「原口は次世代日本代表の顔になるか」ヤマザキナビスコカップ グループB 柏レイソル-浦和レッズ

2014/03/22 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

昨日は墓参りのついでに大阪から京都まで自転車でツーリングをしたので、かなりフラフラになりながらの試合観戦だったので簡単に。

何故かJリーグでは、広島や浦和のような3バックのチームに対し、4バックのチームが3バックに代えて全ポジションで1対1の関係性を作るという、いわゆるミラーゲームを仕掛けるチームが多かったりするのだが、この試合での柏も同じようにミラーゲームを仕掛けてきた。

4バックのチームはだいたいサイドは2枚で守る形が多いのだけれど、イタリアで主流になっている現代的な3バックは、4バックに対してサイドを3枚で攻めて数的優位に立つ狙いがあり、それがゆえに長友のような運動量に長けた選手が3バックのチームでは非常に重宝されているという側面がある。

3バックに対するミラーゲームが多いのは、そういう戦術的なギャップを4バックのゾーンで対策するのはなかなか難しいので、いっそ完全にマンツーマンにしたほうが戦術的な修正が少なくて楽というのがあるのだろう。

で、結果的にこの試合ではネルシーニョが勝利した。前半は浦和の3トップのスピーディーなコンビネーションで先制点を許したが、前半の終了間際に柏木の不用意なタックルでPKを得て同点にすると、後半はサイドの攻防で柏が優位に立ち、特に田中と橋本のコンビによる崩しが効果的に働き、柏が逆転勝利を挙げた。

ただ、個人的には負けたとはいえ浦和の原口のプレイに印象を受けた。ボールを持って前を向くと凄まじく切れのあるドリブルで守備を切り裂き、プロフェッショナルなファールで倒されても以前ならブチ切れてそれ以降は不安定なプレイになりがちだったのだが、今は淡々と流して自分のプレイを続けるあたり、精神的に成長の跡が見える。

さすがに今からブラジルW杯には間に合わないだろうが、国内組では広島の塩谷やガンバの宇佐美と並んで次世代日本代表の核となれるポテンシャルはあるし、得点力が向上すれば欧州のトップチームでも十分やれると思う。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「なでしこジャパンの逆襲」U-17女子ワールドカップ 日本-スペイン

2014/03/21 | なでしこ, 未分類

昨晩に飛び込んできた、U-17女子W杯で日本がパラグアイに10-0というすさまじい大差で勝利したというニュース。 U-17女子W杯については、一応スペイン戦とパラグアイ戦の両方を録画してあったんだけ...

続きを見る

「本田圭佑2世が登場?」ACLグループF サンフレッチェ広島-FCソウル

セレッソに続いて、日本勢で今節を勝利で飾ることが出来たのはサンフレッチェ広島。相手の自滅で勝った意味合いが大きかったセレッソに比べると、広島は堂々と正攻法での勝利と言え、今後のACLを戦う上で自信にな...

続きを見る

「フォルラン日本初得点&大勝でも不安は残る」ACLグループE セレッソ大阪-ブリーラム・ユナイテッド

試合終了間際に、フォルランが一度は空振りをしたものの角度のないところから自身の日本初得点、この試合でチーム4点目のゴールを決めるという、サポーターにとっては祝賀会のような時間になったわけだが、これでよ...

続きを見る

「いろいろとモヤモヤ感が残る一戦」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 ヘルタ・ベルリン-ハノーファー96

前の2試合を共にドローという結果に終わっている、細貝擁するヘルタと酒井宏樹のハノーファーの対戦は、アウェイのハノーファーが3-0で大勝という意外な結果に終わった。 しかし前半のペースを握っていたのは...

続きを見る

「ブンデスリーガ養成ギプス」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 ホッフェンハイム-マインツ

25節を終えた時点でリーグ5位、そして4位のレヴァークーゼンに勝ち点3差まで迫ってチャンピオンズリーグ出場が夢ではない位置にまで登ってきたマインツ。確かに結果を見れば申し分ないんだけど、個人的にはトゥ...

続きを見る

「日本人対決は消化不良の内容に」ドイツ・ブンデスリーガ マインツ-ヘルタ・ベルリン

もう試合が行われてからほぼ1週間が経ってしまっているので簡単に。 もはやブンデスではいちいち明示する意味すら無いほど日常的な機会になった日本人対決の試合は、岡崎、細貝両者ともいまいち消化不良気味の内...

続きを見る

「マンUの方針転換で香川は本当に起用されるのか?」イングランド・プレミアリーグ第29節 WBA-マンチェスター・ユナイテッド

チャンピオンズリーグのオリンピアコス戦で惨敗を喫した後、選手たちの間で自主的なミーティングがあったというニュースがあり、その後で行われたWBA戦の内容と結果にミーティングの効果が出たのではないかという...

続きを見る

浦和の人種差別段幕問題もガラパゴス

2014/03/13 | Jリーグ, 未分類

3/8に行われた浦和対鳥栖の試合で、一部の浦和サポーターがゴール裏へ入るゲートに「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が掲げられた問題に関する処遇が決まりました。 Jリーグ側から浦和へは、1...

続きを見る

「もう一つ殻を破って欲しい酒井宏樹」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 ハノーファー96-レヴァークーゼン

新加入のライトラルに右SBのポジションを奪われてしまっていた酒井宏樹だったが、バイエルン戦での大敗後に先発復帰、この試合でも上位のレヴァークーゼン相手に先制点を奪われながらも追いついてドローと、監督の...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑