽くされた。それが、サー・アレックス・ファーガソン監督が今季いっぱいで退任を決めるという超ビッグニュース。 自分の中では、ピッチ...

続きを見る

「派手な打ち合いを岡山が制す」J2第13節 ファジアーノ岡山-モンテディオ山形

2013/05/08 | Jリーグ, 未分類

J2の試合というと、個人能力を組織でカバーするハードワークと、前線のタレント不足による決定力の弱さが相まって、ロースコアでのせめぎ合いになる試合が多いイメージがあるのだが、岡山と山形の対決はそれを真っ...

続きを見る

「乾には消化不良もチームは快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 フランクフルト-デュッセルドルフ

しばらく怪我で戦列を離れていた大前が先発で復帰、フランクフルトも通常通り乾が出場したので日本人ダービーとなった試合は、フランクフルトが成績通りの順当勝ちを収め、デュッセルドルフは降格圏からの脱出は敵わ...

続きを見る

「戦術の幅と持続性」J2第12節 松本山雅FC-ザスパクサツ群馬

2013/05/05 | Jリーグ, 未分類

昨晩は、本当はサウサンプトンの試合を見る予定だったんだけど、試合開始が30分遅れるとの事で、さすがに1時半までは付き合いきれないという事で、録画してあった松本と群馬の試合を観戦。サウサンプトンはちょう...

続きを見る

「やはり中村がいるとこうなるね」J1第9節 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2013/05/04 | Jリーグ, 未分類

今節のJ1注目の上位対決は、予想通り守備組織がしっかりしたチーム同士のソリッドな戦いとなり、73分にアウェイの鹿島が横浜のお株を奪うセットプレイで先制するも、後半ロスタイムに岩政の2度のヘディングクリ...

続きを見る

「三歩進んで二歩下がる」オランダ・エールディビジ フィテッセ-ヴィレムII

前節でフェイエノールトに敗れ、自力でのチャンピオンズリーグ出場権獲得が消滅してしまったフィテッセだったが、さすがに今節は最下位のヴィレムIIに3-1で勝利し、とりあえず何とか可能性は残した。 アウェイ...

続きを見る

「負けてなお強し」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ レアル・マドリー-ボルシア・ドルトムント

ジグナル・イドゥナ・パルクでの第1レグでドルトムントに対して4点をぶち込まれるという失態を見せてしまい、ここからひっくり返すのは不可能だろうと思われていたレアル・マドリーだったが、第2レグでは一矢報い...

続きを見る

「やはりマンネリ感は否めない」J1第8節 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

2013/05/01 | Jリーグ, 未分類

昨日、セルビアメディアのインタビューでピクシーが今期での退任をほのめかしているというニュースが出ていたけど、そういう気持ちになるのも仕方ないな、と思わせる内容の試合ではあった。 オランダリーグの中堅以...

続きを見る

「不調の川崎はどの方向へ行くのか」J1第8節 FC東京-川崎フロンターレ

2013/04/30 | Jリーグ, 未分類

今期は宇佐美のホッフェンハイムやオランダのVVV以外は、海外組で残留争いに巻き込まれているチームが少なく、それはそれで喜ぶべき事なんだけど、先日も書いたように中堅以下のチームはここから気が抜けて成績が...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑