「ドイツ・ブンデスリーガ」 一覧

「走るようになった事と引き換えに、天才から凡人になった?宇佐美」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 デュッセルドルフ-ボルシア・ドルトムント

既にブンデスリーガは17節まで行われているんだけど、宇佐美のアシストが決勝点となって首位のドルトムントに対して金星を挙げた試合がどうしても見たくて、昨日はデュッセルドルフ対ドルトムントの試合を観戦。 ...

続きを見る。

「代表にとって、新しい内田篤人になれるポテンシャルを見せた原口」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 マインツ-ハノーファー

原口が10番を背負って移籍したものの、これまでは上手くチームにフィットせず、浅野も期待を裏切る出来でリーグ戦わずか2勝、降格圏に沈んでいるハノーファー。今節は久々に原口と淺野が先発に戻って来た。 ...

続きを見る。

「ガラガラポンで当たりを見つけたバイエルン、当たっているのにスルーしてしまうブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

昨日はせっかく試合を見ながら戦評を書いていたのに、何故か朝になるとそのデータがぶっ飛んでしまっていたので、省略気味の内容でご勘弁を。 ブレーメンのコーフェルト監督は、相変わらず試合中にコロコロと...

続きを見る。

「やっぱり今のバイエルンには、あの人の”整い力”が欠けている」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 バイエルン・ミュンヘン-デュッセルドルフ

昨日は、宇佐美にとっては先発での古巣対決となったバイエルン・ミュンヘン戦を観戦。宇佐美は4-2-3-1の左SHとして先発、バイエルンはレヴァンドフスキ、リベリ、ミュラーの戦線に、中盤はレナト・サンチェ...

続きを見る。

「あまりにも潔すぎる長谷部の”見切り”、半年前にいったい何があったのだろうか?」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 アウクスブルク-フランクフルト

昨日は2ヶ月に1度の恒例イベントがあり、酔いと疲れで半分寝ながらの観戦だったのでレポートは簡単に。 1つの引き分けを挟んで公式戦8連勝中と絶好調のフランクフルトは、アウェイでアウクスブルクとの対...

続きを見る。

「守備に専念する酒井高徳は世界レベル? 果たして日本代表復帰は現実となるのか」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第13節 エルツゲビルゲ・アウエ-ハンブルガーSV

第9節の後でティッツ監督が解任され、ヴォルフ監督が就任してからは3連勝と好調を維持しているHSVは、アウェーでエルツゲビルゲ・アウエとの対戦。HSVはラソッガの1トップに、アンカーにはマンガラ、酒井高...

続きを見る。

「バイエルンに移籍して7年、宇佐美はようやくポジショニングの概念を理解し始めたのかも」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 デュッセルドルフ-ヘルタ・ベルリン

前節のボルシアMG戦に続いて先発起用され、今期初得点を挙げた宇佐美のプレイを見るため、昨日はデュッセルドルフ対ヘルタ・ベルリンの試合を観戦。 現在はリーグ17位と、シュツットガルトと並んで自動降...

続きを見る。

「バイエルンを抜いて4位浮上、やっぱりニコ・コバチ監督は長谷部を連れて行くべきだったような?」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 フランクフルト-シャルケ

ここ5試合は、リーグ戦・欧州戦どちらも無敗と好調同士の対戦。フランクフルトは、破壊力を見せつけているヨヴィッチ、ハラー、レヴィッチの3トップに、長谷部がリベロでどっしり構える3-4-1-2のフォーメー...

続きを見る。

「純粋な1対1なら勝てなくても、フォローがあれば長谷部もマリオ・ゴメスを簡単に抑えられる」ドイツ・ブンデスリーガ第10節 シュツットガルト-フランクフルト

ここのところバルカン攻撃陣が絶好調で、公式戦6試合で5勝1分の負け無しと快進撃を続けるフランクフルト。この試合も、マリオ・ゴメスやバトシュトゥバーなど代表クラスのベテランを揃えるシュツットガルトをアウ...

続きを見る。

「名人・長谷部のラインコントロールに対して、アジリティの高さで駆け引きを繰り広げた久保」ドイツ・ブンデスリーガ第9節 マクデブルク-ハンブルガーSV

今日の早朝にフランクフルトの試合があったけど、久保が先発したニュルンベルクとの試合を見ていなかったので、昨晩はそれをおさらい。今更なタイミングなので細かい試合展開については省略。 ニュルンベルク...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑