「そのフィードが代表では出来ないのは、吉田別人がプレイしているせいか?」イングランド・リーグカップ 準々決勝 アーセナル-サウサンプトン

準々決勝とは言え、そこは序列としては3番目のタイトルだけあって、プレミアリーグの前節からアーセナルはエルネニーを除く10人、サウサンプトンは8人を入れ替えた完全な2軍同士の対戦になった試合。リーグではなかなか先発させてもらえない吉田もスタメンで出場。

サウサンプトンのフォーメーションは4-5-1。低い位置に2ラインのゾーンを設定し、4バックの横のスペースをボールサイドのSHが下がってスペースを埋める、ユーロ後のトレンドとなっている守備的布陣。当然ながら、先発総とっかえでコンビネーションもクソも無いアーセナルは、ゾーンの間に選手が入ってボールを受けようとするも、そこから前に出せず仕方なく後ろやサイドへ戻すだけで、全くシュートまで持ち込めない。

で、ちょっとバックパスのコースや受け手との呼吸が乱れると、そこにサウサンプトンの選手が襲いかかってボールを奪うのだが、サウサンプトンもゾーンの位置が低いために前線の選手へのサポートが遅く、せっかくのカウンターのチャンスも1トップのロングが孤立してしまってこちらもシュートまでには至らない。

しかし前半の13分に、吉田から左サイドを駆け上がったバートランドへ糸をひくようなサイドチェンジが渡り、クロスからのシュートはDFに一度は当たるものの、こぼれ球をクラーシが豪快に叩き込んでサウサンプトンが先制する。ここからアーセナルは反撃・・・と思われたが低調なペースは一向に変わらず、逆に38分にはサウサンプトンが高い位置でボールを奪い、左サイドをブファルがドリブルで突破すると、中に切れ込んだバートランドへ折り返しのボールが渡り、トラップから左足でコースへ流し込んでサウサンプトンがシュート2本で2点目と効率よく加点する。

後半になるとさすがにアーセナルも修正して来て、前半はボールを受けにフラフラ下がるばかりだった前線の選手がサウサンプトンのDFの間でポジションを取るようになり、サウサンプトンのラインが下がって空いたゾーンの隙間に、交代で入ったジャカらがゴリゴリとドリブルで強引に仕掛けてマークを剥がしにかかるが、吉田も変に慌てず冷静にブロックするなどサウサンプトンもしっかり対応する。

後半25分頃からは互いに中盤が空きはじめ、アーセナルはラムジーやギブス、サウサンプトンはロングらに決定的なチャンスが訪れたがいずれもシュートミスで得点ならず。最後はゴール前の中央を人数で固めるサウサンプトンに対し、アーセナルがひたすらサイドからのクロスやセットプレイで攻め立てるが、サウサンプトンの守備は最後まで崩れず0-2で試合終了。サウサンプトンはホーム&アウェイの準決勝でリバプールと対戦することになった。

この試合、吉田は一度やらかし系のミスパスはあったが、総じて利き足の右だけじゃなくて左足でも良いフィードを連発、守備でも終始落ち着いた対応で、あわや相手にフリーで抜け出されそうになったシーンでも、イエローにはなったが素早い反応でタックルを仕掛けるなど、のファンからも高い評価を得ていたのが当然の出来だった。しかしクラブでは出来るのに何故代表になるとサイドチェンジがタッチを割ったり、左サイドへ良いパスが出せなくなるのか本当に不思議である。岡崎の場合とは逆で、代表では吉田の弟がプレイしているんだろうか?(笑)

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3...

記事を読む

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分か...

記事を読む

「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発し...

記事を読む

「途中での失速は残念だが、ボーンマスはハリルホジッチジャパンのお手本だ」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ボーンマス-アーセナル

昨日はさすがに特に見るべき試合が無くなって、10日前に行われたプレミア...

記事を読む

新着記事

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで...

記事を読む

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑