「負けてなお強し」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ レアル・マドリー-ボルシア・ドルトムント

スポンサードリンク

ジグナル・イドゥナ・パルクでの第1レグでドルトムントに対して4点をぶち込まれるという失態を見せてしまい、ここからひっくり返すのは不可能だろうと思われていたレアル・マドリーだったが、第2レグでは一矢報いるどころかあと少しでドルトムントを逆転というところまで追い詰めたのはさすがだった。
ただ猛然とプレスをかけるだけならそこらのチームでも出来る事なのだが、レアルが凄かったのは各選手がドルトムントがコンパクトに作った守備ゾーンの中でボールを受けてもほとんどバックパスをせず、その場で確実にターンをして前へとボールをつないでいた事。そのためドルトムントの守備陣はゾーンを整えてマーキングを確認する時間が与えられず、ひたすら後追いの守備を余儀なくされてしまった。
こういうポゼッションをしながらもスピードダウンしない攻撃は、いちサッカーファンとして見ていて惚れ惚れするというか、Jリーグにとって最も欠けている部分だと思い知らされるよね・・・この半分のレベルでいいから同じスタイルの攻撃が形作れたら、ここまでACLに苦労することは無いはずなんだけどなあ。
という愚痴はさておき、レアルは前半の15分までにイグアイン、Cロナウド、そしてエジルと3度の決定的なチャンスを作り出し、もしこのうちの1点でも入っていたら結果は大きく変わっていただろう。だが、さすがにドルトムントも守備を修正し、ラインを押し上げてバイタルの厚みを増やすと、そこからはレアルもなかなかビッグチャンスが作れなくなってしまう。
しかしそれで簡単に諦めないのがモウリーニョたるところで、57分にベンゼマとカカーを投入し、DFを3バックにして、ベンゼマとCロナウドの2トップ、2列目にディ・マリア、カカー、エジルを並べる3-2-3-2の超攻撃的な布陣を仕掛けて来る。そしてドルトムントに対して執拗なサイド攻撃を仕掛け続けると、ようやく後半38分にベンゼマがゴールを決め、その5分後にはCKからセルヒオ・ラモスが決め、あと1点入れればアウェイゴールで逆転というところまで行ったものの、残り7分間の間にゴールは決まらず試合はそのままタイムアップ。
いや、本当に負けてなお強し、という感想がピッタリのレアルの反撃だった。第1レグでの様子からモウリーニョの神通力も消えたかと思ってすいませんでした。来期はレアルを退団してまたチェルシーに戻るという噂が出ているが、インテルに戻ってきてくれないかなあ・・・つーかマガトだけは勘弁だけど(笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「やはりマンネリ感は否めない」J1第8節 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

2013/05/01 | Jリーグ, 未分類

昨日、セルビアメディアのインタビューでピクシーが今期での退任をほのめかしているというニュースが出ていたけど、そういう気持ちになるのも仕方ないな、と思わせる内容の試合ではあった。 オランダリーグの中堅以...

続きを見る

「不調の川崎はどの方向へ行くのか」J1第8節 FC東京-川崎フロンターレ

2013/04/30 | Jリーグ, 未分類

今期は宇佐美のホッフェンハイムやオランダのVVV以外は、海外組で残留争いに巻き込まれているチームが少なく、それはそれで喜ぶべき事なんだけど、先日も書いたように中堅以下のチームはここから気が抜けて成績が...

続きを見る

「ここまでやられるとかえってスッキリ」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-WBA

ヨーロッパのプロビンチアを見ていて不思議に思うのが、どのチームも好調が続いて降格圏を脱出したかと思ったら、その次の試合では必ず気の抜けた試合をしてまた残留争いに巻き込まれるというパターンを繰り返す事。...

続きを見る

「ラッキーな勝利で残留王手」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 ブレーメン-ヴォルフスブルク

ともに最近は勝利がなく、気がつけば残留争いが足元にまで迫っていたチーム同士の対戦は、長谷部が所属するヴォルフスブルクがアウェイながら3-0で勝利し、残留争いに王手をかける大きな勝利を手に入れた。 試合...

続きを見る

「世界一の名将の称号はクロップのものか?」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝第1レグ ボルシア・ドルトムント-レアル・マドリー

試合日の直前に、エースであるマリオ・ゲッツェのバイエルンへの移籍が発表された事で、選手やファンに動揺が広がることが懸念されたドルトムントだったが、蓋を開けてみればバイエルンと同じく優勝候補を4-1で葬...

続きを見る

「バルサとバイエルンの王朝交代」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝第1レグ バイエルン・ミュンヘン-バルセロナ

ともにリーグを独走している、欧州最強クラブと目されるチーム同士の注目の対戦は、ホームのバイエルンが4-0という予想外の大差で圧倒的な優位に立つ勝利で前半を折り返した。 試合内容は、巷で言われているほど...

続きを見る

「日本人上位対決は乾の勝ち」ドイツ・ブンデスリーガ フランクフルト-シャルケ

CL出場権争いで一時はストレートインをレヴァークーゼンと争う位置にいたシャルケだったが、このフランクフルトとの対戦で痛い敗戦を喫し、今度はCLプレーオフ圏内が混沌となって来た。 昨晩のCL準決勝では、...

続きを見る

「香川先発フル出場で、20回目の優勝を飾る」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-アストン・ヴィラ

週末の試合で2位のシティが敗れていたために、今節ホームでの試合に勝利すれば優勝が決定する条件になっていたマンチェスター・ユナイテッドだったが、プレッシャーを感じる瞬間が無いままに3-0で楽勝、最多記録...

続きを見る

「残留まであと半歩」イングランド・プレミアリーグ スウォンジー-サウサンプトン

今期はここまでリーグ9位と絶好調なスウォンジー相手の試合は、まるで昨日見た新潟対横浜Fマリノスのように、互いにコンパクトなプレスを掛け合うめまぐるしい試合内容になり、サウサンプトンにとっては終始押し込...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑