「香川の次を狙う選手たちは・・・」J1第1節 セレッソ大阪-アルビレックス新潟

2013/03/04 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

週末は1泊遠足に出かけていたので土曜日はサッカーを見られず。で、翌日になってTwitterを見るとご存知のとおりに香川ハットトリック祭りが開催中。
家に帰った後で、その試合を楽しみに見ようと思ってHDRのプレイリストを見ると、何とマンUの試合が見当たらず・・・そういや、爺さんが香川が先発どうこうとか言ってたので、かえって怪しいと思って吉田の試合を優先したんだった・・・_| ̄|○
なので、昨日は次の香川を狙うであろうセレッソの柿谷と南野のプレイを見ようと思ってセレッソ対アルビレックスの試合を録画観戦。と思ったら、セレッソの出来が悪くて彼らのプレイを見るどうこうではありませんでしたとさ(苦笑)。
まあとにかくセレッソはエジノと柿谷がマイボールになっても前線で突っ立っているだけで全くボールを引き出す動きが無く、セレッソのDFはボールを持っても出しどころが無くてユルユルと横パスをするばかりで攻撃のスピードが全く上がらない。たまに前線が良い戻りでピンチの芽を摘んだかと思ったら南野だったという有様。
新潟は、ベテランの田中達也が獅子奮迅の大活躍。彼が頻繁に中央へと下がってポストプレイをこなしつつ、中盤の選手が流動的に攻め上がってパスコースと作り、そこにまた田中達也がフィニッシュで絡む、という一連の流れが確立されており、チャンスの数は圧倒的に新潟のほうが多かった。が、そこで1点が決まらなかった事が大きな代償になってしまった。
クルピ監督は、前線が蓋になってチームが動かないのを見て取り、後半19分にサイドに流れたりと前線で広くターゲットになれる杉本を入れる。逆に新潟は攻撃の軸になっていた田中達也が下がり、これでようやく状況は五分になる。そして後半43分に、新潟の高いDFラインを裏抜けした柿谷に扇原の浮き球パスがピタリと合い、それをダイレクトで決める柿谷らしい技ありゴールを決めて、セレッソが棚ボタで勝ち点3をゲットした。
まあ、新潟は負けたとはいえチームの形としては出来上がっていて、田中達也がどこまでフルパフォーマンスで働けるかは分からないが、レオシルバを中心とした中盤の堅牢さは見事だし、この内容を見る限りでは降格するようなサッカーでは無いと思う。それよりもセレッソのほうが心配で、特にエジノと柿谷の2トップはかなり疑問。南野と山口螢がSHというのも、彼らの良さを無駄にしているようにしか見えないが・・・育成には定評がある監督なので狙いはちゃんとあるんだろうけど、この試合ではそれがほとんど見えなかったのが残念。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「これぞ心を整える」ドイツ・ブンデスリーガ第23節 マインツ-ヴォルフスブルク

今日と明日は大人の遠足に行くので、長谷部のプレイについての雑感のみで。 事もあろうにGKベナーリオが最前線にいる相手のFWにパスしてしまうという、前半5分の超絶ボーンヘッドで不幸な先制点を許してしまっ...

続きを見る

「かろうじて日本勢のプライドを保つ」アジア・チャンピオンズリーグ グループH 貴州人和-柏レイソル

今年こそ、の思いでJリーグがACL出場クラブの支援策を決めたはずだったのだが、仙台がホームでブリーラムに引き分け、浦和と広島は点を取れずに完敗と期待を裏切る中、かろうじて柏はJリーグ勢のプライドを保つ...

続きを見る

「日本人対決は酒井高徳の勝ち?」ドイツ・ブンデスリーガ第23節 シュツットガルト-ニュルンベルク

ブンデスリーガ史上初となる日本人選手4人同時出場の可能性があった試合だったが、金崎は先発だったものの前半のみで退き、岡崎は74分からの出場だったために夢はかなわなかった。おまけに、試合内容もかなりショ...

続きを見る

「長友にとっては厄日」イタリア・セリエA第26節 インテル-ACミラン

だいたい、日本代表や海外日本人選手の試合で内容がいまいちだった時は、ナショナリズム的な期待の反動で掲示板などでは酷く叩かれたりするものの、実際に試合を見てみるとそんなに悪くないんじゃないか、と思うパタ...

続きを見る

「吉田にミスは無くても4失点」イングランド・プレミアリーグ ニューカッスル-サウサンプトン

前節はシティに勝利し、残留争いのライバルに対しても自信を持って臨んだはずのサウサンプトンだったが、蓋を開けてみれば2-4で完敗し、再び降格圏まで勝ち点3の位置にまで落とされるはめになった。 試合開始わ...

続きを見る

「快勝も日本人にとってはいまいちスカッとしない」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第2レグ ゲンク-シュツットガルト

シュツットガルトホームでの第1レグではアウェイゴールを取っての1-1で終わり、有利な状況でホームでの第2レグを迎えたゲンクだったが、かえってその中途半端な余裕が裏目に出てしまった試合だったと言える。 ...

続きを見る

「まるで覇気が無かったバルサ」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ ACミラン-バルセロナ

リーガエスパニューラでは2位のレアル・マドリーに対して勝ち点12を付けての独走、メッシは歴史上の得点記録を次々に塗り替える絶好調と、チャンピオンズリーグでも隙が無いと見られていたバルサが、何とセリエで...

続きを見る

「バイエルンの壁に跳ね返される」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ アーセナル-バイエルン・ミュンヘン

2013年になってからブンデスリーガで無失点という快進撃を続けるバイエルンに対し、アーセナルはかろうじて一矢を報いたものの結果・内容共に完敗という結末に、ホームのアーセナル・スタジアムは力の無いブーイ...

続きを見る

「ラテンのしたたかさに敗れる」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第1レグ バイヤー・レヴァークーゼン-ベンフィカ

チャンピオンズリーグ敗退組が加わってのヨーロッパリーグベスト32。レヴァークーゼンの相手は、バルサとセルティックがいた組で3位になったベンフィカになった。 とにかくこの試合で際立っていたのは、ベンフィ...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑