「スペイン・リーガエスパニョーラ」 一覧

「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇格プレーオフが残っている過酷なスペイン2部。 現在4位と3~6位までのプレーオフ圏に入っているが、7位のウエスカとは勝ち点4...

続きを見る。

「乾がカンプノウで2ゴールの伝説、しかしそれ以上に株を上げた選手がいた」スペイン・リーガエスパニョーラ第38節 バルセロナ-エイバル

各国の最終節が行われた先週末は、いろいろ見るべき試合が多くて迷ったんだけど、やはり岡崎も大絶賛するこの試合は外せないなと思ってまず観戦。 乾たかしがカンプノウで2発。このニュースを知って興奮しな...

続きを見る。

「柴崎は初アシストも、ライバルのアーロンからはパスが出て来ず一苦労」スペイン・リーガ・エスパニョーラ2部 第38節 ウエスカ-テネリフェ

全22チームの総当り42試合と、かつてのJ2のようにタフなスペインリーグ2部も残り5試合。と言っても、3~6位のチームはさらにプレーオフが待ってるのだから大変である。5位のテネリフェは、そのプレーオフ...

続きを見る。

「多くのチャンスには絡んでも、得点やアシストという結果に繋がらない柴崎の課題」スペイン・リーガ・エスパニョーラ2部 第37節 テネリフェ-ルーゴ

ここ4試合勝ち星が無く、順位を3位から6位に落としてプレーオフ圏が怪しくなって来たテネリフェ。3試合ぶりのホーム戦とあって絶対に落とせないルーゴ戦は、前節から続いて柴崎が先発メンバーに名を連ねた。 ...

続きを見る。

「突然”柴崎のチーム”に変貌したテネリフェ、監督に心中の覚悟はあるのか?」スペイン・リーガ・エスパニョーラ2部 第36節 ムルシア-テネリフェ

DAZNでリーガ・エスパニョーラ2部の試合放送が始まってから、初めて柴崎が先発したという事で、昨日はムルシア戦を観戦。 今回テネリフェの試合を初めて90分じっくり見たわけだが、さすがにテネリフェ...

続きを見る。

「個人能力ショーと化したエル・クラシコを最後に飾った、千両役者の見事な復活劇」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 レアル・マドリー-バルセロナ

ともにミッドウィークでチャンピオンズリーグを戦った直後のエル・クラシコ。レアルは120分の延長戦をこなして中4日、バルサはユーベに負けて中3日でネイマールが出場停止と、メンタル面とレアルホームという地...

続きを見る。

「決勝ゴールを決める活躍をした乾が、代表に呼ばれないのには理由がある」スペイン・リーガエスパニョーラ 第29節 ビジャレアル-エイバル

突然発表された、DAZNのリーガ・エスパニョーラ放映権獲得。これでようやくWOWOWの独占放送縛りから解放されたという事で、早速エイバルとビジャレアルの試合を見てみた。 今までリーガのチームと言...

続きを見る。

「やっぱりMSNは卑怯以外の何物でもないよね」コパ・デル・レイ準決勝 第1レグ アトレティコ・マドリー-バルセロナ

もう1方のカードがセルタ・デ・ビーゴとアラベスの対戦だけに、事実上の決勝戦と見られるコパ・デル・レイの準決勝、アトレティコ・マドリー対バルセロナ。 アトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロ...

続きを見る。

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコをドリブルでチンチンにしてアトレティコを苦しめた乾だったが、アトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンで行われたコパ・デル・レイの準...

続きを見る。

「清武はスペインならボランチとしてプレイするべきではないだろうか」コパ・デル・レイ4回戦 セビージャ-フォルメンテーラ

サンパオリ監督から構想外にされたという事で、冬のマーケットでの移籍が噂されている清武。コパ・デル・レイの4回戦、リーガ3部のフォルメンテーラ戦で久々に先発するも、味方が大量9得点を挙げる中で彼自身にゴ...

続きを見る。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇...

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だった...

「大人のイタリアに頭を押さえつけられ、談合に同意させられた日本」U-20ワールドカップ グループD 日本-イタリア

いきなり試合開始3分に、左SBで先発した杉岡がラインを乱して先制点を決...

「”決勝マイスター”モウリーニョの完璧過ぎるゲームプラン」UEFAヨーロッパリーグ決勝 アヤックス-マンチェスター・ユナイテッド

ボールポゼッションが69%対31%、シュート数が17対7と聞けば、10...

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外...

→もっと見る

PAGE TOP ↑