「イングランド・プレミアリーグ」 一覧

「カンテ抜きでチームを立て直した戦術的なポイント」イングランド・プレミアリーグ第37節 マンチェスター・シティ-レスター・シティ

ちょうど今朝に34節順延分の試合があって、レスターはスパーズに1-6と大敗してしまったわけだが、ひとまずその試合の事は忘れて(笑)、その前に行われたマンチェスター・シティとの試合について。 前半...

続きを見る。

「リバプールを4試合でゼロ点に抑え込んだ、吉田を中心としたサウサンプトンの鉄壁」イングランド・プレミアリーグ第36節 リバプール-サウサンプトン

今期は同じカードで3回対戦し、リーグ戦は0-0のドロー、リーグカップでは共に1-0でサウサンプトンが勝利と、サウサンプトンはリバプールに対してまだ1点も与えていないのだが、その結果をまたもやトレースす...

続きを見る。

「戦術のための選手から、選手のための戦術へと時代は変わりつつある?」イングランド・プレミアリーグ第31節 チェルシー-マンチェスター・シティ

昨日は会社行事の飲み会があり、酒が入った状態でDAZNを見るのはかなり辛いものがあるので、スカパーで録画しておいたチェルシーとシティの試合を見てみた。 試合は前半から激しく動き、前半10分にニア...

続きを見る。

「もうカンテの肩代わりが必要無くなった岡崎」イングランド・プレミアリーグ第30節 レスター・シティ-ストーク・シティ

昨晩にレスターは最下位のサンダーランドに2-0で勝利、シェイクスピア監督へ交代してから6連勝を達成、イングランド人監督として初陣からの連勝記録をまた更新したわけだが、これはその前のストーク戦のレポート...

続きを見る。

「岡崎は常に120%と思われがちだが、実はずる賢くアクセルを緩めている」イングランド・プレミアリーグ第29節 ウェストハム-レスター・シティ

ラニエリ監督が解任されるまでは公式戦5連敗、そこからシェイクスピア監督が就任して昨シーズンの戦い方に戻してからは初戦のリバプール戦から3連勝と、分かり易すぎる「原点回帰」効果を発揮中のレスター・シティ...

続きを見る。

「”レスターらしさ”の中心には、常に岡崎慎司が存在している」イングランド・プレミアリーグ第26節 レスター・シティ-リバプール

間違いなく世界のサッカーの歴史を飾る快挙を成し遂げた功労者でありながら、あまりにもあっさりと首を切られてしまったラニエリ監督。 現地マスコミによれば、「ティンカーマン」ラニエリの度重なる戦術変更に対...

続きを見る。

「あと少しで、モウリーニョの手のひらから水がこぼれそうだったのに」イングランド・リーグカップ 決勝 マンチェスター・ユナイテッド-サウサンプトン

吉田が先発としてマンUとの決勝の舞台に立った、イングランド・リーグカップ。しかし残念ながらサウサンプトンは2点差を追いつく健闘を見せながらも最後に力尽きて敗れ、1976年以来40年ぶりとなるタイトル獲...

続きを見る。

「吉田も”裸”で無ければイングランドでも王様になれる」イングランド・リーグカップ準決勝 第2レグ リバプール-サウサンプトン

今までカップ戦でサウサンプトンの試合を無視し続けてきたDAZNがやっとこさ仕事をしてくれたので、昨晩はリーグカップの準決勝第2戦をネット視聴。 前線にスタリッジ、ララーナ、フィルミーノと揃えてほぼベ...

続きを見る。

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 まあご存知のように、マンチェスター・シティがホームのエヴァートンに0-4という記録的な大敗を喫してしまったわけだが、やはりグアル...

続きを見る。

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3試合で勝ちが無いリバプールをホームに迎えての上位直接対決。 リバプールのフォーメーションは4-3-3で、前線は1トップのフィルミ...

続きを見る。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇...

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だった...

「大人のイタリアに頭を押さえつけられ、談合に同意させられた日本」U-20ワールドカップ グループD 日本-イタリア

いきなり試合開始3分に、左SBで先発した杉岡がラインを乱して先制点を決...

「”決勝マイスター”モウリーニョの完璧過ぎるゲームプラン」UEFAヨーロッパリーグ決勝 アヤックス-マンチェスター・ユナイテッド

ボールポゼッションが69%対31%、シュート数が17対7と聞けば、10...

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外...

→もっと見る

PAGE TOP ↑