「内田のやる気とバーゼルの怒り」欧州CLグループE シャルケ04-バーゼル

スポンサードリンク

最終節前の時点でグループ2位のバーゼルと3位のシャルケが勝ち点1差、シャルケホームでの直接対決という大一番は、アウェイながらもコンパクトでハイラインのプレスサッカーを仕掛けるバーゼルと、ここ数試合の不調が嘘のように躍動感を見せるシャルケによる、激しくも楽しい素晴らしい内容の試合になった。が、それを審判のとんでもない判定が台無しにしてしまった。

まずは前半の32分。中盤で縦に飛び出そうとしたサライがイヴァノフともつれるように倒れ、サライがある程度ファールをもらいに倒れたように見えたので、審判によっては笛を吹かないかもしれないぐらいのプレイだったのだが、イヴァノフに出されたカードは何とレッドカード。確かにそのまま抜け出していれば決定機だったとは言え、どう見てもイエローが妥当なファールだった。

これでシャルケがボールを支配するようになり、51分に内田からファルファンとつないでクロスが流れたところをダイレクトでドラクスラーが先制点を決めるも、バーゼルは数的不利ながらも時折鋭いカウンターを浴びせて何とか緊張感は持続していたのだが、57分のシャルケによるFKにバーゼルがオフサイドトラップを仕掛けたところ、何と旗が上がらずにマティプが戸惑いながらもゴール。映像で見てもシャルケの4人が明らかにオフサイドポジションにいた大誤審で、これで試合が完全に壊れてしまった。

シャルケは、ただでさえ怪我人が多いのにこの試合ではヘヴェデスとキレキレだったドラクスラーの2人を肉離れっぽい故障で失い、グループリーグを突破したから良かったものの、審判を含めて後味の悪い試合になってしまった。あえて明るい点を上げるとすれば、ファルファンとマイヤーが好調でボアテングも急造ボランチをそつなくこなし、最後に再三の決定機をものに出来なかった点は物足りないが、チーム一丸となった姿が久々に見れたように思う。

内田については、これも最近のお疲れな姿から打って変わった出来。激しい流れの中でもタイミング良く上がるオーバーラップ、対面の相手との間合いを見ながらポジションを細かく修正する技術はさすがで、この点では酒井宏樹はまだまだ内田の域には及ばない。アシスト未遂のパスは少なくとも2度はあったし、最後はコラシナツのオーバーラップにゴール前へ飛び込むなど、最後までやる気が充満していた。やっぱ内田はCLが好きなんだなあ(笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

本田圭佑選手、ミランで10番を付ける

いや~、ようやく本田のミラン移籍が正式に決まりましたね。しかも背番号はサビチェビッチやルート・フリット、ボバン、ルイ・コスタが付けていた栄光の背番号10!(ボアテングやセードルフは置いといて(笑)) ...

続きを見る

「かつての王者はどこへやら」欧州CLグループA マンチェスター・ユナイテッド-シャフタール・ドネツク

1位通過がかかったグループリーグの最終節で、2位のシャフタール・ドネツク相手に1-0で勝利と、結果だけを見れば万々歳の試合ではあったのだが、正直言ってこれでチャンピオンズリーグが取れるとは到底思えない...

続きを見る

「天国と地獄はコインの裏表」J1昇格プレイオフ決勝 京都サンガ-徳島ヴォルティス

2013/12/10 | Jリーグ, 未分類

京都と徳島の間で行われたJ1昇格プレイオフが行われた日に、徳島が2-0で勝利したという一報を聞いた時、最初に思い浮かんだのは「せっかく準決勝で京都は大人の内容を見せたのに、また接近展開何やらサッカーを...

続きを見る

「酒井ダービーは高徳の不戦勝?」ドイツ・ブンデスリーガ第15節 シュツットガルト-ハノーファー

ドルトムントに1-6と大敗してからスタメンの座を剥奪されていた酒井高徳だったが、ハノーファー戦では3試合ぶりにスタメン復帰、ハノーファーで今回も先発だった酒井宏樹との「酒井ダービー」が実現した。 試...

続きを見る

「とてつもなくJリーグらしい結末」J1第34節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

2013/12/08 | Jリーグ, 未分類

前節から1勝を挙げるだけで優勝に至るはずだった横浜Fマリノスは、最終節も川崎フロンターレに敗れてしまい、結局最後は勝ち点1の差で広島に逆転され、まさかの2位でシーズンを終了する事になった。 横浜Fマ...

続きを見る

「鍵はコンディショニングとスカウティング」ブラジルW杯グループリーグ組み合わせ決定!

昨日は夜こそ1時前には寝付けたのですが、ふと夜中の3時ぐらいにちょうど目が覚めてしまったので、しっかり抽選結果を確認してからまた寝ました(笑)。 A組 ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン B...

続きを見る

「モイーズ流”勝利の方程式”」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-エヴァートン

CLのレバークーゼン戦、そしてプレミアリーグのスパーズ戦とほぼフル出場の試合が続いたので、ミッドウィークのエヴァートン戦には出場しないのではと思われた香川だったが、まだファン・ペルシが怪我から回復でき...

続きを見る

「1年間の成長を見せた京都」J1昇格プレーオフ準決勝 京都サンガ-Vファーレン長崎

2013/12/05 | Jリーグ, 未分類

試合結果はホームで0-0のスコアレスドロー、それも終盤は長崎に押し込まれて防戦一方と、一見すると冴えない内容で命からがら勝ち残ったように見える京都だが、個人的には昨年のプレーオフで大分相手に0-4で大...

続きを見る

「お疲れでも守備だけはしっかり」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 シャルケ04-シュツットガルト

怪我人が多い上にリーグとCL、ポカールと試合が残っていて、昨晩はとうとうポカールでホッフェンハイムに敗退してしまうほど、主力選手が金属疲労を起こしているシャルケ。しかし、この試合は効率よくチャンスにサ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑