「W杯に向けて心配な酒井の怪我」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 ハノーファー96-HSV

スポンサードリンク

昨日の深夜に第31節の試合があって、ハノーファーがフランクフルト相手に勝利を収めたようだが、その前に行われた第30節のHSV戦のレポートで。

ここまでリーグ戦4連敗中と、一気に残留争いに飲み込まれつつあったハノーファーだったが、この試合では序盤からHSVに対して激しいプレッシャーを仕掛け、9分に右サイドからの速い崩しにシュティンドルが合わせて先制すると、その後も1トップに入って活発に動くコナンを基点として次々とチャンスを作ってHSVの1本に対して実に15本のシュートを放つものの、クロスバーに当たるなど決定力を欠いてみすみす相手を仕留めるチャンスを逃してしまう。

そうなると往々にしてしっぺ返しを食らうのがサッカーの鉄則で、案の定後半3分に目下売り出し中のハカン・チャルハノールに直接FKを決められてしまう。この場面、酒井宏樹は壁に入っていたが、相手選手に力づくで押されてコースが空いてしまった。

しかしここでズルズルと行ってしまわなかったのがターニングポイントで、前半はあまり攻め上がりを見せなかった酒井も後半30分ぐらいから何度かオーバーラップを見せるようになり、86分にコナンが決めた決勝点は酒井のパスカットが起点になるなど、攻守両面で良いアクセントになっていた。

以前からCBに入ってのカバーや、サイドでの1対1の強さはドイツでも水準以上のものを見せていたが、最近は内田ばりにビルドアップの縦パスも出せるようになって、着実な成長を見せているのは嬉しい限り。ただ、右膝に怪我を抱えているらしくテーピングをしながらの出場で、チームも残留が決まるまでは手を抜くわけにはいかない状況なのが辛いところ。内田の復活もまだ不明だし、W杯に向けて酒井が無事でいてくれる事を祈るばかりである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「アジアで勝つためには広島に何が足りないのか」ACLグループF 北京国安-サンフレッチェ広島

昨日、横浜Fマリノスの戦評のついでに、Jクラブがアジアで勝つ方法についてちょっと書いてみたんだけど、それを書きながら「セレッソがやってるサッカーはこの真逆だなあ」と苦笑していたので、セレッソが浦項に負...

続きを見る

「Jリーグ仕様からアジア仕様への転換が当たったFマリノス」ACLグループG 横浜Fマリノス-全北現代

グループリーグの出遅れによって敗退の崖っぷちに立たされていた横浜Fマリノスと、2位の全北現代との試合は、ホームのFマリノスが早々に全北の猛攻を受けてミスから先制点を奪われてしまうものの、後半にゴールの...

続きを見る

「サッカーよりも女性関係を巡るゴシップ大会」イタリア・セリエA第33節 サンプドリア-インテル

インテルFWイカルディは元サンプドリアの選手であり、彼の彼女がサンプドリアFWマキシ・ロペスの元妻で、イカルディが寝とったから離婚に至ったという噂がある上に、最近でもTwitter上で2人の論争があっ...

続きを見る

「やはりコンセプトに合った人選は大事」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 マインツ-ブレーメン

ここのところ、勝ったり負けたりの出入りが激しい試合が続き、欧州戦圏内が遠ざかりつつあったマインツは、ホームでのブレーメン戦に3-0と快勝、6位のヨーロッパリーグ出場枠まで勝ち点2と何とか食らいついた。...

続きを見る

「フォルランと戦術がどうにも合ってないセレッソ」J1第7節 セレッソ大阪-ガンバ大阪

2014/04/13 | Jリーグ, 未分類

42723人と満員の観客で盛り上がった長居スタジアム、そして試合は激しい攻め合いの末に2-2のドローで終わるという、まさに現在の順位は関係ない意地の張り合いであるダービーマッチらしい試合で、見ていた人...

続きを見る

「ワールドカップで細貝を使うならCBの位置?」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ヘルタ・ベルリン-ホッフェンハイム

既に試合は見ていたんだけど今週はいろいろと忙しくて戦評を書いている時間が無く、既に先週の試合になってしまったので細貝のプレイ中心に簡単なレポートで。 まあとにかくチームにとっても細貝にとっても厳しい...

続きを見る

「策士ネルシーニョの術中ではあったのだが」J1第7節 川崎フロンターレ-柏レイソル

2014/04/12 | Jリーグ, 未分類

次週にACLがあるために前倒しの金曜に行われた川崎対柏。今年は開幕から旋風を巻き起こしている風間”ペップ”サッカーに対し、策士ネルシーニョがどういう手段を取ってくるかが楽しみな試合。 で、ネルシーニ...

続きを見る

「バルサが”バルサ”であった時代の終焉か」UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2レグ アトレティコ・マドリード-バルセロナ

バイエルンとマンUの試合の裏で行われた、アトレティコとバルサのスペイン勢同士の対決は、アウェイでの第1レグを1-1で終えていたアトレティコが、ホームでは1-0と前半6分の先制点を守りきり、現在リーガ首...

続きを見る

「ファーガソンとともに1つの時代が終わり、香川らの時代が始まる」UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2レグ バイエルン・ミュンヘン-マンチェスター・ユナイテッド

日本時間の今日深夜に行われた、CL準々決勝バイエルン対マンUの第2レグ。ホームでの第1レグを1-1で終えたマンUは、後半に値千金の先制点を挙げながらも直後に追いつかれ、最終的には3-1と突き放されて終...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑