「こっちはさすがに逆転は無理っぽい」欧州CLベスト16第1レグ アーセナル-バイエルン・ミュンヘン

スポンサードリンク

今期も順調に勝利を重ねている最強軍団のバイエルン・ミュンヘン。プレミアリーグで優勝争いをしているアーセナルとのアウェイ戦でもきっちり勝利し、全く連覇に向けて隙の無いところを見せつけた。

試合展開としては奇しくもマンC対バルセロナと似たような感じで進み、ホームのアーセナルは序盤こそ高い位置からプレッシャーをかけて、ボールを奪うとすぐさまサイドへ展開、そこから個人のスピードを活かしてチャンスを作り、8分にうまくPKをゲットしたものの、エジルのPKはコースが甘くてノイアーに弾かれてしまう。

ここから一気にアーセナルの勢いが落ちてバイエルンがボールを支配するものの、バイエルンも初戦とあってかボールを慎重に回しているためになかなかスピードアップが出来ず試合は膠着状態に。しかし37分にDFライン裏へのボールに反応したロッベンの足をアーセナルGKシュチェスニーが刈り倒してしまい、一発レッド&PK。アラバのキックはポストに当たってこれも外れてしまったが、ここで勝負は決まってしまったと言って良いだろう。

その後も何とかアーセナルはバイエルンの攻撃を耐え忍んでいたのだが、54分にクロースにミドルシュートを決められてしまうと意気消沈、あとはバイエルンがバルサのようにひたすらアーセナル陣内でボールを面白いように回し続け、88分に2点目を取って楽勝で逃げ切った。

バイエルンが相手にガッチリ引かれても得点が取れてしまう秘訣は、味方がバイタル近くでボールを持った時の戦線の動きにある。2点目のシーンを見ると良く分かるのだが、2人の選手がニアに動いてアーセナルのDFを引きつけ、それで出来たスペースにミュラーが飛び込んでフリーになっている。

それはその1シーンに限ったものではなく、前線が互い違いにダイアゴナルな動きをする約束事が90分間徹底されていて、DFにギャップを作ると同時にそこを埋めようとする相手の中盤が動いたスペースにも入り込むという二重三重の構えが出来てしまっている。

いやはや、ミランのようにセンターの2人が突っ立っているとか、マンUのように前線で待っているFWにひたすらクロスとかの単調さとは戦術的に雲泥の差である。しかも個人能力・選手層の厚さともに世界トップレベルなのだから止めようがないよね。第2レグでの油断も期待できそうにないし、これはほとんどアーセナルとしては白旗だろうなあ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「バルサも決して絶対ではない」欧州CLベスト16第1レグ マンチェスター・シティ-バルセロナ

チャンピオンズリーグベスト16で最大の好カードとなったシティとバルサの対戦は、アウェイのバルサが2-0と快勝。しかし内容的には、シティが勝っていてもおかしくない試合だったように思う。 試合は序盤から...

続きを見る

「監督さえ本当の問題点を把握していれば本田は大丈夫・・・なはず」イタリア・セリエA第24節 ミラン-ボローニャ

66分でパッツィーニと交代して下がった時に観客からブーイングを浴びたという事で、どれだけ本田が悪いプレイをしたのかと心配しながら試合を見ていたのだが、彼自身のプレイについては病気明けにも関わらずそれほ...

続きを見る

「長友はクアドラードに判定勝ち」イタリア・セリエA第24節 フィオレンティーナ-インテル

今年に入ってから長らく勝てなかったインテルだったが、勝ち点8差で4位のフィオレンティーナとのアウェイ戦で2-1と競り勝ち、何とかEL圏内の5位へと浮上する大きな連勝を飾った。 ようやくインテルが復調...

続きを見る

葛西選手の銀メダルに思う、長期視点の必要性

2014/02/17 | 戯言2014, 未分類

昨日は夜にインテルの試合を見始めたものの、1時間ほどで眠気の限界を感じて寝てしまいました・・・まあその理由は、ソチ五輪の録画を見ていたので時間が無くなったからですが(笑)。 実を言うと、昔から自転車...

続きを見る

「チームと岡崎が噛み合わなくなっているのが心配」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 マインツ-ハノーファー

以前から、マインツは岡崎の特性を活かすなら4-1-4-1の1トップに置くべきだと言い続けているのだが、この試合もトゥヘル監督は最近お気に入りの中盤ダイアモンドの4-4-2にして来た。 で、案の定1ボ...

続きを見る

「内田はまたもW杯に出られないのか」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 シャルケ04-ハノーファー96

金曜の夜に行われた試合はどこも深夜の試合だったので、昨日は前節に行われたシャルケの試合を録画観戦。 その内田と酒井宏樹という右SBで日本代表のレギュラーを争う2人の対戦となった試合は、酒井宏樹は新加...

続きを見る

Jリーグは決して選手の墓場ではないはず

2014/02/14 | Jリーグ, 未分類

昨日は見たい試合がそれほど無かったので、今サッカー界の話題を独り占めしているフォルラン選手のセレッソ大阪入団記者会見番組を見ておりました。 ほとんど噛んだり間違えたりせずに長い日本語の挨拶を流暢にし...

続きを見る

「吉田の力はまだまだこんなもんじゃない」イングランド・プレミアリーグ第26節 ハル・シティ-サウサンプトン

バカの一つ覚えなマンUの盛大なクロス祭りからすると、これが同じリーグかというぐらいに丁寧にパスをつないでくるサウサンプトンの試合は、見ていてとても清々しい気持ちになるよな(苦笑)。 ホームなのに固く...

続きを見る

「悪い意味でファン・マルヴァイク監督は変わらないなあ」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 HSV-ヘルタ・ベルリン

ウインターブレイク明けから連敗していたヘルタが下位とはいえ古豪のHSV相手にアウェーで快勝した試合だったが、ヘルタが良かったというよりもHSVが自滅したという方が正解の内容であった。 HSVの監督は...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑