「まずはここから足がかり」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-リヴァプール

スポンサードリンク

プレミアリーグのビッグマッチとしては珍しく、日本時間の午後10時半という早い時間に行われたので、久々にリアルタイムで見ることが出来た、マンUとリヴァプールのナショナルダービー。
前節の試合ではあまり出来が良く無かったらしく、この大一番でどうなるのか心配だった香川だが、先制点につながるパス回しに絡み、あわやPKという場面や、レイナのスーパーセーブに阻まれたが決定的なシュートを放つなど、それなりに存在感を見せられることが出来てちょっとほっとした。
ポジションは、当初予想されていたトップ下ではなく、ファン・ペルシの1トップに香川、ウェルベック、ヤングと並んだ4-2-3-1の左で先発。対面のウィスダムの上がりを抑えつつ、クレヴァリーと組んでジェラードの上がりをケアするタスクを与えられていたので、かなり守備を意識したポジションを取らざるを得ず、あまりゴール前に飛び込むような場面は作れなかったが、やはりトップ下よりはサイドにいるほうが味方からのボールも来やすいようで、ボールを持った時にはキープから短いパスを回してポゼッションのリズムを作り出していた。
そして、外から中へとポジションを移しながらボランチからリターンパスをもらってフリーで前を向くという、ドルトムント時代に得意としていたプレーにも、キャリックやクレヴァリーがようやく協調できるようになり、以前のようにボールを誰かに預けたらそのまんま帰ってこない、という状況からは脱しつつあるように見える。
ただ、プレミアリーグでは審判のファールに対する基準が一段階飛び抜けており、ボディアタックでファールを取ってくれるのは守備側が自陣にいる時のみで、攻撃側が相手陣でどう倒されても流されるだけ、ドリブルを後ろからラグビーのように手で引っ掛けて倒してもイエローすら出ないという状態だったので、そういう中で潰されずにプレイを続行できるスキルやフィジカルを向上させていく必要があるだろう。
まあ、とにかくこのポジションである程度やって行ける目処がついた事は非常に大きい。バイタルエリアの中へ確実にパスをくれる選手は後ろにはいないし、ルーニーともかぶるポジションなのでトップ下限定の選手は現在のマンUではかなり試合に出場するためのハードルが高い。ルーニーが復帰してから、さらにどういうサッカーへと変化するのかが楽しみである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「これしか無いのにやられた」全国高校サッカー選手権大会 準決勝 京都橘-桐光学園

中村俊輔の母校ということで注目されていた桐光学園だったが、準決勝でダークホースの京都橘に0-3という思わぬ大敗を喫して敗れ去った。 とは言え、チーム全体のレベルで言えば明らかに京都橘よりも桐光学園のほ...

続きを見る

2013年のサッカー界を占う

2013/01/11 | 戯言2013, 未分類

天皇杯が終わってJリーグは完全なシーズンオフ、ドイツやロシアはまだウィンターブレイク、高校サッカーは1週間のインターバルと、サッカーファンにとって1年でこの時期が一番暇ですよね。 と言う訳で、2013...

続きを見る

「こっちはバランスとは無縁でした」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 鵬翔-立正大淞南

前日に見た、星稜と東海大仰星の試合がバランスを重視した戦術同士の対戦だったのに対し、こちらは面白い事にそれとは正反対の試合になってしまっていた。ドイツやイングランドだとどうやっても同じようなサッカーに...

続きを見る

「拮抗したバランス」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 星稜-東海大仰星

ともに高校野球では有名な存在になっている高校同士が、今度はサッカー全国大会の準々決勝で対戦。試合は1-1のドローで90分が終わり、PK戦で星稜が勝ち上がることになった。 インカレ決勝と同じく、片方がポ...

続きを見る

「孤立した清武弟」インカレ決勝 早稲田大学-福岡大学

2013/01/07 | その他戦評, 未分類

インカレと呼ばれる全日本大学サッカー選手権大会の決勝戦は、J1大宮に入団が内定している富山を擁する早稲田が、清武弟が率いる福岡大学を破って5大会ぶりの優勝を飾った。 3-1というスコアの差以上に、早稲...

続きを見る

ミネキ氏の暴言について一言

2013/01/06 | 戯言2013, 未分類

かつて、0-0Empateというサイトで海外ニュースをユニークに翻訳して発信し続け、現在はエル・ゴラッソのデザイナーとして活躍されている佐藤峰樹氏が、Twitter上で数日前に、「欧州の舞台に日本人選...

続きを見る

全国高校サッカー選手権大会 1回戦 青森山田-野洲

もうこれから準々決勝をやろうかと言うのに今更な話ではあるが、ともに優勝候補同士の対戦となった、青森山田と野洲の試合を見てみた。 で、やはり感銘を受けたのは野洲のサッカー。乾や青木を擁して全国制覇をし、...

続きを見る

「アーセナルに見事なリベンジ」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-アーセナル

皆さん、あけましておめでとうございます。 元旦は、何とか天皇杯決勝のエントリーを書こうと思っていたのですが、年始で飲み過ぎてあっさり値落ち(笑)。2日後ともなるといまいち試合の戦評を書こうという気が起...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑