「どんなチームでも成功のためには”均質化”のプロセスが必要なのだ」イングランド・プレミアリーグ第18節 マンチェスター・ユナイテッド-サンダーランド

昨日はうちの仕事場も仕事納めで、納会で酒が入った状態での録画観戦だったので、これも雑感のみという事で。

かつて香川がいた頃にマンUの指揮を取っていて不遇をかこったモイーズが、退任後初めてオールド・トラフォードにサンダーランドの監督としてやって来た試合だったが、モイーズのリベンジかなわずマンUが3-1で快勝した。

これでマンUは11試合負け無し、中位に低迷していたプレミアリーグでもチャンピオンズリーグ圏内まで勝ち点4の6位まで迫り、一時は解任の噂まで出ていたモウリーニョもようやく反撃体勢を整える形になったわけだが、サンダーランド戦はその復活のポイントが良く現れた試合だったと言える。

最も分かりやすいポイントはやはり攻撃陣の復活。特に序盤は不調を囲っていたイブラヒモビッチが、この11試合で10得点と毎試合ゴールを決めるようになり、やはりこれも一時は放出かと言われていたムヒタリアンが、明らかなオフサイドだったがサンダーランド戦で3得点目を決めるなど、ようやく計算が立つようになって来た。

そしてもう1つは主軸選手の確定。序盤はコロコロ選手とフォーメーションを変えていたモウリーニョだが、最近はポグバ、キャリック、エレーラで中盤の3人を固定した4-3-3フォーメーションで、CBロホとジョーンズ、イブラヒモビッチの1トップにウイングを日替わりでルーニーやリンガードらを配するなど、センターラインの選手が完全に固まった。

最後は、それらの要因によってマンUがどういうサッカーをやって行くのかという形が決まった事だ。以前のマンUは、とにかく攻撃は個人の能力頼みで、サイドをひたすらドリブルで突破してクロスという形に偏っていたが、今は前線の選手がバランスを保ちつつポジションを入れ替え、前半39分の左SBブリントのゴールのように、それで出来たスペースに後ろの選手が入って絡むという、個人ではなくチームとして得点を挙げる形になっている。

最終的にはロッベンの個人能力に頼るようにはなったが、かつてグアルディオラ監督が率いていたバイエルンでも、一時は誰が出ても同じように前線でポジションがローテーションし、パスを繋いでゴールを奪うというチームになっていたわけで、チームが完成する上ではこの「均質化」という工程は欠かせない部分なのだろう。

逆にそれを失敗したのがレスター・シティで、カンテが抜けてベースを作り直さないといけないはずだったのに、最初からスリマニ、マフレズ、岡崎とセンターラインの選手を入れ替え、結局ベースが作れないままにズルズルと負けを重ねてしまっている。そしてドルトムントもレスターほどではないが、未だにベースが固まっていない。

これから欧州リーグも後半戦に入るわけだが、イングランドはウインターブレイクが無い分、試合の中でベースを作っていかないといけない難しさがあるわけだが、レスターはさすがに前年に優勝した監督の首を飛ばすわけにはいかないので、ここからどう立て直して行くのだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「吉田も”裸”で無ければイングランドでも王様になれる」イングランド・リーグカップ準決勝 第2レグ リバプール-サウサンプトン

今までカップ戦でサウサンプトンの試合を無視し続けてきたDAZNがやっと...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3...

記事を読む

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分か...

記事を読む

「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発し...

記事を読む

新着記事

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

記事を読む

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

記事を読む

「この守備で7年連続ベスト16というのは、アーセナルは別の意味で驚異的」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ バイエルン-アーセナル

今週行われたチャンピオンズリーグベスト16のもう1つのビッグマッチ、バ...

記事を読む

「世界に誇るバルサの中盤を、PSGの中盤が完璧に破壊したという衝撃」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ パリ・サンジェルマン-バルセロナ

いや~、いくら公式戦11試合負け無しで好調だったとは言え、リーグアンで...

記事を読む

「大型台風ライプツィヒを、”正面衝突”で打ち破ったHSV」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ライプツィヒ-ハンブルガーSV

2部からの昇格組ながら、一時は首位に立つなど今期のブンデスリーガで猛威...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑