「ドイツ・ブンデスリーガ」 一覧

「日本人対決は消化不良の内容に」ドイツ・ブンデスリーガ マインツ-ヘルタ・ベルリン

もう試合が行われてからほぼ1週間が経ってしまっているので簡単に。 もはやブンデスではいちいち明示する意味すら無いほど日常的な機会になった日本人対決の試合は、岡崎、細貝両者ともいまいち消化不良気味の内...

続きを見る。

「もう一つ殻を破って欲しい酒井宏樹」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 ハノーファー96-レヴァークーゼン

新加入のライトラルに右SBのポジションを奪われてしまっていた酒井宏樹だったが、バイエルン戦での大敗後に先発復帰、この試合でも上位のレヴァークーゼン相手に先制点を奪われながらも追いついてドローと、監督の...

続きを見る。

「ここで余裕があれば岡崎も一段階上がれるのだが」ドイツ・ブンデスリーガ第23節 レヴァークーゼン-マインツ

ここ最近の公式戦は4連敗中と、前半戦の好調ぶりから一転して絶不調に陥っているレヴァークーゼンが相手とはいえ、やはりアウェイでマインツが勝利できたことは快挙と言って良いだろう。 レヴァークーゼンはエー...

続きを見る。

「マインツの構造改革は成功するのだろうか」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 シャルケ04-マインツ

このブログでは散々マインツは4-1-4-1に戻すべきだと書いてきたのだが、さすがにトゥヘルはプロの監督、この試合では結果的に無得点ながらも上位のシャルケ相手に数多くのチャンスを作り出し、だんだん中盤ダ...

続きを見る。

「清武もチームもターニングポイントになるか」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 ニュルンベルク-ブラウンシュヴァイク

この試合を前半40分の時点で見ていた人の99%は、このままニュルンベルクが負けてしまう方に賭けたであろうというぐらい、前半のニュルンベルクはとことん運に見放されてしまっていた。 何しろ、序盤からホー...

続きを見る。

「チームと岡崎が噛み合わなくなっているのが心配」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 マインツ-ハノーファー

以前から、マインツは岡崎の特性を活かすなら4-1-4-1の1トップに置くべきだと言い続けているのだが、この試合もトゥヘル監督は最近お気に入りの中盤ダイアモンドの4-4-2にして来た。 で、案の定1ボ...

続きを見る。

「内田はまたもW杯に出られないのか」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 シャルケ04-ハノーファー96

金曜の夜に行われた試合はどこも深夜の試合だったので、昨日は前節に行われたシャルケの試合を録画観戦。 その内田と酒井宏樹という右SBで日本代表のレギュラーを争う2人の対戦となった試合は、酒井宏樹は新加...

続きを見る。

「悪い意味でファン・マルヴァイク監督は変わらないなあ」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 HSV-ヘルタ・ベルリン

ウインターブレイク明けから連敗していたヘルタが下位とはいえ古豪のHSV相手にアウェーで快勝した試合だったが、ヘルタが良かったというよりもHSVが自滅したという方が正解の内容であった。 HSVの監督は...

続きを見る。

「ようやくブンデスリーガーになって来た清武」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ニュルンベルク-バイエルン・ミュンヘン

間違いなく現在世界最強と言って良いバイエルン・ミュンヘンに対し、一矢報いる事無く0-2で負けてしまったニュルンベルクだが、少なくとも前半の内容を見る限りでは意外な健闘を見せたのではないかと思っている。...

続きを見る。

「酒井高徳もチームも、こういう結果はとても悩ましい」ドイツ・ブンデスリーガ第19節 レヴァークーゼン-シュツットガルト

年明けからの3試合連続で、先制点を挙げながらも逆転されて1-2で敗戦という不調に陥っているシュツットガルト。じゃあ、試合内容がそんなに悪いかというと実はそうでもなかったりするのが悩ましい。 この試合...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑