「派手な打ち合いを岡山が制す」J2第13節 ファジアーノ岡山-モンテディオ山形

2013/05/08 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

J2の試合というと、個人能力を組織でカバーするハードワークと、前線のタレント不足による決定力の弱さが相まって、ロースコアでのせめぎ合いになる試合が多いイメージがあるのだが、岡山と山形の対決はそれを真っ向から覆すド派手な打ち合いとなった。
そういう試合になった大きな要因は、岡山が押谷、石原らスピードのある選手を前線に配した3-4-2-1で、山形が林と中島というCFらしい選手を前線に並べた4-4-2という正反対な戦術同士の対戦になった事が挙げられるだろう。
試合でまずスタートダッシュを決めたのは岡山。厚い中盤から積極的にサイドを破るスピードある攻撃で、左WB田所のグラウンダーを押谷が流し込んで先制するも、DFラインとSBを高い位置に上げて徹底してロングボールを入れて来る山形に対し、高さで劣る岡山がズルズルと守備を下げさせられるようになり、16分にはCKのコースが変わったところを中島が押し込んで同点。
その後も山形がセカンドボールを支配して猛攻を続けるものの、28分に岡山がまたも田所によるサイドからセンターを抜ける飛び出しからゴールに流しこむ鮮やかな2点目を決め、4分後にはまたまた田所がドンピシャクロスを澤口に送って難なくゴールと数少ないチャンスをしっかり物にし、山形の反撃を何とか1点で凌いで3-2で前半を折り返す。
後半になっても展開は変わらないままだったが、岡山GK中林が左手の指だけでボールを弾くスーパーセーブを始めとしてロングボール攻撃を耐え忍び、20分を過ぎてようやく試合が膠着したかと思ったのだが、26分にスルーパスに反応した廣瀬を岡山が倒してしまいPK。これで試合はとうとう同点に。
シュート数は倍以上、CKに至っては0対17という圧倒的な山形のペースだっただけに、これで岡山の勝ちは無くなったかと思ったのだが、ここから疲れで互いにスペースが出来たことで岡山がバイタルで基点を作れるようになって反撃、87分に相手のクリアミスを拾ったこの試合のヒーローである田所がミドルシュートを決め、岡山が劇的な勝ち越しゴールを決めて試合終了。
1万人オーバーとホームにたくさん観客を集めたファジアーノとしてはホクホクの試合だっただろうが、試合展開を見れば山形に押されっぱなしで昇格を目指すチームとしては反省しないといけないところ。前線でキープ出来ずにラインが上がらない3バックではサイドをやられまくるのは当然で、そこを広島のように全体でのパスワークでカバーするのか、それとも別の方向で行くのかを固める必要があるだろう。
山形は、あれだけ攻撃を続けて決め切れないのは当然だけど、やはり守備がねえ・・・常時2バック状態では仕方ない部分はあるが、それにしても簡単にサイドを突破されすぎ。こちらも昇格を狙うのであればこういう部分のリスクマネジメントが出来て行かないと厳しいだろうね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「乾には消化不良もチームは快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 フランクフルト-デュッセルドルフ

しばらく怪我で戦列を離れていた大前が先発で復帰、フランクフルトも通常通り乾が出場したので日本人ダービーとなった試合は、フランクフルトが成績通りの順当勝ちを収め、デュッセルドルフは降格圏からの脱出は敵わ...

続きを見る

「戦術の幅と持続性」J2第12節 松本山雅FC-ザスパクサツ群馬

2013/05/05 | Jリーグ, 未分類

昨晩は、本当はサウサンプトンの試合を見る予定だったんだけど、試合開始が30分遅れるとの事で、さすがに1時半までは付き合いきれないという事で、録画してあった松本と群馬の試合を観戦。サウサンプトンはちょう...

続きを見る

「やはり中村がいるとこうなるね」J1第9節 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2013/05/04 | Jリーグ, 未分類

今節のJ1注目の上位対決は、予想通り守備組織がしっかりしたチーム同士のソリッドな戦いとなり、73分にアウェイの鹿島が横浜のお株を奪うセットプレイで先制するも、後半ロスタイムに岩政の2度のヘディングクリ...

続きを見る

「三歩進んで二歩下がる」オランダ・エールディビジ フィテッセ-ヴィレムII

前節でフェイエノールトに敗れ、自力でのチャンピオンズリーグ出場権獲得が消滅してしまったフィテッセだったが、さすがに今節は最下位のヴィレムIIに3-1で勝利し、とりあえず何とか可能性は残した。 アウェイ...

続きを見る

「負けてなお強し」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ レアル・マドリー-ボルシア・ドルトムント

ジグナル・イドゥナ・パルクでの第1レグでドルトムントに対して4点をぶち込まれるという失態を見せてしまい、ここからひっくり返すのは不可能だろうと思われていたレアル・マドリーだったが、第2レグでは一矢報い...

続きを見る

「やはりマンネリ感は否めない」J1第8節 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

2013/05/01 | Jリーグ, 未分類

昨日、セルビアメディアのインタビューでピクシーが今期での退任をほのめかしているというニュースが出ていたけど、そういう気持ちになるのも仕方ないな、と思わせる内容の試合ではあった。 オランダリーグの中堅以...

続きを見る

「不調の川崎はどの方向へ行くのか」J1第8節 FC東京-川崎フロンターレ

2013/04/30 | Jリーグ, 未分類

今期は宇佐美のホッフェンハイムやオランダのVVV以外は、海外組で残留争いに巻き込まれているチームが少なく、それはそれで喜ぶべき事なんだけど、先日も書いたように中堅以下のチームはここから気が抜けて成績が...

続きを見る

「ここまでやられるとかえってスッキリ」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-WBA

ヨーロッパのプロビンチアを見ていて不思議に思うのが、どのチームも好調が続いて降格圏を脱出したかと思ったら、その次の試合では必ず気の抜けた試合をしてまた残留争いに巻き込まれるというパターンを繰り返す事。...

続きを見る

「ラッキーな勝利で残留王手」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 ブレーメン-ヴォルフスブルク

ともに最近は勝利がなく、気がつけば残留争いが足元にまで迫っていたチーム同士の対戦は、長谷部が所属するヴォルフスブルクがアウェイながら3-0で勝利し、残留争いに王手をかける大きな勝利を手に入れた。 試合...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑