「実は99%決まったも同然?」日本のアジア最終予選勝ち抜け条件

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

スポンサードリンク

残念ながらヨルダンに敗退してしまった日本だが、依然としてグループで最も有利な立場に立っている事は間違いないわけで、ここで1つ冷静になって日本が勝ち抜けられる条件を整理してみる。
まず、残り2試合で勝ち点13の日本を最終的に勝ち点で上回れる可能性があるチームは、残り3試合で勝ち点6のオーストラリアと、同じく残り3試合で勝ち点5のイラクのみ。ヨルダンは残り2試合で勝ち点7なので、日本とは並ぶ可能性はあるが、得失点差が16あるので逆転は極めて困難である。
そしてオーストラリアとイラクがともに日本との対戦を残しているため、日本は最低でもどちらかに引き分ければ確実に勝ち点で上回ることになり、W杯出場が決定する。では、日本が両国に連敗してしまった場合はどうなるか。
その場合、現時点で他国より1試合少ないオーストラリアとイラクが最終戦で直接対決するというのがミソで、オーストラリアとイラクがそこまで2連勝していた場合の勝ち点は12と11。つまり、勝ったほうが1位になって負けたほうが3位以下、引き分けの場合はイラクが3位以下になるので、日本の2位以内が確定するのだ。
つまり、日本が3位以下になる場合は、イラクとヨルダンが残りを全勝して日本が連敗、なおかつヨルダンが日本との得失点差16を逆転する事のみとなる。しかしヨルダンはアウェイのオーストラリア戦を残しているし、最終戦でオマーンと談合する可能性も無くはないが、アルハブシが出て来る限りはその心配は無いだろう。まあ、そんな心配をする事態にならない事が第一ではあるが・・・
あと、次節で日本がオーストラリアに負けた場合に勝ち抜けが決まる条件は、イラクがオマーンに負ける事。そうするとイラクは日本に届かない事が決定し、オマーンは元から日本に届かない。オーストラリアとヨルダンはその次に直接対決があるので、オーストラリアが引き分け以上ならヨルダンは日本に届かないし、ヨルダンが勝てばオーストラリアが日本に届かないので、日本の2位以内が決まる。
とは言え、オーストラリアに負けてからイラクがオマーンに負ける事を願うような情けない羽目にはなりたくないけどね~(苦笑)

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「全てが裏目に出たザックジャパン」ブラジルW杯アジア最終予選 ヨルダン-日本

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

裏の試合であるオーストラリア対オマーンがドローに終わったおかげで、日本は引き分け以上でブラジル行きが決まるチャンスだったのだが、あえなく自滅で悔しい敗戦、切符の獲得は次戦以降に持ち越されてしまった。 ...

続きを見る

ここで決められるか、アジア最終予選ヨルダン戦展望

2013/03/26 | 日本代表, 未分類

さて、1年半に渡って戦って来たブラジルW杯アジア最終予選、大詰めの一番であるヨルダン戦がやって来た。 日本はここまで2位に勝ち点8差で大きくリードしているとは言え、残り2試合がホームでのオーストラリア...

続きを見る

「南米のようで南米でない?」ブラジルW杯南米予選 アルゼンチン-ベネズエラ

ドイツW杯の決勝トーナメント1回戦で戦ったパラグアイや、引き分けに終わった2年前のペルー戦、そしてトルシエジャパン時代に酸化したコパ・アメリカなど、昔から日本代表は南米勢を苦手にしてきた。 それは1対...

続きを見る

「鹿島のターン、東京のターン」ナビスコカップ グループB 鹿島アントラーズ-FC東京

2013/03/24 | Jリーグ, 未分類

サッカーの試合においては、得点経過や選手起用の関係で、前半と後半の両チームの勢いが全く正反対になってしまうのは良くある話だが、その中でもここまで完璧に入れ換わった試合というのも珍しい。 鹿島のセレーゾ...

続きを見る

「これはあくまで練習試合」国際親善試合 日本-カナダ

2013/03/23 | 日本代表, 未分類

案の定、セルジオ氏を筆頭として某掲示板あたりでは試合についての罵倒が渦巻いているわけだが、強化試合で下手に楽勝してしまうほうが油断しそうだし、フィジカル的には一番負荷がかかっている時期にやっているはず...

続きを見る

「ヨルダン戦のキーマン」オランダ・エールディビジ第27節 ADOデン・ハーグ-フィテッセ

フランス戦の役立たずっぷりで、すっかり代表での1トップの優先順位としては下げられてしまった感があるハーフナー・マイクだが、前線での基点として絶大な信頼を得ている本田が欠場している事、そして満足なパスワ...

続きを見る

「This is J-League」ナビスコカップ グループA 横浜Fマリノス-川崎フロンターレ

2013/03/21 | Jリーグ, 未分類

現在、自分的にJリーグの試合を見るときのテーマにしているのが、「得点に直結するプレイがチームとして出来ているかどうか」だったりするのだが、まあ良くも悪くもそのベクトルとは正反対なチーム同士の試合だった...

続きを見る

「調子に乗れない同士の調子が出ない試合」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-シュツットガルト

かたやリーグ戦5試合未勝利、かたや公式戦4連敗中という不調同士の対戦は、アウェイのシュツットガルトが連敗を止める勝利を手にしたが、どちらも最近の成績を反映してパッとしない内容だったと言える。 なかなか...

続きを見る

「これで満足してはそれまでよ」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 ニュルンベルク-シャルケ

しぶとく勝ち点を拾う試合を続けて、気がついてみればヨーロッパリーグが手に届きそうなところまで来ているニュルンベルク。この試合も、大黒柱のフンテラールを失ってチャンピオンズリーグを落としたシャルケを3-...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑