「アジア・チャンピオンズリーグ」 一覧

「内容がまだ伴ってないのに、まさかの逆転首位突破」アジア・チャンピオンズリーグ グループG 川崎フロンターレ-イースタン

最初の4試合は全て引き分けでグループリーグ突破は厳しいと見られていたが、前節の水原三星アウェイで辛勝し、自力で決勝トーナメント進出のチャンスを手に入れた川崎フロンターレ。最終節はここまで未勝利のイース...

続きを見る。

「東南アジアの罠にはまり込んでしまったが、”神の手”ゴールで何とか首位通過」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-ムアントン・ユナイテッド

ここまで無敗で首位を快走するムアントンと、勝ち点2差で追いかける鹿島とのグループ首位の座をかけた最終戦は、ホームの鹿島が苦しみながらも審判の誤審に助けられ2-1で勝利、何とかグループを首位で通過する事...

続きを見る。

「進化した浦和の攻撃に、5バックマンマークは最悪の選択だった」アジア・チャンピオンズリーグ

生放送の時は他の予約とかぶっていて見られなかった、浦和とウェスタン・シドニー・ワンダラーズの試合を、昨日は再放送で録画観戦。 既に日にちが経っているので得点経過については省略するが、結果的に言え...

続きを見る。

「蔚山GKキム・ヨンデが、鹿島にまさかのトリプル逆アシスト」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 蔚山現代-鹿島アントラーズ

現在グループ2位と順調ではあるが、この試合に負けると勝ち点1差の3位に転落してしまう難しいアウェイでの蔚山戦だったが、結果は4-0と意外にも鹿島が大勝、裏の試合でムアントンがブリスベンに勝利したため、...

続きを見る。

「Jリーグの負けパターンを救った、チョン・ソンリョンともう1人」アジア・チャンピオンズリーグ 水原三星-川崎フロンターレ

昨日は酒を飲んで帰ってからの録画観戦だったので簡単に。 正直、川崎の内容はACLで日本勢が負けるいつものパターンそのまんまだった。 グループ突破のためには絶対勝つしか無かった川崎は、4-2...

続きを見る。

「ビラス・ボアス監督の仕掛けた罠に嵌った浦和を、右腕一本で西川が救う」アジア・チャンピオンズリーグ グループF 浦和レッズ-上海上港

グループ3連勝で首位を走る上海上港を、2勝1敗で2位に付けている浦和がホームに迎えたACL第4節の上位対決。昨日の生放送はスカチャンでしかやってなかったので、翌日のBS再放送のほうで試合を確認。 ...

続きを見る。

「”控えGK”曽ヶ端がもたらした、クラブ・ワールドカップを思い出させる鹿島の安定感」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-ブリスベン・ロアー

第1戦で蔚山相手に勝利を収めるも、2戦目はアウェイでムアントン・ユナイテッドに苦杯、鹿島にとってはホームで絶対に勝利が必要なACLグループステージ3戦目。相手はここまで未勝利のブリスベン・ロアー。 ...

続きを見る。

「ラッキーパンチが入っただけで、実質的にはドローと気を引き締めないと」アジア・チャンピオンズリーグ グループF 浦和レッズ-FCソウル

昨年のACLベスト16で対戦し、PK戦で負けてしまったFCソウルとのリベンジマッチは、何と浦和が前半のうちに5点を入れてしまうまさかの展開で5-2の大勝という結果になってしまった。 ただしそのうちの...

続きを見る。

「ちょっと躓きかけた、レアル・マドリーへのリベンジ第一歩」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-蔚山現代

試合の生放送は録画を忘れてしまったんだけど、幸いにしてCSチャンネルは再放送をしてくれたので、昨日は遅ればせながら鹿島対蔚山の試合を見てみた。 鹿島のフォーメーションは4-4-2で、蔚山も全く同じ4...

続きを見る。

「今野と井手口のインサイドハーフ勝負は、先輩が貫禄を見せつけた」アジア・チャンピオンズリーグ グループH アデレード・ユナイテッド-ガンバ大阪

ここまでグループリーグの初戦で浦和と鹿島が連勝し、ここ近年には無かった好調なスタートを切った日本勢。3番手に登場したガンバは、ガンバが優勝した2008年のACLで決勝と戦った、アデレード・ユナイテッド...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑