「とてつもなくJリーグらしい結末」J1第34節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

2013/12/08 | Jリーグ, 未分類

スポンサードリンク

前節から1勝を挙げるだけで優勝に至るはずだった横浜Fマリノスは、最終節も川崎フロンターレに敗れてしまい、結局最後は勝ち点1の差で広島に逆転され、まさかの2位でシーズンを終了する事になった。

横浜Fマリノスと川崎フロンターレのサッカーは、おそらくミクロでのアプローチに違いはあるものの、出来上がったチームは守備では早めにゾーンからマンマークに移ってしつこくチェイスを行い、ボールを奪うと少ないタッチのパス回しと各選手が素早くパスコースを作る動きで相手ゴールまで持って行くという、似たようなスタイルで完成されている。

それだけに、優勝を目前にしたプレッシャーかベテランが多いための疲労蓄積かは分からないが、川崎に比べて横浜は明らかに攻撃へと移った時にかかる出足や人数が劣っており、横浜は前半のマルキーニョスの飛び出しに合わせた決定的なパス以降は、中村俊輔がボールを持ってもそこに合わせる前線の鋭い動き出しが全く見られなくなってしまった。

逆に川崎のほうは、基本的な戦術は風間メソッドによる狭い関係でのショートパスサッカーなんだけど、レナトのゴールにつながった大久保の無回転ミドルや中村憲剛の鋭い縦パスなど、ベテランが率先して攻撃をスピードアップしていた。そこが、中村俊輔から先のスピードアップが出来なかった横浜との大きな違いだった。

しかし今日も、J1昇格プレーオフで3位の京都が4位の徳島に敗れて昇格を逃し、J2・JFL入れ替えプレーオフでは、アウェイでの第1レグでドローに終わり、ホームでの第2レグで引き分け以上なら残留出来たはずの鳥取が、10人になった讃岐を攻めきれずに来期J3への降格と、有利であるはずのチームがことごとく試合を落としてしまうJリーグの伝統行事が展開されてしまった。

かつては日本代表も、ホームでの試合など有利な立場であればあるほど弱くなるホーム・ディスアドバンテージに悩まされたものだが、今ではすっかりホームのほうが強い普通のチームになってしまった。その要因が海外組が増えたことによるものかどうかははっきり分からないが、Jリーグもホームで強くならない限りは国際的なレベルでの競争力が持てないんじゃないかという気がする。それ以上に、結果を期待してホームに集まってくるライトサポに対する裏切りは、観客動員にとって相当な影響があるだろうし・・・

ま、とにかく2連覇の広島はおめでとう、横浜Fマリノスは中村依存のサッカーから昇華し、来年はACLも含めてもっと幅広い強さを持ったチームになってリベンジをして欲しいところだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「鍵はコンディショニングとスカウティング」ブラジルW杯グループリーグ組み合わせ決定!

昨日は夜こそ1時前には寝付けたのですが、ふと夜中の3時ぐらいにちょうど目が覚めてしまったので、しっかり抽選結果を確認してからまた寝ました(笑)。 A組 ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン B...

続きを見る

「モイーズ流”勝利の方程式”」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-エヴァートン

CLのレバークーゼン戦、そしてプレミアリーグのスパーズ戦とほぼフル出場の試合が続いたので、ミッドウィークのエヴァートン戦には出場しないのではと思われた香川だったが、まだファン・ペルシが怪我から回復でき...

続きを見る

「1年間の成長を見せた京都」J1昇格プレーオフ準決勝 京都サンガ-Vファーレン長崎

2013/12/05 | Jリーグ, 未分類

試合結果はホームで0-0のスコアレスドロー、それも終盤は長崎に押し込まれて防戦一方と、一見すると冴えない内容で命からがら勝ち残ったように見える京都だが、個人的には昨年のプレーオフで大分相手に0-4で大...

続きを見る

「お疲れでも守備だけはしっかり」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 シャルケ04-シュツットガルト

怪我人が多い上にリーグとCL、ポカールと試合が残っていて、昨晩はとうとうポカールでホッフェンハイムに敗退してしまうほど、主力選手が金属疲労を起こしているシャルケ。しかし、この試合は効率よくチャンスにサ...

続きを見る

「代表でも細貝のCBが行けんじゃないか?」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 ヘルタ・ベルリン-アウグスブルク

前半の20分にCBのラングカンプが故障で退場し、それ以降の70分間は何と細貝がCBとしてプレイして最後まで無失点、試合後には監督やメディアからべた褒めという目を疑うような評価を受けたアウグスブルクとの...

続きを見る

「香川は天敵に囲まれて沈黙」イングランド・プレミアリーグ トットナム・ホットスパー-マンチェスター・ユナイテッド

前回のCLでレバークーゼンに5-0と大勝し、これで香川はトップ下のレギュラーに定着するのではないかという観測が出たのに対し、個人的にはまだプレミアじゃ厳しい面があるのではと書いたのだが、やはりその懸念...

続きを見る

「6万人のため息」J1第33節 横浜Fマリノス-アルビレックス新潟

2013/12/01 | Jリーグ, 未分類

せっかくホームにJ1の最多入場者記録を更新する6万2632人を集めながら、横浜Fマリノスは新潟に0-2と敗れて優勝争いは最終節に持ち越しとなった。 しかしFマリノスだけでなく、他に優勝争いに絡んだセ...

続きを見る

「この守備を少しは日本も見習わないと」欧州CLグループE ステアウア・ブカレスト-シャルケ04

グループEで2位につけていたシャルケは、ステアウア・ブカレストのアウェイ戦でスコアレスドローを喫してしまい、しかもバーゼルがチェルシーに勝ったために、まさかの3位転落となってバーゼルとの最終節で絶対勝...

続きを見る

「香川はトップ下だけどトップ下ではない」欧州CLグループA レバークーゼン-マンチェスター・ユナイテッド

どちらもこの試合に勝つと決勝トーナメント進出が決定、負けるとグループ敗退の可能性が出てくるという事で、マンUにとっては緊迫した状況でのアウェイ戦だったが、蓋を開けてみれば何と5-0の大勝という意外な結...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑