「香川はトップ下だけどトップ下ではない」欧州CLグループA レバークーゼン-マンチェスター・ユナイテッド

スポンサードリンク

どちらもこの試合に勝つと決勝トーナメント進出が決定、負けるとグループ敗退の可能性が出てくるという事で、マンUにとっては緊迫した状況でのアウェイ戦だったが、蓋を開けてみれば何と5-0の大勝という意外な結果に終わってしまった。

もっとも、それはマンUが良かったと言うよりはレバークーゼンの自滅という面が大きかった。前半20分までのレバークーゼンは、攻撃に転じると素早くサイドへとボールを展開し、SBのオーバーラップを絡めて分厚いサイド攻撃を仕掛け、スピードに難があるリオ・ファーディナンドがCBに入ったマンUはラインをなかなか押し上げられず、トップ下で先発した香川と1トップのルーニーが孤立してほとんどボールに触れなかった。

ところが、前半22分に中盤でボールを奪った香川からギグス、ルーニーと展開し、マークを2人引き連れて飛び込んだ香川の裏にフリーで走りこんだバレンシアがクロスに合わせてワンチャンスで先制点を挙げると、30分には香川が倒されていたルーニーのFKがオウンゴールとなるなど、マンUがあっという間に2点を取ってしまった事で、レバークーゼンのゲームプランが完全に崩壊してしまった。

もともとは組織だったプレスと言うよりは、しっかり守ってから前線の3人が素早く攻めるサッカーが得意なレバークーゼンは、2点のビハインドを負ったことで中盤が前がかりにならざるを得なくなり、その割にはDFが1対1でのマークをルーズにしているので香川が中央でパスを楽に受けられ、そこからギグスとのコンビで自由にサイドへと展開することが出来、それからは最終盤までほとんどレバークーゼンにチャンスらしいチャンスを作らせなかった。

ただ、日本人としてやや残念だったのは香川が縁の下の力持ちになり過ぎていた事。両チームトップの12.5kmを走って常時相手のパスコースを切って自分は味方のパスコースを作り、チームメイトの上がりが遅い時にはボールをキープしつつファールをもらい、DFラインが低いのとキャリックが居なくてなかなか縦パスをもらえない中で、トップ下と言うよりはほとんどCHのゲームメイカーとしてアシストやゴールの前段階での貢献が目立った。てか、チームの走行距離3位がギグスおじさんの11kmなんだから周りが走らなすぎだけど(苦笑)。

そんな中でも香川は2度ほどフリーでシュートを打てるチャンスはあったのだが、1つは上手くヒットしなくてボテボテになり、もう1つはクロスのトラップが流れてGKにキャッチされたりと、気負いと力みがあったのか肝心なところでのミスが出てしまった。本人的にもとにかく得点が欲しかったようで、終盤のカウンターで前線まで走り込み、クロスが届かなかった時には相当ガックリした表情だったのが印象的だった。

おそらく、これがプレミアだとボールキープ時のファールは取ってもらえないだろうし、もっとラインを上げて中盤のフォローを増やし、周りが素早い攻守の切り替えでパスコースを作ってくれないと香川がトップ下で安定したプレイをするのは難しいだろうから、これでレギュラーは安泰だと思うのは早計である。左サイドでもどこでも起用された時は攻守にハードワークして、勝利に貢献できる選手として監督の信頼を積み上げるしか無いだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「なるべくしてなったフランスの大逆転」ブラジルW杯欧州予選プレーオフ第2レグ フランス-ウクライナ

ウクライナホームでのプレーオフ第1レグで0-2と敗れ、絶体絶命のピンチに陥っていたフランス。しかしフランスサポーターで満員のスタッド・ド・フランスで行われた第2レグで3-0と勝利し、軌跡の大逆転を果た...

続きを見る

「岡崎がマインツで活躍する本当の理由」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-マインツ

岡崎がドッペルパックを決めてマインツもアウェイでブレーメンに勝利と、本来であれば素直に喜ぶべき試合だったはずなのだが、どうも試合を見終わった後は釈然としない気持ちになってしまった。 理由ははっきりし...

続きを見る

「怪我人は戻ってもさっぱり安定せず」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 フランクフルト-シャルケ

土日はともに昼から飲む事になってしまい、当然のようにサッカーを見ても細かい内容は覚えてられる状態では無かったので軽く雑感。 まあとにかくシャルケはファルファンも戻って来たのにさっぱり試合に安定感が無...

続きを見る

「もはやエールディビジでは代表になれないのか」オランダ・エールディビジ第12節 フィテッセ-ユトレヒト

残念ながら、先の親善試合で日本代表に招集がかからなかったハーフナー・マイクは、ユトレヒト相手との試合でも勝ち越しゴールを決め、終了間際にも得点を挙げて3-1で勝利したフィテッセは、これでエールディビジ...

続きを見る

「信州ダービーの復活は近い」天皇杯4回戦 横浜Fマリノス-AC長野パルセイロ

2013/11/22 | Jリーグ, 未分類

今年のJFLで優勝し、天皇杯も名古屋と北九州を破って勝ち上がるなど、今年のサプライズクラブとなった長野パルセイロだったが、4回戦の横浜Fマリノスとの対戦は延長戦までもつれ込んだものの、力尽きて1-2で...

続きを見る

遠藤スーパーサブがもたらした成果と悩み

2013/11/21 | 日本代表, 未分類

10月のセルビア戦、オランダ戦の沈滞した試合から、わずか1ヶ月で見違える内容と結果をもたらした今回の欧州遠征。 その最も大きな要因は、本来の日本サッカーの美点である組織と献身性、戦術的にはコンパクト...

続きを見る

「世界ランク5位のホームにまさかの金星」国際親善試合 ベルギー-日本

2013/11/20 | 日本代表, 未分類

試合前の展望では、いつもの「ベストメンバー」で臨んで中2日の疲れのおかげでベルギーの高さにやられるのでは、という予測を立ててしまっていたのだが、これだけ豪快に外してしまったのは最近ではほとんど記憶が無...

続きを見る

「果たして乾の復活はなるのか」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 マインツ-フランクフルト

ようやく復調の兆しが見え始めたマインツに対して、ELの戦いも影響して下位に沈むフランクフルト。昨シーズンはレギュラーに定着していた乾も、今期はサブに回ることが多くてここまで得点を挙げてなかったが、ここ...

続きを見る

「オランダ戦のようには行かないかも」欧州遠征ベルギー戦展望

2013/11/18 | 日本代表, 未分類

昨日はとあるイベントに1日中参加していたので夜はフラフラ、試合を見ようとしたけどあっという間に寝落ちしたので、今日は1日早いですがベルギー戦の展望を書いてみます。 オランダ戦は、特に後半はほぼ日本が...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑