「これしか無いのにやられた」全国高校サッカー選手権大会 準決勝 京都橘-桐光学園

スポンサードリンク

中村俊輔の母校ということで注目されていた桐光学園だったが、準決勝でダークホースの京都橘に0-3という思わぬ大敗を喫して敗れ去った。
とは言え、チーム全体のレベルで言えば明らかに京都橘よりも桐光学園のほうが上回っていた。京都橘としては、この試合ではとにかく人数をかけて守り倒し、唯一の武器といえる仙頭と小屋松の2トップによるカウンターに賭けるしか無かったのだが、桐光学園がそんな見え見えの作戦にまんまとやられてしまった。
桐光学園の攻撃は、まず松井を中心として後ろからサイドにボールを散らせて基点を作り、そこから野路や市森のFW陣に合わせるか、また松井が絡んでワンタッチパスにFWが反応、といった形が多いのだが、京都橘の快速2トップを恐れてなのか、DFラインが低くて選手間の距離が広がり、ゴール前での人数がかけられずに人数をかけた京都橘の守備をなかなか崩せなかった。
京都橘はとにかくボールを奪ったら船頭か小屋松にボールを預けるだけなのだが、桐光学園は何故か普通にゾーンで守ってしまい、案の定前半42分にカウンターから仙頭のドリブルで攻めこまれ、しかも守備にクリアミスが重なって先制点を許してしまった。そして後半31分にはゴールライン付近でのまずい守備対応を拾われて2点目で勝負ありと、まさにミスミス勝負を明け渡してしまった感がある。
とにかくこういう相手に対しては、仙頭と小屋松に対してスッポンマークを付けておき、彼らに入るボールをカットしてセカンドボールを拾い続ければそんなに難しい相手ではなかったように思うのだが、神奈川の強豪校ゆえのプライドがそういった「弱者の戦い方」を許さなかったのだろうか。
これで決勝は鵬翔と京都橘の、どちらが勝っても初優勝というフレッシュなカードになった。鵬翔は立正大淞南との試合で見せたように、マンマークでの守り方を得意としているチームなので、京都橘の2トップを決して自由にはさせてくれないだろう。そこの対決が一番のポイントになる事は間違いがない。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

2013年のサッカー界を占う

2013/01/11 | 戯言2013, 未分類

天皇杯が終わってJリーグは完全なシーズンオフ、ドイツやロシアはまだウィンターブレイク、高校サッカーは1週間のインターバルと、サッカーファンにとって1年でこの時期が一番暇ですよね。 と言う訳で、2013...

続きを見る

「こっちはバランスとは無縁でした」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 鵬翔-立正大淞南

前日に見た、星稜と東海大仰星の試合がバランスを重視した戦術同士の対戦だったのに対し、こちらは面白い事にそれとは正反対の試合になってしまっていた。ドイツやイングランドだとどうやっても同じようなサッカーに...

続きを見る

「拮抗したバランス」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 星稜-東海大仰星

ともに高校野球では有名な存在になっている高校同士が、今度はサッカー全国大会の準々決勝で対戦。試合は1-1のドローで90分が終わり、PK戦で星稜が勝ち上がることになった。 インカレ決勝と同じく、片方がポ...

続きを見る

「孤立した清武弟」インカレ決勝 早稲田大学-福岡大学

2013/01/07 | その他戦評, 未分類

インカレと呼ばれる全日本大学サッカー選手権大会の決勝戦は、J1大宮に入団が内定している富山を擁する早稲田が、清武弟が率いる福岡大学を破って5大会ぶりの優勝を飾った。 3-1というスコアの差以上に、早稲...

続きを見る

ミネキ氏の暴言について一言

2013/01/06 | 戯言2013, 未分類

かつて、0-0Empateというサイトで海外ニュースをユニークに翻訳して発信し続け、現在はエル・ゴラッソのデザイナーとして活躍されている佐藤峰樹氏が、Twitter上で数日前に、「欧州の舞台に日本人選...

続きを見る

全国高校サッカー選手権大会 1回戦 青森山田-野洲

もうこれから準々決勝をやろうかと言うのに今更な話ではあるが、ともに優勝候補同士の対戦となった、青森山田と野洲の試合を見てみた。 で、やはり感銘を受けたのは野洲のサッカー。乾や青木を擁して全国制覇をし、...

続きを見る

「アーセナルに見事なリベンジ」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-アーセナル

皆さん、あけましておめでとうございます。 元旦は、何とか天皇杯決勝のエントリーを書こうと思っていたのですが、年始で飲み過ぎてあっさり値落ち(笑)。2日後ともなるといまいち試合の戦評を書こうという気が起...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑