「ブラジル戦への布石をどう配置するか」ブラジルW杯アジア最終予選イラク戦展望

2013/06/10 | 日本代表, 未分類

スポンサードリンク

かろうじてオーストラリアに引き分け、裏の試合でひっそりと最終予選進出という事態を回避した日本代表。
6/15には日曜日にフランスを3-0で一蹴したホームのブラジルとやるコンフェデの開幕戦が待っているわけですが、それだけに4日前のイラク戦は結構重要なテストになるのではないかと思っています。
まず大きなポイントとなるのは、ザックがコンフェデをどういう位置づけで考えているのか、という部分。前回のブラジル戦では、ブラジルのジャーナリストが呆れるほどに、いつもの攻撃的な日本で行って玉砕してしまったわけですが、今度も玉砕戦法で行ってしまうのか、それともあくまで勝負にこだわるのか、どちらを選択するかでテストのテーマが大きく変わって来ると思います。
はっきり言って、高い位置からのプレスとポゼッションでブラジルに勝てるというのはただの幻想でしょう。どんなフォーメーションにしようが、勝とうと思えばコンパクトなゾーンを作ってブラジルが誇る2列目のスペースと時間を削るしかありません。
今までのザックジャパンでは、3-4-3が5バックになってしまったり、守備固めで栗原を入れたり本田を1トップにしたりと、偶発的な要素で守備的な布陣になる事はありましたが、最初から守備偏重で臨む試合は初めてという事になります。そこでザックはどういうチームを作ってくるのか。
1つの有力なアイデアは、4-1-4-1。先日にブラジルと引き分けたロシアもそうですが、ブラジルやバルサのような強力なポゼッションを誇るチームに対しては、やはりバイタルに守備的な1ボランチを置いたこの形が有効であることには変わりありません。そして日本でこの1ボランチに最も向いた選手といえば細貝でしょう。
とにかく守備での猟犬イメージばかりがクローズアップされる細貝ですが、実は攻撃面でも遠藤や長谷部に無い能力を持っている事は案外知られていません。それは、つなぎでミスをしない能力。細貝は大きな展開や鋭い縦パスを出せる力はありませんが、どんなに密集した場所であっても、つなぎのショートパスを本当にミスしないんですよね。
ブラジルの攻撃力は確かに脅威ですが、彼らとの試合で最も恐れるべき事は、ミスからハーフカウンターを食らってしまう事。ブラジルは守備時で前残りする選手が多いだけに、1つのミスが確実に致命傷へとつながります。そういう試合にこそ、ミス無く遠藤や長谷部に繋げられる細貝は貴重な存在になるはず。
もちろん、ザックが4-1-4-1をやるかどうかは全く分からないわけですが、出場停止の長谷部に代わって細貝の先発が予想されているだけに、そういう部分に注目して試合を見てみようと思っています。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「何とも残念な殴り合い」J2第18節 ヴィッセル神戸-ジェフ千葉

2013/06/09 | Jリーグ, 未分類

J2の2位と6位の上位直接対決となったこの試合は、ホームの神戸が二度のリードを奪うものの守りきれず、2-2のドローで痛み分けとなった。 やはり関西に住んでいる者としては、J2では関西勢に頑張って欲しい...

続きを見る

「コンフェデ・ブラジル戦の攻略法」国際親善試合 ロシア-ブラジル

2013/06/07 | その他戦評, 未分類

スカパーの無料放送期間中だったので、昨晩は録画しておいたロシア対ブラジルの親善試合を観戦。 試合内容自体は、前半こそロシアの勢いが勝ったが、その後はやはり4-1-4-1でコンパクトに組織で守るロシアを...

続きを見る

「隣の芝生はどちらも青い」国際親善試合 イングランド-アイルランド

2013/06/06 | その他戦評, 未分類

昨日は飲みの用事があってサッカーの試合を見ていないので、オーストラリア戦の前に見た聖地ウェンブリー・スタジアムで実に18年ぶりの対戦となったイングランドとアイルランドの試合について少し書いてみる。 試...

続きを見る

アジア最終予選・各グループの動向

2013/06/05 | 日本代表, 未分類

日本はとりあえず無事最終予選を突破。気分的には大きく左うちわ・・・と言いたいところですが、昨日の試合展開でガッツリ気疲れしてしまってうちわを扇ぐ気力が湧きません(苦笑)。と言うわけでダラダラと他グルー...

続きを見る

「笑顔無きW杯出場決定」ブラジルW杯アジア最終予選 日本-オーストラリア

2013/06/04 | 日本代表, 未分類

いや~、本当に厳しく苦しい試合だった。 狙いすました香川のループシュートがクロスバーに当たって、オアーの蹴りそこないのクロスが直接ゴールに入った時には、どれだけ日本は勝利の女神に嫌われているのかと思っ...

続きを見る

「では高さ対決をどうするか」続・アジア最終予選オーストラリア戦展望

2013/06/04 | 日本代表, 未分類

昨日の展望では、メンバー選考をどうするかという部分についてしか書けていなかったので、オーストラリアが間違い無く仕掛けて来るであろうロングボール攻撃に対し、日本はどう戦うべきかについて書いてみます。 高...

続きを見る

「解答困難な三次方程式」アジア最終予選オーストラリア戦展望

2013/06/03 | 日本代表, 未分類

明日が個人的な用事で忙しくなりそうなので、ちょっと早めにオーストラリア戦の展望を書いてみます。 まあ事実上と言うか99.9%は最終予選突破が決まっている日本ですが、やはりホームでグループの最大のライバ...

続きを見る

「ガンバ復活のポイント」J2第17節 ガンバ大阪-栃木SC

2013/06/02 | Jリーグ, 未分類

J2に落ちてスタートした序盤は、ドローが続いてこのままではシーズン前に描いていた独走でJ1返り咲きなど夢のまた夢になるのではないかと思われたガンバだったが、遠藤と今野が代表で不在となったこの試合でも栃...

続きを見る

「策士ネルシーニョの本領発揮」J1第9節順延分 サンフレッチェ広島-柏レイソル

2013/06/01 | Jリーグ, 未分類

ACLで順調にベスト8に進みながら、その影響で前節に6失点と大敗を喫してしまった柏が、好調の広島相手に取って来た戦術は、何と完全マッチアップの3-4-3のフォーメーションであった。 その狙いは、言わば...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑