メンタル面でのターニングポイントになって欲しい、サウジ戦の勝利

今まで仕事の都合で録画から観戦をスタートした最終予選はことごとく勝ち星を落としていたので、今日は何とか仕事を試合開始前に終わらせて、サウジ戦を最初から見ていました。おかげで何とか勝利できて良かったです(笑)。

代表の最終予選の生放送となると、正直戦術的な分析は頭からすっ飛んでしまって、また後で試合を見返せたら書いてみますが、最後は相変わらずのちょっと締まりのない失点をしてしまったとは言え、最後まで全員がしっかり走ってゾーンも大きく崩さず、チームスピリットを見せられた試合だったかなと思います。

先発はまさかの本田、香川、岡崎というザックジャパンの黄金時代を築いた選手が全て外れるという、ハリルホジッチはある意味バクチをして来たわけですが、数多くあった決定機を決められなかったにせよ、チャンスを作って勝利に繋げられたというのはある程度自信になるかと思います。先発から外れた本田、香川も最低限の仕事はこなし、良い意味で序列が無くなり、競争による刺激が出て来るのではないかと期待します。

ただ課題も少なからずありました。決定威力不足に加え、あれだけしっかり人数をかけてゾーンで守っていながら、パワープレイ気味の攻撃にあっさり失点してしまうのは、組織というより個人の集中力の問題で、監督が何かを指導して変えられる部分ではありません。

そしてサウジに比べてもはるかに劣っていたサイドチェンジの精度。長谷部にしても吉田にしても、自分のクラブではもっと正確なボールを出せていたのに、代表だととたんにダメダメになってしまうのはどういう理由なんでしょうか。SBのポジショニング、相手のゾーンを動かす全体の動きなどの要因はあるにしても、レベルがあまりにも違いすぎて納得できる理由が見つかりません。

まあ、1点差での勝利はあくまで最低限のノルマをクリアしただけです。選手も言ってたように、ここでやっとこさスタートラインに戻っただけで、まだ何のリードも奪ったわけではありません。このチームは最低限でも2点を取らないといけない事ははっきりしたので(苦笑)、しっかり反省して次に備えてもらいたいものです。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2016/11/15 | 日本代表

関連記事

日本サッカーは、口に苦い良薬を飲めるほど大人になったのか

昨日はさすがに見るべき試合が完全に枯渇してしまって、年末年始に放送され...

記事を読む

「両グループともに上位は大混戦」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

昨日は飲み会があって夜はお約束の沈没をしてしまったので、恒例の更新ネタ...

記事を読む

「勝てたのは良いが、このままの戦術では失点グセはおそらく消えない」ロシアW杯アジア最終予選 グループB 日本-サウジアラビア

昨日のうちに試合の雑感的なものは書いてしまったので、生で観戦した後にも...

記事を読む

「自分たちのサッカーとハリルホジッチのサッカー2つでジャンケンに勝てるのか」ロシアW杯最終予選 サウジアラビア戦展望

試合の展望を、当日に書くよりも前日に書いたほうが結果が出ているので、こ...

記事を読む

新着記事

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで...

記事を読む

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑