「天皇杯」 一覧

「セレッソが43年ぶりの天皇杯優勝、個人的なシーズンMVPはもちろん・・・」天皇杯 決勝 セレッソ大阪-横浜Fマリノス

2018/01/01 | 天皇杯

皆様、あけましておめでとうございます。ワールドカップイヤーの2018年、今年も日本サッカー界がますます繁栄していく事を願います。 さて今年の初更新はもちろん、セレッソ対横浜Fマリノスの天皇杯。朝...

続きを見る。

「監督が選手を使い切れないのか、選手が選手を使えないのか」天皇杯 準決勝 セレッソ大阪-ヴィッセル神戸

2017/12/27 | 天皇杯

昨日はプレミアリーグの試合もあったけど、時間が遅いので再録していた天皇杯準決勝、セレッソ対神戸の試合を観戦。 神戸はそれまでのハイプレス戦術ではなく、渡邉千真を1トップに置いた4-5-1のリトリ...

続きを見る。

「モンバエルツ監督はACLと天皇杯を置き土産に出来るのか」天皇杯 準決勝 横浜Fマリノス-柏レイソル

2017/12/24 | 天皇杯

一昨日は忘年会で酔っ払ってサッカーなんか見る余裕すら無く撃沈、そのおかげで天皇杯の準決勝第1試合の録画を忘れてしまったので、自然と第2試合の横浜Fマリノスと柏レイソルの試合を見ることに。 フォー...

続きを見る。

「もはや筑波大のほうが格上、これは決してジャイアントキリングではない」天皇杯3回戦 筑波大-アビスパ福岡

2017/07/13 | 天皇杯

昨日は飲み会があって、酒が入った状態でのダラダラ観戦だったのでレポートは簡単に。 アビスパ福岡はウェリントンや駒野、山瀬らは不在ながら、冨安や亀川、城後といった主力が入った一応は1.5軍だったの...

続きを見る。

「2年連続、8年で5回もジャイアント・キリングを提供した仙台」天皇杯2回戦 

2017/06/22 | 天皇杯

もはや下位カテゴリーのチームがJ1のチームを倒すことが当たり前になって、「ジャイアント・キリング」という言葉すら死語になりつつある天皇杯。今年も、2回戦でFC東京、札幌、甲府、仙台の4チームが敗退して...

続きを見る。

「通算19冠の鹿島、年間シルバー3冠の川崎との埋めがたい差」天皇杯 決勝 鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ

2017/01/01 | 天皇杯, 未分類

通算で18冠のタイトルを獲得し、今年のクラブW杯で準優勝という結果を出した鹿島と、今期はJリーグ年間2位をマークするも、未だタイトルを獲得できていない川崎フロンターレとの対戦になった、2017年元日の...

続きを見る。

「まるで試合に負けたかのように、鹿島の選手に笑顔が見られなかったその訳は・・・」天皇杯 準決勝 鹿島アントラーズ

2016/12/30 | 天皇杯, 未分類

両チームのシュート数が14対6、ボール支配率が6割対4割と、データの数値上は横浜Fマリノスが圧倒した天皇杯の準決勝だったが、試合を見た人にとっては鹿島アントラーズの強さばかりが印象に残ったのではないだ...

続きを見る。

「試合展開はもちろん、戦術的な攻防にも見応えがあった好ゲーム」天皇杯 準々決勝 大宮アルディージャ-湘南ベルマーレ

2016/12/27 | 天皇杯, 未分類

事前情報としては大宮が湘南に勝った事ぐらいしか知らなくて、普通にJ1年間5位の大宮が、J2に降格した湘南と力の差を見せたのかと思いながら試合を見てみたのだが、一時は湘南が逆転するシーソーゲームになって...

続きを見る。

「リオ五輪メンバーが出来の明暗を分けてしまったFC東京」天皇杯 準々決勝 FC東京-川崎フロンターレ

2016/12/26 | 天皇杯, 未分類

昨日は我が家もクリスマスという事で、がっつりワインを飲んで酔っ払った状態での録画観戦だったので簡単に。 ぶっちゃけ、2-1という点差以上に川崎と東京で内容の差がある試合だったかなと。どちらもリーグ戦...

続きを見る。

「天野純がクリスマス・イブを祝う幻の2ゴール」天皇杯 準々決勝 横浜Fマリノス-ガンバ大阪

2016/12/25 | 天皇杯, 未分類

いつの間にか世間はクリスマス・イブで、天皇杯も準々決勝。その中で、青対決となった横浜Fマリノスとガンバ大阪の試合をテレビ観戦。 どちらもフォーメーションは4-2-3-1、そしてゾーン・ディフェンスを...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

→もっと見る

PAGE TOP ↑