「やはり長谷部もアンカーではない」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ブレーメン-ニュルンベルク

スポンサードリンク

勝ち点で5の差がある上位チームとのアウェイ戦、清武が1得点1アシスト、それも2点を先制されながらも最後は追いついてのドローと、ニュルンベルクにとって悪い結果じゃ無かったのは確かだけど、個人的には残念に思う部分が少なくない試合だった。

それは、前半のニュルンベルクが見せたあまりのザルっぷり。とにかく全てのフィールドプレイヤーが4-2-3-1の基本ポジションからほとんど動けず、その間に侵入してくるブレーメンの選手とボールが全く止められず、よく2点だけで済んだなという酷い内容だった。

そういう試合は当然どんなチームにもある事だけど、その被害を最小限に食い止められるかどうかの鍵は、ボランチの選手、それもアンカーと呼ばれる守備的な役割を持つ選手の働きにある。相手の猛攻の中でもボールの流れを読んだポジショニングを取り続け、時にはDFラインにまで入ってクロスを跳ね返し、たった1人でボールをキープしてつなげて見せる、Jリーグファンには良く知られたフレーズである「残念、そこはシジクレイだ」がそのまま表現している、ピッチ上で孤軍奮闘する姿こそが、一流のアンカーである証だ。

しかしこの試合での長谷部はそうではなかった。いや、確かに後半からはほぼ1ボランチのアンカーとしてまずまず良い働きは見せていたけど、それはドゥルミッチが入って中盤ダイアモンド型の4-4-2に近い形になった事で、前線3枚によるプレスが効いてパスコースにフィルタがかかるようになったおかげでポジショニングがやりやすくなったわけで、代表でもそうだけど前線からプレスがかかって初めてボランチとして機能する選手なんだなと痛感させられた。

同じ代表でアンカー役として見られている細貝も、今やドイツではすっかり攻撃的なボランチとして前線からのプレスに参加しまくる役割が板についてしまったし、やはり世界的なレベルでアンカー役が出来る選手は日本にはいないのでは、という疑念は確信に変わりつつある。今野や吉田はもしかするとアンカーとしては彼らより適しているかもしれないけど、今からザックがそこに手を出すとは考えづらく、W杯本番で守備固めの必要性が出て来た場合はどうするんだろうという思いはより強くなってしまった。

それはある意味では清武にとっても同じ事で、後半の活躍を見ても彼の前に選手が居てこそ能力が発揮できる選手であり、世界的に見れば2列目としては個人打開能力と得点力に劣り、ボランチとしては守備力が全然足りない。「良い選手」どまりの状態からどうブレイクスルーするのか、そろそろしっかりした方針固めが必要なのではないだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「インテルには痛い足踏み」イタリア・セリエA第6節 カリアリ-インテル

ミッドウィークを挟んだきつい日程の中で行われた第6節は、上位陣が軒並みしぶとく勝利を挙げる中、インテルは長友のアシストで先制しながらも、終盤に追いつかれてのドローという痛い結果に終わった。 インテル...

続きを見る

「香川は前半のみ、チームは敗れる」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-WBA

イングランド・リーグカップでのリヴァプール戦勝利という結果が評価されたか、WBA戦ではリーグ戦初先発となった香川だったが、前半のみの出場で後半はヤヌザイと交代、チームは後半に2得点を奪われて1-2で敗...

続きを見る

「難しい試合をものにしたインテル」イタリア・セリエA第5節 インテル-フィオレンティーナ

現在3位と4位だが同勝ち点で並んでいるインテルとフィオレンティーナというライバル同士の試合は、ミッドウィークに行われたとは思えないほど緊迫感のある戦いで、しかも長友のインテルが勝ってと見ている方にとっ...

続きを見る

日本人選手のポジショニングは何故悪いのか

2013/09/27 | 戯言2013, 未分類

ACLで柏が広州恒大に1-4で負けた試合の後に、日本人選手はもっと個人守備能力を上げなければならない、という内容のツイートをして、その中でも特にポジショニングが問題であることを書きました。その事につい...

続きを見る

「ここが優勝へのターニングポイントなのか」J1第26節 横浜Fマリノス-清水エスパルス

2013/09/26 | Jリーグ, 未分類

J1で現在首位に立っている横浜Fマリノスが、ホームのニッパツ三ツ沢球技場に清水を迎えて行われた試合は、下位に沈んでいる清水が見事なサッカーを展開し、非常に緊迫した好ゲームとなった。 横浜は試合開始直...

続きを見る

「こりゃ相手がザル過ぎました」イタリア・セリエA第4節 インテル-サッスオーロ

リーグが第4節ともなると、そろそろ変な余裕と集中力の欠如が出てくる時期で、特にここ数年のインテルのような生ぬるい雰囲気のチームは必死な下位チーム相手に足元を掬われがちなのだが、マッツァーリ体制で生まれ...

続きを見る

「もう既に長谷部のチーム」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 ニュルンベルク-ボルシア・ドルトムント

と言うわけで週末は何かと忙殺されていたので、試合の戦評については簡単に。 ミッドウィークに行われたCLのナポリ戦には負けたとは言え、リーグ戦は開幕から5連勝と相変わらずの強さを見せるドルトムントをホ...

続きを見る

サーバー移転顛末記

2013/09/24 | Blog, 未分類

3連休の間、当ブログにアクセスしてくださった方はご存知でしょうが、一時期サイトが全く見られない状態が続いておりました。 と言うのも、今回ブログツールの変更とサーバーの移転を行った事によるトラブルでえ...

続きを見る

「勝つには勝ったがスッキリしない」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 ハノーファー96-アウグスブルク

一昨日からサーバーの移転作業を始めたんですが、DNSの変更がなかなか行われずにgazfootball.comへのアクセスが出来ない状態になっております。ご迷惑をかけて申し訳ありません。復活までは、ひと...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑