「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。

それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるのかに注目して試合を見てみたのだけど、結果こそ1-0の最小得点差ではあったが、正直なところ内容的には埋めがたい差があったなという印象。

佐野日大の5バックは5-4-1で2ラインのゾーンを作る守備戦術。1トップと5バックの場合は、ボールの出しどころにプレッシャーをかけられないので、5バックが縦パスに対して厳しいマークに行く必要があるのだが、佐野日大の守り方はゾーン寄りで、WBも比較的中に絞って中央に壁を作る形だったので、序盤からかなりサイドを攻められる展開になっていた。

ただ前橋育英も数え切れないぐらいにクロスは上げていたが、中央をぎっちり固める佐野日大の前になかなか得点できず、28分にGK月田がかろうじてセーブしたものの、佐野日大の長崎に天才的なトラップから決定的なシュートを打たれて冷や汗をかくシーンも。

しかしその直後に、相手の厳しいマークを受けていた1トップの人見を囮に使って飯島が飛び出し、マイナスの折り返しを高沢がきっちり決めてようやく前橋育英が先制する。

前半は5バックの両サイドがほとんど上がらず、ボールを奪っても適当に前へと蹴り出すだけだった佐野日大だったが、後半になるとようやくボールと逆サイドのWBが上がって4バックに近い形になる事が増え、サイドで基点を作れるようになるが、15分に佐野日大はショートカウンターから長崎がドリブルからシュートを狙うもDFに阻まれて得点できず。

その後は、佐野日大のプレススピードが落ちて前橋育英の攻撃に対して後追い守備になってしまう場面が増え、前橋育英に何度も追加点で突き放せるチャンスはあったのだがやはり決められず、後半終了間際に佐野日大がカウンターからクロスを上げる場面はあったがラインを割ってしまい、試合はそのまま1-0で終了。前橋育英が順当に決勝へと駒を進めた。

今日の決勝は青森山田と前橋育英というカードになった。前橋育英はこの試合を見ても自分たちがボールを持つより、人見をポストに使ったカウンターのほうが得意だろうから、青森山田が優位に試合を進めるとは思うが、前橋育英が先制点を奪うと面白い展開になるかもしれない。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカー...

記事を読む

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山...

記事を読む

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃない...

記事を読む

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優...

記事を読む

新着記事

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

記事を読む

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

記事を読む

「この守備で7年連続ベスト16というのは、アーセナルは別の意味で驚異的」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ バイエルン-アーセナル

今週行われたチャンピオンズリーグベスト16のもう1つのビッグマッチ、バ...

記事を読む

「世界に誇るバルサの中盤を、PSGの中盤が完璧に破壊したという衝撃」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ パリ・サンジェルマン-バルセロナ

いや~、いくら公式戦11試合負け無しで好調だったとは言え、リーグアンで...

記事を読む

「大型台風ライプツィヒを、”正面衝突”で打ち破ったHSV」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ライプツィヒ-ハンブルガーSV

2部からの昇格組ながら、一時は首位に立つなど今期のブンデスリーガで猛威...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑