「イングランド・プレミアリーグ」 一覧

「武藤がプレミアリーグ初ゴール、そして交代してからの逆転負けは偶然ではない」イングランド・プレミアリーグ第8節 マンチェスター・ユナイテッド-ニューカッスル

マンUは1トップにルカク、ウイングにマルシャルとラッシュフォードを配した4-3-3、ニューカッスルは武藤が1トップで2列目にケネディ、ペレス、リッチーを並べた4-2-3-1のフォーメーション。 ...

続きを見る。

「W杯で活躍した選手がクラブでは貧乏くじ?」2018年夏の日本人選手、海外移籍のまとめ・前篇

先週末は恒例の伊勢志摩1泊旅行へ行っていたので、当然ながらサッカーの試合は見られず。なので、8月末で終了した欧州主要リーグへの日本人選手の移籍情報についてちょっとまとめてみる事にしました。書き始めると...

続きを見る。

ベティスの乾、ニューカッスルの武藤は途中出場、まずまずのプレイも勝利にはつながらず

スペイン・リーガエスパニョーラ第1節 ベティス-レバンテ 昨日はDAZNでリーガ・エスパニョーラの開幕戦、ベティス対レバンテの試合をフルで見ようかと思ったのだけど、例のクルクル地獄でとても90分の視...

続きを見る。

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスター・シティのビッグカードがあったのでそれを観戦。 どちらもフォーメーション的には4-2-3-1で、シティの右SHにはレスター...

続きを見る。

「ナポリで花開いたサッリ監督のサッカーは、チェルシーで再現出来るのだろうか?」インターナショナル・チャンピオンズカップ 

ナポリで超攻撃的ハイプレスサッカーを構築、昨期のチャンピオンズリーグではベスト16に進出し、対戦したレアルをあと一歩まで追い詰めた手腕を評価され、コンテ監督の首を飛ばしたチェルシーに三顧の礼で迎えられ...

続きを見る。

2017-2018シーズン海外組通信簿(ドイツ編その2、イングランド、フランス)

他の国では2部リーグは情報が無さ過ぎて取り上げないんだけど、ドイツだけは別格でリストアップ。そしてプレミアリーグと、フランス・リーグアンを取り上げます。   ドイツ・ブンデスリーガ2...

続きを見る。

「5-4ゾーンによる手厚いフォローから、CBが丸裸になってしまう自分たちのサッカーへ」イングランド・プレミアリーグ 第38節 サウサンプトン-マンチェスター・シティ

前節に残留争いのライバルであるスウォンジーとの6ポイントマッチに見事勝利し、最終節を残してスウォンジーに対して勝ち点差が3、得失点差が9と、とんでもない大敗さえ喫しなければ残留が決まる立場になったサウ...

続きを見る。

「またも岡崎は60分で交代する労働者として先発定着?」イングランド・プレミアリーグ第24節 レスター・シティ-ワトフォード

ピュエル監督に交代してしばらくは、4-3-3フォーメーションでグレイが先発起用されてベンチスタートになっていた岡崎。ここのところはまた4-4-1-1に戻って先発に復帰したは良いものの、また守備に回る比...

続きを見る。

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて、既にリーグ優勝は確実視されているマンチェスター・シティ。そのチームからリバプールが4得点を奪って勝利したというニュースを聞くと、...

続きを見る。

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調子が下降しているチェルシー。アーセナル戦から中2日と過密日程のチェルシーに、中6日と日程的に余裕があるレスターという違いはあったが...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑