「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元旦に行われていたリバプールとマンチェスター・シティの試合を見てみた。

まず試合を見てみて驚いたのが、バルサではポゼッションサッカーの見本というべきチームを作り上げ、バイエルンでは戦術狂いかというぐらいに対戦相手と試合展開によってコロコロとフォーメーションを変えていたグアルディオラが、シティでは何の変哲も無い4-2-3-1で、特にポゼッションをするわけではない戦術的には凡庸なチームを送り出している事である。

確かにGKはそれまでのジョー・ハートを放出してまで足元が上手いブラボをスタメンに据えたし、CBも対人に怪しさはあっても技術があるストーンズを使うなど、ポゼッションに対するこだわりを捨てたわけではないようだが、やはりボランチがヤヤ・トゥーレ、フェルナンジーニョではゲームメイクは出来ないし、コラロフ、サバレタという両SBは、ジョルディ・アルバやダニ・アウベス、アラバ、ラームといったバルサとバイエルンのメンバーとは技術で比べ物にならない。

実際、この試合で前半の8分に喫した失点も、コラロフのミスパスからカウンターを受け、最後もララーナのクロスに対してコラロフがワイナルドゥムに競り負けて決められたものだし、シティがようやく攻撃を組み立てられるようになったのは、トップ下のシルバやアグエロがサイドに流れてボールを受けるようになってからで、いかにシティでは後ろから前線へ縦パスが出て来ていないかが証明されている。

ただそれは選手だけの問題というより、プレミアリーグの特徴にも理由があるように思われる。プレミアリーグの試合はとにかく縦方向の切り替えが非常に早く、選手にポゼッションをするための時間をほとんど与えてくれない。審判もボディコンタクトに甘く、テクニックでボールをキープする選手はあっという間に潰されてしまう。ギュンドアンの怪我により、一時期はあれだけ対立していたヤヤ・トゥーレを起用せざるを得ないほど、グアルディオラはボランチにフィジカルを重視せざるを得なくなっているのだろう。

それに比べると、2シーズン目でかつ欧州カップ戦が無いとは言え、リバプールとクロップの親和度は非常に高い。クロップが得意とするゲーゲンプレッシング戦術はプレミアリーグの試合展開に適していたし、フィルミーノやコウチーニョ、マネ、ララーナの覚醒など選手の才能を引き出す能力はドルトムント時代と変わらず極めて優秀である。

グアルディオラは、この試合の後に監督業を早期引退する意向を示したと言われているが、既にシティでのモチベーションを失いつつあるのではないかと心配になってしまうような、火を吹くようなリバプールの勢いと比べると、何とも覇気の薄さが寂しい試合であった。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3...

記事を読む

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分か...

記事を読む

「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発し...

記事を読む

「途中での失速は残念だが、ボーンマスはハリルホジッチジャパンのお手本だ」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ボーンマス-アーセナル

昨日はさすがに特に見るべき試合が無くなって、10日前に行われたプレミア...

記事を読む

新着記事

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで...

記事を読む

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑