「乾には消化不良もチームは快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 フランクフルト-デュッセルドルフ

スポンサードリンク

しばらく怪我で戦列を離れていた大前が先発で復帰、フランクフルトも通常通り乾が出場したので日本人ダービーとなった試合は、フランクフルトが成績通りの順当勝ちを収め、デュッセルドルフは降格圏からの脱出は敵わなかった。
大前のみならずフロントにも瀬田さんという日本人がいるだけに、デュッセルドルフに残留してほしい気持ちはやまやまなんだけど、残念ながらこの試合内容を見る限りでは正直厳しいと思わざるを得なかった。
一応、守備は3ラインを作って体裁を整えているんだけど、最終ラインが低くて全然コンパクトじゃなく、大前はトップ下の位置でプレスに走り回っても連動していない単発の動きでしかないので、ほぼ無駄走りで終わってしまっている。攻撃でも、4-4-1-1の前の2人をどう使って組み立てるかのプランが無く、何となく各選手がフリーな選手にパスを出すだけで、パスを出した後の動き出しというものがほとんど無い。
ニュルンベルクとかを見ててもそうなんだけど、ドイツではせっかく上手いこと行った試合があっても、それを維持する戦術的な裏付けが無いのか、あっという間に元のグダグダサッカーになるチームが多いよね。そういう意味では各選手がチーム戦術には忠実(でも個人戦術は弱め)なJリーグとは似ているようで大きな違いがある部分だと思う。
大前個人についても、まだドイツ人の間合いに適応できず、小さな切り返しが相手のリーチにかかったりする事が多く、持ち味を出しきれているとは言えない。大柄な選手に対しては、まず相手の重心を崩してから裏を取るようなスキルを身につけないと、大前の体格でこのまま正攻法で行ったとしても難しいと思う。彼個人の将来だけを考えたら、2部で試合に出まくってドイツに慣れる乾パターンでも悪くないんじゃないかと思うけどね。
その乾については、この試合のボランチが両方共右利きで攻撃が右に偏ってしまい、中に入ってみるもののマイヤーとポジションがかぶり、結局中盤の位置まで下がって組み立てに参加し、そこから中を経由してサイドでボールをもらう形で落ち着いた。と思ったら後半22分で交代。チームは勝ったし、歯車としては悪くない内容だったが結果が欲しい乾にとっては消化不良だったかもね。
CL圏内のシャルケとは残り試合で勝ち点3、得失点差でも差があるので逆転は厳しいだろうが、7位のHSVとは勝ち点4と離れたのでELは何とか行けそう。でも気を緩めるわけには行かないので、残り全力を出し切りたいところだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「戦術の幅と持続性」J2第12節 松本山雅FC-ザスパクサツ群馬

2013/05/05 | Jリーグ, 未分類

昨晩は、本当はサウサンプトンの試合を見る予定だったんだけど、試合開始が30分遅れるとの事で、さすがに1時半までは付き合いきれないという事で、録画してあった松本と群馬の試合を観戦。サウサンプトンはちょう...

続きを見る

「やはり中村がいるとこうなるね」J1第9節 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2013/05/04 | Jリーグ, 未分類

今節のJ1注目の上位対決は、予想通り守備組織がしっかりしたチーム同士のソリッドな戦いとなり、73分にアウェイの鹿島が横浜のお株を奪うセットプレイで先制するも、後半ロスタイムに岩政の2度のヘディングクリ...

続きを見る

「三歩進んで二歩下がる」オランダ・エールディビジ フィテッセ-ヴィレムII

前節でフェイエノールトに敗れ、自力でのチャンピオンズリーグ出場権獲得が消滅してしまったフィテッセだったが、さすがに今節は最下位のヴィレムIIに3-1で勝利し、とりあえず何とか可能性は残した。 アウェイ...

続きを見る

「負けてなお強し」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ レアル・マドリー-ボルシア・ドルトムント

ジグナル・イドゥナ・パルクでの第1レグでドルトムントに対して4点をぶち込まれるという失態を見せてしまい、ここからひっくり返すのは不可能だろうと思われていたレアル・マドリーだったが、第2レグでは一矢報い...

続きを見る

「やはりマンネリ感は否めない」J1第8節 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

2013/05/01 | Jリーグ, 未分類

昨日、セルビアメディアのインタビューでピクシーが今期での退任をほのめかしているというニュースが出ていたけど、そういう気持ちになるのも仕方ないな、と思わせる内容の試合ではあった。 オランダリーグの中堅以...

続きを見る

「不調の川崎はどの方向へ行くのか」J1第8節 FC東京-川崎フロンターレ

2013/04/30 | Jリーグ, 未分類

今期は宇佐美のホッフェンハイムやオランダのVVV以外は、海外組で残留争いに巻き込まれているチームが少なく、それはそれで喜ぶべき事なんだけど、先日も書いたように中堅以下のチームはここから気が抜けて成績が...

続きを見る

「ここまでやられるとかえってスッキリ」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-WBA

ヨーロッパのプロビンチアを見ていて不思議に思うのが、どのチームも好調が続いて降格圏を脱出したかと思ったら、その次の試合では必ず気の抜けた試合をしてまた残留争いに巻き込まれるというパターンを繰り返す事。...

続きを見る

「ラッキーな勝利で残留王手」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 ブレーメン-ヴォルフスブルク

ともに最近は勝利がなく、気がつけば残留争いが足元にまで迫っていたチーム同士の対戦は、長谷部が所属するヴォルフスブルクがアウェイながら3-0で勝利し、残留争いに王手をかける大きな勝利を手に入れた。 試合...

続きを見る

「世界一の名将の称号はクロップのものか?」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝第1レグ ボルシア・ドルトムント-レアル・マドリー

試合日の直前に、エースであるマリオ・ゲッツェのバイエルンへの移籍が発表された事で、選手やファンに動揺が広がることが懸念されたドルトムントだったが、蓋を開けてみればバイエルンと同じく優勝候補を4-1で葬...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑