「この試合では長友の復帰はならず」イタリア・セリエA第20節 インテル-ペスカーラ

スポンサードリンク

長友を含め怪我人が続出して全くメンバーが揃わず、前節はウディネーゼに0-3の乾杯を喫したインテルにとっては、下位とはいえ2連勝中のペスカーラは油断の出来ない相手だったが、終わってみれば2-0という点差以上に余裕のある試合運びでの勝利になった。
特に、フアン、サムエル、ラノッキアのスタメン3人が全員がいなくなったDF陣が危惧されていたのだが、すっかりセンターCBがこなせる選手になったカンビアッソの素早いカバーを中心に、少し落ち着きが見られるようになって来たシルベストル、そして何よりキブのビルドアップがインテルの手助けになっていた。
4バックの時には、長友のライバルSBと見なされることが多かったキブだが、やはりビルドアップ能力はインテルの守備陣の中でも図抜けており、カッサーノのスルーからパラシオが挙げた先制点の縦パスを始めとして、ベタ引きでスペースを消していたペスカーラの守備を物ともせずにビシビシと前線にボールを入れて攻撃を組み立てていた。
キブが起点になってくれるおかげで、ペレイラも前半こそスペースを埋めるペスカーラの前に詰まる場面が多かったが、後半は盛んにオーバーラップを見せ、いつもよりもイキイキとプレイ出来ていた。長友は次のリーグ戦であるローマとの試合で復帰が予想されているが、長友側のDFにキブを置いて、キブ・長友・カッサーノのラインでの攻撃を是非見てみたいと思った。
そしてもう一つの収穫は、初出場となったユース上がりの18歳、ベナッシ君。髪型こそルパン三世みたいだが、鹿島の柴崎ばりにツータッチでシンプルにパスを回し、キブのビルドアップと合わせてインテルとは思えない素軽いリズムでボールを動かす役割をこなしていた。ただ、守備についてはへんてこな両足タックルを繰り出してみたりとまだまだ危なっかしいところがあるが、この試合のようにあまり攻めてこない相手には積極的に使って欲しい選手である。
今まで、少し苦しんだ時期が続いたインテルだが、リーグも上位が詰まってきているのでまだまだスクデットを諦める時ではない。次の試合ではミリートや長友が戻ってくるだろうし、またここから立てなおしてもらいたいものである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「フィジカルには頭で対抗」イングランド・プレミアリーグ アストン・ヴィラ-サウサンプトン

昨日は本当であれば高校サッカーの決勝を見る予定だったのだが、ご存知のように東京地方は大雪のため試合が19日へ延期となってしまったので、前の日に行われたサウサンプトンの試合を見ることにした。 勝ち点1差...

続きを見る

「まずはここから足がかり」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-リヴァプール

プレミアリーグのビッグマッチとしては珍しく、日本時間の午後10時半という早い時間に行われたので、久々にリアルタイムで見ることが出来た、マンUとリヴァプールのナショナルダービー。 前節の試合ではあまり出...

続きを見る

「これしか無いのにやられた」全国高校サッカー選手権大会 準決勝 京都橘-桐光学園

中村俊輔の母校ということで注目されていた桐光学園だったが、準決勝でダークホースの京都橘に0-3という思わぬ大敗を喫して敗れ去った。 とは言え、チーム全体のレベルで言えば明らかに京都橘よりも桐光学園のほ...

続きを見る

2013年のサッカー界を占う

2013/01/11 | 戯言2013, 未分類

天皇杯が終わってJリーグは完全なシーズンオフ、ドイツやロシアはまだウィンターブレイク、高校サッカーは1週間のインターバルと、サッカーファンにとって1年でこの時期が一番暇ですよね。 と言う訳で、2013...

続きを見る

「こっちはバランスとは無縁でした」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 鵬翔-立正大淞南

前日に見た、星稜と東海大仰星の試合がバランスを重視した戦術同士の対戦だったのに対し、こちらは面白い事にそれとは正反対の試合になってしまっていた。ドイツやイングランドだとどうやっても同じようなサッカーに...

続きを見る

「拮抗したバランス」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 星稜-東海大仰星

ともに高校野球では有名な存在になっている高校同士が、今度はサッカー全国大会の準々決勝で対戦。試合は1-1のドローで90分が終わり、PK戦で星稜が勝ち上がることになった。 インカレ決勝と同じく、片方がポ...

続きを見る

「孤立した清武弟」インカレ決勝 早稲田大学-福岡大学

2013/01/07 | その他戦評, 未分類

インカレと呼ばれる全日本大学サッカー選手権大会の決勝戦は、J1大宮に入団が内定している富山を擁する早稲田が、清武弟が率いる福岡大学を破って5大会ぶりの優勝を飾った。 3-1というスコアの差以上に、早稲...

続きを見る

ミネキ氏の暴言について一言

2013/01/06 | 戯言2013, 未分類

かつて、0-0Empateというサイトで海外ニュースをユニークに翻訳して発信し続け、現在はエル・ゴラッソのデザイナーとして活躍されている佐藤峰樹氏が、Twitter上で数日前に、「欧州の舞台に日本人選...

続きを見る

全国高校サッカー選手権大会 1回戦 青森山田-野洲

もうこれから準々決勝をやろうかと言うのに今更な話ではあるが、ともに優勝候補同士の対戦となった、青森山田と野洲の試合を見てみた。 で、やはり感銘を受けたのは野洲のサッカー。乾や青木を擁して全国制覇をし、...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑