「何故柏だけが一人勝ち?」アジア・チャンピオンズリーグ グループH 水原三星-柏レイソル

スポンサードリンク

今期も、広島が未だ勝ち点0で最下位に沈み、今節も仙台や浦和が韓国勢に敗れる中、水原とのアウェイ戦に挑んだ柏は、何と相手にPKが4回与えられるという超絶帳尻ジャッジの洗礼を受けながらも、6-2と大勝して3連勝を決めてみせた。
Jリーグでは、柏は浦和や広島よりも下の順位にいるのに、ACLでは何故ここまで結果が違っているのか。その理由は、まさにこの試合を見ればはっきりと分かる。
柏の選手は、フィジカルアタックや強引なドリブルを得意とする韓国の選手に対して、一歩も退かずにきちんと肉弾戦を挑んでいる。そして、田中順也や工藤のゴールシーンのように、個人の切り返しで1対1を制し、自らシュートチャンスを作り出している。
だいたい、日本選手がアジアの戦いで失敗するのは、相手のフィジカルプレスにビビってパスを回そうとしすぎ、そこで無理をしてパスミスをするか、DFが苦し紛れにロングボールを蹴って高さ負けしてセカンドボールを拾われ、そこからの強引なドリブルを止めきれずにやられるというお決まりのパターンがあるのだが、柏の選手はそれとは正反対に、相手から逃げずに真っ向から勝負している。
相手のプレスがきついと言う事は、逆に言えばそこさえ突破してしまえば後ろはスペースがたっぷりあるわけで、柏が得点した6点のほとんどの場面が、相手が前がかりになって手薄になった守備のスペースを突いた形で作られている。そして韓国勢の1対1での強さも、その力を利用して切り返しなどで逆手に取れば、1対1は1対0に出来てしまうのだ。
ただ、言うは易く行うは難し。ドリブルよりもパス、プレスと言えば人数をかけてパスコースを切る事が常識なJリーグに居ながら、アジア対策を実行に移すことは極めて難しい。そこを柏がラクラクと乗り越えているのは、ネルシーニョの経験と分析・実行力が素晴らしいのはもちろんだが、チームとしてACLを2年連続して経験している事も大きいのだろう。
広島と仙台については、選手層的にもこの先勝ち上がって行くのは難しいと思うので、何とか柏には頑張ってもらってモロッコへの切符を手にして欲しいところだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「清武も長谷部も自分の仕事をこなす」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ヴォルフスブルク-ニュルンベルク

シーズン途中でいきなりヴォルフスブルクへと移籍してしまったヘッキング監督に対する、復讐戦という格好になった試合は、ホームのヴォルフスブルクが前半に2点をリードするものの、後半を守りきれず同点に追いつか...

続きを見る

「ジャイアント・キリングが日常」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-チェルシー

今シーズンのホーム戦では、マンチェスター・シティやリヴァプールといったビッグクラブを葬ってきたサウサンプトン。この試合でも当然のようにチェルシーに対して勝利を挙げ、まだ降格圏から勝ち点4の差とはいえ、...

続きを見る

「ある意味普通になって来た」イングランド・プレミアリーグ サンダーランド-マンチェスター・ユナイテッド

代表戦の後だし先発予想からも外れていたし、昨日はおそらく出場しないだろうと踏んでいたので、Twitterで先発と聞いた時には既に前半20分になってた・・・ファギーの空気読めなさ加減をすっかり忘れており...

続きを見る

「小村監督の見事な仕事」J2第5節 ガイナーレ鳥取-栃木SC

2013/03/29 | Jリーグ, 未分類

監督業初経験でありながら、ここまで4戦負けなしの2勝2分けと素晴らしいスタートを切っているガイナーレ鳥取の小村新監督。5戦目の栃木戦では、1-1のドローに終わったものの、終始試合の主導権を握る戦いぶり...

続きを見る

日本のセットプレイの弱さは欧州組のせい?

2013/03/28 | 戯言2013, 未分類

ちょっと小ネタ的な更新ですが、日本のセットプレイに対する弱さについて。 ザックは、ヨルダン戦の後に「CKさえ与えてはいけないのか」と語っていましたが、その失点シーンに限らず以前から相手の選手にボールを...

続きを見る

「実は99%決まったも同然?」日本のアジア最終予選勝ち抜け条件

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

残念ながらヨルダンに敗退してしまった日本だが、依然としてグループで最も有利な立場に立っている事は間違いないわけで、ここで1つ冷静になって日本が勝ち抜けられる条件を整理してみる。 まず、残り2試合で勝ち...

続きを見る

「全てが裏目に出たザックジャパン」ブラジルW杯アジア最終予選 ヨルダン-日本

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

裏の試合であるオーストラリア対オマーンがドローに終わったおかげで、日本は引き分け以上でブラジル行きが決まるチャンスだったのだが、あえなく自滅で悔しい敗戦、切符の獲得は次戦以降に持ち越されてしまった。 ...

続きを見る

ここで決められるか、アジア最終予選ヨルダン戦展望

2013/03/26 | 日本代表, 未分類

さて、1年半に渡って戦って来たブラジルW杯アジア最終予選、大詰めの一番であるヨルダン戦がやって来た。 日本はここまで2位に勝ち点8差で大きくリードしているとは言え、残り2試合がホームでのオーストラリア...

続きを見る

「南米のようで南米でない?」ブラジルW杯南米予選 アルゼンチン-ベネズエラ

ドイツW杯の決勝トーナメント1回戦で戦ったパラグアイや、引き分けに終わった2年前のペルー戦、そしてトルシエジャパン時代に酸化したコパ・アメリカなど、昔から日本代表は南米勢を苦手にしてきた。 それは1対...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑