「モイーズ就任で香川は起用されるのか」イングランド・プレミアリーグ リヴァプール-エヴァートン

スポンサードリンク

昨日の夕方に、突然Twitter上のタイムラインがある1つの知らせで埋め尽くされた。それが、サー・アレックス・ファーガソン監督が今季いっぱいで退任を決めるという超ビッグニュース。
自分の中では、ピッチ上でぶっ倒れるまではサーの引退は無いと勝手に思い込んでいただけに、今日は4/1じゃないのかとオシムの時以上にうろたえてしまったのだが、どうやら間違いのない事実なのは確かなようで、今はとにかく気持ちを切り替えるしか無い。
後任には、モウリーニョやクロップというビッグネームの名前が出ているようだが、クロップは先にドイツ代表監督の道が待っているので可能性としては低いし、サーが完全引退ではなくディレクターという職種に残って睨みを効かせる事を考えれば、レアルでも全権にこだわったモウリーニョは難色を示すはず。そうなると、同郷であるモイーズが二人三脚体制としては一番適任なのかもしれない。
まあ、来シーズンが始まってモイーズ体制でマンUがスタートダッシュに失敗したら、3ヶ月ぐらいで爺さんが復帰してくるんじゃないかと思ってはいるんだけどね(笑)。
と言う事があったので、昨日は現在エヴァートンを率いているモイーズ監督がどんなサッカーをやるのかという点に注目して、リヴァプールとのマージーサイド・ダービーを見てみた。
まず守備については、アウェイだが割りとソリッドでコンパクトなゾーンを高目の位置に引いており、ラインのコントロールが個人頼みっぽいマンUに比べると、ファーガソンに比べて守備組織についてはまともな整備ができる監督という印象を受けた。が、攻撃については、よくも悪くもイングランドっぽさがかなり強めかなと。
まずビルドアップをしっかりやるという概念が薄く、攻撃の一歩はSBなどからフェライニを中心とした前線へのロングボールが主体。そこでイーブンになったボールをCMFが拾い、サイドチェンジからクロスというのが基本パターン。ただ、そのイングランドスタイルに必ずしも固執しているというわけではなく、中盤でボールを丁寧につなぐシーンも少なくない。
しかし、ドルトムントやバルサと比べるとダイレクトプレーやダイナミックな3人目の動きは少なく、地味にトライアングルを作りながら足元基本でボールを回すものであり、香川が好むようなスピード感には欠ける。それでも悪い時のマンUほど古典的でなはいし、選手全体に高い運動量が求められるのは確かなので、動けない選手を無理に起用して足を引っ張られるようなチームにはならないはずだ。
従って、来期のモイーズ体制(仮)で香川が使われるかどうかは、それこそ監督が誰を中心選手として選ぶかによると言ってもいいだろう。おそらく今期のマンUと同じような感じで、香川が起用されれば香川向きのパスサッカーになるし、ヤングやバレンシアが選ばれれは以下略。もし前者であれば、ドルトムントまでとは行かないまでも、今期よりは香川がやりやすいチームになる可能性は高い。とにかくまずは信頼を勝ち取る努力が求められるだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「派手な打ち合いを岡山が制す」J2第13節 ファジアーノ岡山-モンテディオ山形

2013/05/08 | Jリーグ, 未分類

J2の試合というと、個人能力を組織でカバーするハードワークと、前線のタレント不足による決定力の弱さが相まって、ロースコアでのせめぎ合いになる試合が多いイメージがあるのだが、岡山と山形の対決はそれを真っ...

続きを見る

「乾には消化不良もチームは快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 フランクフルト-デュッセルドルフ

しばらく怪我で戦列を離れていた大前が先発で復帰、フランクフルトも通常通り乾が出場したので日本人ダービーとなった試合は、フランクフルトが成績通りの順当勝ちを収め、デュッセルドルフは降格圏からの脱出は敵わ...

続きを見る

「戦術の幅と持続性」J2第12節 松本山雅FC-ザスパクサツ群馬

2013/05/05 | Jリーグ, 未分類

昨晩は、本当はサウサンプトンの試合を見る予定だったんだけど、試合開始が30分遅れるとの事で、さすがに1時半までは付き合いきれないという事で、録画してあった松本と群馬の試合を観戦。サウサンプトンはちょう...

続きを見る

「やはり中村がいるとこうなるね」J1第9節 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2013/05/04 | Jリーグ, 未分類

今節のJ1注目の上位対決は、予想通り守備組織がしっかりしたチーム同士のソリッドな戦いとなり、73分にアウェイの鹿島が横浜のお株を奪うセットプレイで先制するも、後半ロスタイムに岩政の2度のヘディングクリ...

続きを見る

「三歩進んで二歩下がる」オランダ・エールディビジ フィテッセ-ヴィレムII

前節でフェイエノールトに敗れ、自力でのチャンピオンズリーグ出場権獲得が消滅してしまったフィテッセだったが、さすがに今節は最下位のヴィレムIIに3-1で勝利し、とりあえず何とか可能性は残した。 アウェイ...

続きを見る

「負けてなお強し」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ レアル・マドリー-ボルシア・ドルトムント

ジグナル・イドゥナ・パルクでの第1レグでドルトムントに対して4点をぶち込まれるという失態を見せてしまい、ここからひっくり返すのは不可能だろうと思われていたレアル・マドリーだったが、第2レグでは一矢報い...

続きを見る

「やはりマンネリ感は否めない」J1第8節 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

2013/05/01 | Jリーグ, 未分類

昨日、セルビアメディアのインタビューでピクシーが今期での退任をほのめかしているというニュースが出ていたけど、そういう気持ちになるのも仕方ないな、と思わせる内容の試合ではあった。 オランダリーグの中堅以...

続きを見る

「不調の川崎はどの方向へ行くのか」J1第8節 FC東京-川崎フロンターレ

2013/04/30 | Jリーグ, 未分類

今期は宇佐美のホッフェンハイムやオランダのVVV以外は、海外組で残留争いに巻き込まれているチームが少なく、それはそれで喜ぶべき事なんだけど、先日も書いたように中堅以下のチームはここから気が抜けて成績が...

続きを見る

「ここまでやられるとかえってスッキリ」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-WBA

ヨーロッパのプロビンチアを見ていて不思議に思うのが、どのチームも好調が続いて降格圏を脱出したかと思ったら、その次の試合では必ず気の抜けた試合をしてまた残留争いに巻き込まれるというパターンを繰り返す事。...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

→もっと見る

PAGE TOP ↑