「Jユース・高校選手権」 一覧

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。 それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるの...

続きを見る。

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山田に対しても良い試合をするのではないかと思ったが、その予想通りの熱い展開になった試合だった。 青森山田のフォーメーションは東福岡...

続きを見る。

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃないから東福岡にも良い試合が出来るんじゃないかとは思ったのだが、まさか勝ってしまうとは驚いたね。 試合はもちろん、序盤からというか最...

続きを見る。

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。 試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェン...

続きを見る。

「サイドを使えず、同じ土俵に引きずり込まれた富山第一」全国高校選手権 2回戦 東海大仰星-富山第一

2回戦から3回戦は中ゼロ日という相変わらず異様なスケジュールで行われている高校選手権。違うチームの対戦が見たかったんだけど、大阪の読売テレビでの放送という事で、2試合連続で東海大仰星の試合を見ることに...

続きを見る。

「高校サッカーの”5分間”は、ここまで結果を大きく左右する」全国高校選手権 2回戦 鹿島学園-東海大仰星

元旦の天皇杯が終われば、高校選手権の季節がやって来る。と言う訳で、2回戦の鹿島学園対東海大仰星の試合を見てみた。 鹿島学園のフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、ビルドアップ時にはアンカ...

続きを見る。

「見た目は攻撃の清水と守備の札幌、しかし戦術的には攻撃の札幌、守備の清水」高円宮杯U-15 決勝 清水エスパルスジュニアユース-コンサドーレ札幌U-15

今日は朝からゴミ出しの後に家具作り、そして大掃除とフル稼働で既にヘトヘト状態でまたも簡単に。 既にプレミアカップ、日本クラブユース選手権の2冠を達成している横綱、清水エスパルスジュニアユースに、ここ...

続きを見る。

「広島にとってはW杯のドログバだった、久保健英の登場」Jユースカップ 決勝 サンフレッチェ広島ユース-FC東京U-18

今日の早朝に行われたチャンピオンズリーグで、香川と岡崎の両シンジがゴールしたというニュースが飛び込んできたが、当然ながらそんな深夜に生放送を見る気力は無かったので、昨晩は録画しておいたJユースカップの...

続きを見る。

「チーム戦術が良くても、個人戦術が足りないと」Jユースカップ 準決勝 サンフレッチェ広島FCユース-松本山雅FC U-18

今週は国際AマッチウィークやヤングなでしこのU-20W杯などの試合があったんだけど、その放送のほとんどがフジテレビNEXTでやってるので試合が見られず。朝日はケーブルテレビでまだ見られるんだけど、地上...

続きを見る。

「トルシエジャパンのメンバーが、”日本の戦術が失われた15年”を埋めに戻って来た」Jユースカップ 準決勝 FC東京U-18-京都サンガFC U-18

今日はいよいよアジア最終予選の大一番となるサウジ戦だけど、既に展望は昨日のうちに書いてしまったので、録画で試合を見たJユースカップ準決勝について。 常日頃から、日本にはゾーン・ディフェンスの素養が足...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑