「イタリア・セリエA」 一覧

「ますますチームから”守備友”化を求められてしまう長友」イタリア・セリエA第11節 ヴェローナ-インテル

同じ都市を本拠地としながら、最近は新参のキエーヴォに水を開けられ、すっかりエレベータークラブ化してしまっている古豪ヴェローナ。今期もまだ1勝で降格圏内に沈んだ状態で、2位と好調のインテルと対戦。 ...

続きを見る。

「長友のように、サイドバックが”遠くを見るプレイ”をする重要性」イタリア・セリエA 第10節 インテル-サンプドリア

一昨日にナポリ戦を見たところなんだけど、想像以上にインテルが良いチームになっていたので、2日続けてインテルの試合を見てみる事にした。 上位とは勝ち点が離れているとは言え、サンプドリアはミランより...

続きを見る。

「これこそが、”嫌われ者”長友が監督に重用される理由」イタリア・セリエA 

既に第10節のサンプドリア戦は終わっているのだが、開幕から破竹の8連勝で首位を邁進しているナポリに、7勝1分で2位に食らいついているインテルがアウェイで挑んだ9節の大一番を昨日は観戦。 4-3-...

続きを見る。

「イジメに近い過酷な戦術タスクをこなし、勝利に寄与した長友」イタリア・セリエA第8節 インテル-ACミラン

強力な補強をして好調なスタートを切ったものの、リーグ戦の連敗で早くもモンテッラ監督解任の噂が立っているミランと、内容的にはイマイチなれどここまで3失点と堅い守備で無敗を続けているインテル。167回目の...

続きを見る。

「攻守両面でいろいろと難しい仕事をさせられた長友」イタリア・セリエA第5節 ボローニャ-インテル

開幕から4連勝で首位と絶好調のインテルは、久々に長友が復帰してアウェイでボローニャと対戦。 インテルのフォーメーションは4-2-3-1で、長友は左SBとして出場したのだが、相変わらず左ウイングに...

続きを見る。

「相手が手抜きでも、長友アシストでインテルが勝ったのは何より」インターナショナルチャンピオンズ杯 バイエルン-インテル

アメリカ、中国、シンガポールで、多くのビッグクラブを集めて行われている世界的サッカー興行イベントであるインターナショナルチャンピオンズカップ。 これまでの試合を見ていると、完全にテストと割り切っ...

続きを見る。

「キャプテン本田の送別試合は、ミランでの3年半を象徴する幕切れに終わる」イタリア・セリエA第38節 カリアリ-ミラン

本田と長友がスタメンで出なくなってからはすっかりセリエAも見なくなっていたけど、最終節のカリアリ戦でミラン退団を決めている本田がキャプテンで出場したというので、久々に観戦してみる事にした。 既に...

続きを見る。

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

昨日はACLで浦和が逆転勝ち、さらに乱闘といろんな意味で盛り上がった1日だったようですが、こちらは諸処の都合でケーブルテレビを今月いっぱいで解約したため、ACLの放送が見られず仕方なくジロ・デ・イタリ...

続きを見る。

「苦悩する堂安が参考にすべき、右サイド本田のお手本プレイ」イタリア・セリエA第37節 ミラン-ボローニャ

今月末で解約予定だったケーブルテレビが、実はフジテレビOneも契約チャンネルに入っていた事に今さら気づき(笑)、昨日はリアルタイムでU-20ウルグアイ戦を観戦。 いつもなら後でもう1度試合を戦術...

続きを見る。

「自分たちのサッカー発動で復活した長友」イタリア・セリエA第10節 インテル-トリノ

ここまでリーグ戦3連敗の14位と沈み、一気にフランク・デ・ブール監督の更迭が現実的になってしまったインテル。まさに崖っぷちのチームが選択したのは、まさに「自分たちのサッカー」の復活だった。 今までの...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑