「Jユース・高校選手権」 一覧

「イングランドとフランスの違い?」高校選手権 準決勝 富山第一-四日市中央工

今まで見てきた高校選手権の試合は、奇しくもパスサッカーをベースにしたJユーススタイルのチームと、個人勝負を押し出した高体連スタイルのチームとの対戦だったが、富山第一と四日市中央工の準決勝は、ともに高体...

続きを見る。

「クラブサッカーと高体連サッカーの強みと弱み」高校選手権 準々決勝 履正社-四日市中央工

最近はACミランの練習場、ミラネッロで本田らが練習する動画を眺めることが多かったんだけど、スポ新じゃないのでそれだけで妄想記事を書くわけにもいかず、昨日は録画ストックの中から今日国立で準決勝が行われる...

続きを見る。

「ユースとしてのセレクション基準が見えたような」高校選手権 準々決勝 星稜-修徳

今大会の高校選手権については、この試合が初めてのフル観戦だったんだけど、Jユースのセレクションから漏れた選手が多く集まりつつある現状を反映するかのような、ユースカップとの内容差を興味深く感じた。 ま...

続きを見る。

「これしか無いのにやられた」全国高校サッカー選手権大会 準決勝 京都橘-桐光学園

中村俊輔の母校ということで注目されていた桐光学園だったが、準決勝でダークホースの京都橘に0-3という思わぬ大敗を喫して敗れ去った。 とは言え、チーム全体のレベルで言えば明らかに京都橘よりも桐光学園のほ...

続きを見る。

「こっちはバランスとは無縁でした」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 鵬翔-立正大淞南

前日に見た、星稜と東海大仰星の試合がバランスを重視した戦術同士の対戦だったのに対し、こちらは面白い事にそれとは正反対の試合になってしまっていた。ドイツやイングランドだとどうやっても同じようなサッカーに...

続きを見る。

「拮抗したバランス」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 星稜-東海大仰星

ともに高校野球では有名な存在になっている高校同士が、今度はサッカー全国大会の準々決勝で対戦。試合は1-1のドローで90分が終わり、PK戦で星稜が勝ち上がることになった。 インカレ決勝と同じく、片方がポ...

続きを見る。

全国高校サッカー選手権大会 1回戦 青森山田-野洲

もうこれから準々決勝をやろうかと言うのに今更な話ではあるが、ともに優勝候補同士の対戦となった、青森山田と野洲の試合を見てみた。 で、やはり感銘を受けたのは野洲のサッカー。乾や青木を擁して全国制覇をし、...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

→もっと見る

PAGE TOP ↑