「ウルグアイも日本のお仲間?」コンフェデレーションズカップ グループB スペイン-ウルグアイ

スポンサードリンク

結果こそ2-1と僅差での決着になったために、日本だけがトホホな初戦になってしまったのかと思いながら見てみたら、手も足も出なかったという点ではウルグアイもあまり日本と変わらなかった事が分かって、ちょっと慰められてしまった(苦笑)。
それだけ、前半のスペインが披露したバルサスタイルサッカーは完璧で、いくらウルグアイが自陣でビッチリとスペースを埋めて構えても、スペインはワンタッチ・ツータッチでゾーンの間に入り込んでトライアングルを作ってはパスを回し、走りこむ選手にきっちりと速いグラウンダーのクロスを合わせてシュートを浴びせてしまう。
そして、ボールをウルグアイに奪われても高い位置に残っている選手が次々にプレスで襲いかかり、あっという間にボールを奪い返してしまうので、ウルグアイが誇るワールドクラスの2トップであるスアレスとカバーニに全くと言って良いほどボールが渡らない。ぶっちゃけ前半の孤立具合で言えば、ブラジルに対する日本よりも悲惨だった。
決定的なチャンスの数からするとウルグアイが前半を2失点で終えられたのは全くのラッキーで、後半は明らかに2点を取ったスペインがプレッシャーを弱めてトライアングルを作る動きを抑えたので、ウルグアイが攻勢に出たように見えたのだが、35分以降にCLで優勝したバイエルンのレギュラーであるハビ・マルティネスや、チェルシーのトップ下として君臨するマタを虫干しとして出すというムカつく(笑)余裕采配の後で、ようやくスアレスのFKで1点を返しただけであり、そこからロスタイムのわずか4分に少しエキサイティングになったかなと感じたぐらい、両チームには圧倒的な差があった。
スペインと日本を較べて最も違いを感じる部分は、たとえバックパスをしても次の瞬間には縦にパスが出ているところだろう。日本の場合は、バックパスからどんどん後ろや横に逃げてしまうので、結局相手に押されるだけで最後は蹴り出さざるを得なくなってしまうのだが、早いタイミングで縦に戻せば、相手のファーストプレスを無効化出来るので、その後の展開がぐっと楽になる。
そして、競り合いの中でも足元でボールをキープしていなせる個人のスキルがあるので、多少のプレッシャーがあっても慌てる事無く、サイドチェンジも躊躇なく繰り出し、いつでもどこからでもビルドアップのやり直しが出来る。
何より今の日本に一番欠けているのは、サイドから早いタイミングとスピードで中への走り込みに合わせるクロスだろう。ブラジル戦でも清武がそういう数少ない場面を作っていたが、イタリア相手にはもっとそういう攻撃を突き詰めないと、相手の守備が揃ったところを力技で破るのは不可能に近い。最近の本田と香川は複雑な足元のコンビネーションで崩そうとしがちだが、スペインはそんな複雑な事はほぼやっておらず、シンプルなプレイの積み重ねであると、一度頭の中身を入れ替えるべきだと思う。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「失望したことに失望」コンフェデレーションズカップ・ブラジル戦の追記

土曜の深夜に行われたブラジルと日本の試合について、ちょっと付け加えたい話があって追記。 個人的にブラジル戦に対してかなり違和感があったのは、世間の反応はもちろん、監督や選手からも試合の出来に対する失望...

続きを見る

「0-4から0-3への進化」コンフェデレーションズカップ グループA ブラジル-日本 

正直なところ、試合前は0-3ぐらいの点差で負ける可能性が高いな、と思っていたのでこの試合内容と結果はまずまず個人的に想定内ではあった。 今のブラジルは、1トップのフレッジは献身的に体を張って2列目のタ...

続きを見る

「とにかく対プレスとハーフカウンター」コンフェデレーションズカップ・ブラジル戦展望

さて、いよいよ今晩深夜からコンフェデが始まるわけですが、いきなり開幕戦でホームのブラジルと戦うというごっついハードルがいらっしゃいますね。 スポーツ記事に載っていたザックのブラジル戦対策を見ても、以前...

続きを見る

「元代表FWがいての得点力不足」J2第18節 東京ヴェルディ-水戸ホーリーホック

2013/06/14 | Jリーグ, 未分類

東京ヴェルディには高原、水戸ホーリーホックには鈴木隆行という、かつてはW杯にも出場した事がある元代表FWを擁する両チームの対戦だったが、試合は残念ながらのスコアレスドロー。 もう世間的にはコンフェデと...

続きを見る

「コンフェデ・プランBの悩み」ブラジルW杯アジア最終予選 イラク-日本

2013/06/12 | 日本代表, 未分類

ぶっちゃけ、勝ったことだけが救われた点と言えるほど、日本にとっては内容に乏しいアジア最終予選の最終戦となってしまった。 セルジオ氏を始めとして巷の掲示板等では、もっと控えを試せだのメンバーを酷使しすぎ...

続きを見る

「南のアシストで久保のハットトリック」J2第18節 ロアッソ熊本-京都サンガ

2013/06/11 | Jリーグ, 未分類

スカパー無料キャンペーン中を利用して、「関西のJ2クラブはJ1に昇格できそうなのか」シリーズ第2弾・・・なんだけど、ぶっちゃけ京都の雲行きは神戸以上に怪しい状態でしたとさ。 とにかく前半の京都は、大木...

続きを見る

「ブラジル戦への布石をどう配置するか」ブラジルW杯アジア最終予選イラク戦展望

2013/06/10 | 日本代表, 未分類

かろうじてオーストラリアに引き分け、裏の試合でひっそりと最終予選進出という事態を回避した日本代表。 6/15には日曜日にフランスを3-0で一蹴したホームのブラジルとやるコンフェデの開幕戦が待っているわ...

続きを見る

「何とも残念な殴り合い」J2第18節 ヴィッセル神戸-ジェフ千葉

2013/06/09 | Jリーグ, 未分類

J2の2位と6位の上位直接対決となったこの試合は、ホームの神戸が二度のリードを奪うものの守りきれず、2-2のドローで痛み分けとなった。 やはり関西に住んでいる者としては、J2では関西勢に頑張って欲しい...

続きを見る

「コンフェデ・ブラジル戦の攻略法」国際親善試合 ロシア-ブラジル

2013/06/07 | その他戦評, 未分類

スカパーの無料放送期間中だったので、昨晩は録画しておいたロシア対ブラジルの親善試合を観戦。 試合内容自体は、前半こそロシアの勢いが勝ったが、その後はやはり4-1-4-1でコンパクトに組織で守るロシアを...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑