「清武も長谷部も自分の仕事をこなす」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ヴォルフスブルク-ニュルンベルク

スポンサードリンク

シーズン途中でいきなりヴォルフスブルクへと移籍してしまったヘッキング監督に対する、復讐戦という格好になった試合は、ホームのヴォルフスブルクが前半に2点をリードするものの、後半を守りきれず同点に追いつかれてのドローに終わった。
ニュルンベルクは、3-0で勝利したシャルケ戦の後半そのままの布陣、つまり1トップにエスヴァインを置いて、清武とフォイルナーをインサイドハーフに並べた4-1-4-1というカウンター狙いのフォーメーションにして来たのだが、前半はこれが完全に裏目へと出てしまった。
そもそもカウンターを狙おうにも中盤でボールが繋げられず、清武がポラークの集中マークを受けていたので、エスヴァインやサイドのフランツ、チャンドラーにまでなかなかボールが渡らない。フランツにしてもエスヴァインにしても、飛び出してナンボの選手なので、仕方なく清武がボランチの位置にまで下がってゲームコントロールしていたが、それによってチームとしてのゴール前での精度やアイデアが無くなってしまっていた。
もっとも、それはヴォルフスブルクも似たようなもので、攻撃のアイデアはほぼジエゴ個人へおんぶに抱っこ状態で残りの中盤は単なる労働者に過ぎず、ジエゴのFKとオリッチのスーパーゴールで2点を取りはしたものの、チームとして大きくニュルンベルクを崩していたわけでは無かった。
後半にニュルンベルクが普段通りにペクハルトを1トップに復活させた事で、ようやくニュルンベルクは前で基点を作れるようになり、清武もヴォルフスブルクの1ボランチであるポラークの横のスペースへと再三侵入してチャンスメイクを行い、61分に左サイドでの突破からシモンスのまぐれボレーゴールのお膳立てをすると、5分後には伝家の宝刀であるFKでニルソンの倒れこみながらのシュートをアシストした。
相変わらずシュートに対する淡白さや、良い位置でのFKをあっさり味方に譲ってしまうといった消極さが見られるのは残念だが、ポラークの執拗なボディコンタクトにもめげずに最後までしっかりプレイが出来ていた事は評価できる。シーズン序盤にあったプレイのムラが無くなり、安定した選手になって来たように思う。
長谷部は、中盤とのコンビで攻守のバランスを取りつつオーバーラップも何度か見せて積極性のあるプレイぶり。チームのビルドアップ能力不足を考えれば、もっと縦パスや得意のアーリークロスがあればとは思うが、ジョズエが抜けてポラークが務めるようになった1ボランチは不安が多いだけに、ボランチもこなせる長谷部の出番はこれから必ず増えて来るはずなので、レベルアップに期待だ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ジャイアント・キリングが日常」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-チェルシー

今シーズンのホーム戦では、マンチェスター・シティやリヴァプールといったビッグクラブを葬ってきたサウサンプトン。この試合でも当然のようにチェルシーに対して勝利を挙げ、まだ降格圏から勝ち点4の差とはいえ、...

続きを見る

「ある意味普通になって来た」イングランド・プレミアリーグ サンダーランド-マンチェスター・ユナイテッド

代表戦の後だし先発予想からも外れていたし、昨日はおそらく出場しないだろうと踏んでいたので、Twitterで先発と聞いた時には既に前半20分になってた・・・ファギーの空気読めなさ加減をすっかり忘れており...

続きを見る

「小村監督の見事な仕事」J2第5節 ガイナーレ鳥取-栃木SC

2013/03/29 | Jリーグ, 未分類

監督業初経験でありながら、ここまで4戦負けなしの2勝2分けと素晴らしいスタートを切っているガイナーレ鳥取の小村新監督。5戦目の栃木戦では、1-1のドローに終わったものの、終始試合の主導権を握る戦いぶり...

続きを見る

日本のセットプレイの弱さは欧州組のせい?

2013/03/28 | 戯言2013, 未分類

ちょっと小ネタ的な更新ですが、日本のセットプレイに対する弱さについて。 ザックは、ヨルダン戦の後に「CKさえ与えてはいけないのか」と語っていましたが、その失点シーンに限らず以前から相手の選手にボールを...

続きを見る

「実は99%決まったも同然?」日本のアジア最終予選勝ち抜け条件

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

残念ながらヨルダンに敗退してしまった日本だが、依然としてグループで最も有利な立場に立っている事は間違いないわけで、ここで1つ冷静になって日本が勝ち抜けられる条件を整理してみる。 まず、残り2試合で勝ち...

続きを見る

「全てが裏目に出たザックジャパン」ブラジルW杯アジア最終予選 ヨルダン-日本

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

裏の試合であるオーストラリア対オマーンがドローに終わったおかげで、日本は引き分け以上でブラジル行きが決まるチャンスだったのだが、あえなく自滅で悔しい敗戦、切符の獲得は次戦以降に持ち越されてしまった。 ...

続きを見る

ここで決められるか、アジア最終予選ヨルダン戦展望

2013/03/26 | 日本代表, 未分類

さて、1年半に渡って戦って来たブラジルW杯アジア最終予選、大詰めの一番であるヨルダン戦がやって来た。 日本はここまで2位に勝ち点8差で大きくリードしているとは言え、残り2試合がホームでのオーストラリア...

続きを見る

「南米のようで南米でない?」ブラジルW杯南米予選 アルゼンチン-ベネズエラ

ドイツW杯の決勝トーナメント1回戦で戦ったパラグアイや、引き分けに終わった2年前のペルー戦、そしてトルシエジャパン時代に酸化したコパ・アメリカなど、昔から日本代表は南米勢を苦手にしてきた。 それは1対...

続きを見る

「鹿島のターン、東京のターン」ナビスコカップ グループB 鹿島アントラーズ-FC東京

2013/03/24 | Jリーグ, 未分類

サッカーの試合においては、得点経過や選手起用の関係で、前半と後半の両チームの勢いが全く正反対になってしまうのは良くある話だが、その中でもここまで完璧に入れ換わった試合というのも珍しい。 鹿島のセレーゾ...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑