「フランス・リーグアン」 一覧

「だんだん酒井宏樹も長友化が進んできた」フランス・リーグアン第12節 オリンピック・マルセイユ-カーン

ここまで11試合で8失点と、37歳のベテランGKヴェルクートゥルのブレイクでリーグアンで7位に付けているカーン。勝ち点3差で上位にいるとは言え、センターフォワード不足のマルセイユにとっては難しい試合に...

続きを見る。

「酒井宏樹はすっかりフランス化して、今では守備に専念する毎日」フランス・リーグアン第11節 リール-マルセイユ

2010-11シーズンにリーグ優勝を飾ったものの、昨シーズンは11位と中位に終わってあのビエルサ監督を招聘したリール。しかし蓋を開けてみればリーグ戦をここまでわずか1勝の19位と大スランプで、早くも監...

続きを見る。

「ネイマール、ムバッペというワールドクラスのクラッキを撃退した酒井宏樹」フランス・リーグアン第10節 マルセイユ-パリ・サンジェルマン

PSGのサポーターがマルセイユのベロドローム・スタジアムに入場禁止という異様な状況で開催された、今季初のフランスダービー「ル・クラスィク」。 PSGはもちろんカバーニ、ネイマール、ムバッペの3ト...

続きを見る。

「酒井宏樹は完全に黒子だったが、目立たず勝利というのも大事な事」フランス・リーグアン第8節 ニース-マルセイユ

ここ2シーズンは、PSGとモナコ、リヨンと並んでフランスリーグの4強を形成しているニースと、優勝争い常連への復活を目指すマルセイユの南仏ダービー。 ニースはあのバロテッリとプレアが2トップの4-...

続きを見る。

「プチ・マンUのようなスタイルに変貌したチームにあって、ますまず重要性が増している酒井の存在」フランス・リーグアン第7節 マルセイユ-トゥールーズ

酒井が前半で交代されて完敗してしまったレンヌ戦から立ち直って連勝中のマルセイユと、アウェイではわずか勝ち点1しか挙げられていないトゥールーズとの対戦。 それを裏付けるかのように、立ち上がりはマル...

続きを見る。

「やっと自由な翼を得られたネイマール、割りを食って窮屈になった選手は?」フランス・リーグアン第2節 ギャンガン-パリ・サンジェルマン

昨日は飲む用事があって酔っ払った状態での試合観戦だったので雑感のみで。 ようやく移籍許可証が発行されてデビュー戦となったネイマール。その第2節ギャンガン戦で早速1ゴール1アシストを決めて3-0で...

続きを見る。

「やはりラニエリはレスターで一生分の運を使い果たしてしまったのか」フランス・リーグアン第2節 ナント-マルセイユ

ネイマールが早速移籍後初ゴールを決めたPSGの試合も気になったんだけど、いつの間にかナントの監督に就任したラニエリも気になったので、昨晩はマルセイユとの試合を観戦。 ナントはもとより主力選手2人...

続きを見る。

「スターをかき集めるマルセイユの中で、スタメンに選ばれ続ける酒井宏樹の秘訣」フランス・リーグアン第1節 マルセイユ-ディジョン

しかし酒井宏樹というのは不思議な選手である。全盛期の長友のような圧倒的なスタミナ、スピードとアジリティには及ばないし、内田のようなビルドアップ能力、判断の良さがあるわけでも無いのに、何故かどんなチーム...

続きを見る。

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

昨日はACLで浦和が逆転勝ち、さらに乱闘といろんな意味で盛り上がった1日だったようですが、こちらは諸処の都合でケーブルテレビを今月いっぱいで解約したため、ACLの放送が見られず仕方なくジロ・デ・イタリ...

続きを見る。

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外組通信簿をスタートします。まずはオランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編。 オランダ・エールディビジ 小林祐希 6 ...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑