「ドイツ・ブンデスリーガ」 一覧

「残留争いチームの悲哀は、日本もドイツもやっぱり同じ」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第15節 エルツゲビルゲ・アウエ-シュツットガルト

昨日はセレッソ対岡山のJ1昇格プレーオフを見た後、たまたまDAZNでライブでやっていたアウエ対シュツットガルトの試合を前半途中から見てみた。 アウエのスタジアムは改修途中のようで、ゴール裏はぎっしり...

続きを見る。

「どうやら浅野は原口と同じ道を歩み始めている」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第14節 シュツットガルト-ニュルンベルク

昨日は、コパ・スダメリカーナの決勝に進出していたシャペコエンセの選手や関係者を乗せたボリビアのチャーター機が墜落、ジェフとセレッソに在籍していたケンペスを始め、日本とゆかりのある人物が数多く死亡すると...

続きを見る。

「チームを整えつつ攻撃を迎撃する、”インターセプター”長谷部誕生」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

前節を終わった時点で、3位から7位までが勝ち点21で並ぶという超団子レースになっている今年のブンデスリーガ。その同勝ち点同士の対決となったフランクフルト対ボルシア・ドルトムントは、長谷部が今回はボラン...

続きを見る。

「前半:リベロ長谷部は決して万能ではない>後半:ごめん、やっぱり万能だった」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 ブレーメン-フランクフルト

監督が交代してもここまで4連敗で16位に沈んでいるブレーメンと、ドルトムントと並ぶ勝ち点18で7位と好調のフランクフルト。しかし試合の前半はフランクフルトにとって厳しい立ち上がりとなった。 ブレーメ...

続きを見る。

「ケルンに不思議の勝ちをもたらす、便利屋大迫の存在感」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 ボルシアMG-ケルン

一応リーグ戦の順位では11位と6位でケルンのほうが上位に付けているわけだが、チャンピオンズリーグに出ている影響で下位に留まっているとは言え、ボルシアMGの底力をまざまざと感じさせる試合であった。 ボ...

続きを見る。

「リベロという名前とは正反対に、チームを戦術的に整える長谷部」ドイツ・ブンデスリーガ 第10節 フランクフルト-ケルン

長谷部と大迫がともにチームを牽引し、リーグ4位と7位という成績でのぶつかり合いになったこの試合は、得点こそ1つしか入らなかったが、戦術的に極めて見ごたえのある上位対決らしい試合になった。 フランクフ...

続きを見る。

「不完全燃焼ながらも最低限の仕事は出来ていた浅野拓磨」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第12節 シュツットガルト-アルミニア・ビーレフェルト

首位のブラウンシュヴァイクと勝ち点3差で2位につけているシュツットガルトと、現在ブービーの17位に沈むアルムニア・ビーレフェルトの試合は、シュツットガルトFWテロッデのハットトリックで3-1と結果的に...

続きを見る。

「浅野のリーグ戦初ゴールは目出度いが、ドッペルパックは行って欲しかった」ドイツ・ブンデスリーガ2部 シュツットガルト-カールスルーエ

同じ州どうしにあるという事で、「バーデン=ビュルテンベルク・ダービー」と銘打った試合になったシュツットガルトとカールスルーエの試合。シュツットガルトの浅野は4-2-3-1の左ウイング、カールスルーエの...

続きを見る。

「イビシェヴィッチにあって大迫に、ロッベンにあって原口に無いもの」ドイツ・ブンデスリーガ第8節 ヘルタ・ベルリン-ケルン

ここまでリーグ戦が2位と4位という好調同士の対戦となった注目の一戦、ヘルタ対ケルン。ここまでチームを牽引している原口と大迫ももちろん先発メンバーに名を連ねた。 フォーメーション的には4-2-3-1と...

続きを見る。

「インサイドハーフとして使われても意識がトップ下のままのように見える香川」ドイツ・ブンデスリーガ第8節 インゴルシュタット-ドルトムント

チャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦には勝利したもののリーグ戦ではここ2試合で勝ち星がないドルトムント。今節も最下位のインゴルシュタット相手に、アウェイとは言え内容的にはほぼ負けの試合を展...

続きを見る。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑