「内田の復帰ぐらいしか見どころが無かったシャルケ」UEFAヨーロッパリーグ グループI ザルツブルク-シャルケ

昨日は休肝日の予定だったのに思わぬ飲み会が入ってしまい、酒が入った状態で試合を見たので記憶があやふやなのでレポートは簡単に。

ヨーロッパリーグのグループステージも最終節。グループIで既に首位突破が決まっているシャルケと、逆に敗退が確定しているザルツブルクという完全な消化試合。なのでシャルケはヘヴェデス以外は前節からスタメンを総とっかえ、ザルツブルクも前節はサブだった南野が先発となった。

シャルケのフォーメーションは3-4-1-2で、ザルツブルクは4-4-2。本来であれば3バックはゾーンの4-4-2に対して戦術的に優位性を保てる形なのだが、シャルケの3バックは単にゾーンを作って並んでいるだけで誰が誰をマークするかがはっきりせず、何度もラインの前で基点を作られてはDFの裏へとパスを通されてしまっていた。

前半22分の先制点も、同じような形でラインの前でシュートを打たれ、そのこぼれ球を拾われてサイドのスペースへ走り込んだ選手にスルーパスが渡った形で、シャルケのDFはほぼ全員がボールウォッチャーになってしまっていた。

ただ、ザルツブルクもこの先制点の後は攻撃陣のアピール合戦となってしまい、18本放ったシュートのうち枠内は4本で、ほとんどがPAエリア外から強引にシュートを打つばかりで、FWであるはずの南野は中央でなかなかボールが受けられず、サイドに流れて基点となるプレイが多かった。そして枠に飛ばしたシュート2本がいずれもオフサイド、最後はPA内で切り替えしてからのシュートを内田に阻まれるなど、体は切れていたように思うがアピールが成功したとは言いがたかった。

シャルケはミドルやセットプレイで惜しいチャンスはあったのだが、ザルツブルクGKスタンコビッチのファインセーブに阻まれて得点ならず。ロスタイムにはGKを上げて同点を狙うもののカウンターを食らい、内田が何とかプレイを遅らせようとしたがパスをつながれ、最後は無人のゴールへと2点目を決められてジ・エンド。シャルケにとっては内田の復帰だけしか明るい材料の無い、文字通りのお寒い試合になってしまった。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

新着記事

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで...

記事を読む

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑