「それでもベニテスは愛されそうにない」UEFAヨーロッパリーグ決勝 チェルシー-ベンフィカ

スポンサードリンク

オランダ・アムステルダムで行われた、チェルシー対ベンフィカのヨーロッパリーグ決勝は、後半ロスタイムの勝ち越し弾という劇的な決着でチェルシーが勝利。前年のチャンピオンズリーグ王者が、翌年のELを制するというちょっと珍しい記録のオマケ付きの結末となった。
試合前はチェルシー有利の予想が固かったのだが、試合が始まってみると序盤からボールを支配したのはベンフィカ。4-2-3-1の1トップであるカルドーソのキープ力を中心に、2列目のガイタンやサルビオがバイタルエリアでのドリブルでチェルシーのDFを中へ引き寄せ、それで空いたサイドのスペースにSBのアルメイダやメルガレホがオーバーラップしたり、ロドリゴやカルドーソが外へ開くというように、どんどんとスペースを作って数的優位に持ち込む攻撃で圧倒する。
チェルシーはそんなベンフィカのローリング攻撃に為す術なく、ただゾーンというか壁らしく物を作ってひたすらズルズルと後ろに下がるばかり。そして低い位置で何とかボールを奪っても、1トップのトーレスや2列目のマタ、オスカル、ラミレスらが後ろから孤立してしまってボールを受けに行く動きも無いので、結局はベンフィカのDFの早い出足にパスを引っ掛けられてまた攻撃を受けるという繰り返し。
そんなこんなで前半は、数えきれないぐらいにチェルシーのPA内へとベンフィカの選手が入り込む場面があったのだが、前半15分頃の2度の決定機を始めとしてチャンスをものに出来ず、ベンフィカは前半を無得点のままで終えてしまう。
そうなると、当然サッカーの世界ではチャンスを掴めなかったほうが神様の罰を受けてしまうもので、前半の終わり頃からようやく攻撃を繋げられるようになったチェルシーが、後半15分にチェフのロングスローからスルスルと抜けだしてGKと1対1になったトーレスが、いったんはタイミングを失ったかに見えた体制からシュートを流しこみ、押されまくっていたチェルシーが逆に先制点を奪ってしまう。しかしベンフィカも選手を2人投入して攻勢を再び強め、23分にアスピリクエタのPA内でのハンドでPKをゲット、同点に追いつく。
その後は、疲労で中盤に出来たスペースを互いに攻め合うオープンな展開になり、カルドーソやランパードが強烈なシュートを放つものの、それぞれチェフのスーパーセーブやクロスバーに当たるなどで得点にはならず。そして後半ロスタイムのCKで、ファーサイドに流れてヘディングしたイバノビッチのボールが放物線を描いてベンフィカゴール左隅に吸い込まれ、これが決勝点になった。
簡単な相手ではないベンフィカに、過酷な試合スケジュールの中、怪我人を抱えながらもEL優勝という結果、そしてリーグでもCL圏は確保し、UEFAランクでのイングランドの地位を押し上げたベニテス監督はよくやった方ではないかと思うのだが、それでもサポーターからは皮肉で返されているようで少々気の毒である(笑)。まあ、ビッグクラブだと監督には人格面も求められるので、ミドルクラスのチームを戦術的に鍛えるのがベニテスには似合っているんだろうねえ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「長友は復帰したが、インテルの来期は?」イタリア・セリエA第37節 ジェノア-インテル

怪我人が続出してまともにメンバーが組めず、公式戦9試合で2勝7敗という惨憺たる結果でELへの出場権さえ逃してしまったインテル。長友が復帰したジェノア戦でもスコアレスドローに終わり、ジェノアにセリエA残...

続きを見る

「サー・アレックスのホームラストゲーム」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-スウォンジー

ともに勝敗が何かの権利に関係していないチーム同士の対戦ともあって、両チームの選手が並んでファーガソン監督の入場を拍手で迎えるという、お祝いムード一色に染まった試合となった。 そんな試合に香川は4-4-...

続きを見る

「あくまで慣らし運転のアシスト」ロシア・プレミアリーグ第28節 ロコモティフ・モスクワ-CSKAモスクワ

昨晩は、オールド・トラフォードでのサー・アレックスラストゲームに香川が先発フル出場した試合に注目が集まったのだが、全部見るとさすがに睡眠不足になるので本田がリーグ戦に復帰した、ロコモティフ・モスクワと...

続きを見る

「オフサイド誤審で水をさされた熱戦」J1第11節 浦和レッズ-鹿島アントラーズ

2013/05/12 | Jリーグ, 未分類

Jリーグ20周年記念試合として、試合前にはポンテとアルシンドというかつての功労者がスピーチをするなど、浦和と鹿島のレッドダービーという事で赤に染まった満員のサポーターの中、華やかに始まった試合は、残念...

続きを見る

「同じようで微妙に似ていないサッカー」J1第10節 柏レイソル-横浜Fマリノス

2013/05/10 | Jリーグ, 未分類

リーグ戦では出遅れているもののACLでは首位でグループリーグを突破した柏と、現在リーグ2位と好調な横浜Fマリノスという強豪同士の対戦は、予想通りの好ゲームで拮抗した展開になったが、決定力のわずかな差と...

続きを見る

「モイーズ就任で香川は起用されるのか」イングランド・プレミアリーグ リヴァプール-エヴァートン

昨日の夕方に、突然Twitter上のタイムラインがある1つの知らせで埋め尽くされた。それが、サー・アレックス・ファーガソン監督が今季いっぱいで退任を決めるという超ビッグニュース。 自分の中では、ピッチ...

続きを見る

「派手な打ち合いを岡山が制す」J2第13節 ファジアーノ岡山-モンテディオ山形

2013/05/08 | Jリーグ, 未分類

J2の試合というと、個人能力を組織でカバーするハードワークと、前線のタレント不足による決定力の弱さが相まって、ロースコアでのせめぎ合いになる試合が多いイメージがあるのだが、岡山と山形の対決はそれを真っ...

続きを見る

「乾には消化不良もチームは快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 フランクフルト-デュッセルドルフ

しばらく怪我で戦列を離れていた大前が先発で復帰、フランクフルトも通常通り乾が出場したので日本人ダービーとなった試合は、フランクフルトが成績通りの順当勝ちを収め、デュッセルドルフは降格圏からの脱出は敵わ...

続きを見る

「戦術の幅と持続性」J2第12節 松本山雅FC-ザスパクサツ群馬

2013/05/05 | Jリーグ, 未分類

昨晩は、本当はサウサンプトンの試合を見る予定だったんだけど、試合開始が30分遅れるとの事で、さすがに1時半までは付き合いきれないという事で、録画してあった松本と群馬の試合を観戦。サウサンプトンはちょう...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑