「大迫半端ない」J1第22節 鹿島アントラーズ-横浜Fマリノス

2013/08/25 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

試合後の談話で本山が言ったぐらいだから、大迫半端ないってのはもう公式認定なのかね(笑)。でも、シュートを決めた大迫はもちろんだが、そこにパスを出した本山も半端無かったね。
試合は、前節で首位に立った横浜がボールポゼッションでは上回る展開だったが、試合のペースはホームの鹿島が握っていたと言え、横浜の選手に対してしっかりプレッシャーをかけ続けて自由にさせず、ファールは与えるものの山村の高さを中心に中村のセットプレイを跳ね返し続け、GK榎本哲也のナイスセーブに阻まれたが、鹿島は前半のうちに2度ほど決定的なチャンスを創りだした。
が、先制したのは横浜。19分に判断が悪くて持ちすぎになった小笠原がボールを奪われ、そのまま中村、マルキーニョスとショートカウンターが決まってのゴールとなり、これはまんまと横浜の思い通りになるかと思われた。
しかし後半になると横浜の運動量が落ちだしてパスコースを作る動きが少なくなり、そういう時にドリブルで頑張らないといけないはずの斎藤は怪我明けのせいかまるで存在感が無く、富澤の代わりに入った小椋がバイタルエリアを抑えきれず、本山に決定的な仕事をさせてしまった。
それにしても大迫、2得点ともウルグアイ戦での結果を受けて一部方面で(笑)待望されていたはずの中澤の動きの逆を取る動きは実に見事だった。香川が反応で、柿谷が感覚でゴールを陥れる選手だとすると、大迫は読みで取る選手だと言えるかもしれない。大柄な海外の選手にガツガツと当たられてどうかという点はあるが、是非もっと大きな舞台での働きを見たい選手であるのは間違いない。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「こちらも決め手が足りない」欧州CLプレイオフ第1レグ シャルケ04-PAOKサロニカ

本来の対戦相手であるウクライナのメタリストが八百長スキャンダルで出場権を失ったために、ギリシャのPAOKサロニカとの対戦になったシャルケ。そのPAOKの監督がかつてシャルケを率いたステフェンス監督とい...

続きを見る

「負けた気はしないけど勝てる気にもならない」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 シュツットガルト-レヴァークーゼン

シュツットガルトが岡崎、レヴァークーゼンがシュールレという前線のダイナモがともに抜けた今期の対戦は、それだけが原因じゃないだろうが今いちどちらも決め手に欠ける試合内容になってしまった。 シュツットガル...

続きを見る

「中村を褒めるよりも守備を責めるべき」J1第21節 FC東京-横浜Fマリノス

2013/08/21 | Jリーグ, 未分類

ともに首都圏同士、上位争いを展開しているという事で味スタに3万人の観衆を集めて注目された試合だったが、ホームのFC東京が0-2で敗れてしまい、横浜Fマリノスを首位に押し上げる手助けをしてしまった結果に...

続きを見る

「ますます日本代表化するCSKA」ロシア・プレミアリーグ第5節 CSKAモスクワ-クバン・クラスノダール

なかなかミラン行きが決まらず、平行線のままズルズルと移籍期限が迫りつつある本田は、5節のクバン戦でも当たり前のように出場して決勝点のアシストを決めるなど当たり前に活躍「してしまった」。 ただし、チーム...

続きを見る

「目の覚めるような清武のFK」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ニュルンベルク-ヘルタ・ベルリン

開幕でフランクフルトに大勝して波にのるヘルタをニュルンベルクホームに迎えての試合は、試合終了間際にニュルンベルクが1点ビハインドの状態から、清武が右45度からのFKを右足でファーサイドに突き刺す見事な...

続きを見る

「岡崎はお疲れだけど開幕2連勝」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 フライブルク-マインツ

ウルグアイ戦から中2日で日本からトンボ返りして来た岡崎が、何事もなかったかのようにスタメンで起用されたマインツのフライブルク戦は、2-1で何とか逃げ切りを決めて開幕から2連勝を飾った。 前節の岡崎は2...

続きを見る

「代表のサッカーとの決定的なギャップ」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 マインツ-シュツットガルト

スカパーでは単独で1000円もするFOXチャンネルでしかやってなかったカードなんだけど、たまたまNHK-BSのほうで録画放送してくれていたので、岡崎と酒井高徳の対戦を見た。 結果はマインツが勝利して、...

続きを見る

「織り込み済みの誤算」キリンチャレンジカップ 日本-ウルグアイ

2013/08/15 | 日本代表, 未分類

まずこの試合における、日本にとっての第一の(ある意味嬉しい)誤算は、佳境に入っている南米予選を控えたウルグアイが相当な本気で臨んで来た事だろう。 スアレスとフォルランの個人技や決定力もさることながら、...

続きを見る

「今期も清武の苦労は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ホッフェンハイム-ニュルンベルク

アストン・ヴィラからのオファーがどうとか言う報道が出ていたが、今期も清武はニュルンベルクの選手として開幕を迎え、チームはホッフェンハイムの本拠地で2-2のドローでスタートとなった。 アウェイで2点を取...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑