「メンタルや経験もそうだが、戦術のディテールが勝敗を分けた」Jリーグチャンピオンシップ 準決勝 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

何故か日本の場合、海外では常識のホームアドバンテージというものが無くて、逆にホームで引き分け以上、みたいな明らかに有利な条件であっさり負けてしまうことが多く、特にJリーグで優勝や昇降格がかかった試合によく見られてしまうわけだが、川崎フロンターレもしっかりその罠に嵌ってしまった。

ホームのチームが勢い良く試合に入ったのは良いが、数多くあった決定機に決められないうち、徐々に気持ちが前がかりになってカウンターやセットプレイを浴びて失点、そこから攻勢を強めようとするが、気持ちばかり焦ってミスが多くなり、ギクシャクした状態のままどんどん時間が過ぎてしまう・・・おそらく、前半3分にあった長谷川のクロスから大久保がフリーで放ったボレーシュートが決まっていれば、試合の展開は大きく変わっていたはずだ。

しかしチャンスに決めきれず、逆に後半の5分に、スローインから山本がマークを受けながらもクロスを上げると、ニアに飛び込んだ金崎が頭一つ抜け出してヘディングを流し込む。クロスを簡単に上げさせて、中の競り合いも甘かった川崎の集中力の欠如。こういうシーンも、攻め続けているホームチームに良くあるパターンである。

ここで風間監督も中村憲剛を入れて勝負を仕掛けるが、やはり怪我明けとあってかプレイに冴えがなく、決定機で放ったシュートもサイドネット。その後は谷口のクロスバーを越えるシュートなどの決定機が川崎にいくつかあったが決めきれず試合終了。川崎にとっては、鹿島よりもはるかに多い年間勝点を獲得していながら、ACLの出場権も逃してしまう痛恨の結果になってしまった。

という具合に、川崎と鹿島のメンタルや経験の差が大きく出てしまった試合だったは間違いないが、戦術的にももうちょっと川崎は何とかすべきだったのではないかという部分もある。

鹿島は守備時は4-4-2のゾーンを作るが、早めにDFラインがマンマークへと移るので、3-4-3のフォーメーションを取っている川崎にとっては、WBを上手く使えば必ずマークのずれを引き起こしてフリーな選手を作れたはずである。しかし、何故か終始WBの位置は高く上がらず中盤の位置に留まって単なるパスの中継点になってしまう事が多かった。

浦和やドルトムントは、WBを前線まで上げて5トップのような形にする事で、多くのチームが取る4バックのゾーン・ディフェンスを攻略しているわけだが、川崎の場合はサイドよりも中を使うことが多く、結局マークに突かれた選手の間でパスを繋がざるを得ない状態になってしまった。

これで風間監督は退任、来季はコーチだった鬼木氏が監督に昇格する事が決定しているが、もっとアグレッシブな戦術で、リーグに新風を吹き込む存在になってくれる事を期待したい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2016/11/27 | Jリーグ

関連記事

新着記事

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、...

記事を読む

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で...

記事を読む

「この守備で7年連続ベスト16というのは、アーセナルは別の意味で驚異的」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ バイエルン-アーセナル

今週行われたチャンピオンズリーグベスト16のもう1つのビッグマッチ、バ...

記事を読む

「世界に誇るバルサの中盤を、PSGの中盤が完璧に破壊したという衝撃」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ パリ・サンジェルマン-バルセロナ

いや~、いくら公式戦11試合負け無しで好調だったとは言え、リーグアンで...

記事を読む

「大型台風ライプツィヒを、”正面衝突”で打ち破ったHSV」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ライプツィヒ-ハンブルガーSV

2部からの昇格組ながら、一時は首位に立つなど今期のブンデスリーガで猛威...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑