「ジャイアント・キリングだけではございません」イングランド・プレミアリーグ レディング-サウサンプトン

スポンサードリンク

現在リーグ最下位に低迷し、残留に向けてなりふり構わぬレディングが急遽新監督に据えたのは、なんと冬にサウサンプトンを電撃解任されたアドキンス。と言うわけで、図らずも監督の采配に注目が集まる試合になった。
そのアドキンス監督は、いきなり中心選手のレイジャーウッドとポグレブニャクを控えにするという奇策に出て来た。そして、DFとボランチに前からプレスをかけ、ボールを奪ったら相対的に守備が弱いショーとホーイフェルトがいる左サイドを攻めるという、中盤から後ろは足元へのボールが多いサウサンプトンの特徴を逆手に取った対策を見せて来た。
しかしここ最近のサウサンプトンの自信は見違えるほどで、前半途中でセットプレイ崩れからバタバタ慌ててあわや失点の場面を作りはしたが、そこからは完全にレディングをポゼッションで上回り、35分にダイレクトパスを3つ続けてレディングの選手を翻弄すると、最後はロドリゲスがGKの前でボールを触って流し込み、74分にも吉田の縦パスからダイレクトプレイを重ね、最後はララーナが冷静に決めて2-0として勝負あり。
ホームのレディングは守備への切り替えやカバーリングを決して怠ってはいなかったのだが、何しろサウサンプトンの選手は、お前らシャビか遠藤か、というぐらいに狭いパスコースを自信に満ちたパスで通し、バルサも真っ青なダイレクトパスを繋げるのだから、シーズン序盤のお笑いチームはどこに行ったのかと首をひねってしまうぐらいの変身ぶり。ぶっちゃけ日本代表よりもよほど整ったパスサッカーをやっていて、強いチームに勝って自信をつけるというのは想像以上にチームを化けさせるんだなあと思ってしまった。
吉田については、怪しいミスパスやロングボールの目測を誤ってのかぶりなど、いつも通りのやらかしプレイはあったものの、縦パスやフィードを何本も通してチームのポゼッションサッカーにリズムを与えていた。でもこれだけチームが万全だと、もっと吉田が危機に陥るような強いチームと試合してほしいとつい思ってしまうのだから、人間というものは欲深い生き物だなあと(笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ようやく内田は完調か」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 シャルケ-ホッフェンハイム

エースのフンテラールが怪我で抜けてから公式戦で連敗しているシャルケは、ホームに残留争いまっただ中のホッフェンハイムを迎えての難しい試合だったが、何とか終盤に突き放して久々の勝利となった。 この試合で負...

続きを見る

「何故柏だけが一人勝ち?」アジア・チャンピオンズリーグ グループH 水原三星-柏レイソル

今期も、広島が未だ勝ち点0で最下位に沈み、今節も仙台や浦和が韓国勢に敗れる中、水原とのアウェイ戦に挑んだ柏は、何と相手にPKが4回与えられるという超絶帳尻ジャッジの洗礼を受けながらも、6-2と大勝して...

続きを見る

「清武も長谷部も自分の仕事をこなす」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ヴォルフスブルク-ニュルンベルク

シーズン途中でいきなりヴォルフスブルクへと移籍してしまったヘッキング監督に対する、復讐戦という格好になった試合は、ホームのヴォルフスブルクが前半に2点をリードするものの、後半を守りきれず同点に追いつか...

続きを見る

「ジャイアント・キリングが日常」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-チェルシー

今シーズンのホーム戦では、マンチェスター・シティやリヴァプールといったビッグクラブを葬ってきたサウサンプトン。この試合でも当然のようにチェルシーに対して勝利を挙げ、まだ降格圏から勝ち点4の差とはいえ、...

続きを見る

「ある意味普通になって来た」イングランド・プレミアリーグ サンダーランド-マンチェスター・ユナイテッド

代表戦の後だし先発予想からも外れていたし、昨日はおそらく出場しないだろうと踏んでいたので、Twitterで先発と聞いた時には既に前半20分になってた・・・ファギーの空気読めなさ加減をすっかり忘れており...

続きを見る

「小村監督の見事な仕事」J2第5節 ガイナーレ鳥取-栃木SC

2013/03/29 | Jリーグ, 未分類

監督業初経験でありながら、ここまで4戦負けなしの2勝2分けと素晴らしいスタートを切っているガイナーレ鳥取の小村新監督。5戦目の栃木戦では、1-1のドローに終わったものの、終始試合の主導権を握る戦いぶり...

続きを見る

日本のセットプレイの弱さは欧州組のせい?

2013/03/28 | 戯言2013, 未分類

ちょっと小ネタ的な更新ですが、日本のセットプレイに対する弱さについて。 ザックは、ヨルダン戦の後に「CKさえ与えてはいけないのか」と語っていましたが、その失点シーンに限らず以前から相手の選手にボールを...

続きを見る

「実は99%決まったも同然?」日本のアジア最終予選勝ち抜け条件

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

残念ながらヨルダンに敗退してしまった日本だが、依然としてグループで最も有利な立場に立っている事は間違いないわけで、ここで1つ冷静になって日本が勝ち抜けられる条件を整理してみる。 まず、残り2試合で勝ち...

続きを見る

「全てが裏目に出たザックジャパン」ブラジルW杯アジア最終予選 ヨルダン-日本

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

裏の試合であるオーストラリア対オマーンがドローに終わったおかげで、日本は引き分け以上でブラジル行きが決まるチャンスだったのだが、あえなく自滅で悔しい敗戦、切符の獲得は次戦以降に持ち越されてしまった。 ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑