「見た目は攻撃の清水と守備の札幌、しかし戦術的には攻撃の札幌、守備の清水」高円宮杯U-15 決勝 清水エスパルスジュニアユース-コンサドーレ札幌U-15

今日は朝からゴミ出しの後に家具作り、そして大掃除とフル稼働で既にヘトヘト状態でまたも簡単に。

既にプレミアカップ、日本クラブユース選手権の2冠を達成している横綱、清水エスパルスジュニアユースに、ここまで4試合無失点、準決勝の湘南戦では6-0と圧勝して勝ち上がってきた札幌U-15との対戦。

試合は、いきなり前半6分に札幌のFKがゴールポストに当たってからの混戦で押し込み先制点が入るが、その5分後には清水のスローインから札幌のGK川上が右に寄っていたところで、清水の川本がGKの不意を突くミドルシュートを決めて同点に。

これで札幌のGKは少し浮足立ったのか、15分には清水の鈴木が左サイドから狙いすましたミドルシュートがファーサイドに決まって2点目を入れられると、今度は山崎がドリブルで左サイドから切れ込んで、またも同じコースにシュートを決めて早くも3点目。

しかし札幌はここから何とか立て直し、GK川上もその後はロビングのシュートを片手一本で弾くなど好セーブを見せ、最後は札幌が攻勢に出て清水を自陣に押し込むものの、清水はコンパクトなゾーンを作って粘り強く守り、試合はそのままタイムアップ。清水が今期3冠目を手にする事になった。

結果としては下馬評通りで決まってしまったが、札幌が前半の短い時間帯にガタガタと崩れて3失点をしてしまった事が響いただけで、内容的にはかなり拮抗した試合だったと言える。

札幌は、守備はゾーンディフェンスをベースに早いタイミングでマンマークに移る戦術だったが、2列目のプレスバックが忠実で常に数的優位を保って守れており、攻撃に移るとスペースへの早い飛び出しやサイドチェンジで、清水のコンパクトなゾーンを大きな展開で揺さぶる狙いがはっきり見え、全員が労を惜しまず良く走り、攻守に規律を持ってプレイする好チームだった。

逆に清水は、攻撃面では前線の選手がマークに付かれてもドリブルで無理に抜こうとするなど、狭い局面を個人で打開しようという意識が強すぎ、それが結果的に遅攻を招いてしまって、確かにミドルシュートで3点は取ったが、チームとして札幌の守備を崩し切るようなシーンは作れなかった。

ただ守備組織については清水は非常に洗練されていて、SBがマークに出たらCBとの間をボランチが下がって埋めたりと、サッキ式ゾーン・ディフェンスのディアゴナーレの連動が出来ていて、4バックもゴールラインからの高さによって幅を変えたりと、終盤に押し込まれはしたが組織は最後まで乱れることがなく、最後まで札幌に決定機は与えなかった。

とにかく、この年代でしっかりゾーン・ディフェンスが完成されているのは心強い限り。ユースのトップクラブだけじゃなくて、こういう流れがもっと広く浸透して欲しいと願うばかりである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカー...

記事を読む

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、あ...

記事を読む

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山...

記事を読む

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃない...

記事を読む

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優...

記事を読む

新着記事

「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまった...

記事を読む

「こうして日本はトップ下だらけになってしまうのであった」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-シャルケ

守護神ホルンや主将のレーマン、そして攻撃の核であるビッテンコートを怪我...

記事を読む

「スルーパスやダイレクトパスという言葉を知っているのは久保だけ」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第27節 スタンダール・リエージュ-ゲント

昨日はバイエルン対ヘルタの試合を見る予定だったんだけど、DAZNを開い...

記事を読む

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

記事を読む

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまった...

「こうして日本はトップ下だらけになってしまうのであった」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-シャルケ

守護神ホルンや主将のレーマン、そして攻撃の核であるビッテンコートを怪我...

「スルーパスやダイレクトパスという言葉を知っているのは久保だけ」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ第27節 スタンダール・リエージュ-ゲント

昨日はバイエルン対ヘルタの試合を見る予定だったんだけど、DAZNを開い...

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

→もっと見る

PAGE TOP ↑