「Jユース・高校選手権」 一覧

「ユース年代の守備は組織、個人両面での追求が必要」JFAプレミアカップ2015 京都サンガU-15-コンサドーレ札幌U-15

U-15世代の全国大会である、JFAプレミアカップの録画がスカパーであったので見てみた。 結果は、京都サンガU-15がコンサドーレ札幌U-15に対して6-0という圧勝で優勝を飾ったのだが、個人の能力...

続きを見る。

「最後に勝負を決めたのは日本海の足腰」高校選手権 決勝 前橋育英-星稜

埼玉スタジアムに4万6千人も駆けつける大観衆の中で行われた高校サッカーの決勝は、その観客数に答える一進一退の攻防の末90分間では決着が付かず、15分ハーフの延長戦で2点を追加した星稜が石川県勢初となる...

続きを見る。

「東の横綱格同士の戦いは劇的な結末に」高校選手権 準決勝 流経大柏-前橋育英

流経大柏と前橋育英という関東勢同士の対戦となった高校選手権準決勝は、さすがに東の横綱格同士の対戦らしい非常に激しい攻防となった。 流経大柏のサッカーはまさしく大陸サッカーと呼ぶべき激しいプレッシング...

続きを見る。

「短期決戦だからこそ戦術のベースが大事というブラジルでの教訓」高校選手権 準々決勝 履正社-星稜

準々決勝に進出したもう1つの関西勢である履正社高校は、石川県の星稜高校と対戦したものの0-1で敗戦し、京都橘高校と同じく今大会はベスト8での敗戦になってしまった。 3回戦で対戦した大分中津東との試合...

続きを見る。

「かつてのドルトムントを思い起こさせる前橋育英」高校選手権 準々決勝 前橋育英-京都橘

早いもので年が明けたと思ったら高校サッカーもいつの間にか準々決勝。フクダ電子アリーナで行われた前橋育英と京都橘の試合は、前回ベスト4の京都橘を前橋育英が4-0で大勝するという意外な結果に終わった。 ...

続きを見る。

「突如崩壊した中津東のマンマークディフェンス」高校選手権3回戦 履正社-中津東

年始参りやら駅伝やらでダラダラしていたら、いつの間にか高校サッカーも3回戦。大阪では当然ながら履正社の試合が放送されていた。 対戦する中津東と履正社のサッカーは基本的に良く似通っており、4-4-2と...

続きを見る。

「現在のユース年代の問題点が凝縮された試合」Jユースカップ 決勝 鹿島アントラーズユース-ガンバ大阪ユース

Jユースカップの決勝とは、サッカーのレベル的に高体連のチームを凌駕しているJユースの最高峰を決める試合、と言う事は日本のユース世代のレベルを推し量る物差しになる試合でもあるのだが、残念ながら現在の若手...

続きを見る。

「これが大熊監督がセレッソで本当にやりたかった事」高円宮杯U-18チャンピオンシップ 柏レイソルU-18-セレッソ大阪U-18

高校とJユースが混在する高円宮杯プレミアリーグのEASTとWESTの勝者が戦う、高校年代最高峰を決めるチャンピオンシップ。今年はセレッソ大阪が柏レイソルを1-0で破って日本一に輝いた。 試合内容は、...

続きを見る。

「残り3分からの逆転劇」高校選手権 決勝 富山第一-星稜

録画していたこの試合を見る前は、一応どっちが勝ったかという結果だけで得点経過については知らなかったので、いったい富山第一はいつ点を取るんだと思いながら試合を見ていたら87分まで来てしまいましたとさ(笑...

続きを見る。

「イングランドとフランスの違い?」高校選手権 準決勝 富山第一-四日市中央工

今まで見てきた高校選手権の試合は、奇しくもパスサッカーをベースにしたJユーススタイルのチームと、個人勝負を押し出した高体連スタイルのチームとの対戦だったが、富山第一と四日市中央工の準決勝は、ともに高体...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「今のドルトムントに必要なのは、”アンバランス”という言葉」ドイツ・ブンデスリーガ

ウインターブレイクからの移籍志願ボイコットによって、エースのオーバメヤ...

「川島を見ようと思ったら、メスが強くて見せ場は1回だけだったの巻」フランス・リーグアン

10月に監督を解任したにも関わらず、12月の第17節までリーグ戦で1勝...

「しょっぱいプレイでしょっぱく勝つというのも、酒井の大事な仕事である」フランス・リーグアン第21節 マルセイユ-ストラスブール

新年からも連勝を続けて好調なリスタートを切ったマルセイユは、16日にホ...

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑