「Jユース・高校選手権」 一覧

「単なる脳筋では無かった森山監督の変幻自在」インターナショナルドリームカップ2015 日本-フランス

日本で開催されるU-16世代の国際カップ戦「インターナショナルドリームカップ」は、日本が初戦のコスタリカ戦で大勝すると、次のチリ戦、そして最終戦のフランスにも勝利し、見事に第1回大会を優勝で終えた。 ...

続きを見る。

「真価が分かるのはこれからだけど、やはり森山監督は一味違う」インターナショナルドリームカップ2015 日本-コスタリカ

コパ・アメリカと女子W杯が決勝トーナメントに入って佳境を迎えているが、昨日はふと気分を変えたくなって、BSスカパーで中継していたU-16日本代表がコスタリカとチリ、フランスのU-16代表と日本で戦う「...

続きを見る。

「ユース年代の守備は組織、個人両面での追求が必要」JFAプレミアカップ2015 京都サンガU-15-コンサドーレ札幌U-15

U-15世代の全国大会である、JFAプレミアカップの録画がスカパーであったので見てみた。 結果は、京都サンガU-15がコンサドーレ札幌U-15に対して6-0という圧勝で優勝を飾ったのだが、個人の能力...

続きを見る。

「最後に勝負を決めたのは日本海の足腰」高校選手権 決勝 前橋育英-星稜

埼玉スタジアムに4万6千人も駆けつける大観衆の中で行われた高校サッカーの決勝は、その観客数に答える一進一退の攻防の末90分間では決着が付かず、15分ハーフの延長戦で2点を追加した星稜が石川県勢初となる...

続きを見る。

「東の横綱格同士の戦いは劇的な結末に」高校選手権 準決勝 流経大柏-前橋育英

流経大柏と前橋育英という関東勢同士の対戦となった高校選手権準決勝は、さすがに東の横綱格同士の対戦らしい非常に激しい攻防となった。 流経大柏のサッカーはまさしく大陸サッカーと呼ぶべき激しいプレッシング...

続きを見る。

「短期決戦だからこそ戦術のベースが大事というブラジルでの教訓」高校選手権 準々決勝 履正社-星稜

準々決勝に進出したもう1つの関西勢である履正社高校は、石川県の星稜高校と対戦したものの0-1で敗戦し、京都橘高校と同じく今大会はベスト8での敗戦になってしまった。 3回戦で対戦した大分中津東との試合...

続きを見る。

「かつてのドルトムントを思い起こさせる前橋育英」高校選手権 準々決勝 前橋育英-京都橘

早いもので年が明けたと思ったら高校サッカーもいつの間にか準々決勝。フクダ電子アリーナで行われた前橋育英と京都橘の試合は、前回ベスト4の京都橘を前橋育英が4-0で大勝するという意外な結果に終わった。 ...

続きを見る。

「突如崩壊した中津東のマンマークディフェンス」高校選手権3回戦 履正社-中津東

年始参りやら駅伝やらでダラダラしていたら、いつの間にか高校サッカーも3回戦。大阪では当然ながら履正社の試合が放送されていた。 対戦する中津東と履正社のサッカーは基本的に良く似通っており、4-4-2と...

続きを見る。

「現在のユース年代の問題点が凝縮された試合」Jユースカップ 決勝 鹿島アントラーズユース-ガンバ大阪ユース

Jユースカップの決勝とは、サッカーのレベル的に高体連のチームを凌駕しているJユースの最高峰を決める試合、と言う事は日本のユース世代のレベルを推し量る物差しになる試合でもあるのだが、残念ながら現在の若手...

続きを見る。

「これが大熊監督がセレッソで本当にやりたかった事」高円宮杯U-18チャンピオンシップ 柏レイソルU-18-セレッソ大阪U-18

高校とJユースが混在する高円宮杯プレミアリーグのEASTとWESTの勝者が戦う、高校年代最高峰を決めるチャンピオンシップ。今年はセレッソ大阪が柏レイソルを1-0で破って日本一に輝いた。 試合内容は、...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑