「Jユース・高校選手権」 一覧

「マルセロを思わせるような鳥栖のサイドバックが」日本クラブユース選手権 サガン鳥栖U-15-柏レイソルU-15

昨日は8/24に行われていた、U-15世代の日本クラブユース選手権の決勝を録画観戦。 柏レイソルは4-2-3-1で、サガン鳥栖は4-4-2のフォーメーションというゾーン・ディフェンス同士のマッチ...

続きを見る。

「ユース代表対決は判定だけなら橋岡だが、試合を決めたのはやはり久保」日本クラブユース選手権 決勝 浦和レッズU18-FC東京U18

Jクラブユース三冠のうち、夏に行われる日本クラブユース選手権。その決勝ががスカパーの無料放送日に再放送をしていたので録画で観戦。 FC東京は、U-20W杯にも飛び級で出場していた久保建英が原と並...

続きを見る。

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとかの地点だったので、ライブで見るのを諦めて、たまたまBSスカパーでやってた国際ユースサッカーU-17のクロアチア戦を見る事にした。 ...

続きを見る。

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった...

続きを見る。

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。 それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるの...

続きを見る。

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山田に対しても良い試合をするのではないかと思ったが、その予想通りの熱い展開になった試合だった。 青森山田のフォーメーションは東福岡...

続きを見る。

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃないから東福岡にも良い試合が出来るんじゃないかとは思ったのだが、まさか勝ってしまうとは驚いたね。 試合はもちろん、序盤からというか最...

続きを見る。

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。 試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェン...

続きを見る。

「サイドを使えず、同じ土俵に引きずり込まれた富山第一」全国高校選手権 2回戦 東海大仰星-富山第一

2回戦から3回戦は中ゼロ日という相変わらず異様なスケジュールで行われている高校選手権。違うチームの対戦が見たかったんだけど、大阪の読売テレビでの放送という事で、2試合連続で東海大仰星の試合を見ることに...

続きを見る。

「高校サッカーの”5分間”は、ここまで結果を大きく左右する」全国高校選手権 2回戦 鹿島学園-東海大仰星

元旦の天皇杯が終われば、高校選手権の季節がやって来る。と言う訳で、2回戦の鹿島学園対東海大仰星の試合を見てみた。 鹿島学園のフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、ビルドアップ時にはアンカ...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑