「鹿島のターン、東京のターン」ナビスコカップ グループB 鹿島アントラーズ-FC東京

2013/03/24 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

サッカーの試合においては、得点経過や選手起用の関係で、前半と後半の両チームの勢いが全く正反対になってしまうのは良くある話だが、その中でもここまで完璧に入れ換わった試合というのも珍しい。
鹿島のセレーゾ監督は、ベストメンバー規定なにそれ?てな具合に若手選手を大量に抜擢、CBは何とルーキーの植田と昌子のコンビ、SBも愛媛から移籍したばかりの前野と西という、守備を捨てたのかと言いたくなるような4人でDFラインを構成してきた。
ところが、前半の鹿島は前線で大迫がロングボールをしっかりと収め、そこに前野が積極的なオーバーラップを仕掛けて来るなど、リフレクションのセカンドボールを狙う攻撃が機能し、河野のトップ下と李のサイドという布陣が機能せずに鹿島の若手守備陣にプレッシャーをかけられないFC東京を圧倒、前半28分には中盤でのボール奪取からカウンターで、大迫が角度のないところから技ありの先制点を決めてしまう。
しかし前半終了間際にセットプレイからの徳永のミドルを渡邉がコースを変えるというラッキーなゴールで同点となり、後半から怪我のために大迫が退いてしまうと戦況が完全に一変する。
鹿島は野沢をトップ下に入れたものの、実効性が発揮できずにダヴィが孤立して攻撃が全く組み立てられなくなる。逆に東京は、東を右SHに入れて李と渡邉の2トップにし、その前線4人を鹿島のDFラインに完全な1対1になるポジションを取らせた事で、鹿島DFはマークにつき続けるのか、ゾーンを崩さずバランスを保つのかで混乱してしまう。
それが如実に出たシーンがルーカスの2点目で、中に絞って飛び出すルーカスに一応西がついて行ったのだが、他の選手が前線に居たFC東京の選手が手前に引く動きに釣られてしまい、西はそのままルーカスに交わされて失点してしまった。そして李の3点目も、マークについた柴崎以外は完全にボールウォッチャーになってしまっていた。
試合はその後、鹿島がダヴィのゴールで1点差に縮めるも、最後は東に意表をつくゴールを決められて終戦。まあ、セレーゾ監督にしてみたら当然ながら予想の範疇ではあったのだろうが、若手選手には教訓の多い試合になってしまった。東京のほうは、戦力バランス的に前線の点取り屋が不足しているだけに、李に得点が生まれたのは大きい。この2チームは、リーグでも今後優勝争いでまだまだ火花を散らしそうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「これはあくまで練習試合」国際親善試合 日本-カナダ

2013/03/23 | 日本代表, 未分類

案の定、セルジオ氏を筆頭として某掲示板あたりでは試合についての罵倒が渦巻いているわけだが、強化試合で下手に楽勝してしまうほうが油断しそうだし、フィジカル的には一番負荷がかかっている時期にやっているはず...

続きを見る

「ヨルダン戦のキーマン」オランダ・エールディビジ第27節 ADOデン・ハーグ-フィテッセ

フランス戦の役立たずっぷりで、すっかり代表での1トップの優先順位としては下げられてしまった感があるハーフナー・マイクだが、前線での基点として絶大な信頼を得ている本田が欠場している事、そして満足なパスワ...

続きを見る

「This is J-League」ナビスコカップ グループA 横浜Fマリノス-川崎フロンターレ

2013/03/21 | Jリーグ, 未分類

現在、自分的にJリーグの試合を見るときのテーマにしているのが、「得点に直結するプレイがチームとして出来ているかどうか」だったりするのだが、まあ良くも悪くもそのベクトルとは正反対なチーム同士の試合だった...

続きを見る

「調子に乗れない同士の調子が出ない試合」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-シュツットガルト

かたやリーグ戦5試合未勝利、かたや公式戦4連敗中という不調同士の対戦は、アウェイのシュツットガルトが連敗を止める勝利を手にしたが、どちらも最近の成績を反映してパッとしない内容だったと言える。 なかなか...

続きを見る

「これで満足してはそれまでよ」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 ニュルンベルク-シャルケ

しぶとく勝ち点を拾う試合を続けて、気がついてみればヨーロッパリーグが手に届きそうなところまで来ているニュルンベルク。この試合も、大黒柱のフンテラールを失ってチャンピオンズリーグを落としたシャルケを3-...

続きを見る

「もう金星は珍しくありません」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-リヴァプール

ここ3試合で1分け2敗と、またもや残留争いに引きずり込まれてしまったサウサンプトンだったが、何と公式戦4連勝中の好調リヴァプールに3-1で快勝してしまった。それにしても、シティやリヴァプールに勝ったと...

続きを見る

「セレッソのチャレンジに好感触」J1第3節 セレッソ大阪-FC東京

2013/03/17 | Jリーグ, 未分類

昨日は一番早い欧州組の試合が11時半からだったので、先にJリーグの試合を観戦。 浦和対名古屋の試合では、攻撃の「実質的な」スピードの遅さについ苦言を呈してしまったのだが、セレッソとFC東京の試合につい...

続きを見る

「欧州かぶれにはなりたくないけれど」J1第2節 浦和レッズ-名古屋グランパス

2013/03/16 | Jリーグ, 未分類

ここ数年は、本当に海外組日本人選手の人数が増えてしまって、シーズン中は彼らのめぼしい試合を追っかけているだけで1週間が過ぎてしまい、なかなかJリーグの試合まで手が回らないのだが、あえて週に1試合はJを...

続きを見る

「自ら勝利を手放してしまったシャルケ」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第2レグ シャルケ-ガラタサライ

ともにベスト16で敗退してしまった、日本人選手所属の2チーム。香川のマンUは不運な判定での惜敗だったが、内田のシャルケも十分勝ち抜けの可能性はあったのに、みすみす自らその機会を放棄してしまった試合だっ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ワールドクラスのFW、ベンテケとのマッチアップで勝利した吉田」イングランド・プレミアリーグ第5節 クリスタルパレス-サウサンプトン

開幕から4試合で1得点も挙げられず、早速フランク・デ・ブール監督が解任...

「ガルシア監督に対する酒井のリベンジパフォーマンス」UEFAヨーロッパリーグ グループI マルセイユ-コンヤスポル

昨晩はいつものように各国のリーグ戦が行われていたけど、これは絶対に見た...

「レガネスが仕掛けた、スペインらしからぬ塩サッカーを打ち破った乾のクロス」リーガ・エスパニョーラ第4節 エイバル-レガネス

まだリーガで1得点しか挙げられず3試合で勝ち点1のエイバルと対戦したの...

「大迫と原口、どちらも少しほろ苦い欧州戦デビュー」UEFAヨーロッパリーグ アーセナル-ケルン/ヘルタ・ベルリン-アスレティック・ビルバオ

昨晩に行われたヨーロッパリーグでは3人の日本人選手が出場し、酒井宏樹が...

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑