「長友はクアドラードに判定勝ち」イタリア・セリエA第24節 フィオレンティーナ-インテル

スポンサードリンク

今年に入ってから長らく勝てなかったインテルだったが、勝ち点8差で4位のフィオレンティーナとのアウェイ戦で2-1と競り勝ち、何とかEL圏内の5位へと浮上する大きな連勝を飾った。

ようやくインテルが復調してきたきっかけとなったポイントは、まず第一にサムエルの復帰だろう。スピードこそ無いが1対1の競り合いに絶対的な強さを見せるサムエルがセンターに入る事で、ロランドとジュアンの2人が憂いなくサイドの高い位置に上がることが出来、それにより今までインテルの穴とされていた両WBの裏のスペースを早くケア出来るようになり、フリーでクロスを上げさせる場面がかなり少なくなった。

そしてもう1つはエルナネスの獲得。まだ周囲とコンビネーションが合わずにボールを持ちすぎるきらいはあるが、全盛期の中田に守備力をプラスしたマルチな能力を発揮、彼がどんな体制でもボールを前に運べるので中盤でのボールロストの確率がはっきりと減少した。そうなると、俊敏性には欠けるが気の利いたポジショニングが持ち味のクズマノビッチもアンカーで活きる。

長友もセリエで1、2を争うスピードスターのクアドラード相手に丁々発止のやり取りを見せ、センターに寄ったドリブルからのシュートで点を取られたり、1度完全に裏を取られてからフリーでクロスを上げられた場面はあったが、オフサイドとはいえ65分に長友がクアドラードを振りきってからのクロスでイカルディをアシストすると、70分過ぎにはクアドラードが足を釣らせて交代。確かにコッパ・イタリアに出た疲労はあったのだろうが、この試合では長友の判定勝ちだったと言えよう。

ただし喜ぶのはまだ早い。先制点を上げた後や、長友が交代した85分過ぎからのインテルは全体がズルズルと下がってセカンドボールを拾われ、ゴールに近い位置からのクロスをひたすら跳ね返すだけのアップアップ状態だったのはいただけない。ミリートも動きは良くなって来たとは言えゴールの嗅覚はまだ鈍ったままだし、最近はジョナタンも影が薄い。インテルに何度もあったカウンターの場面も結局決められずに最後は冷や汗をかく羽目になった。

まあユーヴェ以外の上位陣はやや息切れが見られるようになって来ているので、ミリートが復調してカンビアッソやアルバレスが戻り、そこからどれだけ快進撃出来るかが今後のポイントだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

葛西選手の銀メダルに思う、長期視点の必要性

2014/02/17 | 戯言2014, 未分類

昨日は夜にインテルの試合を見始めたものの、1時間ほどで眠気の限界を感じて寝てしまいました・・・まあその理由は、ソチ五輪の録画を見ていたので時間が無くなったからですが(笑)。 実を言うと、昔から自転車...

続きを見る

「チームと岡崎が噛み合わなくなっているのが心配」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 マインツ-ハノーファー

以前から、マインツは岡崎の特性を活かすなら4-1-4-1の1トップに置くべきだと言い続けているのだが、この試合もトゥヘル監督は最近お気に入りの中盤ダイアモンドの4-4-2にして来た。 で、案の定1ボ...

続きを見る

「内田はまたもW杯に出られないのか」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 シャルケ04-ハノーファー96

金曜の夜に行われた試合はどこも深夜の試合だったので、昨日は前節に行われたシャルケの試合を録画観戦。 その内田と酒井宏樹という右SBで日本代表のレギュラーを争う2人の対戦となった試合は、酒井宏樹は新加...

続きを見る

Jリーグは決して選手の墓場ではないはず

2014/02/14 | Jリーグ, 未分類

昨日は見たい試合がそれほど無かったので、今サッカー界の話題を独り占めしているフォルラン選手のセレッソ大阪入団記者会見番組を見ておりました。 ほとんど噛んだり間違えたりせずに長い日本語の挨拶を流暢にし...

続きを見る

「吉田の力はまだまだこんなもんじゃない」イングランド・プレミアリーグ第26節 ハル・シティ-サウサンプトン

バカの一つ覚えなマンUの盛大なクロス祭りからすると、これが同じリーグかというぐらいに丁寧にパスをつないでくるサウサンプトンの試合は、見ていてとても清々しい気持ちになるよな(苦笑)。 ホームなのに固く...

続きを見る

「悪い意味でファン・マルヴァイク監督は変わらないなあ」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 HSV-ヘルタ・ベルリン

ウインターブレイク明けから連敗していたヘルタが下位とはいえ古豪のHSV相手にアウェーで快勝した試合だったが、ヘルタが良かったというよりもHSVが自滅したという方が正解の内容であった。 HSVの監督は...

続きを見る

「新しい境地に躊躇なく踏み出す長友」イタリア・セリエA第23節 インテル-サッスオーロ

現在ブービーの順位にいるサッスオーロ相手に、ホームでわずか1点を守り切っての辛勝と、とりあえず2014年になってからの未勝利をかろうじてストップした試合だったが、結果はともかくとして内容的には次のステ...

続きを見る

「ようやくブンデスリーガーになって来た清武」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ニュルンベルク-バイエルン・ミュンヘン

間違いなく現在世界最強と言って良いバイエルン・ミュンヘンに対し、一矢報いる事無く0-2で負けてしまったニュルンベルクだが、少なくとも前半の内容を見る限りでは意外な健闘を見せたのではないかと思っている。...

続きを見る

「プレミアらしいっちゃあらしいんだけど・・・」イングランド・プレミアリーグ第25節 リヴァプール-アーセナル

昨晩は日本人選手の試合が軒並み11時半以降だったので、それよりは早くスタートしていたアーセナルとリヴァプールの上位対決を見てみた・・・ら、何と試合開始20分までにリヴァプールが4点を叩き込むという、イ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑